Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】花柄壁紙でおしゃれインテリアに仕上げる方法!レトロもガーリーも。スタイル別に徹底解説

佐伯美知枝
著者:佐伯美知枝 (二級建築士/インテリアコーディネーター)

宿泊施設専門のコンサルティング会社にて、旅館やホテルのオープン・リニューアル案件を担当。その後インテリアショップ「カギロイ」勤務を経てフリーのコーディネーターに転身。小型犬+家族3人暮らし、自宅は古材家具に囲まれた和モダン風です。心身共にリラックスできる居心地良いお部屋づくりをモットーに、様々なインテリアをご提案できるよう心掛けています。

仕事や家事といったルーティンワークを日々こなしている私たちの暮らし。
ストレスフルな状態が続くと、心身が疲れやすくなることも、ときにはあるかもしれません。

そんなとき、お部屋に一鉢でも植物があると、ほっとした気分になりますよね。植物には、安心感や落ち着きを与えてくれるという癒しの力があります。

お部屋に好きな花を飾ったり、観葉植物を育てたりするのも素敵ですが、ここでひとつのご提案。花柄の壁紙を、お部屋に取り入れてみるというのはいかがでしょうか?

でも、ネットや壁紙のサンプルブックを見ると、実にさまざまな種類が揃っているので、選ぶのには時間がかかりそう。ただ、好きな柄を選んでしまうだけでは、お部屋にうまく馴染んでくれるかどうかも不安になりますね。

そこで今回は、お部屋の雰囲気にあった花柄壁紙を選ぶポイントや、テイスト別の花柄壁紙の特徴、おすすめのコーディネート例などについてご紹介します。

 

花柄壁紙をおしゃれに取り入れるポイント

日本のお部屋に花柄壁紙を取り入れるときに考えるポイント

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364485550/?nic_v2=1a6WOszrE

木材や畳、和紙などの自然素材が多く使われる日本のお家では、花柄の「大きさ」「テイスト」「壁紙のベースカラーとお部屋を構成する色数」を考慮して選ぶと、お部屋に馴染ませやすくなります。

寝室や書斎といったプライベートな空間なら、ある程度の冒険はアリですが、リビングやダイニング、廊下といったパブリックなスペースでは、目を疲れさせないような落ち着いたデザイン&カラーにするのがベター。

例えば、上の写真のような「柄が小さめ」で「やや和調」、「シルバー・ホワイト・グリーンの3色使い」の壁紙は、穏やかで優しい印象を与えます。このような優しい色味なら、お部屋全ての壁に貼ってもOK。

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364486773/?nic_v2=1a6WOszrE

上の写真は、海外のインテリアでよく見られる、大柄で華やかな色彩の花柄壁紙。同じ白色のソファを配したお部屋ですが、こちらは強烈な印象を受けますね。

パブリックな空間で、柄が大きめの壁紙を用いるときは、お部屋の壁1面程度(お部屋を構成する壁の20~30%程度)に絞りましょう。お部屋に入ってすぐ、視界に入りやすいスペースに貼るのがオススメです。

https://www.kabeiro.com/catalog/kj-0145-%e3%81%b2%e3%81%a8%e3%81%b2%e3%82%89/

また、輸入壁紙などに多い「油絵やアクリルのような洋画風」「洋花(外来種の花卉)柄」をあえて選び、インパクトを出す方法もありますが、それほど派手な印象にしたくないなら「水墨画などの日本画風」「日本でよく見られる花」のデザインが合わせやすいでしょう。

壁紙の基調色は、白やグレーなどの無彩色や、ベージュ、ライトブラウンなどのアースカラー系から選び、花柄の色は、ビビッドな純色よりも、くすみ感あるグレイッシュな色調がオススメです。

花柄壁紙の場合、家具を選ぶときに気を付ける点は?

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364485360/?nic_v2=1a6WOszrE

お部屋を構成するカラーは、多くても5色以内にまとめるのがコツ。カラフルな花柄の壁紙を選ぶ場合、家具は、色味を持つ有彩色よりも、白・グレー・黒など色みのない無彩色や、ブラウン・ベージュ系といったアースカラー系から選ぶと、色同志が調和しやすくなります。

また、壁紙に使われている色と同系色の家具を選ぶのもおすすめ。上のリビングでは、深みのあるダークグリーン系のソファ&ラグなどを合わせてみるのも素敵ですね。

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364486596/?nic_v2=1a6WOszrE

こちらは、無彩色を基調とした壁紙に、有彩色の家具やアートワークを合わせた例。上の写真のように、彩度高め&明度低めのディープトーンカラーの壁紙には、木質系家具や柿渋で染めた布張りソファがぴったり。シック&アンティークな雰囲気が漂うお部屋になります。

さらに詳しく!特徴的なインテリアテイスト別の花柄壁紙のポイントを徹底解説

https://sincol-group.jp/digitalcatalog/wallpro2020/#page122

抽象パターン、イラスト調、メタリック箔押し仕様など、実にさまざまなラインナップが揃う花柄壁紙。今回は、そのなかから「ガーリー」「レトロ」「和風」の3種類をご紹介します。

ガーリーな花柄壁紙の場合

https://www.pinterest.jp/pin/127367495686382788/?nic_v2=1a6WOszrE

ガーリーとは、「少女っぽさ」を前面に押し出したインテリアスタイルのこと。アイボリーや水色などをベースに、ピンクや赤色、黄色系の花柄模様があしらわれているデザインなどが代表的です。

パステルカラーをベースにした壁紙に、ロココ様式の白い猫脚家具と合わせれば、「姫系のナチュラルガーリー」なスタイルに。また、ビビッドカラーの壁紙に、同じカラートーンの家具を合わせると「ガーリーポップ」な雰囲気になります。

落ち着いた印象にまとめるなら「大人ガーリー」もおすすめ。壁紙は、くすみ感のあるグレイッシュなカラートーンにし、濃茶色系のアンティーク家具を合わせると上品にまとまります。

レトロな花柄壁紙の場合

https://walpa.jp/products/detail.php?product_id=82392

どこか懐かしさを感じさせる、レトロ(懐古趣味)な花柄壁紙。特に明確な時代やデザインを差し示すものではありませんが、現代ではあまり見ることができないような、少し垢抜けないカラーリングと柄が特徴です。

壁紙は、マスタードイエロー、ダークグリーン、ブラウンなど、地味なダルトーン系カラーが良いでしょう。大正~昭和時代のキッチン用品のデザインを思い起こさせるような、素朴なパターンがおすすめ。

和風な花柄壁紙の場合

https://sincol-group.jp/digitalcatalog/wallpro2020/#page70

四季折々に咲く日本の花を表現した壁紙は、和風インテリアにぜひ取り入れたいもの。すみれや桜、菖蒲や百合、桔梗や椿など、侘び寂びを感じさせる楚々としたデザインが中心です。

カラートーンは、ビビッドな純色系より、落ち着いたグレイッシュカラー系がおすすめ。他の壁紙と組み合わせる際は、色のコントラスト感が強まらないよう、全体的に彩度低めの色合いで統一しましょう。

こんなケースに気をつけろ!失敗しがちなパターン紹介

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364485198/?nic_v2=1a6WOszrE

カラフルな色使いの花柄壁紙を選ぶ際は、特に、柄の大きさや色から受ける心理的効果を考えることが大切です。

写真は、赤や黄色に加えて、水色、緑色、さらにアニマル柄も含んだ壁紙を貼った例。ソファの色を揃えてセンス良くまとめていますが、寒色と暖色が入り混じったデザインは、圧迫感が強まり、お部屋を狭く見せてしまう可能性が…。

このような個性の強い壁紙は、天井高がある広めのお部屋に、アクセントウォールとして貼るのが効果的。もしくは、プライベートルームなどで検討しましょう。

日本のお部屋にも取り入れ可能!花柄壁紙コーディネートサンプル12選

リビングの花柄壁紙コーディネート3選

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364516457/?nic_v2=1a6WOszrE

ここからは、お部屋別の花柄壁紙を使ったコーディネートをご紹介します。まずは、お客様をお迎えする機会が多いリビングから。

壁紙と、周囲に配したインテリアエレメントの絶妙なカラーバランスにご注目ください。

壁紙と家具のカラーリングを揃え、品よくまとめたクラシカルコーデ

https://www.sangetsu.co.jp/product/detail/RE51422/

花の間を小鳥が飛び交う、多色使いの花柄壁紙を貼ったリビングです。モチーフが小さめなので、広い面積の壁に貼ると賑やかな印象になりがちですが、壁紙に使われている色とソファの張地色を統一し、色数を抑える工夫がされています。

まるで壁紙から抜け出してきたかのような、シャンデリア照明に止まる鳥達が愛らしいですね。

異国情緒を醸し出す、アラビックテイストのアクセントウォール

https://www.sangetsu.co.jp/product/detail/FE6404/

エキゾチック感漂う、花柄のタイル調壁紙を貼った例です。伝統的なトルコタイルは、コバルトやターコイズブルーなどのブルーカラーが主流ですが、白やパープル、グリーンなどの色使いも、雰囲気が出て素敵。

「ちょっと変わった花柄壁紙を選びたい」という方には、このようなタイル調や、壁紙に凹凸をつけて立体的な質感を作り出すエンボス加工のクロスもおすすめです。

寒色系の壁紙には、温かみある木製家具や暖色系ラグで温かみを添える

https://www.sangetsu.co.jp/product/detail/RE51556/

北欧フィンランド最古のテキスタイルブランド「FINLAYSON(フィンレイソン)」の壁紙を貼ったリビングです。

お部屋の壁を全て寒色系の壁紙で覆ってしまうと、冷たい印象を与えることがありますが、オフホワイト&ベージュの花柄パターンで、クールなイメージを適度に中和。木製家具やライトブラウンのカーペットが、温かみを添えています。

寝室の花柄壁紙コーディネート3選

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364485581/?nic_v2=1a6WOszrE

1日の疲れを癒す寝室にこそ、花柄の壁紙を積極的に取り入れてみたいもの。「落ち着き」「リラックス」をテーマに、上質なコーディネートを集めました。

吉祥文様の丸い菊柄クロスを、間接照明で雰囲気良くライトアップ

https://www.sangetsu.co.jp/product/detail/TH30726/

ベージュを基調とする単色使いの壁紙を貼った寝室です。茎や葉がないぶん、ぽんぽんと弾むような丸い菊柄が可愛らしい印象ですね。

菊は、邪気払いや無病息災といった意味を持つ吉祥文様のひとつ。ベッドピローやベッドスローも同系色で揃え、落ち着いたアースカラーでまとめています。

シャビーなブルー系インテリアで、落ち着きと爽やかさを演出

https://www.sangetsu.co.jp/product/detail/RE51561/

ハチドリが飛び交うトロピカルフラワーの壁紙は、「FINLAYSON(フィンレイソン)」のアヌ・カネルヴォによるデザイン。オフホワイトをベースにした優しい配色で、爽やかな印象を受けます。

壁紙の色に使われた青色をメインカラーに選び、キャビネットやスツール、カーペット類も同系色でコーディネート。北欧、フレンチシャビーなインテリアスタイルなどにおすすめです。

アンティークインテリアを際立たせる、シックな配色の壁紙

https://www.pinterest.jp/pin/826973550311698084/?nic_v2=1a6WOszrE

アンティーク調のインテリアを配した寝室に、灰色味を含んだブルーグレーの壁紙を貼った例です。

リラックスしやすい寝室づくりの手法に、必要最低限のインテリアだけを配するミニマムなスタイルがあります。写真のようなアンティーク調家具を配するなら、壁紙はあくまでシンプルに。シックなブルーグレーの壁紙が、家具の素材感や風合いをより際立たせてくれます。

トイレの花柄壁紙コーディネート3選

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364487606/?nic_v2=1a6WOszrE

トイレは、扉を閉めれば独立したひとつの空間。廊下や洗面台など、周囲の壁面との繋がりをそれほど気にする必要はありません。

大きめのモチーフや多色使いの花柄壁紙なら、無地の壁紙と組み合わせたり、腰壁を設置したりしてみるのも良いでしょう。

黒色ベースのボタニカル柄で、暗闇のジャングル風に演出

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364486389/?nic_v2=1a6WOszrE

トイレ正面と側壁の二面の壁に、黒色を基調としたボタニカル柄壁紙を貼った例です。

多色使いでありながらも、ごちゃついた印象にならないのは、もう片側の壁紙に、同じ無地の黒い壁紙を選んでいるため。まるで暗闇に包まれたジャングルを彷彿とさせるコーディネートです。

ホワイトの腰壁と組み合わせて、フレンチクラシカルなテイストに

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364486337/?nic_v2=1a6WOszrE

地上から空に向かって、ぐんぐんと伸びる茎と花をシルエットパターンで表現した壁紙です。

青は清潔感や清涼感をイメージさせる色ですが、写真のような暗い紫を含んだネイビーブルーなら、落ち着き度UP。壁紙のベースカラーと揃えた白い腰壁が、フレンチクラシカルな雰囲気を漂わせ、良いアクセントとなっています。

とことんオリジナリティを追求した、カジュアルポップなコーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364486313/?nic_v2=1a6WOszrE

ピンク&赤の抽象的な花柄パターンで、トイレの壁面を覆いつくした例です。床もあえてドット模様を選び、柄×柄でコーディネート。気持ちを浮きだたせるようなカジュアルポップな空間になりました。

コンパクトなスペースだからこそ、お気に入りの壁紙を存分に取り入れてみるのも良い味になります。

独自のスタイルを突き進む花柄壁紙コーディネート3選

https://www.pinterest.jp/pin/483011128756820776/?nic_v2=1a6WOszrE

最後に、花柄壁紙のデザインを生かした、個性的なインテリア実例をご紹介します。
思わず見入ってしまいそうな、ユニークなコーディネートもありますよ。

大胆な構図とカラーで気分を上げる!壁紙&ファブリックのコンビネーション

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364520040/?nic_v2=1a6WOszrE

イギリス・Sanderson社の姉妹ブランド「Home」が発表した『Papavera』コレクションは、ポップなパターンが特徴。壁紙のみならずファブリックでも展開したシリーズなら、デザインのコンビネーションを楽しむことができます。

上の写真は、一見カーテンのように見えますが、壁紙と椅子の張地を『Papavera』シリーズで揃えた例。大胆な花の構図と鮮やかな赤の配色が、見る人の気持ちを上げてくれそうです。

心地よい目覚めが楽しみになる、天井を覆う可憐な花々

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364486029/?nic_v2=1a6WOszrE

毎朝目覚めるたびに、美しい花々が視界に入る…。こんな寝室で寝起きすることができたら、最高ですね。勾配天井の特性を生かし、天井いっぱいに花柄壁紙で覆ったコーディネート。インパクトはありますが、彩度を抑えたカラーリングなので、見た目にも優しい印象です。

オープン階段に本物のプランターを並べたような、フォトプリント調クロス

https://www.pinterest.jp/pin/660269995364698558/?nic_v2=1a6WOszrE

鉢植えが並ぶフォトプリント壁紙を、階段の蹴上部分に貼った例です。一瞬、本物と錯覚してしまいそうなほど、プランターのサイズ感がうまく計算されていますね。

自分で撮影した写真を壁紙に加工するサービスは、多くの壁紙専門店で取り扱っています。お好きな花々や風景写真でお部屋を彩ることができたら、お家への愛着が一層わきそうですね。

まとめ

お部屋に明るさと彩りを添えてくれる花柄壁紙。さまざまな種類が揃う壁紙のなかでも、特に1、2を争う人気のデザインといってよいでしょう。

海外インテリアで見られるような大柄で鮮やかな花柄壁紙は、つい選ぶのを躊躇してしまいがちですが、貼る面積を調整したり、周囲のインテリアアイテムとのカラーバランスを考慮したりすれば大丈夫。きっとお部屋に馴染み、お部屋をよりセンスアップしてくれるはずです。

「無地の壁紙だけではお部屋が単調かな…」と感じたら、ぜひ、花柄の壁紙を候補に加えてみてくださいね。