Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】おしゃれなシェードガーデンを実現する方法!日陰のお庭も楽しもう

橋本朝子
著者:橋本朝子 (一級建築士)

フィンランド在住。法政大学建築学科卒業。建築設計事務所、ガーデニング設計施工会社を経て独立。現在はフィンランドで個人邸宅の庭をはじめ、学校、店舗、公園など幅広い外部空間の設計を手掛ける。設計のテーマは、「毎日の暮らしがより楽しくなるガーデン」。住まいは築50年の住宅。インテリア、ガーデンともにリノベーションを重ねて家族と住む。趣味はアップサイクル。

我が家は日陰だから、お庭づくりには向いていないかも、と諦めていませんか?日陰だからこそ喜ぶ植物もありますし、あまり植物が育たない環境だからこそ実現できる素敵なお庭もありますよ!木漏れ日や暑い日の日陰なら、人間にとっても居心地が良いもの。シェードガーデンは実はとても魅力的なスペースです。

今回は多くの日本の庭やマンションのバルコニーにあてはまりそうな日陰の庭をスタイリッシュにする方法を説明します。世界の素敵なシェードガーデンの実例もご覧いただきます。この記事を読んで、日陰ならではのお庭を楽しんでみませんか!

プロが教える!おしゃれなシェードガーデンを実現する方法

そもそもシェードガーデンとは?

https://www.pinterest.jp/pin/320670435975709474/

シェードガーデンとは日陰の庭のこと。大きな樹木の陰になるようなスペースがシェードガーデンにぴったりの環境です。また、日本の密集した住宅地の庭では、一日の日照時間が限られることも。日陰をより好む植物を組み合わせ、素敵にデザインしたシェードガーデンのニーズはますます高まっています。

シェードガーデンは次のポイントをおさえるととびきりおしゃれな庭にできますよ!

シェードガーデンをおしゃれに楽しむポイント

環境に適した植物を選ぶ

https://www.pinterest.jp/pin/AURMXhqLb4VSxKFPK4WArQWLWlHGdDi-L2_8K5HAzCU1sPPp9y4cxBg/

半日陰を好んだり日陰に耐えたりする植物は意外にも多いので、適した植物を選ぶのはそう難しくないかもしれません。特に低木や地被類には魅力ある品種が見つかります。

ボリュームのある植栽にしたいなら、低木の手前に数種類の地被植物を組み合わせて日陰のボーダーガーデンに。高木の下をすっきり見せるには、背の低い地被類で地面をカバー。通り沿いで目をひく植栽にしたいなら、美しい花がさく低木を群植しましょう。

明るい色の花や葉を選ぶ

https://www.pinterest.jp/pin/568438784217444943/

暗くなりがちな日陰の庭を明るい洋風にするには、淡い色の花や斑入りの葉などが効果的。花なら白やパステルカラーを選ぶと日陰や暗い背景に映えます。

素材なら明るい色を選ぶ

https://www.pinterest.jp/pin/428053139570198141/

明るい色の仕上げ材を使うことで、日陰の庭のイメージがぐっとよくなります。芝生が育たない北側の庭や大木の下なら、写真のような淡い色調のテラス空間にしてみませんか!普通なら照り返しが激しく目にまぶしすぎる白い素材も、日陰ならマイルドに目に映りますよ。

自然の中の日陰空間を再現してみる

https://www.pinterest.jp/pin/672232681878713644/

日陰に適した植物は、自然では森の沢の脇、林床、岩陰などに自生していた植物です。日照が少ない場所で生きていたなら、木漏れ日や湿り気のある環境が好きということ。ガーデンづくりでも、森や林の小道風、小川風、自然石をあしらうなどの工夫をすると、よりナチュラルなシェードガーデンになります。

植栽に全く適していない空間なら、植栽はなしでOK

https://www.pinterest.jp/pin/265079128047466629/

全く日がささず雨水も届かない北側の軒下などはあまり植栽に適した場所ではありません。植栽はいっそなしにする選択もあり。それならファニチャーに予算をかけたテラス空間にするのが得策。雑貨やオーナメントをディスプレイするなど、植栽に頼らずスタイリッシュな庭にする方法もあります。

さらに詳しく!シェードガーデンをつくるポイントをパーツごとに解説

シェードガーデンに適した植物や素材選びが仕上がりを左右します!

どんな植物を選ぶべき?

https://www.pinterest.jp/pin/100908847890585133/

半日陰でも耐えられるシンボルツリーとしてはこちらがおすすめ。洋風のお庭で常緑のイチゴノキ、花木のハナミズキ、紅葉が楽しめるセイヨウカエデなど。和風のお庭なら常緑のソヨゴ、花木のヤマボウシ、紅葉が楽しめるカエデなど。(日なたに比べれば花付き・実付きは悪くなります。)

https://www.pinterest.jp/pin/261068109638404404/

日陰でも美しい花を咲かせる低木や宿根草類があります。とはいっても、全く日がささないと花付きは悪くなります。次の植物は、朝日があたり日中は半日陰程度の場所が理想的です。シャクナゲ、ミツバツツジ、カルミア、アジサイ、アスチルベ、インパチェンス、アルケミラ・モリス、ヘレボラスなど。

https://www.pinterest.jp/pin/200832464612120995/

花は開花時期が限定されますが、葉が美しい植物ならシーズン中楽しめむしろお得。アセビ・フレーミングシルバー、マホニア・コンフューサなどの常緑低木なら一年中葉を観賞できます。シェードガーデンの主役をはれる宿根草はホスタ、ヒューケラ、リシマキア・ヌンムラリア、ティアレラ、フウチソウ、シダなどです。

https://www.pinterest.jp/pin/147915169000894415/

常緑のグラウンドカバープランツは緑陰スペースをすっきり緑化したい場合に便利。 日陰に強いものとしてはヘデラ類、ティアレラ、ラミウム・マクラツム、ツルニチニチソウ、フッキソウなどがあります。

https://www.pinterest.jp/pin/135882113745848970/

建物の北側で生垣や低い刈り込みにしたい場合なら、常緑の次の樹木がおすすめです。イチイ、ツゲ類、ヒイラギモクセイ、ニオイヒバなど。また常緑のアオキは刈り込み向きではありませんが斑入りの品種があり、日陰を明るく見せてくれます。

https://www.pinterest.jp/pin/579838520776885608/

夏の間だけなら、鉢植えの観葉植物のシェードガーデンに!マンションの北側ベランダにおすすめです。鉢を室内から移すだけでバルコニーを緑の空間にできます。観葉植物の多くは急に日光にあてると葉が変色したり枯れたりしますので、完全に日陰の場合におすすめします。

どんなマテリアル・雑貨を取り入れるべき?

https://www.pinterest.jp/pin/3588874691630694/

淡い色の仕上げ材は北側の日陰を一段明るく見せる効果があります。新築の北側玄関ポーチなら、淡い色のタイル床がおすすめ。北側のテラス空間なら白い砂利やベージュ系の自然石などがおすすめです。ウォールやフェンス、トレリスも白やベージュをご検討ください。

https://www.pinterest.jp/pin/96616354484880139/

全く日がささないなら、無理に植栽エリアは設けず鉢植えで日陰に強い植物を寄せ植えや寄せ鉢にして、水やりの管理をきちんとするほうがむしろ楽です。白い鉢や艶のある釉薬のかかった陶器の鉢は、日陰を明るく見せる効果があります。

https://www.pinterest.jp/pin/290904457187927146/

植栽は最小限の鉢植え、もしくはなしで、オーナメントや雑貨類をディスプレイしても素敵なスペースがつくれます。ナチュラルモダンにするならの木製ベンチなどのファニチャー類やキャンドルホルダー、花瓶を飾りましょう。和風なら白い砂利と自然石を組み合わせて枯山水風にデザインするのも良いですね。

こんなケースに気をつけろ!失敗しがちなパターン紹介

https://i.pinimg.com/564x/09/13/5f/09135f9aa12dd61a8babb1bd2f763fbb.jpg

黒い建材、黒い植物・・黒はスタイリッシュな色ですが、北側に使うととても暗い印象。特別なコンセプトがない限りダークトーンの建物の北側に植栽する場合は、明るい色の植物を手前に持ってくると良いですよ。

暗い色を背景に明るく引き立つ日陰向きの植物はライム色のカラーリーフプランツや白い斑入りの葉など。宿根草なら斑入りのホスタやヤブラン、ヒューケラ・ライムリッキーを。落葉低木ならシラタマミズキ、常緑低木ならフイリアオキがおすすめです。

おしゃれシェードガーデン実例10選

世界の様々なシェードガーデンをご覧ください。中には日陰を感じさせない明るいイメージのお庭もありますよ!

シェードガーデンのお庭・花壇実例 5選

アジサイやホスタならボリューム感のある植栽に

https://www.pinterest.jp/pin/366832332152337766/

常緑高木の下やフェンスの陰になってしまうような場所なら、日陰向きの低木や宿根草を植えましょう。アジサイ・アナベル、明るい葉色のホスタやアスチルベを組み合わせればボリューム感のある植栽に。暗くなりがちな庭が明るい印象になり、長い間花も楽しめますよ。

半日陰でも花が咲く低木をつかえば華やかな印象に

https://www.pinterest.jp/pin/177681147785532376/

半日陰の環境を好み、色とりどりの花を咲かせる植物といったらツツジの仲間です。和風庭園のイメージが強いかもしれませんが、ヨーロッパでもシェードガーデンによく使われます。シャクナゲは常緑なので、花後も一年中緑を楽しむことができます。ミツバツツジの類は葉が出る前に咲くので、とても華やかな印象。

細長い敷地を小道ガーデンにすればわくわくするような空間に

https://www.pinterest.jp/pin/39054721747219150/

建物と敷地境界の間に細長い庭がある場合、小道ガーデンにしてみませんか!林道を歩いているような雰囲気にし、どこかわくわくする空間に。道の両脇にはホスタ、ヒューケラ、ラミウムなど日陰を好む宿根草を植えましょう。バードバスやオブジェなどのオーナメントで見どころをプラスするのも良いアイディアです。

フリーメンテナンスのシェードガーデンなら地被植物を

https://www.pinterest.jp/pin/6051780738197222/

日陰の植栽スペースに何か植えて緑にしておきたい。水やり、清掃などの管理はなるべくしたくない。という場合は、一種類のグラウンドカバープランツの群植がおすすめ。タマリュウ、ヤブラン、フッキソウなどは雨がかかる場所なら水やりしなくても育ちます。ティアレラ、ツルニチニチソウなら花も楽しめます。

極陰でも白い空間にすることで明るくできる

https://www.pinterest.jp/pin/26951297742604740/

いつも日陰になる建物の北側に未活用のスペースがあるなら、テラスにしてみては。目隠しにもなるウォールやフェンスを立ててプライバシーを確保し、ベンチを置きましょう。床も壁も白い仕上げにすると、日陰でも明るい空間に。通風が悪くなりがちな狭いスペースなら、植物は無理に増やさないほうが無難。

玄関まわりのシェードガーデン実例 3選

玄関脇の緑地は花の咲く低木で華やかに演出

https://www.pinterest.jp/pin/6473993204458958/

玄関回りに日当たりの悪い緑地があるなら、ヤマボウシ、アジサイ、シラタマミズキやホスタの組み合わせがおすすめ。ツゲやヤブランで縁取ると、冬の間も緑が楽しめます。

日陰で乾燥しがちなら鉢植えで対応

https://www.pinterest.jp/pin/492649942229890/

常に日陰でしかも乾燥したスペースなら、無理に植栽しなくてもOK。例えば植栽スペースの少ない玄関ポーチなら、色合いのきれいな観葉植物の寄せ植えを一つおくだけでも十分見ごたえがあります。冬の間は室内に移動すれば、毎年楽しめます。

常緑の生垣+アルケミラモリスのシンプルなエントランス

https://www.pinterest.jp/pin/67342956911017627/

北側玄関回りの敷地境界に生垣が欲しいなら、日陰に強い常緑樹を選びましょう。ヒイラギモクセイ、イチイ、ニオイヒバなどはかっちりと刈り込む生垣向き。グリーンのウォールの背景ができたら明るい色の花を手前に植えると引き立ちます。写真のアルケミラ・モリスのほかティアレラやアスチルベがおすすめです。

ベランダのシェードガーデン実例 2選

観葉植物の寄せ鉢で、夏の間のみのアジアンリゾートに

https://www.pinterest.jp/pin/135037688812530218/

北側でまったく日がささないベランダは、直射日光がきらいな室内観葉植物にとってはかえって好都合。ただし室内に比べたら乾燥が早いので、土のチェックは頻繁に。サンセベリアなど日陰に強く乾燥を好む植物なら管理がとても楽です。藤の家具を合わせればアジアンリゾートの気分が味わえます。

ディスプレイ、オーナメントを増やして植物を減らす

https://www.pinterest.jp/pin/535224736961203818/

ベランダを素敵な空間にしてくれるのは植物だけとは限りません。ファニチャー類、ガーデンシェルフやコンソールテーブルを置いてお気に入りの雑貨類を並べてみたり、空のおしゃれな鉢を置くだけでも十分スタイリッシュ。

まとめ

日本の住宅地でよく見られる日陰の外部スペースは、シェードガーデンにぴったりです。日陰に耐える植物を複数組み合わせれば、緑も花も楽しめる充実したお庭ができます。しかし極陰・極乾の環境なら、植物なしで素敵な庭にする方法も探求すべき。

しっとり落ち着いたやや暗い空間が良い場合もありますが、北側の外部スペースはさらに暗くなりがち。白やパステルカラーの花や斑入りの葉、淡い色調の仕上げ素材を組み合わせると一段明るい雰囲気にできます。我が家にあったシェードガーデン、ぜひ実現してくださいね!