Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】憧れの和モダンガーデンを実現する方法!ミニマルな背景に日本の風景を取り入れる

橋本朝子
著者:橋本朝子 (一級建築士)

フィンランド在住。法政大学建築学科卒業。建築設計事務所、ガーデニング設計施工会社を経て独立。現在はフィンランドで個人邸宅の庭をはじめ、学校、店舗、公園など幅広い外部空間の設計を手掛ける。設計のテーマは、「毎日の暮らしがより楽しくなるガーデン」。住まいは築50年の住宅。インテリア、ガーデンともにリノベーションを重ねて家族と住む。趣味はアップサイクル。

モダンな住宅を計画中の方、またはお庭のリノベーションを計画中の方、和モダンを取り入れてお庭をスタイリッシュかつ居心地よく仕上げてみませんか!冷たくなりがちなモダンデザインに和の要素を加えることで、自然さや季節感を上手に演出することができますよ。

和のテイストを取り入れたガーデンは実は海外でも人気があります。伝統にとらわれず自由な発想で作られた外国の和風ガーデンを見ると、今まで古臭いと思っていた和の要素がフレッシュに見えてくるかも知れません。今回は豊富な実例と共に、和モダンの庭への取り入れ方を様々な角度から説明します。

プロが教える!憧れの和モダンガーデンを実現するポイント

和モダンガーデンとは?

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137044043/

現代のライフスタイルに合ったモダンデザインの住宅が増えてきています。工業的な素材が用いられることも多いモダン住宅は、冷たいイメージになりがち。そこで和モダンに注目が集まっています。

自然を抽象化したデザインともいえ、時に東山慈照寺の向月台や東福寺本坊庭園の市松模様のような単純な形や直線的なデザインが現れる日本庭園。伝統的な和の庭園の中にもとてもモダンに見えるものがあるように、和のデザインはモダンとなじみが良いのです。

簡素な「間」の中に凝縮された日本の美しい自然の風景をつくるのも和モダン、伝統的な和の空間をモダンな要素で置き換えたものも和モダン、逆にミニマムな空間にポンと伝統的な和の要素を加えるのも和モダン。さわやかな和モダン、重厚な和モダン。和の要素の入れ方にもさまざまあり、好みに応じてさじ加減が必要とも言えます。

新築時には検討したい!和モダンな坪庭とは?

https://www.pinterest.jp/pin/21532904442270649/

和モダンな坪庭や中庭がある住宅デザインも人気があります。小さな中庭でもシンプルな和モダンにすれば建築やインテリアのイメージを邪魔することなく、緑・自然をより身近に見ることができ季節を感じられます。

例えば2×2メートルの壁やガラス窓に囲まれた中庭なら、日陰向きの和風の樹木や下草を植栽し、地面には砂利や自然石を敷けば和モダンな坪庭に。このとき、たくさん植えすぎないのがポイント。高木や低木なら1本で、下草も低いものを選び「間」を生かすようにデザインします。採光や通風の良さもメリットです。

さらに詳しく!和モダンガーデンをつくるポイントをパーツごとに解説

どんな植物を選ぶべき?

https://www.pinterest.jp/pin/345932815138024738/

和風庭園によく使われる植木は和モダンな空間にマッチします。赤松、黒松、五葉松のどっしりとした仕立物なら力強い和モダンに。例えばコンクリート住宅のフロントガーデンに一本だけ樹木を植栽して重厚さを表現したい場合、松の仕立物が向いています。立派な門かぶりの松もモダンに再利用できます!

https://www.pinterest.jp/pin/43558321382905219/

季節感を楽しみたい、自然さをだしたいなら落葉樹がおすすめです。一般的な日本の木造住宅にも似合いやすく、無難な選択です。

イロハモミジ、ハウチワカエデ等のカエデ類は和モダンの代表選手。切れ込みの入った繊細な形の葉が美しく、新緑、緑陰、紅葉と季節の変化を楽しめます。花が咲くものならヒメシャラ、ヤマボウシ、エゴノキなどの株立ちの樹木に人気があります。

https://www.pinterest.jp/pin/147915168999449791/

株立ちの常緑広葉樹ならいつも緑を楽しむことができます。半日陰でも育ち成長のより遅いソヨゴ、ハイノキなどを選ぶと、スモールスペースで常に整ったイメージを保てます。

https://www.pinterest.jp/pin/12384967696891299/

背の低い植物で地面をカバーするなら、笹類、フッキソウ、タマリュウを。一面に群植して緑のカーペットにしても良いですし、樹木の下草としても活躍します。花が咲く下草が欲しい場合も、和風の素材がおすすめです。ハナショウブ、ツワブキ、ユキノシタ、キキョウ、ホタルブクロなど。

どんなマテリアル・雑貨を取り入れるべき?

和風庭園に見られる要素をシンプルに解釈してエクステリアに取り入れると和モダンになります。和風庭園に見られるのは大小の自然石、砂利、飛び石、石畳、延段など。竹垣、蹲や鹿威し、石灯籠、屋根瓦などをオーナメントとして取り入れるとより和の雰囲気が強くなります。

https://www.pinterest.jp/pin/58898707616963191/

高木、低木、もしくは下草のシンプルな植栽に、大きめの自然石を一つあしらうだけでも和の雰囲気がでます。自然石は山や島に見立てて設置してみてください。石はある程度の深さにうめて、安定感、どっしり感をだしましょう。

https://www.pinterest.jp/pin/568298046707336731/

白川砂は枯山水を表現したい場合にぴったりのマテリアルです。白い砂利の他、グレーや黒い砂利、小石や砕石もモダン和風の地面の仕上げとして適しています。敷厚は3~5分砂利で5センチ以上みてください。地面と砂利の間に不織布を敷くと、砂利が地面に埋もれることなく長持ちします。

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137042999/

玄関アプローチや園路、通路には日本庭園では石畳や延段、飛び石等が使われます。モダン和風住宅のアプローチに伝統的な延べ段を使うと統一感が出ます。逆に大判のコンクリートスラブや平板、自然石やタイルの平板におきかえると、少しだけ和の要素が入ったスタイリッシュな和モダンになります。

https://www.pinterest.jp/pin/489696159480535565/

蹲を使ったウォーターガーデンも和モダンのガーデンに似合います。自然石の蹲の他にもコンクリートの浅鉢を利用するとよりミニマルな表現に。

https://www.pinterest.jp/pin/600526931546009654/

鉢植えはベランダやスモールスペースを手っ取り早く和モダンガーデンにする良い方法。コンクリート鉢、シンプルなつぼ型の陶器鉢、金属・木製のプランターなどを利用、和風の低木や下草を植栽しましょう。

https://www.pinterest.jp/pin/297237644137704869/

照明器具やオーナメントとして伝統的な石灯籠を置くとより和風のイメージが強くなります。シンプルデザインの置き灯篭や露地行灯なら手軽に和モダンの庭に温かみのあるアクセントを加えることができます。玄関アプローチや坪庭に取り入れてみませんか!

こんなケースに気をつけろ!失敗しがちなパターン紹介

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137964659/

モダンな空間に和の要素を取り入れれば何でも和モダンかというと、日本人にとってはそうでない場合も多々あります。たとえばマッシブなコンクリート住宅を背景に枝ぶりのよい松を植栽、まわりにフェスツカ・グラウかを植栽した庭はちぐはぐな雰囲気。植物は和風のもので統一したほうがしっくりきます。

和風の樹木を選択しても、足元に洋風のオーナメンタルグラスや色とりどりの洋風の花壇をもってきては和モダンに見えづらくなります。花なら花木やコンテナガーデンで取り入れたほうが和モダンに似合います。

おしゃれ和モダンガーデン実例10選

我が家で実現したくなる、おしゃれな和モダンな庭の実例をご覧ください。

和モダンガーデン実例 5選

テラスの周りに鉢植えのベニシダレを置けば、エレガントな和モダンに

https://www.pinterest.jp/pin/AQQ-72RJ-5FZXqHl0lG05CPTGVn5BU9SI16LVchxkhE4o_UjBEHiQ9w/

池の前のテラスに竹製のガーデンソファを置き、周りにベニシダレの鉢植えをあしらうとエレガントな和モダンに。写真では池ですが、水の代わりに淡いグレーの砂利を敷いて枯山水にしてもOK。テラスの縁にはタマリュウやシダを植栽して、自然な雰囲気をだしましょう。

テラスのところどころくりぬいて、すっきりした印象の和モダンに

https://www.pinterest.jp/pin/402650022929905352/

通路にも利用する中庭なら、すっきりした和モダンのウッドテラスにしてみましょう。テラスのところどころを大胆なカーブで切り取り、株立ちのハウチワカエデを植栽。足元はフッキソウなどの低い下草ですっきり仕上げ、幹の美しさを引き立ててください。少ない植栽要素にするほどスタイリッシュな仕上がりになります。

小さな坪庭に落葉広葉樹を植えれば、季節を楽しめる

https://www.pinterest.jp/pin/501729214706455628/

極小坪庭はあまり高くならない高木一本と自然石で和モダンな庭に。日照がある程度確保できれば、マンサクやミツバツツジなどの花木、日陰ならアオシダレ、ソヨゴなどを植えると自然を間近で楽しむことができます。コケは乾燥しやすい中庭では茶色くなってしまうことがありますので、下草にはタマリュウやフッキソウがおすすめです。

平行線・縦線を強調したマテリアル使いならモダンに調和する

https://www.pinterest.jp/pin/434315957785010305/

別の極小坪庭の例。地面を平行に区切って、色や粒度の違う砂利を入れています。さらに竹とトクサのエリアを別々に区切って植栽。こうすることで、地下茎で坪庭中に植物が生えてくることがありません。縦を強調するような植栽の選択ですっきりこぎれいにまとめた坪庭は、モダン住宅によく似合います。

庭を長方形のゾーンで切り分け、和のマテリアルを配置するとスタイリッシュな和風に

https://i.pinimg.com/564x/f0/d7/ad/f0d7ad28dd2963b6330513d3632a4ed7.jpg

延段風の乱尺貼りの石畳の小道の両脇に砂利を敷き詰め、長方形の細長い植栽エリアを設けましょう。刈込にしたツゲ、イロハモミジを植栽すると和モダンな庭になります。細長いバックヤードのほかエントランスアプローチで応用できる方法です。

玄関まわりの和モダンガーデン実例 3選

常緑の生垣と下草を背景にすると、和風の落葉樹が引き立つ

https://www.pinterest.jp/pin/557461260131980365/

玄関脇に日陰がちの細長い植栽エリアがあるなら、モダン和風にまとめてみませんか!常緑樹の生垣で垂直面、常緑の下草で床面をカバー。手前にヒメシャラ等和風の樹木を植栽すると、常緑を背景に季節の変化を楽しめます。スポットライトで幹を照らせば夜も見栄えがします。

コンクリートの床をくりぬいて植栽すれば、禅の庭風に

https://www.pinterest.jp/pin/345932815138038333/

都市住宅に多く見られる、殺風景なコンクリートの床の前庭。床の一部を丸い植栽スペースにしてコンクリートを白砂に見立て、禅の庭のように演出してみましょう。写真では砂利と株立ちのジューンベリーの組み合わせですが、タマリュウの緑のマット×枝ぶりのよいウメなどにするとさらに和風です。

株立ちの落葉樹を複数植えると、玄関アプローチに奥行き感がでる

https://www.pinterest.jp/pin/340655159297506695/

玄関アプローチや玄関階段の脇の緑地には、株立ち樹形の落葉樹を数本植えて林のような雰囲気にしてみましょう。手前にやや背の高い樹木、奥に低めの樹木を植えるとより奥行き感が出せます。下草にオカメザサ、コグマザサなどを群植するとより和風のイメージになります。

ベランダ・ルーフガーデンの和モダンガーデン実例 2選

プランター×竹なら、ベランダで涼し気な和モダンに

https://www.pinterest.jp/pin/65865213283334550/

奥行き1メートルのベランダでも和モダンの庭が可能です。コンクリートポットにカンチクやクロチクを植栽。避難経路でない壁や手すりは竹垣やすだれでカバーするとよりナチュラルな雰囲気になります。

プランター×松なら、ルーフバルコニーで重厚感のある和モダンに

https://www.pinterest.jp/pin/175499716707030619/

面積の広いベランダやルーフバルコニーなら、大きめのプランターを利用して和風ガーデンを実現できます。仕立てられた松の中にベニシダレを混ぜると重厚かつ華やかな雰囲気に。あくまでモダンを演出するため、プランターの色は黒や白などのモノトーンを採用、ファニチャーと色合いを統一させましょう。

まとめ

日本のモダン建築のエクステリアには和モダンがよく合います。和モダンにするには、日本庭園で使われるような庭木や下草、マテリアルを少しだけ取り入れるのがポイント。仕立物の松に飛び石、石灯籠や竹垣、と欲張ってたくさんの本格的・伝統的な要素を取り入れると普通の和風庭園になってしまいます。

禅の庭を見習って、ミニマムな背景にバランスよく厳選された日本の自然の風景を取り入れてみましょう。これからお庭をプランするときに和モダンにするなら、ぜひ参考にしてくださいね。

Hello Interior LETTER

インテリアのヒントがメールで届く!!