Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【狭いリビングにハマるソファ5選】コーディネート実例を用いて徹底解説

岸田邦華
著者:岸田邦華 (インテリアコーディネーター)

家具メーカー日本フクラにて営業企画業務に従事。その後、独立して3社の住宅メーカーの業務委託で、新築注文住宅のインテリアコーディネート業務を経験。インテリアコーディネーターとカラーの資格あり。現在は、インテリアショップで家具とオーダーカーテンの販売職のほかフリーランスとして活動中。輸入住宅・ログハウス経験があり、個性派インテリアまで対応可能。

最近では「ソファのない暮らし」を実践する方も増えましたが、やはりゆったりくつろぐにはソファがあると豊かな暮らしを送ることができます。

でも、狭いリビングにソファを置いたら、通路が狭くなってしまうのでは?そもそも、どんなソファを選んだらいいかわからない、とお悩みの方も多いですよね。

すっきり広く見せるには、コンパクトなサイズを選ぶことが前提です。さらに同じサイズでも、より圧迫感のないものを選ぶには、素材のイメージや、色の色彩心理を上手く活用するのがおすすめ。素材なら、やわらかく、軽いイメージのファブリックと、重厚なイメージの合皮やレザー系など。

パーツの太さや木・金属などの違いでも、見た目の印象が変わってきます。色では、明るい色が軽く見え、暗い色は重く見えたりします。「柔らかい・硬い」「派手・地味」など、明度や彩度、トーンによりイメージを変えることができます。それでは、具体的に見ていきましょう。

狭いリビングにソファを置きたい!その場合の注意点は

①アームレスソファを選ぶ

https://www.pinterest.jp/pin/391039180145693660/

狭いリビングには、肘のないベンチタイプのアームレスソファか、片肘タイプがおすすめです。肘がない分、幅がコンパクトになり、圧迫感もなくなります。横からでも座りやすくなるメリットもありますね。アームがなくても、クッションがあれば肘を乗せたり、横になるときに頭を乗せたりすることができます。

②コンパクトなサイズを選ぶ

https://www.pinterest.jp/pin/391039180145812578/

全体的でなくても、サイズのどこかが通常よりコンパクトなソファを選ぶとよいでしょう。コンパクトさで1人掛けを選んでも良いのですが、スペースが許すなら2人掛けソファを選ぶのがおすすめです。寝転んだり、来客があったときに座ってもらえたり、多目的に使うことができます。

幅は1人分のスペースの目安が約60cmほどのため、2人掛けは幅120~16ocm前後になります。2人で座ったときのゆとりは、座面の幅の内寸サイズで変わります。ゆったり座りたい場合は、座面の幅の内寸が広い方が良いです。スペースを取らずに広く見せたいときは、座面幅の内寸が幅110cm位のコンパクトソファを選ぶ方法もあります。

ソファの高さとは、床から1番高いところまでのサイズを言います。デザインによっては1番高いところが、本体のフレームだったり背クッションのこともあります。高さによって、お部屋の開放感が変わります。

お部屋を広く見せたい場合、高さが60cm以下で座面の高さも40cm以下と全体的に低い、ローソファがおすすめです。ラグに座る床座もしやすくなりますよ。高さのあるソファを選ぶときは、壁際に配置しましょう。

意外と見落としやすいのは奥行き。奥行きは、座ったときのゆとりや、生活するための通路(生活動線)に関わります。奥行きが狭めの75cm前後だと、通路を広くとることができて移動しやすいです。その反面、きちんとした姿勢で座る感じになるため、寄り掛かってくつろぐゆとりはありません。ソファで、パソコンや書き物をする場合は、奥行が狭めの方が前傾姿勢で作業しやすいです。

生活動線も座り心地も両方重視したい場合は、奥行82cm前後がおすすめ。標準的な奥行サイズになります。奥行90cm前後になると背もたれに寄り掛かってリラックスできますが、スペースをとるため、1人暮らしの狭いリビングには難しいかもしれません。奥行きは、通路と座り心地の兼ね合いで選んでくださいね。

➂軽やかなデザインを選ぶ

https://www.pinterest.jp/pin/391039180145812640/

ボリュームのあるソファを選んでしまうと、お部屋に圧迫感を与えてしまいます。抜け感を出してお部屋に開放感をつくるには、どこかに細いパーツがあるデザインを選ぶのがおすすめです。

細めの木脚や金属パイプ脚なら、座面の下が空くので、これだけでも軽い印象になります。掃除機やクイックルワイパーをかけることができ、ある程度の高さがあればルンバも通るので、掃除もしやすくなるのがメリット。

1番軽やかなイメージになるのは、木枠のソファです。木枠に座クッションと背クッションを乗せる構造になっています。木枠の幅や脚は細めだと、より空間が広く見えます。後ろから見ても美しいデザインなので、お部屋の中央に置いても圧迫感がありません。

④レイアウトを工夫する

https://www.pinterest.jp/pin/391039180145812326/

家具は部屋の1/3以下に抑え、床を多く見せると空間が広く感じられます。TVボードやソファなどを分散させた場合、一見まとまりが良く見えるのですが、生活動線が遮られてしまいます。壁際や窓際に集めて置くと、ドアから奥まで視線が通るので、抜け感が出てすっきり見えます。

⑤カラーコーディネートを工夫する

https://www.pinterest.jp/pin/391039180145812552/

限られた狭い部屋の場合、モノがたくさんあると、ごちゃごちゃして見えるので注意が必要です。広く見せるためには、できるだけモノを減らし、厳選したアイテムだけ置くのがポイント。モノを隙間なく並べるのではなく、余白を残してディスプレイすると、すっきり見えます。

色数も3~4色までに抑えると、まとまりのあるインテリアに。明るく淡い色は膨張色のため、お部屋を広く見せることができます。例えば、白やベージュ、淡いグレー、パステルカラー、明るいグレイッシュカラー、木目のナチュラル色です。特に白を基調とすると、圧迫感を抑えて明るく見えます。

ただし真っ白で統一すると、単調でさびしい印象になってしまうため、少量でもアクセントカラーを加えて、メリハリをつけましょう。

➅多目的に使えるソファを選ぶ

https://www.pinterest.jp/pin/391039180145824778/

②のサイズのところでもお伝えしたのですが、1人暮らしの狭いリビングだからこそ、多目的に使えるものの方が重宝します。ワンルームで、ベッドとソファの両方を置けない場合は、ソファベッドを選ぶことで省スペースになります。ただし寝心地は落ちるので、スペースがあればベッドを別に置く方がおすすめです。

あとは、シングルベッドがあっても、友人や家族が泊まりに来る機会が多いときは、エキストラベッド代わりになります。

狭いリビングにソファを置いたはいいが…NGコーデ実例3選

①空間に対して家具の大きさがアンバランス

https://www.pinterest.jp/pin/391039180145825585/

両肘つきのボリュームがあるソファを置いている実例です。狭い空間に対して、ソファの存在感が大きくなっている実例です。

原因の1つは、両肘つきのボリュームがあるデザインを選んでいること。2つめは、両肘にクッションを置くことで、横に広がって見えること。3つは、張地のこげ茶は明度が低いダークカラーのため、色彩心理では重く見えることです。

他にはソファに対して、センターテーブルが大きいこと。TVボードよりも、センターテーブルの方が大きく、全体的な家具の大きさがアンバランスです。生活動線が狭く、床があまり見えないことも、お部屋が狭く見える原因になります。

②広い面積を占めるアイテムに重い色を使っている

https://www.pinterest.jp/pin/391039180145825573/?nic=1

幅はコンパクトですが、重いイメージのあるソファを合わせた実例です。細くてもアームつきだと圧迫感があり、座面下のスペースが狭いと、重く見えます。

もう1つの理由は、1番広い面積を占める、天井・壁・床のベースカラーは白で明るいはずですが、2番目に面積の多い、アソートカラーのソファ・ベッド・カーテンが全部黒です。黒のレザー系の張地は、モダンで男性に人気がありますが、明度が低い色なので、重厚な印象になります。

モノトーンのイメージを活かすには、アソートカラーにグレーを取り入れ、黒の分量を減らしてアクセントカラーにすれば、バランスが良くなります。

➂来客があっても、ゲストが座る場所がない

https://www.pinterest.jp/pin/391039180145825533/

こちらは床座スタイルで、1人掛けの座椅子を置いた実例です。来客がない場合は、これでも良いのですが、友人などが遊びに来る場合は、どこに座ってもらうか困ってしまいます。ゲストは座椅子に座ってもらい、自分はベッドかラグの上でクッションに座るのも良いですが、長時間くつろぐには向いていません。

スペースに余裕があれば、最低限2人掛けソファを置いた方が、来客時だけでなく、自分もゆったりくつろぐことができます。くつろぐ場所がベッドしかないと、ダラダラしてしまいがちです。

コーディネート実例つき!狭いリビングに置けるおすすめソファ5選

①AO  SOFA(アーオソファ)【IDEE(イデー)】

https://www.pinterest.jp/pin/391039180145850602/

低めの座面高なので、ローソファとしてお部屋に圧迫感を感じさせないソファです。床に座る生活をしている方にとって、くつろぎやすいスタイル。幅も奥行もコンパクトな上、細めの脚で座面下にスペースがあるので、抜け感があります。それでいて、独特な形が主役級。インテリアの主役になる人気商品です。

金額:¥145,800(税込)
サイズ:幅1400×奥行710×高さ610(座面高300)mm
素材:脚/タモ材、張地/コットン100%

コーディネート実例

https://www.pinterest.jp/pin/391039180145850596/?nic=1

ソファの脚に合わせて、センターテーブルも華奢な斜めの脚を選んだことで、抜け感が生まれ、デザインに統一感も出ています。モノをごちゃごちゃ置かず、デザインを厳選した雑貨のみ少量ディスプレイしているので、お部屋がすっきりして広く見えます。

白とナチュラル色の2色で抑えた空間に、ソファのグリーンが爽やかなアクセントになっています。白い壁には、あまり飾りすぎない方が、ソファの独特のフォルムが際立って素敵です。

②Kチェア 2シーター【カリモク60】

https://www.pinterest.jp/pin/391039180145851372/

1962年に開発された、カリモク第1号のソファ。人気商品として、50年経った今もロングセラー商品です。幅も奥行もコンパクトですが、大人2人がゆとりを持って座れます。細い木製フレームが軽やかなイメージのため、狭いリビングにぴったり。すっきりとお部屋を広く見せてくれます。

おしゃれでかっこいいデザインなので、インテリアのアクセントになりますよ。モダンからナチュラル、男前インテリア、北欧テイストなど、幅広いテイストのお部屋をセンスアップしてくれます。

金額:¥60,500
サイズ:幅1330×奥行700×高さ700(座面高370)mm
素材:フレーム/ラバートリー材(ウォールナット色)、張地/ビニールレザー
(他にいくつか素材が選べます)

コーディネート実例

https://www.pinterest.jp/pin/391039180145671549/?nic=1

天井・壁・床のベースカラーが白で、黒をアクセントカラーに使っている実例。重く見えがちな黒の合皮でも、細い木製フレームのソファなら、抜け感があります。こちらは、ソファとオットマンを主役にして、それ以外の黒は、アクセントとして少量に抑えています。

その他の家具は白を基調にしているので、壁になじんで、明るく軽やかに見えます。

➂OWN-F  SINGLE  ARM  SOFA(オウンエフ シングルアームソファ)【ACTUS(アクタス)】

https://www.pinterest.jp/pin/391039180145851678/?nic=1

食事とくつろぎスペースを兼ねた、リビングダイニングスタイルの片肘ソファです。張地は白を選び、片肘で華奢なスチール脚なので、サイズがあまりコンパクトでなくても圧迫感が抑えられます。

1人暮らしの家具選びでおすすめなのは、1台で多目的に使えること。小さめのダイニングテーブルを合わせれば、デスクとしても使えるため、家具を何台も置かずに済みますよ。

対面式にチェアを置けば来客用に。もっとスペースが狭ければ、普通のセンターテーブルやサイドテーブルを合わせることもできます。キャスター付きなので移動可能。フラットソファと組み合わせてL字型に配置することもでき、生活に合わせてフレキシブルに対応できるのがおすすめ。

金額:¥103,000~(アームは左右選択可能)
サイズ:幅1450×奥行800×高さ715(座面高400)mm
素材:脚/スチール、張地/ファブリック

コーディネート実例

https://www.pinterest.jp/pin/391039180145851680/

こちらは片肘ソファに、高めの丸テーブルを合わせた実例です。来客があったとき、対面にチェアを合わせることができます。丸テーブルは、天板上のスペースが少し手狭になりますが、人数や位置にとらわれず、自由にチェアを置くことができます。

片肘ソファだけを置くのは、なじみがないかもしれませんが、肘を置きたい場合は片方でも足ります。肘がない方向に、足をのばして横になることもできるので、意外と使いやすいですよ。

④マロン 2.5人掛け【FLANNEL  SOFA(フランネルソファ)】

https://www.pinterest.jp/pin/391039180145852108/?nic=1

肘がないので、狭いリビングでもすっきりとお部屋を広く見せてくれます。コンパクトなサイズでも、肘がないことで座面を広く使え、ゆったり座ることができます。横からでも色々な方向から座ることができるので、ゲストも気軽に座りやすいのがメリット。

400mmの座面高は、低めのダイニングテーブルと合わせて、リビングダイニングスタイルにすることも可能。ある程度硬めの座面なので、沈み込まずに、食事や書き物、パソコン作業もしやすいです。シンプルで、どんなおインテリアにも合わせやすく、丸みがあるデザインで温かみがあります。

金額:¥111,700(税別)~
サイズ:幅1420×奥行820×高さ720(座面高さ400)mm
素材:クッション材/チップウレタン、高密度ウレタン、Sバネ、張地/ファブリック

コーディネート実例

 

https://www.pinterest.jp/pin/391039180145852124/

こちらは、センターテーブルを置かず、サイドテーブルを合わせて床面を広々と使っている実例です。ラグを敷いて、床座を楽しむこともできます。1人暮らしでも、友人や家族が遊びに来る場合は、ゲストも座ることを想定します。このソファは2人がゆったり座ることができるので、ゲストにもくつろいでもらえますね。

➄Corbina(コブリナ)ソファ2P TF102W【飛騨産業】

https://www.pinterest.jp/pin/391039180145852253/

「コンパクトで気軽に使える、小ぶりな可愛い家具」をコンセプトにデザインされた、トウフ建築設計事務所とのコラボ製品です。建築家ならではの視点で、狭いスペースでも快適さとおしゃれ感を叶えてくれます。

全体的に低めのローソファと、華奢な木製フレームでお部屋が広く見えるのがおすすめ。2人掛けですが、ワンマットレス式のため、凸凹を気にせず横になることができます。肘がないので、正面と両側から腰掛けやすいのがポイント。機能的なのに、Aラインのフォルムがお部屋のアクセントになります。

金額:\150,000(税抜)~
サイズ:幅1500×奥行710×高さ615(座面高355)mm
素材:本体/ナラ材、脚/ナラ材、張地/ファブリック 、本革

コーディネート実例

https://www.pinterest.jp/pin/391039180145852257/

ローソファに合わせて、低い棚を合わせて、全体に低い家具で揃えた実例です。低い位置でまとめると、壁面が多く見えるので、お部屋が広く感じられます。センターテーブルも棚も、全て丸みのある同じシリーズで統一しているので、インテリアにまとまりがうまれます。全体的に、ほっこりやさしいイメージですね。

白とナチュラル色の空間で明るく軽い印象ですが、これだけではさびしい感じになりがちです。ソファは、思いきってビビッドカラーを取り入れることで、メリハリが出て、ぼやけた空間が引き締まります。

まとめ

サイズやレイアウトだけでなく、あらゆる視点から、すっきり見せる工夫をすることが必要です。ソファは、「まずはお店に行ってみよう」と、何も考えないうちから何店舗も回って比べ、何がいいかわからなくなってしまう方も多いです。

受注生産のこともあるので、できれば2~3ヶ月前から選び始め、じっくりどんな条件を優先するか考えてからお店へ行くのがおすすめです。通販で急いで購入するのではなく、お店で色々なソファに座って座り心地や、サイズ感を確かめてから購入しましょう。