Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【女子の6畳レイアウト】狭さを感じさせないおしゃれのコツを徹底解説〜上面図も〜

おおたひろこ
著者:おおたひろこ (インテリアコーディネーター)

大学で建築を学び、建築・インテリア業界で10年以上勤務したのちライターに転身。インテリアコーディネーター資格保有。自宅はモダン+グリーン多め、子どもとペット共存のインテリアです。専門的な視点と生活者の目線で、皆さまのインテリアづくりをお手伝いします。

新しく一人暮らしをすることになったら、どんなお部屋にしようかとワクワクしますよね。
初めての一人暮らしや都会の一人暮らしでは、コンパクトなお部屋からのスタートが多くなります。
今回は6畳のお部屋にしぼって、よりおしゃれに快適に暮らすためのインテリアについて解説します。

写真やレイアウト例を豊富にご紹介しながら、1人暮らし女子にぴったりのレイアウトのコツやポイントをご提案しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

【一人暮らし女子6畳】おしゃれで再現しやすいレイアウトをご紹介!

ミニマムなお掃除のしやすいお部屋(1K)

一人暮らし インテリア 1K ペット コーディネート例 猫

https://hellointerior.jp/plan/511

置く家具を極力シンプルにして掃除のしやすいコーディネートにまとめています。
こちらはネコちゃんとの同居ですが、猫ちゃんがいないならゲージをハンガーラックなどの収納に変更してもいいですね。
ベッドの下もあいているのでお掃除がしやすく、ナチュラルカラーで統一した家具に清潔感も感じられます。

家具を最小限に抑えて広々

一人暮らし 上面図 インテリア コーディネート例

https://hellointerior.jp/plan/511

上面図を見るとわかるように、床面が多く見えます。このように家具の面積がお部屋に対して少ないと、広く感じますし、お掃除もしやすくなります。
また、フロアクッションなどをつかって床座にしていることや、すべての家具の高さがおさえられているのも広くすっきり見えるポイントです。

個性的なカラーで魅せるリビング(1DK)

一人暮らし 1DK インテリア コーディネート例 ソファ

https://hellointerior.jp/plan/335

ベッドは別室に置く1DKの6畳なら、大きめのソファを配置できるくつろぎの空間にすることができます。
好みがはっきりしているなら、壁紙やカーテンに思い切った色を選んで個性的でおしゃれな空間をつくると満足感がアップしますよ。
こちらのお部屋は、多色ながらも家具の色はおさえて大人女子にぴったりの落ち着いた空間に仕上げています。

正面の窓方向に空間を確保

一人暮らし 6畳 女性 インテリア コーディネート例

https://hellointerior.jp/plan/335

お部屋に入ったときに目にする正面の窓を遮ることのないレイアウトです。
奥が開けていると、視覚的に広く感じる効果があります。また、動線もまっすぐ確保されていますのでベランダに洗濯物を干すなどの動きもスムーズにこなえます。

ソファも肩肘タイプにスツールという組み合わせが便利です。
来客時にはスツールをはなして座れますし、テレビに向かって足をのせるという使い方もできます。

家具を一通り置きたい女子向け(1K・1DK)

一人暮らし 女性 1K インテリア コーディネート例

https://hellointerior.jp/plan/108

2面窓の明るいお部屋に、ソファ、ベッド、センターテーブル、スツール、テレビ台、鏡、トルソー、ナイトテーブルと盛りだくさんに置いたお部屋です。こちらは物に囲まれている方が落ち着くという女子におすすめ。
モカブラウンの壁とイエローの差し色がインテリアをセンスアップしてくれています。

ソファでゆっくりできるレイアウト

一人暮らし 女子 6畳 1K インテリア コーディネート例

https://hellointerior.jp/plan/108

二人掛けのソファは6畳では置けないと思われている方も多いと思いますが、ベッド幅をおさえて収納が別にとれるのであれば上面図のように置くことができます。
お部屋への入り口がソファにかからないようなレイアウトがポイントです。

リラックスできるプライベート空間(1DK)

一人暮らし 女子 1DK インテリア コーディネート例

https://hellointerior.jp/plan/80

6畳の寝室スペースにこたつテーブルを置いたリラックス空間を、女子らしいピンクでかわいらしいお部屋にコーディネート。
こたつの生活スペースとベッドスペースでは異なる光が欲しい組み合わせなので、天井の照明は明るさを変えられる調光タイプがおすすめです。

玄関入ってすぐのDKではなく、寝室部分でリラックスプラン

一人暮らし 女子 インテリア コーディネート例 1DK

https://hellointerior.jp/plan/80

玄関入ってすぐのDKが比較的ゆったりしていますが、あえてそこにソファを置かず奥の部屋でリラックスできるように考えられたレイアウトです。
眠る前は、寝室でテレビを見ながら過ごすことができ、光熱費もおさえられるプランですね。

書斎スペースとドレッサーのあるお部屋(1DK)

一人暮らし 女子 インテリア コーディネート例

https://hellointerior.jp/plan/144

落ち着いた色合いでまとめられた、上部が半円の窓がエレガントなお部屋です。
こちらは寝室、キッチンが別室タイプで実現するレイアウトになります。
家で仕事をする女子なら、ドレッサー以外に独立したデスクがあると仕事がはかどります。

ゾーン分けで集中力アップ

一人暮らし インテリア 女子 コーディネート例

https://hellointerior.jp/plan/144

デスクの横には書類を収納できるタイプのチェストを置くことで、デスクまわりをスッキリさせて、ソファでくつろぐときによけいなものが見えないような工夫がされています。
また、身支度を整えるゾーンにはクローゼットの横にドレッサーとミラーを配置するというように、空間を分ける工夫がされています。

カラフルで元気が出るインテリア(1K・1DK)

一人暮らし インテリア 女子 コーディネート例

https://hellointerior.jp/plan/1021

色数は多いのですが、トーンがそろえられているので明るく元気になれるインテリアになっています。
無理にソファを置かず、ゆったりくつろげるポイントカラーのアームチェア、そして大理石調のテーブルがおしゃれです。
スタンド照明は、少し移動すればチェアでもベッドでもつかうことができて便利につかえます。

ベッドでもチェアでもテレビが見れるレイアウト

一人暮らし インテリア 女子 コーディネート例 上面図

https://hellointerior.jp/plan/1021

どこからでもテレビが見やすいレイアウトです。ベッドやチェアだけでなく、ラグに座ってベッドにもたれて見ることもできますね。
よりリラックスしたい場合は、アームチェアにスツールをプラスするとよいでしょう。

お部屋に入ったときもソファやベッドに座ったときにも、余裕のある空間が目に入る6畳の王道プランです。ぜひ参考にしてください。

ベッドをくつろげるソファとして利用する(1K・1DK)

一人暮らし 女子 インテリア コーディネート例 ソファ ベッド

https://hellointerior.jp/plan/988

普段はベッドとアームチェアで過ごし、来客時にはベッドにマルチカバーをかけてソファのように使用するプランです。
おしゃれで質のいいクッションをたくさん置いておけばリラックスして語り合えそうですね。

また、ベッドとソファの間のスタンド照明でお部屋がセンスアップ。一気にホテルのような雰囲気のあるお部屋にできますので、スタンド照明はぜひ取り入れていただきたいアイテムです。

すっきりした動線とテレビの位置がポイント

一人暮らし 女子 インテリア コーディネート例

https://hellointerior.jp/plan/988

動線がストレートなので、移動にストレスのないプランです。
ソファを置かない分、ベッドのサイズをアップできるのでセミダブルベッドでゆっくり寝たい女子にぴったりです。

普段、1人で過ごすときにもチェアやベッドからテレビを見ることができて快適そうですね。
また、こちらのプランのようにお部屋に凹凸がある場合は、凹部に収納家具をおさめるなどうまく活用できるようにレイアウトしましょう。

ホワイト基調の北欧インテリアで広々(1K・1DK)

一人暮らし インテリア コーディネート例 ホワイト

https://hellointerior.jp/plan/1188

お部屋でつかうカラーは明るいほど、広く感じます。こちらのプランはホワイトを基調に、明るいナチュラルウッドでまとめられていて広々。
さらに明るいグレーをプラスすることで、人気の北欧インテリアにしています。
お部屋の模様替えもしやすいコーディネートです。

6畳を広く使えるプラン

一人暮らし 上面図 インテリア コーディネート例

https://hellointerior.jp/plan/1188

2面窓の明るいお部屋に、高さをおさえた小ぶりの家具を配して余裕が感じられるプランになっています。
円形ラグがお部屋にリズムをプラスして、リラックススペースをつくることに役立っていますね。
物は少なくすっきり暮らしたい女子向きのお部屋です。

2way家具で空間を有効活用(1DK・1LDK)

一人暮らし 寝室 インテリア コーディネート例 モダン

https://hellointerior.jp/plan/888

こちらは6畳寝室のプランです。腰窓の前に置いた収納がベンチにもなるタイプで、椅子がなくても腰掛けることができたり、帰って一時的にバッグを置いたりと便利につかえます。
収納家具もしっかり置かれていますので、すっきりしたホテルライクの大人女子の寝室になっています。

お部屋に入ったときの印象がすっきり

一人暮らし 女子 インテリア 上面図 コーディネート例 ホテルライク

https://hellointerior.jp/plan/888

こちらはお部屋に入った瞬間の視界が抜けるようにプランされているのがポイントです。
リビングでも寝室でも奥の窓まで遮るものがない方が、体感的に広く感じます。

照明は天井1灯なら、こちらのように4灯タイプなど多灯タイプを選んだ方が光の表情がつくりやすく、おしゃれに演出することができます。

重くなりすぎないレトロインテリア(1DK・1LDK)

一人暮らし 女子 6畳 インテリア コーディネート例

https://hellointerior.jp/plan/93

猫脚などのエレガントなレトロ家具が特徴の落ち着いたインテリアです。
6畳に濃い色の家具を選ぶとどうしても圧迫感がありますので、ホワイトを意識したコーディネートがポイントになります。

ベッドを壁から離して中央に空間を広くとる

一人暮らし 寝室 インテリア コーディネート例 上面図 レトロ

https://hellointerior.jp/plan/93

お部屋に入ったときに視線が抜ける工夫のほか、ベッドが壁から少し離して置いてあるのもお部屋に余裕を感じられるポイントです。
さらに、お部屋の中央に広めのスペースを設けるのもおすすめです。
こちらは背の高い収納家具の配置は、地震などで倒れてもベッドにかからないように考えられています。

【レイアウトのコツをまとめると?】女性の6畳部屋づくりにおすすめの方法

1Kの一人暮らしは、置く家具を厳選すべし

一人暮らし 女子 1K インテリア コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/157203843229888326/

1Kでキッチン以外の1部屋が6畳なら、置く家具は厳選して。
必ず必要なベッドをまず置いてみましょう。そこに必要な収納家具を置いたら、あとのどのくらいのスペースが残っていますか? 必要最低限の家具からスタートすると失敗を減らせます。

シンプルなお部屋にしたい人はカラーを見直すべし

一人暮らし インテリア コーディネート例 ホワイト

https://www.pinterest.jp/pin/623326404659568039/

いろいろなカラーが氾濫しているお部屋はすっきり見えません。
究極はホワイト一色です。雑貨などもホワイトでそろえれば、たくさん置いてあってもすっきり見えますよ。

あとはやはり片付けです!効率的な収納計画もお忘れなく。

大人女子なら上質なファブリックにこだわるべし

一人暮らし 女子 インテリア コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/732749801851419900/

大人女子の一人暮らしのキーワードは、上質です。特にラグやクッション、カーテンなどのファブリックにこだわると大人っぽく品よくまとまります。写真のように重くなりすぎない程度にレザーをプラスするのもおすすめ。ファーなどの表情のある素材も取り入れましょう!

ベッドなしレイアウトのコツは空間をつくる場所

一人暮らし 女子 インテリア ベッドなし 布団 コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/758223287250073310/

お部屋が6畳と決まっているのなら、一番大きな家具であるベッドをやめて布団生活にするのもひとつの方法です。布団にするなら、布団をしまう場所に近い位置に布団スペースをつくりましょう。万年床になってしまうならベッドの方がおしゃれです。

また、ベッドよりも布団は低い位置に寝ることになるので、冬はひんやり感に悩まされることも。そのため窓側よりもお部屋の入り口側に敷く方がよい場合が多いです。お部屋に入ってすぐ空間があると開放感がありますので、インテリアの面でもおすすめです。

まとめ

6畳は狭いかしら?と思っていた方も、この記事でさまざまなアイデアが浮かんできたのではないでしょうか。
インテリアのプランによって、同じお部屋でもおしゃれさや広さの感覚が全く違うものになります。
そのため、インテリアのプロにアドバイスをもらってみるのもひとつの方法ですよ。

自分で家具を配置してみるなら、大型家具のサイズにマスキングテープを貼ってみるとイメージがわきやすくなりますので試してみてくださいね。

毎日家に帰るのが楽しみになるようなお気に入りでおしゃれなインテリアをぜひ実現してください♪