Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが選ぶ!グラウンドカバープランツ10選】おしゃれな庭の実例とともにご紹介

橋本朝子
著者:橋本朝子 (一級建築士)

フィンランド在住。法政大学建築学科卒業。建築設計事務所、ガーデニング設計施工会社を経て独立。現在はフィンランドで個人邸宅の庭をはじめ、学校、店舗、公園など幅広い外部空間の設計を手掛ける。設計のテーマは、「毎日の暮らしがより楽しくなるガーデン」。住まいは築50年の住宅。インテリア、ガーデンともにリノベーションを重ねて家族と住む。趣味はアップサイクル。

猛暑の夏の間は庭にでるのが億劫。しばらく気を抜くと、庭は雑草だらけに。雑草とりは重労働です。かといって除草剤は使いたくないし・・。そんな場合、地面を常に緑でおおってくれるグラウンドカバープランツを植えておくのが得策。雑草を大幅に抑えて、お庭を常に整えて見せることができる優れものです。

グラウンドカバープランツには様々なタイプの植物があり、目的や環境によって選択肢が豊富にあります。緑だけでなく、花がきれいな植物もあります。グラウンドカバープランツを使いこなして庭をよりおしゃれに、そして管理を楽にしましょう!

プロが教える!グラウンドカバープランツでおしゃれなお庭を実現する方法

グラウンドカバープランツのガーデニングのポイント

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137588470/

お庭のデザインやイメージによって植物を選びましょう。明るい雰囲気の洋風やしっとりした和風によく似合う植物があります。地面の覆い方にもさまざまあります。低い緑のカーペットにしたい、ふわっと地面を覆いたい、花壇の縁から垂らしたいなど目的によって植物を選びましょう。

https://www.pinterest.jp/pin/59461657570085415/

植栽環境によって植物を選びましょう。日向や半日陰向き、どちらでも大丈夫な植物があります。土の厚みが少ない日当たりのよい場所なら乾燥に強い植物を。水もちのよい庭なら水切れに弱い植物を選びましょう。グランドカバープランツの選び方については次の章で詳しく解説しておりますので、そちらをどうぞ。

https://www.pinterest.jp/pin/344525440234603176/

数種類のグラウンドカバープランツを組み合わせても素敵です。グラウンドカバープランツを組み合わせる場合は葉の色形が違う植物を隣り合わせに植えて変化を出しましょう。花がさく時期をずらして植物を選ぶと長い間楽しめます。

https://www.pinterest.jp/pin/422281204653598/

増えすぎ注意のグラウンドカバープランツもあります。強健で繁殖力の強い種類は、枝やつる、根をのばして他の植栽エリアにもどんどん侵入してきます。増えやすい植物を植える場合は寄せ植えは避けて、土壌が独立した植栽エリアに植栽するのが無難です。

グランドカバープランツの選び方

お庭のデザインによって選ぶ

https://www.pinterest.jp/pin/633387424413015/

洋風のイメージならブルーカーペット、ゴールデンモップなど匍匐性や矮性の常緑のコニファー、ツルマサキなどやや硬い葉の低木や斑入り葉が豪華なホスタなどがおすすめ。整然とした明るい印象になります。和風やナチュラルなイメージなら柔らかい印象の常緑低木や宿根草類を。フッキソウ、ヤブラン、コグマザサなどが向いています。

https://www.pinterest.jp/pin/57350595245176783/

花がきれいなグラウンドカバープランツもあります。ティアレラは4月に淡いピンクの繊細な花を咲かせます。クリーピングタイムはとても小さな花をびっしり咲かせ、5月には地面が一面ピンクに。ヘメロカリス、ホスタは夏の間花を楽しめます。ミセバヤは10月にピンクの花を咲かせます。

日照条件によって選ぶ

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137381027/

地面を這って増える植物は、比較的木漏れ日程度の半日陰を好むものが多いです。落葉広葉樹のシンボルツリーの足元なら、どんなグラウンドカバーでも合わせやすいといえます。

逆に日当たりが良くすぐ乾燥してしまう場所なら注意して選ぶ必要があります。多肉植物のグラウンドカバー、クリーピングタイムは乾燥に強い植物です。庭が日陰で乾燥しているという場合は、ツルニチニチソウやラミウム・マクラツムのように常緑高木の下でも育つ強健な植物を選びましょう。

カバーしたい場所によって選ぶ

https://www.pinterest.jp/pin/45739752456303153/

花壇の中で様々な他の植物も一緒に植えたいなら、どんどん増えるつる性植物などは要注意。根や枝をのばして広がらないタイプの植物を選びましょう。ホスタやヘメロカリスは植えた場所で大きくなっていくので他の植物を合わせても問題になりません。

カバーしたい面積が小さいなら、あまり成長が早くないグラウンドカバーを。フッキソウ、ハツユキカズラ、アメリカツルマサキなどがおすすめです。面積が大きいならつる性植物がおすすめ。ヘデラ・ヘリックスはつるを伸ばして増え、大きな葉で地面をすぐに隠してくれます。

https://www.pinterest.jp/pin/36732553196708467/

広めの面積や斜面を早く緑化したい場合はつる性植物をご検討ください。ヘデラ、ツルニチニチソウ、テイカカズラは公共の場所でもグラウンドカバーとして使われる代表選手です。つる性植物はヒメツルニチニチソウのように葉の細かいものほど密度高く茂り緑のカーペットになりやすい傾向があります。

グラウンドカバープランツのメンテナンス

https://www.pinterest.jp/pin/371476669270424218/

ローメンテナンスな植物が多いグラウンドカバープランツ。地面を這うように枝やつるを伸ばして広がるものが多いので、カバーしたいエリア以外にもやがて広がっていきます。定期的に飛びだした部分は剪定しましょう。早くカバーできる植物ほど、剪定の回数は増えます。

根づくまでの間の水やり、定期的な病害虫チェックなどの管理をしましょう。また地面を覆うまでの間は雑草が生えやすいので雑草とりなどの手間もある程度必要です。

 

プロが厳選!おしゃれな庭を彩るグランドカバープランツ 10選

常緑の植物や花が楽しめる、おすすめグラウンドカバープランツをご紹介します。

洋風のお庭に似合う常緑のコニファー:ウィルトニー

https://www.pinterest.jp/pin/17029304829286862/

洋風やモダンな庭園には匍匐性のコニファーがおすすめ。ウィルトニーは青緑色が美しく、低く這うように細い枝をのばして地面を均一にカバーします。芝生の庭の一角の植栽エリア、シンボルツリーの足元に。擁壁の上や斜面に植えて下垂させても見事です。日向から半日陰向き。

植え付け時期:ベストシーズンは晩秋か早春ですが、真夏・真冬以外ならいつでも植栽できます。

観賞時期:通年青緑の葉を観賞。冬季は葉の色がグレーに変色しますが、春になるとまた青緑に戻ります。

https://www.pinterest.jp/pin/540994973967382425/

面積の大小にかかわらず使えるウィルトニー。写真のように高い植え込みの壁から下垂させてもきれいです。伸びすぎた部分は剪定しましょう。植栽したてでまだ地面が見えている時期はバーク等のマルチング材を地面に敷くと見栄えがするうえ、降雨の際の泥はね等をさけることができます。

和風だけでなく洋風やモダンにも似合う:フッキソウ

https://www.pinterest.jp/pin/522136150557286516/

艶のある葉が美しいフッキソウは和風によく似合う常緑半低木ですが、欧米でもグラウンドカバーとして人気があります。地面を早くカバーできるうえに広がりすぎて困ることもなく、希望通りの緑の面を作れます。半日陰から日陰向き。管理が楽で初心者向けの育てやすい植物です。

植え付け時期:真夏・真冬以外ならいつでも植栽できます。

観賞時期:通年緑の葉を観賞。4~5月に小さな白い花を咲かせます。

https://www.pinterest.jp/pin/162059286579311742/

舗装された園路の脇などに植栽すると、ふわりと舗装の縁をかくして柔らかい雰囲気をだしてくれます。大きさや色形の違う植物とも組み合わせも可能。シンボルツリーの足元をローメンテのグラウンドカバーで隠したい場合にも。

緑のカーペットになり青い小花が咲く:ヒメツルニチニチソウ

https://www.pinterest.jp/pin/642255596856924511/

つる性植物のヒメツルニチニチソウは、深緑の小さな葉でびっしり地面をカバーしてくれます。春から初夏にかけては小花が咲く緑のカーペットに。日向から日陰向き。乾燥に強く、水はけのよい土壌を好みます。擁壁の上に植えて垂らしたり、斜面をカバーするのにも向いています。やや増えすぎ注意。伸びすぎたら剪定が必要です。

植え付け時期:真夏・真冬以外ならいつでも植栽できます。

観賞時期:通年深緑の葉を観賞。4~6月に小さな青や白の可愛い花を咲かせます。

https://www.pinterest.jp/pin/67483694406789402/

土の流出が気になる斜面に植栽すれば地面を低く覆って土を定着させる効果が。つるが長く伸びるので大きな面積向き。小さな面積ならまめに剪定してください。斑入りでやや大きな葉のツルニチニチソウは、寄せ植え素材にも使われます。鉢の縁から垂らすと素敵です。

踏圧に耐え芝生の代わりになる:クリーピングタイム

https://www.pinterest.jp/pin/68961438036471522/

クリーピングタイムは10センチ程度の高さに育つ、匍匐性のタイム。ハーブ類なのでよい香りがします。繁殖力が強く、どんどん広がり細かい枝葉で地面をカバーします。4~5月にいっせいに花が咲き、ピンクのカーペットに。水はけのよい日向から半日陰向き。高温多湿は苦手なので、梅雨前に短く剪定します。

植え付け時期:真夏・真冬以外ならいつでも植栽できます。

観賞時期:通年緑の葉を観賞。5月に極小さなピンクや白の花を咲かせます。

https://www.pinterest.jp/pin/20407004550530947/

複雑な形状の地面、乾燥しすぎて芝が育たない庭、ロックガーデンに使えるクリーピングタイム。土の厚みがなくても育ちます。飛び石の隙間に植栽するのにも向いています。写真のようにきれいなカーブを見せたい場合は、舗装部分に飛び出した枝をカットしていきます。

ピンク色の新芽がまるで花のように美しい:ハツユキカズラ

https://www.pinterest.jp/pin/77898268543561897/

ピンク色の新芽が鮮やかなハツユキカズラ。つる性植物ですが、コンパクトにまとまり扱いやすい植物です。フェンスや寄せ植えにも向いていますが、地面に群植すると見事なグラウンドカバーに。面積が小さい植栽エリアに向いています。日向から半日陰の場所に。乾燥しすぎないよう水やりします。

植え付け時期:真夏・真冬以外ならいつでも植栽できます。

観賞時期:春から秋はカラフルな葉、秋冬は紅葉を観賞。5~6月に小さな白の花を咲かせます。

https://www.pinterest.jp/pin/195765915040536533/

玄関回りの小さな植栽エリアに何かグラウンドカバーを植えてすっきりさせたい、という場合にぴったりのハツユキカズラ。春から夏には植え込み一面が新芽のピンクで覆われ見事です。立ち上がりのある花壇から垂らしても。

満開の花が目を引く:ティアレラ

https://www.pinterest.jp/pin/518688082091066771/

穂咲きの淡いピンクの星型の花が満開になると豪華なティアレラ。常緑の大きな葉がふんわりと地面をカバーします。耐寒性、耐暑性ともにすぐれ、地植えならやや乾燥しがちな場所でも生育します。やや増えすぎ注意。植栽エリアを超えて伸びてきたら剪定しましょう。日向から日陰向き。半日陰でよく咲きます。

植え付け時期:真夏・真冬以外ならいつでも植栽できます。

観賞時期:通年淡い緑の葉を観賞。葉には品種によって赤い筋が入ります。4月にうすいピンクの花を咲かせます。

https://www.pinterest.jp/pin/18718154690462397/

シェードガーデンの彩りに加えたいティアレラ。半日陰向きの他の植物と組み合わせ、変化にとんだ花壇にできます。葉の色合いや形の違う植物を隣通しに植えると、お互いが引き立ちます。たとえばティアレラの手前に斑入り葉が美しいブルンネラやリシマキア・ヌンムラリア・オーレアを。背後にはホスタなどを。

水やりがあまりできない場所に:メキシコマンネングサ

https://www.pinterest.jp/pin/36380709479179381/

屋上緑化などに利用されているメキシコマンネングサ。常緑の明るいライムイエローの葉色が魅力的です。初夏に黄色の花が咲くと、さらに明るい印象に。水やりしてもすぐ乾燥してしまうような土壌の少ない道路と塀の隙間やロックガーデンに向いています。関東以南なら地植えでも冬越しできます。日向から半日陰向き。

植え付け時期:真夏・真冬以外ならいつでも植栽できます。

観賞時期:通年淡い緑の葉を観賞。4~6月に黄色の花を咲かせます。

https://www.pinterest.jp/pin/39195459246117511/

コンクリートと自然石の間の隙間をこんもりと埋め尽くすメキシコマンネングサ。暗い色のウォールやフェンスを背景に植えると色のコントラストが楽しめます。日当たりのよいマンションのベランダやルーフバルコニーの床にシートを敷いて植えこんでも。

斑入り葉が美しく刈り込みもできる:アメリカツルマサキ

https://www.pinterest.jp/pin/43910165107261424/

常緑つる性低木のアメリカツルマサキには美しい斑入りの品種があり、洋風の花壇にぜひ取り入れてみたい植物。群植するとやや高さのあるグラウンドカバーになります。壁には根をはりつけて垂直に登はんもします。希望の形に刈り込むことも可能。日向から半日陰向き。

植え付け時期:真夏・真冬以外ならいつでも植栽できます。

観賞時期:通年斑入りの葉を観賞。葉色は品種に黄色の斑入り、白の斑入りがあります。

https://www.pinterest.jp/pin/308496643234017312/

黄金系の斑入りの葉が美しいアメリカツルマサキ・エメラルドゴールド。写真のように青緑色が美しいコニファーと合わせて植栽すると色の対比が見事です。

半日陰を明るく彩り花も咲く:ラミウム・マクラツム

https://www.pinterest.jp/pin/565764771946544467/

きれいな花の咲くラミウム・マクラツム。濃い緑の縁取りのついた明るい葉は常緑です。地面に枝が伸びどんどん増えます。5~6月にピンク色の花を咲かせ、淡い色の葉に花色が映えます。かわいい植物ですが、侵略的で増えすぎ注意です。増えすぎたら強剪定しても大丈夫です。半日陰向き。

植え付け時期:真夏・真冬以外ならいつでも植栽できます。

観賞時期:通年淡い色の葉を観賞。5~6月にピンクや白の花を咲かせます。

https://www.pinterest.jp/pin/425730971025162566/

花壇や小道の縁取りによく似合うラミウム・マクラツム。低く這うように枝をよく伸ばすので、小道の縁なら自然に隠してくれます。日陰・乾燥にも比較的よく耐えて増えます。深緑色の生垣ぞいや暗くなりがちな樹木の下に植えるとぱっと明るい印象になります。

どんな場所でも使える万能グラウンドカバー:ヘデラ

https://www.pinterest.jp/pin/298152437826860938/

つるを伸ばして根をだし広がるヘデラは、地面や壁面を早くカバーできるつる性植物。やや小型の葉のヘデラ・ヘリックスは寄せ植えや小面積向き。大型の葉のヘデラ・カナリエンシスは大面積や壁面を一面の緑にするのに向いています。ヘデラは斜面等管理が難しい場所にも使えます。地植えは増えすぎ注意。

植え付け時期:真夏・真冬以外ならいつでも植栽できます。

観賞時期:通年緑の葉を観賞。葉には品種によって斑入りがあります。

https://www.pinterest.jp/pin/390687336432914847/

斜面や擁壁の緑化に適した常緑のヘデラ。斜面なら土壌の流出を防ぎ、こんもりした緑のボリュームを保ちます。放置すると壁面や木の幹に這いあがりますので、希望しない場合は取り除きましょう。

 

こんなお庭にも挑戦したい!おしゃれなグランドカバープランツガーデニング実例

地面をカバーするだけでなく、さらにデザイン性の高いこんなガーデニングも参考に!

カラーリーフプランツをグラウンドカバーに使用する

https://www.pinterest.jp/pin/10273905383176593/

グラウンドカバーを使っておしゃれにするには、色の鮮やかな葉の植物を組み合わせる方法があります。例えば明るい黄色の葉のフウチソウ・オールゴールドとダークな色合いのコクリュウやヒューケラ・パレスパープルを群植すると、はっと目を引く植え込みになります。

植物で模様を描く

https://www.pinterest.jp/asakotarha/garden/plants/

フロントガーデンのワンポイントに、田の字花壇はいかが。乾燥に強い組み合わせのメキシコマンネングサとクリーピングタイムで格子模様を描き、中央にアガベを植栽。シンプルなほどインパクトが強くなります。

白砂にグラウンドカバーで築山にする

https://www.pinterest.jp/pin/201325045813935157/

欧米で人気の禅ガーデンは、京都の寺院にあるものとは大分違ってカジュアルでモダンです。白砂の中に自由な模様を描き、こんもりと土を持ってグラウンドカバーを植えると築山風。タマリュウやメキシコマンネングサが活躍します。

まとめ

庭があるなら、素敵な植栽エリアがほしいもの。しかし土の部分に様々な種類の植物を選ぶのも、それを管理するのも大変です。グラウンドカバープランツを群植すると庭がすっきりおしゃれに見えるうえ、計画・施工・管理がだいぶ楽になりますよ。

ぴったりとした緑のカーペットにしたいのか、ふわっと地面を覆いたいのかによって植物を選びましょう。グラウンドカバープランツを使いこなして、素敵なお庭を実現してくださいね。

Hello Interior LETTER

インテリアのヒントがメールで届く!!