Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2019/08/22

【Freeform ソファ(vitra.)の魅力】おしゃれなコーディネート実例あわせてご紹介

宇都宮夏澄
著者:宇都宮夏澄 (リビングスタイリスト)

熊本県立大学・環境共生学部居住環境学科卒業。モダン家具を取り扱うインテリアショップに勤め、退社後は子育てをしながら在宅で、インテリアコーディネートをご提案するママです。インテリアによってライフスタイルの質を高めることができると考えており、たくさんの人のお手伝いをしたいと思っております。

日本の美を表現する作品を生み出してきた、多彩な才能をもつデザイナー、イサム・ノグチ。彼がデザインした作品の中に、自然に調和する美しいオブジェのようなソファがあります。そのソファはいろんな空間に馴染み、私たち日本人になぜかほっとするような印象をあたえてくれます。

今回はFreeformソファについて、デザインされた背景から選ぶポイントまでたっぷりとご紹介します。

Freeform Sofa(イサム・ノグチ)に隠されたこだわり

Freeform Sofaとは

https://www.pinterest.jp/pin/497436721343080289/

イサム・ノグチがデザインしたソファとして有名なFreeformソファ。1950年頃に限定生産された商品でしたが、2002年にヴィトラデザインミュージアムから復刻されました。まず、現在正規店としてFreeformソファを取り扱う”vitra.”についてご紹介します。

クリエイティブなデザイナーズ家具をあつかう「vitra. 」

https://www.pinterest.jp/pin/76561262402355567/

<vitra.>は、1950年に創設されたスイスの家具メーカーです。多くのデザイナーとたくさんの商品開発を手がけ、ショップ空間やオフィス空間のサポート、公共機関のインテリアの提案も行い、名作家具や有名な建築家による建物の所有も。

創設者であるウィリー・フェルバウムが、チャールズ&レイ・イームズがデザインしたプライウッドの椅子に出会ったことがヴィトラの始まりです。その後彼はイームズ夫妻のもとを訪れて育んだ信頼関係がヴィトラの礎となっているのです。

ヴィトラが取り扱う商品には、ジョ―ジ・ネルソンやチャールズ&レイ・イームズ、イサム・ノグチなどの時を経て受け継がれてきた名作デザインから、現代のデザイナーたちによる最新作まで、豊富なコレクションを揃えています。

これらのデザイナーと新しい製品を開発する過程において彼らの技術と才能を最大限に生かし、ただ美しいだけではなく人々が製品とともに過ごす時間が豊かで特別なものになるようにと、ヴィトラが「オリジナル=本物」とよぶこだわりのホームコレクションを生み出し続けています。もちろんデザインだけでなく機能性や耐久性も重視しています。

vitra.の製品を体感できる「ヴィトラキャンパス」

https://www.pinterest.jp/pin/497436721343088132/

スイスとの国境に近いドイツに位置するヴィトラキャンパスには、建築やデザインの実験の場としてヴィトラハウスやヴィトラデザインミュージアムなどの建物が集まっています。このエリアは周辺の住宅地域と、スイス・ドイツ・フランスの3カ国の自然の風景の双方が調和するような建物を作ることを目的に、開発されました。

ヘルツォーク&ド・ムーロンより設計された、家が積み重なったようなデザインのヴィトラハウスは建築関係者がたくさん訪れる名所となっています。ヴィトラのホームコレクションのショールームとしてショップやカフェなどでその魅力を体感でき、インテリアに興味があれば一度は行ってみたい場所ですね。

Freeform Sofaのデザイナー:イサム・ノグチについて

https://www.pinterest.jp/pin/346495765080822326/

1904年にアメリカ合衆国ロサンゼルスに生まれ、彫刻家、画家、インテリアデザイナー、造園家・作庭家、舞台芸術家とさまざまな肩書を持つ日系アメリカ人の「イサム・ノグチ」。20世紀を代表する彫刻家ともいわれています。

大学までアメリカで彫刻を学んだイサム・ノグチは、その後パリへ留学をし巨匠コンスタンティン・ブランクーシの助手をしながら抽象彫刻を学びました。しかし帰国後の抽象彫刻の作品は評価を得られず、各国を転々としていましたがのちに日本へ渡ることとなります。日本では日本の美を追求する仲間として丹下健三などと親交を深めていきました。戦後の日本で禅の庭や伝統技術に触れ作品により一層東洋的なデザインを取り入れるようになったのです。

1951年から光の彫刻と言われる照明の「AKARI」シリーズを製作し、Freeform Sofaもこのころデザインされました。

Freeform Sofaの魅力とは

https://www.pinterest.jp/pin/497436721343037225/

川辺の小石をモチーフに作られたといわれており、イサム・ノグチの原点でもある「対象となる線や形を作らない」「有機的な線や面の組み合わせから奇跡的な美しさを表現する」ことがそのまま表れた作品です。自然の造形物をおもわせるゆるやかな曲線からなり、当時デザインされたソファとは一線を画すデザインです。

あえて薄いクッション材と自然な色味をえらび、横幅が3mもあるとは思えない軽やかで心地よいソファを表現しました。彫刻で削り磨かれたようなフォルムはまさに芸術でアートのようなソファと言えるでしょう。

①張り地のシミュレーション

https://www.pinterest.jp/pin/497436721343037160/

張り地はピンクやイエローの明るい色からシンプルなインテリアにもあうホワイトやグレーなど22色から選べます。脚部はメープルとウォールナットの2色。vitraの公式サイトにてシミュレーションができるので気になる色を組み合わせてみてはいかがでしょうか。

②サイズ・価格・納期は?

https://www.pinterest.jp/pin/497436721343037154/

Freeformソファは同じシリーズのオットマンも含め1サイズのみです。リプロダクト品には日本人に合わせてサイズダウンされたものも販売されています。

サイズ 価格
ソファ 幅3000 × 奥行1300 × 高さ720 × 座面高さ320mm ¥895,000円(税別)
オットマン 幅1200 × 奥行710 × 高さ320mm ¥250,000円(税別)

また、海外で製造されるので納期は4〜5ヶ月ほどかかることが予想されます。

③取り扱い店について

vitraの製品はThe Conran ShopやSEMPLE、inter officeなど、全国の店舗で取り扱いがあるようです。下記URLをご参考ください。メンテナンスについては購入する店舗に直接問い合わせいただくことをおすすめいたします。

取扱店:https://www.vitra.com/ja-jp/dealers

Freeform Sofaの選び方のポイントは?

https://www.pinterest.jp/pin/497436721343037164/

Freeformソファの最大の特徴はなめらかな曲線を描いた非対称のオブジェのようなフォルムといえるでしょう。このデザインをいかしたコーディネートをすることがポイントです。

また、横幅3mもの大きさは、一般の住宅に入れるさいにはお部屋にあうサイズかどうかも確認しなければなりません。正規サイズのソファは入らないけどどうしてもFreeformソファが欲しい!という方はサイズダウンされたリプロダクト品を検討するのも選択肢のひとつです。

Freeform Sofaをつかったおしゃれなコーディネート5選!

①大理石と派手なラグのコーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/497436721343037111/

床やコーヒーテーブルに大理石をつかったモダンな空間。四角の模様が入った人目をひく派手なラグをひき、対象的な北欧をおもわせるかわいらしいデザインのFreeformソファを引き立てています。

Freeformソファが主役のコーディネートにするには、線的なものや四角など対象的なデザインの入ったアイテムを入れると良いでしょう。

②敢えて個性的なアイテムと合わせる同色系スタイル

https://www.pinterest.jp/pin/497436721343037161/

Freeformソファの張り地を壁の色と合わせたピンク色の北欧コーディネートです。チャールズ&レイ・イームズがデザインしたEames Elephantとさくらんぼのオブジェをあわせ、子供部屋のようなポップさを演出しています。

優しい色合いを組み合わせたコーディネートは、個性的なアイテムがセンスの良いアクセントになります。この写真では、丸みを帯びたチェアやテーブル、テーブルランプに、同じく丸みを帯びたデザインで高さの低く圧迫感のないFreeformソファがぴったりあいます。

③美術館のようなクラシックなコーディネートにも

https://www.pinterest.jp/pin/497436721343037233/

Freeformソファの汎用性の高さがよくわかりますね。市松模様の印象が強いフロアですが、Freeformソファや同じくイサム・ノグチのデザインしたフロアランプの丸みがうまく緩和しています。

ここでのポイントは、ソファの色味を濃いネイビーと水色にすることでブラック→濃いネイビー→水色→ホワイトとグラデーションになるよう配色していることです。色のコントラストが強いお部屋は、家具の色合いをグラデーションにするとうまく調和します。

④3色のイサム・ノグチコーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/497436721343037191/

イサム・ノグチによりデザインされた「Coffee Table」や「AKARIシリーズ」を組み合わせたコーディネートです。家具にブルー×オレンジ×ホワイトの相性の良い3色を均等に使っていることがポイントです。センターテーブルに使用されたCoffee Tableはガラス天板で透過性があり、脚部はソファの脚部と揃えたウォールナットにすることで馴染んでいます。

⑤モダンなインテリアにも

https://www.pinterest.jp/pin/497436721343037162/

Freeformソファを使ったモダンなインテリアには、丸いモダンアイテムを入れることで馴染みます。ブラックでまとめたコーディネートにソファと照明の「丸み」と「ホワイト」でアクセントをつけています。

シックなインテリアにもFreeformソファをいれ、一般的なモダンスタイルと一歩差をつけてみてはいかがでしょうか。

最後に

今回はイサム・ノグチがデザインしたFreeformソファの魅力をご紹介しました。オブジェのような美しいフォルムのFreeformをインテリアにとりいれ、見ても座っても居心地のよい空間をつくってみてくださいね。