Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2019/09/25

【イタリアのソファを選ぶならこの7選】すぐ使えるおしゃれなコーディネート参考例も解説!

世界的に有名なインテリアの大きな祭典:ミラノサローネをご存知の方も多いでしょう。
世界各国から多くのデザイナー、クリエイターが高い技術を展示したり、家具メーカーが世界のトレンドを評したりなど、インテリアデザインの魅力が詰まったイベントを行うイタリアの祭典です。

そんなイメージもありイタリアンソファは、昔から高い技術と素晴らしいデザインとして多くの方の認識として残っていたことでしょう。ですが、実際に家具を購入するとなるとどのようなポイントを見て選べばいいか、難しいものです。イタリアのソファをおすすめする理由から、おすすめ商品まで徹底解説いたします。

イタリアのソファが愛され続ける3つの理由とは

①優れた色彩感覚とイタリアらしいデザイン性

引用:https://moroso.it/prodotti/m-a-s-s-a-s-divano/

イタリアンデザインと聞くと、モダンでシャープなシルエットをイメージされる方も多いかと思いますが、実際にイタリア人が大切にしているデザインの考え方の根底は、使い勝手と質感が大きな部分を占めています。

デザインのコンセプトとそのストーリーが色彩や形状に反映されるため、見た目の奇抜さではなく、その背景にあるものを突き詰めることが究極の美学だと捉えられています。

デコラティブであるもの、シンプルなデザインといつの時代に見ても新鮮で洗練された印象を受ける感覚こそが、イタリアンデザインの特徴なのです。

②「Italian made」ならではの品質保証

引用:https://www.artofit.org/image-gallery/311241024243328342/barber-toiletry-%C2%B7-military-green/

大昔前には、ヨーロッパがソファなどの家具における人気の市場エリアでした。
ただ、近年の技術の向上によりアジアなどの市場も活発になり、世界的に価格競争が勃発しました。
ヨーロッパでもその価格競争に対抗した生産の中で、品質が下がって評判が悪くなることがありました。”Made in Italy”はイタリア国内での生産を意味しますが、それは決してイタリア人によるプロダクトでありませんでした。

そこで、イタリア人による国内生産を意味する”Italian made”という言葉ができました。クラフトマンシップの高い技術を守るために作られた、このキーワードによって品質が保証されるようになり、高い評価を得るようになりました。

③超一流の革加工技術

引用:https://www.pinterest.jp/pin/609604499545420719/

イタリアの特に南部側はオリーブオイルと革のクラシックシューズ、革製のソファが産業の中心となっていました。革の加工技術が高く、革製品には日本では考えられない質感の素材までが揃います。

例に挙げるとわかりやすいのが、イタリアンシューズというと先が尖った形状の靴があるのをご存知かと思います。履き心地としては、足に裸足に近い吸い付いたような感覚です。

イタリアでは、上質で薄い革があの優美でシャープなエッジのシルエットを作っています。日本の市場では厚い革=良品質とされる感覚が昔も今も変わらず残っています。逆に先端的な素材に対してのトレンド感を持っているのが、イタリアンソファの特質的なデザインを形作っています。

イタリアのおしゃれなソファを買うならこの定番7選

① 204 SCIGHERA 3人掛け【Cassina ixc.】

引用:https://www.cassina-ixc.jp/shop/g/g204scighera/

柔らかそうな印象の持ったりとしたシルエットがなんとも高級なイメージを物語ります。奥行きも深く背面のヘッドレストは倒して好みの傾斜で使うことが可能なので、好きな体勢で使いこなせます。

<Detail詳細>

価格:¥1,360,000〜(税込)

寸法:W2790 × D1030 × H670~840 / SH460, AH670-mm

素材:スティールフレーム , アルミ脚 , ファブリック , 革

写真付きコーディネート例

引用:https://www.cassina-ixc.jp/img/goods/1/204scighera.jpg

3人掛け用と2人掛け用のソファタイプを組み合わせることで、大きなリビングを過ごしやすい座り心地で包みます。もったりとした分厚いソファも足元が抜けてスッキリしているので、床一面大きなラグなどで印象を出すとモダンな印象になります。

② HUSK-SOFA【B&B Italia】

引用:https://bebitalia.co.jp/products_detail.php?id=32

背面と座面ともにボタン締めで構成されたソファはしっかりと包み込まれたフォルムが特徴的です。柔らかさをより強調したディテールの集積としたデザインによって、アイコン的な可愛さをデザインに落とし込んでいます。これ一つで部屋のモニュメントとなりそうな、独創性が高いアイテムです。

<Detail詳細>

価格:¥1,302,000〜(税込)

寸法:W2250 x D1020 x H870 / SH450-mm

素材:アルミパイプ , ファブリック

写真付きコーディネート例

引用:https://bebitalia.co.jp/products_detail.php?id=32

他の家具と比べるとわかりやすいのがしっかりと包み込まれた背面の高さもそれほど大きくなく、圧迫感を与えていません。全体がクッションのようなディテールなので、オプションのクッションと合わせると遊び心のあるフェミニンな印象になります。ソファ自体がモフモフとした柔らかい印象ですので、モルタルの床や黒で男っぽさのある家具と組み合わせるとソファが引き立ちます。

③ TAPE【Minotti】

引用:https://www.archiproducts.com/ja/%E8%A3%BD%E5%93%81/minotti/%E3%82%BD%E3%83%95%E3%82%A1-tape-%E3%82%BD%E3%83%95%E3%82%A1_336112

日本人デザイナーの佐藤ナオキ氏(nendo)によってプロダクトされたデザインは、どことなく日本人には馴染みのあるディテールのように感じられます。背面と座面、クッションでそれぞれ生地を切り替えられるので、テクスチャだけを変えたり、敢えて2トーンにして違いを見せるなどインテリアに合わせてコーディネートの振り幅は大きく変えられるのが特徴です。

<Detail詳細>

価格:¥980,000〜(税込)

寸法:W1630 x D780 x H745 / SH400-mm

素材:アルミフレーム , ファブリック

写真付きコーディネート例

引用:https://www.archiproducts.com/ja/%E8%A3%BD%E5%93%81/minotti/%E3%82%BD%E3%83%95%E3%82%A1-tape-%E3%82%BD%E3%83%95%E3%82%A1_336112
細く華奢な脚がシンプルで少しクラシカルな印象を持ちます。色数を増やさずテクスチャの違いで全体の色バランスをまとめた内装では、このように少しモダンな和のテイストにも合います。背も低い家具で構成すると、スッキリとした印象になります。

④ HARD & SOFT SLIM【baxter】

引用:https://www.nakatsu-online.com/maker/baxter/products_76005.html
ぽってりした座面の厚みがありますが、再度の肘掛の部分でスタイリッシュに切り上げたエッジがモダンな印象です。ソファの座面とクッション部分は生地が切り替えることも可能。背面もH700mmとかなり低めに設定されていますが、その分奥行きが深いので座りづらさは感じません。大きなリビングの真ん中においても目線が通りやすいので、オススメです。

<Detail詳細>

価格:¥2,160,000〜(税込)

寸法:W2400 × D1070 × H700 / SH420-mm

素材:ファブリック , 革

写真付きコーディネート例

引用:https://www.archiproducts.com/ja/%E8%A3%BD%E5%93%81/baxter/%E3%82%BD%E3%83%95%E3%82%A1-hard-soft-slim_243536

高級感の演出のセオリーとして上質+ダークトーンの組み合わせがあります。質感としてラフなものよりは質の良い革を光の演出と共に艶やかさを出しながら、インテリアでダークトーンの家具や壁を使って壁とのコントラストを出すことで上質な空間にまとまっています。

⑤ Auto-Reverse【arketipo】

引用:https://www.souks.jp/products/auto-reverse/

モダンなミラノテイストとは異なるフィレンツェスタイルのデザインは親しみ感のあるディテールが施されています。これはクッション部分を表裏面で生地を切り替えてリバーシブルとして使うことができるのでカジュアルさと艶のある質感とをインテリアに合わせて使い分けることが可能です。

<Detail詳細>

価格:¥1,100,520〜(税込)

寸法:W2210 x D1030 x H810 / SH430-mm

素材:アルミフレーム , ファブリック

写真付きコーディネート例

引用:https://www.souks.jp/products/?brand=arketipo-firenze&ref=1

部屋のアイライン以下に重たいカラーコーディネートを配置し上部には明るい壁とシンプルな装飾で抑えているので素朴なクラシックを過度になり過ぎず演出できています。その中でもラフな作りをした荒々しいソファが仕掛けとなって存在感を置いています。ラグや他の家具もソファを中心に重た過ぎないマテリアル選びに成功しています。

⑥ PANAMA BOLD【baxter】

引用:https://www.nakatsu-online.com/maker/baxter/products_76001.html

生地の縫い目を表に出したパイピングのラインがシャープな印象を作ります。クッションはどのポジションにでも移動可能なので座りたい場所に動かしてお使いいただける自由なデザインが特徴的です。

<Detail詳細>

価格:¥1,274,400-(税込)

寸法:W1620 × D1620 × H400 / SH400-mm

素材:革 , ファブリック

写真付きコーディネート例

引用:https://www.archiproducts.com/ja/%E8%A3%BD%E5%93%81/baxter/%E5%BA%AD%E5%9C%92%E7%94%A8%E3%82%BD%E3%83%95%E3%82%A1-panama-bold-outdoor_310886

ファブリックとレザーを使い分けることでハードにもソフトにも印象が変わります。クッションの置き方次第で両側から座ることが可能なのでラウンジソファのような使い方にはとてもオススメです。床面の家具や飾りを少なく配置したことでソファの存在感が強く残っています。

⑦ TUFTY-TIME LEATHER【B&B  Italia】

引用:https://bebitalia.co.jp/products_detail.php?id=106

組み合わせ可能なこのソファは肘掛、背、奥行きも様々なタイプがあるので寝ソファとして活用することも可能です。脚を上げて座椅子のように座り込むことも可能なほど奥行きにも幅があります。通常のソファよりもリラックスや趣味など出来ることに幅が広がる家具です。

<Detail詳細>

価格:¥785,000〜(税込)

寸法:W2180 x D1500 x H630 / SH350-mm

素材:ファブリック , 革

写真付きコーディネート例

引用:https://bebitalia.co.jp/products_detail.php?id=106

部屋のアクセントとなる大きなこのソファも壁側に寄せることで視線も通り大きな存在感とならずインテリアに溶け込みます。アッシュカラーとダークトーンの壁でまとめていることでシンプルなインテリアにデコラティブな家具がうまく馴染んでいます。床のラグに対照的な色を配置したことでさらに家具が浮き上がって引き立っています。

最後に

イタリアソファにはデザインも優れているものも多いですが、それよりも質感や使い心地の形状にフォーカスしたものも実際には多いことがわかるかと思います。家具でコーディネートに特徴付けるのも一つの方法ですが、不変的なデザインを取り入れて空気感に重厚感やしっとりとした演出を可能にするイタリアソファで上質な空間づくりを試してみてはいかがでしょうか。