Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2020/10/30

【プロが教える】オレンジ色壁紙でおしゃれインテリアに仕上げる方法!カーテン・ソファ・ラグの色にも困らない

佐伯美知枝
著者:佐伯美知枝 (二級建築士/インテリアコーディネーター)

宿泊施設専門のコンサルティング会社にて、旅館やホテルのオープン・リニューアル案件を担当。その後インテリアショップ「カギロイ」勤務を経てフリーのコーディネーターに転身。小型犬+家族3人暮らし、自宅は古材家具に囲まれた和モダン風です。心身共にリラックスできる居心地良いお部屋づくりをモットーに、様々なインテリアをご提案できるよう心掛けています。

「幸福感」や「親しみやすさ」など、ポジティブな印象を受けるカラー、オレンジ色。
暖色のなかでも、エネルギッシュな赤色と、有彩色のうち最も明るい黄色のちょうど中間に位置し、好感度が高い色のひとつといわれています。

そんなオレンジ色の壁紙を、お部屋に取り入れようと思ったら、あなたはどんなお部屋にどんなデザインを選びますか?

実は「膨張色」や「進出色」という特性を持つオレンジ色は、色の濃淡や壁紙を貼る面積によって、くどく感じたり、賑やかすぎる印象を与えてしまうことがあります。オレンジ色の特性を生かした壁紙を選ぶことによって、周囲のインテリアエレメントとも相性が良い、素敵なコーディネートが実現できますよ。

今回は、オレンジ色の壁紙の選び方や家具との合わせ方、おすすめのコーディネート例などについてご紹介します。

オレンジ色の壁紙をおしゃれに取り入れるポイント

日本のお部屋にオレンジ色の壁紙を取り入れるときに考えるポイント

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364448287/?nic_v2=1a6WOszrE

オレンジ色の壁紙は、お部屋に温かみを添えてくれますが、貼る面積に注意が必要です。お部屋すべての壁に貼ってしまうと、ときに暑苦しくなったり、気持ちを高ぶらせたりしてしまうケースも。

また、コンパクトなお部屋に濃いビビッド(純色)なオレンジ色を用いると、圧迫感が出てお部屋を狭く見せてしまう場合が。その際は、オレンジ色の壁紙をアクセントウォールとして、お部屋の壁一面程度(壁全体の20~30%程度)に絞ったり、薄い色合いなどの落ち着いた色調から選ぶのが良いでしょう。

【ディープトーンのオレンジ色壁紙を貼った一例】

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364386070/?nic_v2=1a6WOszrE

例えば、写真のような「ディープトーン」のオレンジ色は、梁や柱などの構造材や、襖や障子といった和の建具が多用される、日本の住居におすすめの色調。もちろん、木製家具との相性も抜群です。特に和風、シック、アンティークなどのインテリアスタイルなどに。

【ライトトーンのオレンジ色壁紙を貼った一例】

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364386089/?nic_v2=1a6WOszrE

対して、明度、彩度ともに高めの「ライトトーン」のオレンジ色は、リビングダイニングなどのパブリックなゾーンより、キッチンや洗面台廻りなどに部分的に取り入れるのがおすすめ。

写真のように、ホワイトと組み合わせたタイル系壁紙は、清涼感があり、明るい印象を与えます。

【ストロングトーンのオレンジ色壁紙を貼った一例】

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364386052/?nic_v2=1a6WOszrE

強さを感じる「ストロングトーン」のオレンジ壁紙は、トイレやウォークインクローゼットなど、周囲から独立した空間がベター。アクセントクロスとして壁一面に貼ったり、腰壁と組み合わせたりすると、インパクトの強さを和らげることができます。

オレンジ色壁紙の場合、カーテンは何色にすべき?

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364448026/?nic_v2=1a6WOszrE

お部屋全体の配色をうまくまとめるには、色彩計画(カラースキーム)が重要。ベースカラー(床・壁・天井)、メインカラー(カーテン・家具等)、アクセントカラー(クッション・インテリア小物等)の割合を考えながら選びましょう。

【お部屋を構成するカラーの黄金比】
ベースカラー:メインカラー:アクセントカラー = 70%:25%:5%

カーテンは、メインカラーに含まれることを踏まえながら、次の3つの方法からコーディネートするのがおすすめです。

①色相環で向かいあっている反対色(補色)を選ぶ

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364384531/?nic_v2=1a6WOszrE

ブルーのカーテンは、オレンジ色の壁紙と反対色にあたる色。互いを引き立てる組み合わせですが、どちらも鮮やかな色合いだと見た目の印象が強くなります。

家具を先に揃えたのなら、壁紙は彩度を下げて、灰色みを含んだくすみ感のあるオレンジ色などが良いでしょう。やや明度を上げた薄めのオレンジ色にすると、お部屋が落ち着いた印象になります。

②同系色や類似色から選ぶ

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364384656/?nic_v2=1a6WOszrE

対して、カーテンの色を、オレンジ色の同系色(色の鮮やかさや、明るさを変えた色)や、類似色(色相環の角度で30度~60度の差がある、赤色や黄色まで)から選ぶと、お部屋がまとまりやすい印象に。

③無彩色(白・グレー系)やアースカラー(ベージュ・ブラウン・グリーン系)から選ぶ

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364385659/?nic_v2=1a6WOszrE

色味を持たない無彩色のカーテンは、オレンジ色の壁紙に馴染みやすく、また、周囲の色との良い繋ぎ役となってくれます。黒も無彩色に含まれますが、カラーコントラストが強くなりがちなので、写真のようなグレーや白色系が良いでしょう。

オレンジ色壁紙の場合、ソファやラグの色で気をつける点は?

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364383713/?nic_v2=1a6WOszrE

オレンジ色の壁紙を貼ったお部屋は、温かみを感じさせる特性があります。そのため、メインカラーである家具やラグまで暖色系で揃えてしまうと、さらに温度感が強まりやすいので、適度に中和させてバランスをとりましょう。

例えば、ソファなら、白やオフホワイト、グレー、黒などの無彩色なカラーを。写真のように、ニュートラルなアイボリー系の布張りソファは、上品で優しい印象を与えます。ラグやクッションも壁紙の色と揃えると、お部屋全体の色数が抑えられ、落ち着いた印象に。

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364383711/?nic_v2=1a6WOszrE

対して、黄緑、緑、紫色は、温かさや寒さを感じさせない中性色とよばれるカラー。オレンジ色の壁紙から受ける「温かさ」や「明るさ」のイメージを壊すことなく、馴染んでくれます。

特に、自然界の色であるグリーンは、気持ちを穏やかにさせてくれるリラックス度満点の色。床のブラウン系色とも合わせやすく、ナチュラルな雰囲気に仕上がります。

さらに詳しく!オレンジ色壁紙の色種類別のポイントを徹底解説

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364387203/?nic_v2=1a6WOszrE

オレンジ色は暗くなればブラウン色に、反対に、明るくなればベージュ系に近づきます。この明度(色の明るさ)や彩度(色の強みや鮮やかさ)の違いによって、受ける印象がどう変わるか、代表的な3つの色合いを例にご紹介します。

濃いオレンジ色(茶色に近い)の壁紙の場合

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364386885/?nic_v2=1a6WOszrE

濃いオレンジ色の壁紙は、オレンジに茶色を混ぜたテラコッタカラーともよばれる色。定番カラーより大人っぽく、落ち着いた印象になります。とはいえ、存在感が強いので、お部屋に入ってすぐ目に入りやすいスペースに貼り、アクセントウォールとして見せる手法が効果的です。

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364383429/?nic_v2=1a6WOszrE

テラコッタオレンジの壁紙を、全ての壁面に貼るのなら、写真のように他の壁紙と組み合わせたり、腰壁を設置したりしてみるのもよいでしょう。床→壁→天井の順にカラーを明るくしていくと、お部屋の天井を高く見せる効果が期待できます。

薄いオレンジ色の壁紙の場合

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364384295/?nic_v2=1a6WOszrE

純色(ビビッド)のオレンジに、白色を混ぜると薄いオレンジ色に。適度な明るさと柔らかさを兼ね備えているので、寝室や子ども部屋などにも最適です。それでも、お部屋全ての壁に貼ってしまうと視覚的に落ち着かなくなる恐れがあるので、写真のように白やグレーといった無彩色の壁紙と貼り分けるのがベター。

明るい鮮やかなオレンジ色の壁紙の場合

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364385209/?nic_v2=1a6WOszrE

目立ちやすい鮮やかなオレンジは、貼る面積を減らし、差し色として使うのが効果的です。写真のように、アクセントウォールとなる壁に限定して貼ると、視線を集めて良いフォーカルポイントに。カーテンやクッションなどに同じデザインを取り入れると、一挙におしゃれ度がアップしますよ。

こんなケースに気をつけろ!失敗しがちなパターン紹介

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364384359/?nic_v2=1a6WOszrE

オレンジ色の壁紙は、活力や元気を与えてくれる色である一方、多用しすぎると、賑やかすぎる印象を与えてしまうことがあります。写真は、壁紙やラグ、ベッドカバー、スタンド照明、アートなどにオレンジカラーを多く取り入れた寝室。やや、オレンジ色の占める割合が多すぎる印象ですね。

この場合、ラグは、ダークブラウン系のフローリングと馴染みやすい、ベージュやライトブラウン系の無地にしておくのがおすすめ。柄入りカーテンのデザインもより際立ちます。

日本のお部屋にも取り入れ可能!オレンジ色壁紙コーディネートサンプル9選

リビングダイニングのオレンジ色壁紙コーディネート4選

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364387093/?nic_v2=1a6WOszrE

ここからは、オレンジ色の壁紙を使ったおすすめコーディネートをご紹介。
オレンジ色の壁紙が占める配分や、床、壁、天井とのカラーバランスにも注目してください。

差し色の黒色を効かせたメリハリのあるリビング

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364387109/?nic_v2=1a6WOszrE

テラコッタオレンジの壁に、同系色のソファやテーブルを配したリビングです。お部屋を深みのあるオレンジやブラウン系で揃えた分、ソファ背面に掛けたアートワークや、ソファ横のスタンド照明のブラックカラーが差し色となっていますね。

無彩色である黒色は、高級感があるほか、周囲の色を引き締めて目立たせる特性もあります。快活なオレンジ色と組み合わせることで、お部屋に程よい上質感を添えてくれますよ。

ビビッドなオレンジカラーが、存在感ある木目調壁紙の良い繋ぎ役に

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364386056/?nic_v2=1a6WOszrE

部屋が活き活きとしてみえるビビッドオレンジの壁紙を、キッチン奥の壁にアクセントクロスとして貼った例です。天井&対面キッチンカウンターともに、異なる木目調壁紙を用いていますが、オレンジ色の壁紙を貼ることによって見事に調和させています。

オレンジ×白色の2色コーディネートで、お部屋をすっきりと見せる

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364385694/?nic_v2=1a6WOszrE

お部屋を構成するカラーは、2~3色に抑えるのがひとつの目安。色数が5色以上に増えると、色の洪水となり、お部屋がごちゃついた印象になりやすいのですが、ベースカラーである壁と、メインカラーとなるソファの色を揃えると、こんなにもすっきりとした印象にまとまります。

壁紙の小鳥柄に合わせて、椅子の張地やストールも水色で揃えている点もお見逃しなく。

オレンジ色の壁紙をアクセントに、リビングダイニングをゆるやかにゾーニング

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364385676/?nic_v2=1a6WOszrE

リビング側の壁はオフホワイト、手前のダイニング側壁面は、オレンジのデザイン壁紙を貼った例です。広いリビングダイニングは、壁をすべて白色系のプレーンな色で揃えてしまうと、少々単調な雰囲気に…。壁紙を貼り分けることで、「リビングスペース」と「食事スペース」を、ゆるやかにゾーニングすることができます。

ダイニング側は、ビタミンカラーであるオレンジ色クロスをチョイス。食事シーンが明るく賑やかになりそうですね。

寝室のオレンジ色壁紙コーディネート3選

続いては、プライベートな空間である寝室。
自分だけの空間ですから、お気に入りの壁紙で思う存分オリジナリティを出してみましょう。

まるで素焼きした陶器のような、温かみのあるテラコッタカラーの壁

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364386526/?nic_v2=1a6WOszrE

オレンジがかったブラウンは、テラコッタ(うすレンガ色)カラーともいわれる色。イタリア語で「焼いた土」を意味し、温かみのある表情が特徴です。

写真は本物の塗り壁のようですが、壁紙から選ぶときは「珪藻土調」や「漆喰調」などのテクスチャーを。少しムラ感のある仕様を選ぶと、職人の左官仕上げのような質感に近づけることができます。

スクエア型の銅板調パネルで、金属風の発色と表情感を演出

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364386173/?nic_v2=1a6WOszrE

オレンジ色の壁紙は、ベーシックな織物仕様以外にも、さまざまなマテリアルから選ぶことができます。例えば、写真のような銅板を模した壁紙は、金属ならではの独特の発色と表情感を生み出すことが可能。

こちらの寝室は、スクエア型の壁にぴったりとサイズ感を合わせて、ベッドフレームを配した例。天井からシンメトリーに吊るされたペンダント照明&ベッドカバーの黒色が、空間をぐっと引き締めています。

カラフルなパターン柄壁紙は、寝室のアクセントウォールにぴったり

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364385666/?nic_v2=1a6WOszrE

気に入ったオレンジ色の壁紙が見つかったけれど、広い面積に貼るのは難しそう…と迷っているなら、ぜひ、プライベートルームで実現してみたいもの。

写真は、さまざまなサイズのフラミンゴをプリントした、オレンジ色の壁紙を貼った寝室。アクセントクロスとしてお部屋の一面の壁に貼ると、良いフォーカルポイントになります。同じカラートーンのベッドピローを配すると、こんなにもおしゃれな雰囲気に。

独自のスタイルを突き進むオレンジ色壁紙コーディネート2選

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364386972/?nic_v2=1a6WOszrE

最後に、ちょっと趣向を凝らしたユニークなコーディネートをご紹介。
オレンジ色の壁紙だからこそ楽しめる、素敵なアイディアばかりです。

ソファ&壁紙を、オレンジの縦ストライプ壁紙で揃えたお揃いコーデ

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364386745/?nic_v2=1a6WOszrE

白×オレンジの太い縦ストライプ柄パターンを、壁紙とソファの両方に取り入れたお揃いコーデです。壁掛けのウォールミラーは、太陽や火をイメージさせるオレンジ色壁紙にぴったりのセレクトですね。

一般的に、縦ストライプの壁紙はお部屋の高さを強調し、横ストライプは、お部屋の広がり感を強めてくれる効果があると言われています。また、写真のような太いピッチ(幅)は、カジュアルで元気な印象を強めたいときに。逆に、お部屋を落ち着いた印象にまとめたいなら、細めのストライプが良いでしょう。

カッティングシートやリメイクシートを使って、シーズナリティを演出

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364385688/?nic_v2=1a6WOszrE

壁紙の定期的な張り替えは大変でも、カッティングシートやリメイクシートを使えばラクラク。
写真のように、壁の一面だけに無地のオレンジ色の壁紙を貼り、その上から、季節ごとのさまざまなカッティングシートを貼れば、アートウォールとして楽しむことができます。

まとめ

ひとくちにオレンジ色の壁紙といっても、色の濃淡やテクスチャーの選び方によって、見せ方は多種多彩。シックなインテリアからカジュアルなスタイルまで、さまざまなコーディネートを楽しむことができます。

ポジティブなイメージを与えてくれるオレンジ色は、私たちの暮らしに活力を与えてくれるビタミンカラー。オレンジに少々黒色を混ぜれば茶系色になりますし、逆に、ライトグレーを混ぜるとベージュ系色にもなるので、木材や畳、塗り壁など、自然素材で構成される日本の家に合わせやすい色といえます。

無地やプリント柄入りのプレーンな壁紙に限定することなく、石目調、木目調、金属調など、さまざまなマテリアルをリアルに表現したオレンジ色の壁紙も、ぜひ合わせて検討してみてくださいね。