Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】緑色壁紙でおしゃれインテリアに仕上げる方法!濃い緑色、薄い緑色、スモーキーグリーンの実例多数紹介

佐伯美知枝
著者:佐伯美知枝 (二級建築士/インテリアコーディネーター)

宿泊施設専門のコンサルティング会社にて、旅館やホテルのオープン・リニューアル案件を担当。その後インテリアショップ「カギロイ」勤務を経てフリーのコーディネーターに転身。小型犬+家族3人暮らし、自宅は古材家具に囲まれた和モダン風です。心身共にリラックスできる居心地良いお部屋づくりをモットーに、様々なインテリアをご提案できるよう心掛けています。

光の三原色(RGB)のひとつである緑色。赤や青の色光と混色することで、人の目に見えるあらゆる色を再現できる色でもあります。緑色は、”爽やかさ”や”穏やかさ”など、プラスの印象を抱きやすいことから、お部屋にとりいれてみたいと考えている方は多いのではないでしょうか?

そこで今回のテーマカラーは緑色。なかでも、お部屋のイメージに大きく影響する「壁紙」にスポットをあてたいと思います。ぜひ、お部屋づくりの参考にしてみてください。

緑色の壁紙をおしゃれに取り入れるポイント

https://cowcamo.jp/magazine/library/%E6%BA%A2%E3%82%8C%E3%82%8B%E6%83%B3%E3%81%84%E3%83%AA%E3%83%8E%E3%83%99%E6%84%9B

緑色は心身を癒し、ストレスを軽減してくれる効果があるといわれる鎮静色のひとつ。寒色、暖色いずれにも属さない中性色であり、お家のテーマカラーとして検討されやすい色の代表格です。

インテリアスタイルを選ばないのも特徴で、例えばビビッドな純色の緑色はモダンや和風、薄い緑色は北欧調やナチュラル、灰色みをふくんだスモーキーグリーンは、インダストリアルやアンティークスタイルなどによく似合います。

とはいえ、素材感や色合いによって印象が大きく変わるため、まずは、日本のお部屋に緑色の壁紙を合わせる際のポイントを抑えていきましょう。

日本のお部屋に緑色の壁紙を取り入れるときに考えるポイント

https://www.pinterest.jp/pin/838021443143934195/

木やい草、漆喰、和紙、天然石など自然素材が多く配される日本の家屋。そのため、土や砂、木などの素材感やカラーリングを表現する壁紙は、日本の家にあわせやすいといえるでしょう。

壁紙の仕様で迷ったら、場所別に考えるのも一案。例えば、お家の顔となるエントランスでは、「硬さ」が感じられるマテリアル(石やタイル、塗り壁調など)が、空間に高級感や重厚感をもたらします。

対してリビングや寝室など、寛ぎやすさを重視するお部屋には「柔らかさ」を演出しやすい和紙調や布製壁紙などを。リラックス感を誘い、居心地良い雰囲気に仕上げてくれます。

https://www.pinterest.jp/pin/729935052091501639/

また、木質系家具やウッドフローリングなど、木の素材が多くあしらわれるのも日本の家ならでは。そのため、家具の色とのバランスを考慮することも大切です。

例えば、無垢フローリングにミディアムブラウンの家具をレイアウトしたダイニングには、明度低めの落ち着いた緑色壁紙をチョイス。壁紙が目立ちすぎることもなく、お部屋全体が落ち着いた印象にまとまります。

緑色壁紙の場合、カーテンは何色にすべき?

https://www.pinterest.jp/pin/17451517298086378/

緑色壁紙を貼ったお部屋には、大地や植物など自然物をイメージさせるアースカラー系カーテンが断然おすすめ。特に柄入り壁紙の場合、ブラウンやベージュ系色の無地のカーテンが、緑色壁紙から受けるイメージを適度に中和してくれます。

例えば上の写真のように、壁紙とプレーンシェードのベースカラーを同系色で揃えるのも素敵。シェードを全て下した際も、壁紙とのちぐはぐ感が出る心配がありません。

https://www.sangetsu.co.jp/product/detail/BF4841/

柄入りの緑色壁紙とカーテンを組み合わせるなら、壁紙で使われている緑色と似た色味を持つカーテンを選んでみるのもよいでしょう。

上の写真は、緑のライン柄壁紙と植物柄のドレープカーテンを組み合わせた、やや個性強めの組み合わせ。壁紙が主張しすぎない薄めの緑色であることと、カーテンの色柄が緑色を含んでいるために、斬新さと独創性を兼ね備えたコーディネートといえます。

緑色壁紙の場合、ソファやラグの色で気をつける点は?

https://www.pinterest.jp/pin/46513808630416711/

薄い緑色やスモーキーグリーンの壁紙を貼ったお部屋では、濃色系のインテリアアイテムを合わせると、空間の印象を引き締める効果が期待できます。

写真はスモーキーグリーンの壁紙に、深みあるダークグリーンのソファを組み合わせた例。どっしりとしたソファの存在感が、空間の良いアクセントとなっています。同様にラグも濃色系を含むカラーリングで揃え、床まわりを落ち着いた配色でまとめましょう。

https://www.pinterest.jp/pin/143341200619862896/

対して、濃い緑色壁紙を貼ったお部屋の場合、ソファやラグは緑色以外のカラーを選ぶのがおすすめ。それによって空間にリズムが生まれ、単調な印象に偏るのを防ぎます。

なかでも、ライトグレーやオフホワイトといった無彩色系のソファ&ラグは相性抜群。また、ソファなどの大型家具が無地ばかりの場合、ラグやクッションは柄入りタイプを。空間にアクセントが生まれやすくなります。

緑色の種類別のポイントを徹底解説

https://www.pinterest.jp/pin/AVhKHogzrM5aELxdXqJfyjnMejjr8JNd2_ZJKRseiqM55-ZzVxcvZK0/

色合いによって大きく印象が変わる緑色壁紙。ここでは「濃い緑色」「薄い緑色」、そして「スモーキーグリーン」の3パターンについて、それぞれの特色をご紹介します。

濃い緑色の壁紙の場合

https://www.pinterest.jp/pin/797277940287663415/

濃い緑色壁紙は、3種類のなかで最も印象が強め。お部屋全ての壁面に貼るのではなく部分的に取り入れることで、暗く重たい印象になるのを防ぎましょう。お部屋に入ってすぐ視界に入る壁一面だけに絞れば、アクセントウォールとしてよいフォーカルポイントになります。

どうしても濃い緑色壁紙を壁の全面に用いたいという方は、トイレや洗面周りなど一時的に使用するスペースや、寝室や書斎などのプライベートな空間で検討するのがおすすめです。

https://www.pinterest.jp/pin/660269995381247887/

また、濃い緑色壁紙は、腰壁や無地の壁紙と組み合わせたコーディネートも◎。壁の下半分だけ深い緑色壁紙を貼り、上半分は明度高めのカラーにするなど、面積をある程度絞るのがコツ。

明るく開放的な印象にするなら、濃い緑色壁紙は下部分に貼ってお部屋が暗くなりすぎるのを防ぎましょう。逆に、お部屋をシックで落ち着いた雰囲気に仕上げるなら、濃い緑色壁紙が視界に入りやすいよう、壁の上半分に貼るのがおすすめです。

薄い緑色の壁紙の場合

https://www.sangetsu.co.jp/product/detail/FE74451/

薄い緑色壁紙は、お部屋全面の壁に取り入れてOK。細かいパターン柄でも、色のコントラスト感が目立ちにくく、品よくまとまります。寝室はもちろん書斎、ダイニング、リビングなど合わせるお部屋を限定しません。

https://www.pinterest.jp/pin/660269995381248090/

それでも、薄い緑色壁紙だけでは物足りなさを感じるケースも。その場合、タイル柄壁紙をライン状に入れるなど、異なる素材感の壁紙を組み合わせることで、オリジナリティを打ち出せます。

白色×薄い緑色はソフトな印象ですが、緑色の補色である赤紫色の壁紙を合わせるとメリハリが生まれ、見る人に強い印象を与えやすくなります。

スモーキーグリーンの壁紙の場合

https://www.sangetsu.co.jp/product/detail/RE51112/

くすんだ色味のスモーキーグリーンの壁紙は、上品さと緊張感を和らげるやわらかさが魅力。広い面積の壁に貼っても、圧迫感を強く感じることはほとんどないでしょう。

とはいえ、お部屋全ての壁に貼ってしまうと、ぼやけた印象に見えることも。スモーキーグリーンの壁紙は壁の一面程度に絞り、他の壁面はオフホワイトやアイボリーの壁紙を貼るなど、他の壁紙と組み合わせて空間に変化をつけましょう。

https://www.pinterest.jp/pin/645703665315399344/

また、塗り壁調や和紙調のスモーキーグリーンの壁紙は、和の空間にぜひとりいれてみたいカラー。畳や和紙、木といった自然素材のアイテムとの相性がよく、しっくりまとまります。

こんなケースに気をつけろ!失敗しがちなパターン紹介

https://www.pinterest.jp/pin/660269995381253192/

柄入りの緑色壁紙を貼る際は、周囲に配するインテリアカラーとの相性を考慮することが大切です。

上の写真は、薄い緑色のリーフ柄壁紙を貼ったダイニングに、モノトーンのストライプ柄ラグを敷いた例。薄い緑色壁紙が主張しすぎないので、それほど違和感は大きく感じませんが、一つの空間に2種類以上の柄があると、ごちゃついた印象を受けることがあります。

この場合、周囲のインテリアアイテムは無地系色にするのがベター。それにより、壁紙の柄をより美しく際立たせることができます。

日本のお部屋にも取り入れ可能!緑色壁紙コーディネートサンプル9選

https://www.sangetsu.co.jp/product/detail/FE74223/

ここからは「濃い緑色」「薄い緑色」「スモーキーグリーン」別の壁紙を取り入れたインテリア実例をご紹介します。色の濃淡やくすみ度によって印象が変わりますので、ご自身のイメージに近いコーディネートがありましたら、ぜひ参考にしてください。

濃い緑色壁紙コーディネート 3選

https://www.pinterest.jp/pin/660269995381250953/

エバーグリーン(暗い灰みの緑)やクロムグリーン(暗い緑)などの濃い緑色の壁紙は、インパクトの強さが特徴。そのため、面積をある程度絞ることを前提に検討しましょう。

ダークグリーンの柄入りクロスを絵画のようにあしらう

https://www.pinterest.jp/pin/660269995381251062/

英国の思想家・詩人であるウィリアム・モリスの弟子、ジョン・ヘンリー・ダールが描いたブラックトーンシリーズの壁紙です。椅子やテーブルのフレーム色は、壁紙の配色に合わせてチョイス。壁紙を絵画のように演出したコーディネートです。

ホワイトカラーのエントランスからシックな印象の廊下へ

https://www.pinterest.jp/pin/660269995381251224/

白一色で仕上げたエントランスから、深緑色の壁紙を貼った廊下へ。訪れたゲストの心理的効果にまで考えをめぐらせたような高いセンスが感じられる空間です。使い込まれて飴色になったサイドボードやダークブラウンの扉、板目柄が美しい床材のカラーとのバランスも完璧。

和風モダン調には漆喰風の緑色壁紙が王道

https://www.pinterest.jp/pin/660269995381250739/

小上がりの畳スペース横の壁に、深みある無地のグリーン壁紙を配した例。壁紙は凹凸がある仕上げで、漆喰のようなニュアンスを味わえます。和風モダン調のリビングなどに、ぜひ採用してみたい一枚。

薄い緑色壁紙コーディネート 3選

https://www.pinterest.jp/pin/660269995381250932/

薄い緑色は、ナチュラルや北欧調インテリアにぜひ活用してみたいカラー。ライムグリーン(柔らかい黄みの緑)やアイスグリーン(ごく薄い青みの緑)などがあり、お部屋の全ての壁に用いることが可能です。柄入り仕様を選ぶなら、家具はシンプルな無地を合わせましょう。

にじんだ水彩画のような優しいタッチの壁紙

https://www.pinterest.jp/pin/660269995381250995/

セラドン(緑みの明るい灰色)色の壁紙をダイニング一部の壁に貼った例です。柄同士が重なった部分は、絵の具がにじんだような趣。オイル仕上げの家具はもちろん、白い木肌の美しさを打ち出すソープフィニッシュ仕上げの家具を合わせれば、より優しい印象に。

ごく薄い2種類の緑色を掛け合わせた優しい空間

https://www.pinterest.jp/pin/AReoUyldKQ1_5CFbti4qP1k4pPLpRia_4Mxul4VQ4z4UQSNpYhbfXKG6vzKUUe4ixfhvVeJdyrcvZ298Y_83BKc/

L字型の間仕切り壁とリビング右手の壁に、薄いグリーンカラーをとりいれた空間。寒色系の扉やクッションを組み合わせていますが、互いの色味の特徴を邪魔することもなく、爽やかさが感じられます。

薄い緑のミックスカラータイルで清涼感を演出

https://www.pinterest.jp/pin/29273466319792370/

薄い緑をベースにした、扇形モザイクタイルを貼ったキッチンです。濃淡混じるミックスカラーをメインに据え、キッチン左手の壁やキッチンカウンターは白色で統一。ホワイトを基調にした清涼感溢れるコーディネートです。

スモーキーグリーンの壁紙コーディネート 3選

https://www.pinterest.jp/pin/660269995381250969/

グラスグリーン(くすんだ黄緑)やフォレストグリーン(くすんだ青みの緑)といったスモーキーな色味は、クラシカル&アンティーク、フレンチシャビーなどのインテリアにぜひ。無垢材や籐製など、自然素材のインテリアアイテムともよくマッチします。

白い絵柄を際立たせる美しいデザイン壁

https://www.pinterest.jp/pin/660269995381251124/

扉を開けてすぐ正面の壁に、モスグレイ(灰色がかった緑)のアクセントウォールを配したエントランスです。余白を残した絵画調の柄が、シンプルさのなかに高いデザイン性を伺わせます。

意外性ある”くすみカラー”と”レンガ調”壁の組み合わせ

https://www.pinterest.jp/pin/660269995381250754/

くすみ感が強いピーコックグリーン(孔雀の羽を模した青緑色)を取り入れたダイニングです。左手の壁は濃茶色のレンガ柄ですが、その個性的な柄との相性も抜群。意外性のあるコーディネートの一例です。

くすみカラーを掛け合わせたリラックス空間

https://www.pinterest.jp/pin/660269995381248157/

灰色みを含むセージグリーンカラーをとりいれたリビングです。ソファやリビングテーブルなど、多くの家具を配していますが、アースカラー&無彩色をベースにしているためすっきりした印象。お部屋全体の色数を絞っている点に注目です。

まとめ

今回は、濃い緑色、薄い緑色、スモーキーグリーンと、緑色壁紙を代表する3タイプを挙げ、それぞれの特色の違いや選び方のポイントをご紹介しました。

植物や森など自然界を構成する緑色は、活力や穏やかさ、親しみやすさなど、プラスのイメージを抱く好感度が高いカラー。リビングやダイニングなどのパブリックな空間はもちろん、寝室や書斎などのプライベートなお部屋にいたるまで、ぜひさまざまな生活シーンに取り入れてみてくださいね。

Hello Interior LETTER

"こだわりのある大人" のための
インテリアのヒントをメールでお届け