Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが選ぶ】伝統的な趣が光る和風テイストのソファ5選

河野ゆみこ
著者:河野ゆみこ (二級建築士/インテリアコーディネーター)

住空間設計室CUBE代表。一般社団法人感性ひらく空間代表理事。 住宅設備メーカーや住宅コンサルタント会社での勤務を経て独立。日常の中に非日常を感じさせる住空間づくりをコンセプトとし、住宅やオフィス・医療施設・店舗など約1200件の設計やインテリアコーディネートに携わるほか、セミナー講師、コラム執筆も行っている。

シニア世代だけでなく、20~30代の若い世代でも人気が広がっている和風のインテリア。和モダンという新しいテイストも確立されて、洋室を和モダンテイストにまとめる人が増えています。

そんな人が注目しているのが和風テイストのソファです。良質な木を使い、伝統的な和の雰囲気を持ちながら現代人の好みに合うデザインでつくられていて、和室はもちろん洋室でもコーディネートできます。

今回は、和風テイストのソファが持つ魅力と、ソファを選ぶ時に注意したい点をお伝えしながら、和風テイストソファのおすすめ5点を紹介します。

 

和風テイストのソファが愛される理由とは?

和風のインテリアにしたいけれど座布団では何だか垢抜けない、そういう場合にコーディネートしたい和風テイストのソファ。適度に重厚感があり、自然素材の良さも体感できる点が人気の理由です。和風テイストのソファが持つ魅力を3つ、紹介していきます。

重厚感があり落ち着いた雰囲気

https://www.pinterest.jp/pin/480477853977910180/

和風テイストのソファは、和室に置いても違和感がないよう高さを抑えたデザインにしてあるタイプが多いです。重心が下に下がり、座った時の視点も低くなるため、軽快さよりも重厚感が高まります。

大人っぽい落ち着いた雰囲気があり、モダンテイストのインテリアにもしっくりとなじみます。シックなトーンの色合いでまとまっているので空間の中に色が氾濫しにくいのも特徴と言えるでしょう。

無垢材の木目が美しすぎる…

https://www.pinterest.jp/pin/694398836272447704/

フレームに無垢材を使っていることが多い和風テイストのソファは、集成材や合板とは明らかに違う美しい木目を堪能できるタイプが多いです。デザイン性の高い背もたれ部分や絶妙なカーブを描く肘置き部分などは、特に木目がよく見える位置ですから、その美しさがソファの存在感をさらに強めます。

また、無垢材が持つ経年変化も合わせて楽しめるのが魅力ですね。時間が経つにつれて深みを増す色合いは、和風テイストのソファの価値を高めてくれるのです。

安定感のあるフォルム

https://www.pinterest.jp/pin/758012181007206415/

和風テイストのソファのフレームは、他のテイストのソファよりも太めです。幅広の木を使ってしっかりと組み合わせてあるため安定感があり、派手さはなくても安心できる上質な雰囲気を感じさせます。

こうした安定感は、伝統的な和室が持つ厳かな雰囲気とよく似ていますね。どっしりとした重心の低いデザインと相まって、人の心を落ち着かせてくれる魅力がたっぷり詰まっているのです。

和風テイストのソファを選ぶときの注意点は?

しっとりと落ち着いた印象を与える和風テイストのソファ。種類があまり多くないだけに、購入を検討する時はリビングのインテリアとのずれがないデザインや色合いの商品を選びたいものです。

和風テイストのソファを選ぶ時の注意点を3つ紹介します。

置く場所に合ったサイズかチェックしよう

https://www.pinterest.jp/pin/148478118945421948/

和風テイストのソファは重厚感があるため、置く場所によっては手狭な印象を与えかねません。たとえばリビングに隣接した畳スペースに置く場合、4畳半程度の広さであることが多いので、あまり大きなサイズの商品は置けないと考えておきましょう。

10畳以上のリビングに置く場合は、ゆったりとしたサイズの商品でもOKです。ただし、リビングにはソファ以外にさまざまな物を置きがちですから、動線を妨げたり雑然とした感じにならないようレイアウトを工夫する必要があります。こうした点を考慮しながらソファのサイズを決めていきましょう。

ソファに座った時の視点はどうだろうか?

https://www.pinterest.jp/pin/653584964653327996/

先ほどもお伝えしましたが、和風テイストのソファは比較的低い座面のデザインが多いです。もともと日本の生活は床座スタイルでしたから、そのスタイルを踏襲した和風テイストのソファも重心が下がったデザインになっています。

よくあるリビングダイニングの空間にこうした重心の低い和風テイストのソファを置くと、ダイニングチェアに座っている人と視線の高さに差ができて違和感を感じたり、視界が遮られるような感覚になって居心地の悪さを覚える可能性があります。座った時の視線の広がり方を考えながら選ぶようにしましょう。

和風テイストを出せる色の張地を選ぶ

https://www.pinterest.jp/pin/718253840549351784/

和風のインテリアでよく使われるのは、ブラウン・グリーン・ベージュといった色です。和室を構成する木や土をイメージした色ですね。和風テイストのソファは和室に置くとは限りませんが、和風の印象につながりやすい色の張地であれば、和モダンなどのインテリアになじみやすいでしょう。

和室の内装は主張が強い色を使いませんから、そのテイストを受け継ぐ和風テイストのソファも抑えた色合いがおすすめです。他の色を使いたい時は、クッションに取り入れてソファとコーディネートするとスマートですね。

 

おすすめしたい和風テイストのソファ5選

目立った装飾はないものの、どっしりとした重厚感がひときわ目を引く和風テイストのソファ。落ち着いた雰囲気のリビングを演出するアイテムとして、素材のよさや色合いのバランスを考えながら選びたいものです。

ここからは、おすすめの和風テイストのソファを5点紹介します。

FREXウッドソファ(広松木工)

https://www.pinterest.jp/pin/743094007246757996/

ウォールナットの無垢材をふんだんに使った、シンプルなデザインの和風テイストのソファ。背もたれ部分や脚部の美しい木目が目を引きます。座面は広め、重心は低めなので重厚感にあふれ、上品な雰囲気も感じさせますね。ウォールナット以外にオークやチークのパターンもあります。

価格(税込):302,400円

サイズ:幅168×奥行82.5×高さ68.5cm

素材:ウォールナット無垢材、ウレタン

コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/855191416719181273/

ゆったりとした面積のリビングの中心近くに配置した事例です。同シリーズのカウチソファと組み合わせてL字レイアウトにしています。家族だんらんを楽しんだり、来客を応対したりするのにぴったりなサイズ。重心が低めで圧迫感がないため、リビングで使いやすいのが分かります。

長椅子 WD4303(カリモク家具)

https://www.pinterest.jp/pin/697565429752818855/

砂壁のような懐かしい色合いの和風テイストのソファ。ややグレーがかったライトグリーンの張地が、和のインテリアに彩りを与えてくれます。すっきりしたブナ材でつくられたフレームと肘置き部分や脚部は細めのラインなので、やわらかい印象です。体を預けやすいよう、背もたれに角度をつけて、座りやすいデザインになっています。

価格(税込):150,120円~

サイズ:幅170×奥行80×高さ78cm

素材:ブナ材、ファブリック

コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/194710383872042999/

リビングダイニングに配置した事例。全体的に明るい雰囲気のインテリアに、フラットな形の座面がすっきりとした印象を与え、よくフィットしています。さりげなくもしっかりとした存在感がありますね。和風に偏りすぎないデザインだけに、ダイニングセットなど他の家具とのコーディネートがしやすいと言えるでしょう。

アルプ(カンディハウス)

https://www.pinterest.jp/pin/142778250667742607/

大ぶりなボタンデザインの背クッションがひと昔前の和の雰囲気を感じさせるソファです。このクッションは取り外せるので、よりすっきりと見せたい時は美しい直線の木製フレームを見せる形で使うことも可能。座面の両端が少し持ち上がった形状で、寝転んでくつろげるのも嬉しいですね。

価格(税込):224,100円

サイズ:幅186×奥行75×高さ81m

素材:布または本革(張地)ウォールナット無垢材

コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/412923859579027289/

ダイニングセットとコーディネートした事例。座面が高めでダイニングチェアと変わらないため、こうした使い方が可能です。本体のデザインはシンプルなので他の家具とコーディネートしやすいでしょう。張り替え時に張地の色や柄を変えれば、インテリアテイストを変えたい時でもソファを買い替える必要はありません。

ブレス(ウニコ)

https://www.pinterest.jp/pin/729512839615413457/

チークの無垢材をフレームに使った和風テイストのソファ。木材をシンプルに組んだ、無駄な装飾のない迫力あるフォルムです。直線的なデザインなので、和モダンテイストのインテリアとフィットするでしょう。肘置き部分がやや太めの幅なので、テーブル代わりに本やリモコンを置いて使うこともできます。

価格(税込):153,360円

サイズ:幅194×奥行79×高さ76.5cm

素材:ポリエステル、ウレタンフォーム、チーク材

コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/349803096035473387/

メンズライクな雰囲気のリビングに設置した事例。堂々としたたたずまいが、壁面に寄せた位置に置いていても迫力満点です。フレームの木目の美しさが遠目からでも分かりますね。和風の雰囲気を残しつつ、洋室に置いても違和感がないのでコーディネートしやすいソファと言えるでしょう。

LARGO(ナガノインテリア)

https://www.pinterest.jp/pin/385550418076984683/

ほぼ直置きのスタイルで使う和風テイストのソファ。広々とした座面は座り心地がよく、寝転んで過ごすこともできます。背もたれ部分のフレームは縦格子デザインになっていて、背面から見ても美しいです。座面のクッションには葉の模様が描かれ、和のテイストを楽しめます。

価格(税込):239,544円~

サイズ:幅150×奥行94×高さ63cm

素材:ウォールナット、ファブリック

コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/786370784907054088/

拭きぬけのリビングに配置した例です。ソファ本体の高さが低いため、圧迫感がなく開放的な雰囲気が広がります。背面が見える位置に置くと、背もたれ部分の美しい縦格子デザインが生かせますね。

最後に

和風テイストのソファは、木のフレームとファブリックの張地をシンプルに組み合わせ、装飾を省いたタイプが多いです。存在感はあっても目立ちすぎることなく、空間にとけこんでいるのが素敵ですよね。

この記事を参考に、お気に入りの和風テイストのソファを見つけておしゃれなリビングづくりを楽しんでみてください。