Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2019/08/15

【レザー素地のオットマンおすすめ5選】コーデの実例を交えて徹底解説!

高級感のあるお部屋づくりには、レザー素地を使用したソファやオットマンがおすすめです。レザーの光沢や存在感がお部屋に上品さをもたらしてくれるでしょう。

今回は、高級なレザー素地のオットマンをお探しの方に向けて、定番からマイナーまでレザー素地のオットマンを5つご紹介していきます。オットマンの選び方やコーデ実例も載せているので、参考にしていただければ幸いです。

レザー素地のオットマンの選び方は?

まずは、レザー素地のオットマンの選び方を大きく3つご紹介していきます。レザー素材の高級なオットマンは、合わせ方次第で、お部屋の良し悪しを決めるのでしっかりと確認しておきましょう。

①ソファーと相性のいいカラーを選ぶ

オットマンは基本的にソファーと併用する場合が多いので、ソファーと同じカラーや同じレザー素地のオットマンを選ぶことをおすすめします。ソファーと同素材、同系色にすることで、お部屋のインテリアとうまく馴染むことができるので、違和感のないコーディネートにすることが可能です。

もし、ソファーにオットマンが付いておらず別売りでレザー素地のオットマンを購入する場合は、全く同じ素材を探すのは難しいでしょう。その場合は、ソファーと似たレザー素地、似たカラーのオットマンを探しましょう。

似たカラーが見つからない場合には、思い切って反対色のカラーを選んで、オットマンを差し色にするのもおすすめ。差し色をもちいることで、お部屋が違った高級感のある雰囲気になります。

②ソファーと同じ高さ、もしくは低いモノを選ぶ

オットマンの高さはソファーと同じ高さ、もしくはソファーよりも低いものを選ぶようにしましょう。オットマンは、ソファーに座ってから足おきとして使うことが多いのではないでしょうか。

足を置いたときに、ソファーの座面高さよりも高いオットマンを選んでしまうと、足が腰よりも上に上がるのでリラックスできないでしょう。

また、ソファーと座面高さが同じでも座った時の沈み具合により、オットマンの座面高さの方が高くなる場合もあるので、購入前にソファーの沈み具合も確認しておくことも大切です。

 

③付属機能も確認する

オットマンには機能性の高いものも多く販売されており、購入する前にどのよううな機能がついているのか確認しておきましょう。

・折りたためるか

折りたたむことができるオットマンは収納時に場所を取りません。自宅に友人などを多く招いたときなどはオットマンが邪魔になる場合もあるでしょう。収納しやすいオットマンならコンパクトにしまうことができるのでおすすめです。

・収納機能付きか

オットマンには収納機能がついているものも多いので、収納場所を多く欲しい方におすすめ。コンパクトなサイズながら大容量のオットマンもあるので、購入前に確認しておきましょう。

レザー素地のオットマンのコーデNG実例3選

それでは、レザー素地を使用しているオットマンのコーディネートからNGな実例を3つあげていきましょう。

①部屋の雰囲気と合っていない

レザー素地のオットマンは高級感のある雰囲気とマッチしやすいので、カジュアル感の強いお部屋とは相性があまり良くありません。写真のコーディネートのように、木材を生かしたナチュラルカラーのテーブルや家具では、レザー素地のオットマンはお部屋に溶け込めない場合が多いので、コーディネートの際は注意するようにしましょう。

高級感を出すことができるのがレザー素地の強みなので、お部屋も高級感のある上品な雰囲気に統一したコーディネートにすることをおすすめします。

②ソファーとのカラーがマッチしていない

レザー素地を使用したオットマンですが、ソファがファブリックの素材で、カラーとの相性が微妙なコーディネートになってしまっています。ソファが寒色系の色味に対してレザーオットマンの明るい雰囲気が違和感を感じるのではないでしょうか。

ソファーと似た色、似た素地のオットマンを配置することでお部屋に統一感が生まれ安定した空間になるので、意識してコーディネートをしていきましょう。

③オットマンの高さがソファーよりも高い

オットマンの高さがソファーよりも高いので、くつろぎにくいコーディネートになっています。足おきをメインとして使用する場合には、ソファーの座面高さよりも低いオットマンを選びましょう。

またレザー素地のオットマンだけ高さが高いとオットマンがメインに見える場合もあります。また、1つだけ高さが出ていると空間が狭く見えることも考えられるので、ソファーと同程度の高さにして、広い空間を演出しましょう。

コーデ実例付き! レザー素地オットマンおすすめ5選

オットマンの選び方やNGなコーディネートを踏まえながら、レザー素地のオットマンのおすすめを5つご紹介していきましょう。

 

①Eames Ottoman【Herman Miller (ハーマンミラー)】

 

1923年創業を開始した、アメリカの超有名高級家具ブランドである「ハーマンミラー」のオットマン「Eames Ottoman」になります。オットマンのディティールにまでこだわり全てを手作業で組み上げているのが特徴。有名デザイナーのイームズ夫妻がデザインしており、高級感溢れるレザーの素地はラウンジチェアと合わせれば最適な座り心地と上品な空間を作り上げることができます。

基本情報
・値段:¥199,800~¥292,680(税込)
・サイズ:幅670 × 奥行570 × 高さ420 × 座面高420mm
・素材:本革、ウォールナット
・生産国:アメリカ

 

コーディネート例

 

イームズオットマンとイームズラウンジチェアのセットが、高級感のあるお部屋にマッチしている、上品なコーディネート。ラウンジチェアとオットマンに深くて濃ゆいブラウンの木材を使用しており、エレガントな雰囲気が特徴的です。ベースカラーがホワイトなので、よりリッチな空間になっています。

②LORD DIGSBY SMALL OTTOMAN【HALO】

アンティーク家具とヴィンテージ家具両方の良さを掛け合わせたインテリアを多く生み出している「HALO」のオールハンドメイドで作られたオットマン「LORD DIGSBY SMALL OTTOMAN」になります。

おすすめのポイントは、この使い尽くしたようなヴィンテージ感溢れるレザー素地。上品な質感とツヤが高級感溢れ、お部屋をリッチな空間へと導いてくれるでしょう。

基本情報
・値段:¥102,600〜¥113,400 (税込)
・サイズ:幅79cm、奥行き39cm、高さ42cm
・素材:牛革(レザー)
・生産国:イギリス

コーディネート例

 

ティノシーキャメルの素地を使用しているオットマンとソファーから統一感が生まれている、上品で落ち着いた雰囲気のコーディネートです。窓から差し込む光とキャメルの暖色系のカラーがリラックスできる空間を作り上げています。オットマンやソファーに合わせて、テーブルやスタンドライトもヴィンテージのインテリアを選ぶことで、部屋のコンセプトが1つにまとまっているのもコーディネートのポイントですね。

 

③COMPOSIT OTTOMAN【MASTERWAL】

2006年に立ち上げられたマスターウォールが制作しているサイズ感が大きいオットマンになります。
座面高さは同じ高さで、サイズが
76 × 76cm
100 × 100cm
130 × 130cm
この3サイズ展開と、お部屋のインテリアや大きさに合わせて購入するサイズを選べるのがオススメのポイントです。一番大きいサイズを選べば、オットマンとして脚をおくこともできますが、サイドテーブルとしても使用することができるのも特徴的になります。

基本情報
・値段:¥90,720〜¥291,600(税込)
・サイズ:幅76~130cm、奥行き76~130cm、高さ32cm
・素材:本革、ファブリック
・生産国:日本(岡山)

 

コーディネート例

 

COMPOSIT OTTOMANの中でも一番大きいサイズ130×130cmを使用した、ブラウンの色味が空間に暖かみを持たせ、リラックスできる空間のコーディネートになります。

ソファーやカーペット、壁紙がダークグレーのシックな雰囲気の中で、所々にブラウンのカラーを混ぜることで部屋に明るい雰囲気をもたらしているのも印象的です。5種類以上のカラーやさまざまな素地を使用していますが、それぞれが主張しすぎずにまとまった高級感のある空間に仕上がっていますね。

④STRAND 【FLANNEL SOFA 】

ソファ専門ブランド「フランネルソファ」が作成している全てを手作業で作り上げた美しいオットマンです。クッションのレザー素地も滑らかで上品な触り心地を生み出しているのがオススメのポイント。土台となっている木のフレームはウォールナットの無垢材を使用しているので、一点一点木の表情が違うのも魅力的なポイントになります。

基本情報
・値段:¥62,856 ¥114,912 (税込)
・サイズ:幅60cm、奥行き60cm、高さ36cm
・素材:ウォールナット、本革、積層ウレタン
・生産国:日本(名古屋)

コーディネート例

大きな窓から入り込む光と木材を多く使用したコーディネートが自然の温かみを生み出しており、大人カジュアルな雰囲気のコーディネートです。ウォールナットのような濃ゆいブラウンのカラーをメインに使用しており、モダンカジュアルな雰囲気に。しかしその中でレザー素地のオットマンとソファを用いて、大人の高級感を出しているのもポイントです。

⑤REGIO【HUKLA(フクラ)】

日本を代表するソファメーカーであるフクラは、機能性デザイン性の優れたソファを多く販売しており、このREIGOシリーズもフクラの商品の中で人気の高いシリーズになります。高密度ウレタンやポリフィクッションなど数種類の素材を使用しているクッションは快適な座り心地を実現しているのがオススメのポイント。高級レザーを使用しており、お部屋に上品さをプラスしてくれる商品になります。

基本情報
・値段:¥131,760~¥210,600 (税込)
・サイズ:幅86cm、奥行き94cm、高さ40cm
・素材:クッション材:高密度ウレタン、ポリフィクッション、ポリフィパッド
素地:本革、ファブリック
・生産国:日本

 

コーディネート例

 

全体的にホワイト系のカラーでまとめてありクールで高級感のある上品なコーディネートになっています。インテリアの高さを低くして、お部屋を開放的にしているのでリラックスできる空間ですね。

ホワイトカラーのレザー素地を使用したオットマンも空間に溶け込んでおり違和感がありません。同系色でまとまった雰囲気のお部屋は、よりくつろげるでしょう。

最後に

高級レザーの素地を使用したオットマンは、1つ置くだけでお部屋の空間を変えてしまうほど存在感のあるもの多いです。

今回ご紹介した5つのオットマンも、上品で高級感のあるお部屋にするためには欠かせないインテリア。記事を参考にお部屋にあった最適なオットマンを見つけてみてはいかがでしょうか。