Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが選ぶ】男前なカジュアルさが光るヴィンテージテイストのソファ5選

河野ゆみこ
著者:河野ゆみこ (二級建築士/インテリアコーディネーター)

住空間設計室CUBE代表。一般社団法人感性ひらく空間代表理事。 住宅設備メーカーや住宅コンサルタント会社での勤務を経て独立。日常の中に非日常を感じさせる住空間づくりをコンセプトとし、住宅やオフィス・医療施設・店舗など約1200件の設計やインテリアコーディネートに携わるほか、セミナー講師、コラム執筆も行っている。

流行に左右されず、芯のある雰囲気が好まれるヴィンテージテイストのインテリア。
雑多な感じがむしろ魅力となり、自分の個性を表現しやすいテイストでもあります。武骨さがあるために男性に人気があったテイストですが、最近は女性にも好む人が増えてきました。

カジュアルなかっこよさがあるヴィンテージテイストのインテリアの主役は、やはりソファです。「靴を履いたまま寝転ぶ」と言った使い方が許される、傷や汚れも味わいのひとつにできるようなソファを合わせるとフィットします。

今回は、ヴィンテージテイストあふれるソファの魅力と、ソファを選ぶ時に注意したい点をお伝えし、おすすめのヴィンテージテイストソファを5点紹介します。

ヴィンテージテイストソファが愛される3つの理由

ヴィンテージテイストのソファは、布や木といった自然素材を使っているにもかかわらず無機質でシンプルな雰囲気を持っています。レトロテイストと混同されがちですが、レトロテイストよりは洗練されたスマートな印象を与えます。ヴィンテージテイストのソファが持つ主な魅力を3つ紹介しましょう。

①無駄な装飾がないシンプルさ

https://www.pinterest.jp/pin/459507968227770564/

もともとヴィンテージとは、ひとつの物を長く愛用し、その経年変化を楽しむスタイルです。素材に手を入れて美しく見せるというよりは、素材そのもののよさを味わうという考え方なので、多くの装飾を必要としません。

木目や布の毛足の流れをそのまま使い、シンプルなフォルムのソファが多いです。シンプルといっても、整っているというより自然のままという印象ですから、やや武骨な感じを受けると言えるでしょう。

②布の張地にはいろんなバリエーションが

 

https://www.pinterest.jp/pin/424605071111980906/

ヴィンテージテイストのソファは革の張地というイメージが強いですが、布の張地のタイプもたくさんあります。特徴的なのは、コーデュロイやスエードといった他のテイストのソファでも使う張地に加えてデニムを使う点です。

デニムも「ヴィンテージデニム」というカテゴリーがあるように経年変化を楽しむ素材。特にアメリカンヴィンテージのインテリアにはぴったりです。他のテイストでは体験できない個性的な質感を手に入れられるのが、ヴィンテージテイストのソファのよさでもあるのです。

③天然木のたまらない魅力…!

https://www.pinterest.jp/pin/589267932474443271/

ヴィンテージテイストのソファは、フレームを天然木で見せるデザインのタイプが多いです。細めの木枠で組んだフレームに革や布の張地のクッションを乗せて、背もたれと座面を作っていくパターンは珍しくありません。

ウォールナットのような深い色合いの木を使うため落ち着いた雰囲気になり、美しい木目も楽しめます。正面からだけでなく、背面から見られることも考慮してデザインされているので、存在感のあるたたずまいです。素材のよさをじっくり味わいたい本物志向の人には、たまらない魅力と言えるでしょう。

ヴィンテージテイストのソファを選ぶときの注意点は?

野性味のある力強さと、長い年月をかけて受けた変化の美しさを同時に楽しめるヴィンテージテイストのソファ。シックな色合いでめだつわけではないのに、なぜか視線を奪われる存在感がありますね。それだけに、ソファを選ぶ時に気を付けておきたいポイントがあります。

ヴィンテージテイストのソファを選ぶ時の注意点について、3つ紹介します。

シックかカジュアルかの方向性を決める

https://www.pinterest.jp/pin/459507968226122711/

ヴィンテージテイストの空間というと、武骨で無機質でシックな雰囲気というイメージがあるかもしれません。しかし、たとえばデニム生地の張地でカジュアルに古い素材感を楽しむといった形もまたヴィンテージテイストの醍醐味です。

ソファはリビングの雰囲気を決定づける家具ですから、ヴィンテージテイストの方向性を決めてから選ぶのが鉄則。逆に「これだ!」と一目ぼれしたヴィンテージテイストのソファを軸にしてインテリアコーディネートを進めていく方法もあるので、ソファをシック系にするかカジュアル系にするか最初に決めるのがおすすめです。

他のアイテムとの質感に合わせる

https://www.pinterest.jp/pin/98375573093864143/

ヴィンテージテイストが好きな人は、ソファだけでなく室内のインテリアを構成するさまざまなアイテムについてもヴィンテージテイストにしたいと工夫するもの。たとえば壁面をレンガやコンクリートのような質感のクロスに張り替えたり、木製の収納家具にサンドペーパーをかけてシャビー加工を施したりします。

こうした古びた感じの内装とバランスがとれた雰囲気のソファを選ぶと、リビング全体にまとまりが出ます。テイストの微妙なずれが起きないよう、ほどよく傷んだ雰囲気があるソファを合わせるといいでしょう。

柄を効果的に取り入れよう

https://www.pinterest.jp/pin/861806078665550285/

ヴィンテージと一口に言っても、そのスタイルはさまざまです。一般的にはメンズライクで無機質な雰囲気のイメージですが、かわいらしいフレンチテイストやアンティークに近いクラシックテイスト、素朴な北欧テイスト、格式高い印象のブリティッシュテイストなどもあるのです。

懐かしさを感じるシンプルなチェック柄や小さな野の花を模した花柄など、柄物の張地もヴィンテージテイストのソファを魅力的に見せる理由のひとつ。古びた質感と、好みのテイストの両方を持つヴィンテージの系統に合わせて、柄のある張地のソファを選ぶとさらにおしゃれな空間になるでしょう。

おすすめしたいヴィンテージテイストのソファ5選

アンティークほど古くはないけれど、新品にはないぬくもりを感じさせるヴィンテージテイストのソファ。リビングの主役として空間に個性を与えるような、存在感のあるタイプを選んでコーディネートしたいものです。

ここからは、ヴィンテージテイストのおすすめソファを5点紹介します。

ルクラス(チェスターフィールド)

https://www.pinterest.jp/pin/520658406915446691/

一生もののヴィンテージテイストのソファが欲しい人にぴったりなのが、深みのある色や重厚感のあるデザインが評価されているこのソファ。全工程を手作業のみで行っているだけあってなんとも言えない味わいを感じさせますね。使うほどに体がなじんでいく本革の張地が特に人気です。

価格(税込):297,000円
サイズ:幅202×奥行92×高さ66cm
素材:本革、無垢材

コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/716564990687025730/

クラシックなヴィンテージテイストのインテリアとの相性は抜群。高さのある座面なので座りやすく、丸みのある肘置き部分も心地よい肌触りです。鋲打ちのデザインはまさにヴィンテージテイストならではの特徴ですね。大人の雰囲気たっぷりで、贅沢な時間を過ごせそうな印象です。

オピアムソファ(リグナ)

https://www.pinterest.jp/pin/864550459690062095/

つい体を預けてしまいたくなるような、独特のフォルムを持ったこのソファは、ヴィンテージテイストのインテリアにぴったりフィットします。サイドから背面、そして反対側のサイドへと流れていく立ち上がり部分の曲線がとても優雅で、リビングでの団らん時の特等席としていつまでも座っていたくなります。大きめの四角い脚部が武骨でかっこいいですね。

価格(税込):172,800円

サイズ:幅103×奥行97×高さ73cm

素材:シリコンフィル、ウレタンフォーム、ウェービングベルト
張地…革
脚部…無垢材

コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/606086062334084794/

明るめの雰囲気のヴィンテージテイストと合わせた事例。ソファの丸みを帯びたフォルムが空間のアクセントになり、単調になりがちな空気を上手にやわらげています。2~3人掛けのソファよりも座ってみたいと思わせる存在感ですね。

WINDANソファ(アクメファニチャー)

https://www.pinterest.jp/pin/159666749264045042/

ソフトなイメージの布張地とタモ材のフレームとのバランスが絶妙なソファ。正面から見た時の木の見え方がシャープですが、布と木という組み合わせがほどよいぬくもりを与えています。脚部が長めで浮遊感があり、大ぶりなサイズでも軽快さがありますね。どっしりと落ち着いて過ごせそうなフォルムも人気です。

価格(税込):198,000円

サイズ:幅170×奥行80×高さ75cm

素材:布、無垢材

コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/478437160410506018/

北欧ヴィンテージのテイストでまとめてある事例です。張地が濃い色だと空間のアクセントに、薄い色だと開放感がアップします。背もたれの高さが低めですから圧迫感が少なく、リビングとダイニングとをゆるやかに間仕切るために使うのもいいでしょう。

スリーピングソファ(カリモク家具)

https://www.pinterest.jp/pin/303781937341369295/

デザイン性と機能性を併せ持ったヴィンテージテイストのソファとして人気が高いのがこちら。その名のとおり、背もたれ部分を倒すとベッドとしても使えます。やわらかめの座り心地で、ゆったりと過ごしたい人にはぴったりです。ややハードな雰囲気のデザインですから、シンプルなメンズライクのヴィンテージインテリアを楽しめます。

価格(税込):142,020円

サイズ:幅203×奥行77~93×高さ73cm

素材:合成皮革、ラバータイプウレタン、天然木ラバートリー

コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/278519558189927161/

打ちっぱなしの天井や壁との相性がぴったりなことがよく分かる事例。無機質な空間に置くと武骨さがより強調されて、シンプルながらおしゃれなインテリアになります。装飾をできるだけ省き、ダクトレールにスポットライトをセッティングしたコンパクトな照明で全体をすっきりと見せています。ハードな雰囲気をやわらげたいなら、床やソファテーブルを木にするといいのが分かりますね。

フランクリンソファ(ジャーナルスタンダード)

https://www.pinterest.jp/pin/341921796708867978/

ダメージ加工を施したデニムを張地にしたソファ。どっしりとしたフォルムは重厚感がありますが、デニム張地のカジュアルさによって親しみやすい雰囲気を演出してくれます。1950年代の工事現場ワーカーの作業着をイメージして作られており、穴をふさぐような当て布やひっかき傷など、遊び心があちこちにみられるソファです。アメリカンヴィンテージのインテリアにはぴったりフィットするでしょう。

価格(税込):201,960円

サイズ:幅178×奥行76×高さ83cm

素材:コットン、アッシュ材

コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/353814114473781199/

西海岸テイストが入りカジュアルな雰囲気が広がるコーディネート例。木箱を模したソファテーブルや板張りの壁など、手作りでインテリアを楽しむという感じが親しみやすさを演出しています。ソファの張地のブルー色がアクセントカラーとなっており、美しく映えているのがポイントです。

最後に

年月による変化だけが持つ独特のぬくもりを含んだヴィンテージテイストのソファは、整えすぎずあえて雑然とした感じや古びた感じを楽しむインテリアにぴったりです。ヴィンテージにはさまざまな系統がありますから、好みに合わせてソファを選ぶといいでしょう。

お気に入りのヴィンテージテイストのソファが見つかると、もっとインテリアを楽しめそうですね。