Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【水色のソファを選ぶならこの5選】おしゃれなコーディネート実例あわせてご紹介

部屋をさわやかに見せてくれる水色のソファ。
取り入れてみたいけど、少しコーディネートにコツがいりそうですよね。今回は、おすすめのアイテムと一緒にコーディネート例もご紹介していくので、ソファ選びの参考にしてみてください。

水色のソファを選ぶさいの注意点は?

ベージュやグレーなど、ナチュラルな色合いのソファと比べると、取り入れるハードルが高そうな水色のソファ。ソファの特徴を見ながら、選ぶときのポイントをご紹介します。

水色のトーンによって雰囲気が変わる

水色と言っても、パッと目を引く鮮やかな水色だったり、少しくすんだ落ち着きのある水色だったり、トーンによってさまざまな雰囲気をもっています。ソファの色は部屋のイメージを決める大切な要素ですから、慎重に選ぶ必要があります。

ソファをお部屋の主役として目立たせたいのであれば、やはり鮮やかな色合いのものがよいでしょう。濃く、はっきりとした水色は、部屋を華やかに見せてくれます。

逆にナチュラルな雰囲気を求めるなら、薄めの水色や、くすんだ色合いのものを選んでみましょう。優しい色合いの水色は、心を落ち着ける効果があります。

フレームの素材でソファを選ぶ

フレームの素材は、ソファの印象を大きく左右します。木材を使った優しい雰囲気のソファや、金属の細いフレームに支えられたモダンなソファ。自分の好みやお部屋のイメージに合わせて選ぶことが大切です。

木材のフレームのソファは、北欧インテリア風の印象を与えてくれます。ほかのアイテムも、フレームと同じ色合いでそろえれば、比較的簡単に、まとまりのあるコーディネートもつくれてしまいますよ。

金属製のフレームは、インダストリアルやモダンな雰囲気を演出してくれます。スタイリッシュなお部屋に仕上げたいときなどに、最適ですね。ただ、水色は寒色であるため、金属の冷たさと相まって、全体的に冷たい印象になりがちな点には注意が必要でしょう。

ラグとの組み合わせで冷たい印象になるのを防ぐ

先ほども少し触れた通り、水色には寒色特有の冷たいイメージがついてまわります。さわやかな清涼感があるという点では、お部屋を綺麗に見せてくれるアイテムですが、自宅に置くのであれば、冷たい印象を与えすぎないような配慮をした方がよいでしょう。

そんなときに役立つのが、床に敷くラグです。ソファとラグの組合せは、コーディネートをつくるときに重要な役割を果たします。おすすめは、暖色系やもこもこした素材のラグを敷くこと。柔らかなイメージのラグは、お部屋に暖かい雰囲気を加えてくれます。

水色に暖色系のラグを合わせるのは、難しそうと思う方もいるかもしれません。けれど、赤やオレンジなどの色は、水色の補色にあたるため、実は相性がよい色なのです。ぜひ、ラグとソファのコーディネートを楽しんでみてください。

水色のおしゃれなソファを買うならこの定番5選

部屋の主役にしたくなるような、おすすめの水色ソファを5つ集めました。素材やテイストはさまざまなので、自分のイメージに合ったものを探してみてください。

①スポークバックソファ(The Spoke-back Sofa)【FREDERICIA】

1945年にボーエ・モーエンセンによってデザインされたこのソファは、あまりに洗練された新しいデザインであったため、発売は1962年まで待たれたと言います。片方のひじ掛けは、角度を調節することができ、デイベッドとシェーズロングの二通りの使い方を可能にしています。

ひじ掛けの角度を調節するのは、革ひもの結び目です。体を倒してリラックスした姿勢で本を読みたいときなどは、ひじ掛けを少し倒して寄りかかるようにすることもできます。

シーンに合わせて使い方を選ぶことができるところが実用的で、見た目だけでないデザイナーの工夫を感じることができますね。

価格:\1,026,000~\1,786,000(税抜き)
サイズ:幅1600~1970×奥行765×高さ860×座面高400mm
素材(張地):布、本革
素材(本体):オーク材

コーデ写真例

薄い水色が大人っぽい、スポークバックソファを使ったコーディネートです。クッションなどの小物も、ソファとトーンが統一されていて、全体的に柔らかい印象を受けますね。ふわふわとしたラグも、ソファとの相性がよさそうです。

ソファは落ち着きのある水色のため、大人な雰囲気のあるコーディネートができあがっています。フローリングの床など、ソファのほかにも木材を使っているため、北欧風の仕上がりになっています。テーブルなどを置くなら、ソファに合わせて木製のアイテムを選ぶとよさそうですね。

②Piero Lissoni Avio Sofa System【Knoll Studio】

Avio Sofa Systemは、イタリア出身の建築家・デザイナー・アートディレクターのピエロ・リッソーニによってデザインされました。リッソーニは、ミラノ工科大学建築学科を卒業後、スタジオ・リッソーニを設立し、さまざまな分野で活躍してきました。

Avio Sofa Systemの特徴は、ベンチやテーブルを自由に組み合わせて、その人に適切なサイズのソファにカスタマイズできること。自分のお部屋や使用シーンに合わせて、カウチソファにしたり、コーナーソファにしたり、オリジナルのデザインをつくることができるのも、このソファの魅力のひとつです。

価格:\991,000
サイズ(2seat):幅1840×奥行930×高さ720×座面高450mm
サイズ(3seat):幅2710×奥行930×高さ720×座面高450mm
サイズ(4seat):幅3580×奥行930×高さ720×座面高450mm
素材(張地):ファブリック、レザー

コーデ写真例

広々とした空間に、水色のソファがよく映えたコーディネートです。周りのアイテムは白や黒など、目立たない色で統一してあるため、水色のソファがよく引き立っていますね。シンプルでモダンな印象を受ける部屋ですが、太陽の光が降り注いでいるため、寂しい印象は受けません。

また、全体的に明るい色合いなので、開放感のある空間が強調されています。広々とした空間を活かした贅沢なコーディネートですね。

③アルファベットソファ(ALPHABET SOFA(PL210-3, 2-seat sofa))【Fritz Hansen】

アルファベットソファは先にご紹介したAvio Sofa Systemと同様に、イタリア人デザインナーのピエロ・リッソーニによってデザインされました。こちらも同様に、その人に合わせて自由にクッションを組み合わせることができる、モジュールソファシステムが採用されています。

また、アルファベットソファの魅力のひとつは、そのカラーバリエーションの豊富さです。水色のソファが欲しいと思うなら、いくつかある水色を組み合わせて、自分好みのソファにすることができます。

価格:\636,000~\710,000(税抜き)
サイズ:幅2100×奥行1200×高さ700×座面高400mm
素材(張地):布
素材(脚):合成素材

コーデ写真例

広々とした空間に、アルファベッドソファが置かれたコーディネートです。ブルー系の色が多数使われていて、統一感があるのに単調ではない、魅力的なソファになっていますね。ラグの色も、暗い青色のソファには紺色のラグを、明るい水色のソファには白っぽいラグを合わせていて、センスが感じられます。

また、この部屋は特別天井が高いということもありますが、そうでなくてもアルファベッドソファは高さが低いので、部屋に圧迫感を与えることなく配置することができます。

④ネルソンマシュマロソファ(Nelson Marshmallow Sofa)【Herman Miller】

ネルソンマシュマロソファは、アメリカのデザイナー、ジョージ・ネルソンによってデザインされました。遊び心のあるポップなデザインは、ある日事務所に持ち込まれた、円盤状のプラスチックから生まれたと言われます。

コンパクトなサイズ感でありながら存在感は抜群なため、主役として部屋を彩ってくれるでしょう。また、ポップなデザインは鮮やかな水色との相性も抜群ですね。

価格:\672,840~\873,720(税込み)
サイズ:幅1321×奥行737×高さ788×座面高407mm
素材(張地):合皮、本革

コーデ写真例

鮮やかなマシュマロソファが、白い壁によく映えたコーディネートです。部屋が全体的にはっきりとした色合いで構成されているため、モダンな印象が強いですね。シンプルで大人な雰囲気の中で、マシュマロソファが遊び心を取り入れてくれています。

⑤コンフルアンス(CONFLUENCES 3PR)【ligne roset】

コンフルアンスは、フランスのデザイナー、フィリップ・ニグロによってデザインされました。また、ligne rosetはコンテンポラリーでハイセンスなインテリアを数多く生み出している、フランスのブランドです。

コンフルアンスはパズルのように組み合わさったシートが、非常に斬新なデザインで、発売時に大きな話題を呼びました。奥行きが広く、ゆったりとしたサイズ感であるため、リラックスしたいシーンにはぴったりのアイテムです。

価格:\483,000~\635,250(税込み)
サイズ:幅2500×奥行1580×高さ850mm
素材(構造):ウッドボディ、スチール

コーデ写真例

白で統一された空間に、鮮やかな水色のコンフルアンスが引き立ったコーディネートです。白い空間に寒色のソファを配置しているため、さわやかな印象を受けます。少し冷たい印象も受けますが、グレーのラグとブラウンのテーブルで、暖かみを取り入れていますね。

最後に

水色のソファを選ぶときには、冷たい印象を与えないように注意することがポイントです。うまくコーディネートに取り入れればアクセントとなり、部屋を華やかに見せてくれるでしょう。

トーンなどにもこだわって、自分好みの水色ソファを探してみてください。