Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2020/02/26

【極上のモケットソファおすすめ7選】参考コーデ例を交えて徹底解説!

モケットとは、肌触りがよく摩擦に強いことから電車などの乗物の座席に使用される生地で、独特な光沢がビロードのような高級感をあたえてくれるファブリック素材になります。
モケットソファを探している方の中には、鋭利なものが引っかかりにくい滑らかな表面の特徴から、猫の爪とぎ対策として探している方も多いのではないでしょうか。

高級感がありながら丈夫で、リーズナブルなお値段のものが多いモケットソファですが、ネット検索で出てくるものは「モケットグリーン」と呼ばれている抹茶のようなグリーンのソファが多いのではないでしょうか。「できれば他の色のソファも見てみたい」と思われる方も多いと思いますので、今回はなるべく色々なカラーバリエーションのあるモケットソファをご紹介します。

【疲れている大人向け】モケットソファの選び方とは?

①カラーを選ぶ時に注意してほしいこと

暗い色味のカラーが多いモケットソファですが、実は光の当たり方によって暗い色から鮮やかな色にまで見え方の変わってしまうという独特の特徴を持っています。そのためソファを置く環境が日当たりの良い場所や照明の近くなどであれば色が鮮やかに見え、部屋の奥や照明の当たりにくい場所などでは暗く渋い色味に見えてしまいます。モケットソファを購入するときは、ソファを置く場所の光の当たり具合なども頭に入れておくと、「思っていたより色鮮やかだった」や「意外とくすんだ色だった」などの印象の違いを防ぐことができます。

また、モケット生地は独特の光沢を持っていますが、色によってそれがラグジュアリー感やヴィンテージ感など、与える印象が変化します。例えばレッドやパープルなどの色は、ラグジュアリーなクラシックのイメージを与えてくれますが、ブラウンやグリーンなどはノスタルジックなクラシック感を与えてくれます。逆にブルーやイエローなどは、ミッドセンチュリーモダンなイメージを与えるなど、色によってソファの印象を変えることができるのです。

②デザインの選び方のポイント

モケットソファは光の当たり方で色の見え方が変化する話を上でしましたが、今度はデザインの起伏によって光と影ができることについて話しましょう。例えば、ソファの全体的な形が四角い直線的な形状の場合と丸みを帯びた曲線的な形状の場合では、同じ方向から光が当たっていたとしても、影のでき方やツヤの出方などがそれぞれ違ってくることはご想像できるかと思います。直線的な方ははっきりとした明暗が現れクールな印象になりますが、曲線的な形状はツヤの出方や影のでき方がまろやかになり、情緒的な印象を与えてくれます。

また背や座の布の張り方のデザインによっても印象は変化します。例えばファブリックをボタン留めなどで変化をつけて張った場合は、複雑な陰影によってより深みのあるゴージャスな印象になり、プレーンな張り方ならばシンプルでシャープな印象になります。このようにインテリアの印象に沿ったデザインを選ぶことで、よりモケットソファのコーディネートを楽しむことができます。

③脚の長さを選ぶ時のポイントとは

モケットソファはやや暗めの色が多いことから重厚感があるため、軽快感を出したい場合や部屋を広く見せたい場合などは、ロータイプのソファであっても10cmほどの長さの脚があるものを選ぶことをおすすめします。また、10cmの長さがあればロボット掃除機が通ることのできる高さになるので、ソファの下に知らないうちに溜まってしまう埃などの対策にもおすすめです。逆に重厚感や落ち着いた雰囲気を出したい場合は、足の短いロータイプのソファを選択することで、落ち着いてまとまった雰囲気のインテリアを作ることができます。

やりがち!モケットソファのNGコーデ例3選

①シンプルなモケットソファを壁際ぺったり配置は公共施設感が出てしまう

摩擦に強いことから電車のシートや公共施設のシートに使用されることの多いモケット生地を使ったモケットソファは、そのイメージが強い分、シンプルなデザインのものを壁にぺったりとくっつけて配置してしまうと、公共施設のロビーシートや電車やバスの車内のような雰囲気になってしまいます。壁際にモケットソファを配置する場合は、デザイン性に富んだものを配置すると壁際が華やかになり、公共機関のような印象にはならなくなります。

 

②同色モケット素材づくしはもっさり感に注意

モケット素材は生地の表面がパイルによって覆われているフォサッとしたテクスチャのため、部屋の中に同じ素材のアイテムをたくさん置いてしまうともっさりとした印象や圧迫感を感じてしまうことがあります。また、同じ素材のアイテムを配置する時は色に変化をつけたり、逆に同色のアイテムを配置する時は素材に変化をつけるなどの工夫をすると、部屋に統一感を持たせながらも目にしつこい印象を与えずに済みます。

 

③隅っこの影の中ではモケットの魅力半減に注意

モケット素材の魅力は、光と影の影響で色の見え方やツヤ感を感じられることです。
そのため光源の届きにくい部屋の隅や物の影などに配置してしまうと、せっかくのモケットソファの魅力が半減してしまい、ただ渋くて暗いソファになってしまう恐れがあります。モケットソファの魅力を引き出すために間接照明などを近くに配置することで、よりムードを演出することができます。ノスタルジックやナチュラルな印象のグリーンやオレンジ、ブラウンなどは電球色のオレンジ色の光を用いると効果的な演出となり、レッドやブルーなどのモダンな印象のものには白昼色の白色に近い光を用いると、都会的な演出ができるでしょう。

コーデ実例つき!極上の安らぎを感じるモケットソファおすすめ7選

カリモク60 ロビーチェア  【カリモク】

モケットソファとして一番定番人気なカリモク60のシリーズになります。ロビーチェアはアーム部分までがモケット生地で張りぐるみになっているので、お昼寝の際に枕としても使うことができます。また、座面には耐久性の良いモールドウレタンが使用されており、硬めの座り心地となっているので長時間の使用でも腰に負担がかかりにくくなっています。

ボタン留めとダイヤ柄の模様が美しい背と座の表面と、ポリエステル・アクリル・レーヨンの繊維を使用したモケット生地の艶やかな表面が美しく、ヴィンテージインテリアからナチュラルモダンスタイルにも対応できるデザインとなっています。塗料や合板には、人体に影響の少ないホルムアルデヒドの発散量の最も低いF★★★★ランクが使用されており、お子様やペットのいるご家庭でも安心して使用することができます。

価格:¥124,500(税抜き)

サイズ:W174×78×73cm

素材:ブナ/ファブリック/モールドウレタン

コーディネート例

ポップな原色カラーを使用したミッドセンチュリースタイルのインテリアコーディネートになります。ミッドセンチュリーとは1940〜1960年代のことを言い、このカリモク60のソファもその年代にデザインされたソファであることから、同じミッドセンチュリー期に活躍したデザイナー「ジョージ・ネルソン」の「サンバーストクロック」などと合わせて使用することで、リビングダイニングをおしゃれなミッドセンチュリースタイルのインテリアに仕上げることができます。

 

②LOW SOFA 【à terre】

ストライプブラウン・ストライプオレンジ・ライトグリーンの3色があり、ストライプは1960年代に大人気だったストライプモケットをリプロダクトして使用したものになります。ウレタンフォームとSバネによる少し硬めのクッションはしっかりとした座り心地であり、このソファは日本国内での受注生産となっています。ロータイプの重厚感のあるソファですが、ストライプ模様があることで壁際に配置しても奥行きを感じさせてくれるので、部屋に圧迫感を与えません。

ストライプブラウンの落ち着いたノスタルジックな雰囲気はレトロモダンスタイルやカフェスタイルなどにおすすめで、ストライプレンジはポップな配色なのでミッドセンチュリーや昭和レトロスタイルなどにおすすめのソファになります。また、ロータイプの低めのソファなので、腰窓の下などにも配置しやすく、視界を邪魔しないので部屋の中央への配置も可能です。

価格:¥96,000(税抜き)

サイズ:W200×D75×H64cm

素材:木枠/ウレタンフォーム/スネークスプリング/ファブリック(1960年代リプロダクトモケット)/天然木

コーディネート例

ブラウンのソファとウッド素材のラウンドダイニングテーブル、ブラックの皮革のチェアが一見落ち着いた印象を与えますが、照明とカーテンを柄モノにすることでレトロモダンスタイルのインテリアとなっています。また、同系色のブラウンのフローリングの向きとストライプの向きを合わせることで、部屋を広く見せる視覚効果があります。猫がソファの下へ入り込んでしまう心配がない高さなので、猫を飼っている方も安心です。

 

③192CUSTOMIZE SOFA COUCH & BENCH  【niko and … FURNITURE & SUPPLY 

背面・座面・肘掛・脚・張り地を自分流にカスタマイズできるソファで、モケット生地の色はグリーン・ベージュ・ブラウンの3色から選択することができます。Sバネにウレタンとチップウレタンの2層構造のクッションは硬めの座り心地となっています。座面の張り地のデザインは、無地/スクエア/ダイヤ/ラインの4種類から選択でき、背もたれの張り地のデザインは無地/スクエア/ダイヤ/ライン/ビッグスクエアの5種類から選ぶことができます。

背や座のパターンを選ぶことで、全然イメージの違う自分流のソファを作ることができるこのカスタムソファは、モケット生地特有の陰影やツヤを楽しむのにとてもおすすめのアイテムです。例えば、ラインタイプのパターンを背と座に使用したものはクールな和モダンの印象になりますが、ダイヤタイプのパターンを選べば複雑な陰影の洋風クラシカルな印象のソファになります。シンプルな印象のものからゴージャスな印象のものまで自在にカスタムできる選択肢の幅の広さは、モケットソファを色々探し回る手間が省けるのでおすすめです。

価格:¥100,000〜¥131,000(税抜き)

サイズ:W184×D130×H70cm

素材:天然木(ラバーウッド)/ファブリック(モケット)/Sバネ/ウレタン・ウレタンチップ(2層)

コーディネート例

ラインタイプパターンに四角い肘掛のカスタムは、和風モダンスタイルにうってつけのカスタマイズになります。ラインが入ることでシャープな印象になり現代的でありながら、渋いモケットグリーンが空間を落ち着いたものにしてくれます。

 

④Bacchus W モケット 3P 【arne】

カラーバリエーションが豊富で、パンジーやパープルピンクなどエレガントな印象のカラーと、ボタン留めの背座面の陰影が美しいモケットソファになります。座面の幅が広めであり、やや硬めの座り心地をしているので長時間座っていても疲れにくいソファです。同じモケット生地を使用したクッションが2個付属しているので、枕としてや肘置き・背当てとしても使用できます。

エレガントでクラシカルなデザインと豊富なカラーバリエーションが魅力で、ワイドな座面はあぐらをかいて座ることもできる余裕があり、脚の長さは10cmとロボット掃除機の使用にも対応しています。グリーンやブラウン系の色だけではなく、色々なカラーのモケットソファを探している方にもおすすめのソファで、インテリアの差し色としてパンジーやブルーなどのカラーなどもおすすめです。上品さと丈夫さ、コスパの面でバランスのとれたソファといえます。

価格:¥70,185(税抜き)

サイズ:W190×D93×H69

素材:天然杢/ファブリック/Sバネ/ウレタンフォーム

コーディネート例

モノトーンモダンインテリアの差し色として使われたパンジーカラーのモケットソファは、紫系のソファでありながら毒々しさがありません。その理由はモケット生地特有の影とツヤの複雑な表情と柔らかな風合いがあるため、紫系の色であっても主張しすぎることがないからです。通常のファブリックや皮革などと違い、ツヤ感と柔らかさを同時に表現できるので、難しい色のソファでも悪目立ちすることなくインテリアに馴染ませることができます。

 

⑤Step カウチソファ 【arne】

「step」というその名の通り階段のような背もたれのデザインの由来は、「人生が右肩上がりになってほしい」という願いから右側へと3段階で高くなっていくデザインの背もたれになったソファです。左右非対称の個性的な外見ですが、直線的なフォルムでスッキリと仕上がっているので奇抜すぎて浮くことはなく、インテリアとの調和性もあります。脚の長さは10cm、座り心地はやや硬めのしっかりの肩肘タイプのカウチソファで、同じモケット生地を使ったクッションが1つ付属します。

個性的なビジュアルのこのソファは、10色のカラーバリエーションの無地タイプの他、アラベスク模様の美しい柄タイプもあります。無地のグリーンはこのデザインと相まってポップな印象を与えてくれますが、カラーによってはクラシックやモダンにも対応できます。このソファは背もたれの形が特徴であるので、部屋の間仕切り代わりに壁から離して使ってもいいですし、壁にぴったりとくっつけることで背の段々部分がキャットウォークとしても活躍するので、猫を飼っている方にもおすすめしたいソファになります。

価格:¥64,630(税抜き)

サイズ:W181×D75×H78cm

素材:天然杢/ファブリック/Sバネ/ウレタンフォーム

コーディネート例

ナチュラルシンプルモダンスタイルにアクセントとして主張すぎないグリーンのstepカウチソファを使用したコーデになります。背もたれの形を活用して、ウォールアイテムを直線的な四角で、高さに変化をつけながら配置することで、よりおしゃれな印象になります。個性的な形のソファはその個性をつぶすことなくうまく他のアイテムにも取り入れると、より調和のとれたおしゃれなインテリアになります。

⑥ENGLISH PUB SOFA 【William Warren 

イギリスのデザイナー「William Warren」のデザインした、しっかりとしたゴージャスな座り心地のボタン締めクッションと、 シンプルなスクエア形状のフレームの2つの異なる様相が融合したハイブリッドデザインが特徴のソファになります。斜めに切り取られた座面は、ハイブリッドデザインの特徴を際立たせるだけではなく、 座る位置によって座面の奥行きが変わるという機能があるので、体格に合わせてジャストフィットする座り位置を発見することができるのです。

クラシックとモダンの2つが融合したデザインであるこのソファは、大人の落ち着いたインテリアに使い易い洗練されたクールな印象のソファです。外側は平織りのファブリック、内側はモケット素材のファブリックを使用しており、外側のクールな表情と、内側の情緒的な表情の違いを楽しむことができます。インパクトのあるソファでインテリアに変化をつけたい方や、同系色で揃えながらも素材に変化をつけて楽しみたい方にもおすすめのソファになります。

価格:¥290,000(税抜き)

サイズ:W150×D85×H75

素材:タモ無垢材/ファブリック

コーディネート例

一見、シックなインテリアに見えますが、ハンティングトロフィーやテーブル、ソファなどのディテールを見てみると随所に遊び心や変化が加えれたトリッキーなアイテムを使用した、おしゃれなインテリアコーディネートになっています。電球色の間接照明を使用したムディーな演出で、pubソファの魅力を引き出しています。

 

⑦A-mode Heritage sofa MD-705(片肘ソファ 2P) 【A-mode】

MD-705シリーズのソファは、ボタン絞りとパイピングが特徴で、ナチュラル感と上質さを併せ持った組合せ自由なシステムソファになります。ホワイトオークの無垢材を贅沢に使用したフレームに、パイピングとボタン絞りを施した背と座をセットしたシンプルなデザインです。ホワイトオークを削り出した脚部の断面を楕円形にすることで、細身で洗練された印象ながらしっかりとした強度を実現しています。

ベッドのマットレスにも使われるポケットコイルを座面クッションに使用しており、デイベッドとしても使用できる極上の座り心地のソファになります。アームと背もたれのデザインを同じにすることで、システムソファとして組み合わせた時にアーム部分が背もたれとして違和感なく馴染むデザインとなっているので、大きなリビングにコの字型に組み合わせることもできるモケットソファになります。

価格:¥360,000〜702,000(税抜き)

サイズ:W180×D85×H85

素材:オーク材/ファブリック/ポケットコイル/多層ウレタンフォーム/弾性ベルト/ポリエステル球状綿

コーディネート例

機能的でシンプルなデザインのMD-705シリーズのソファは、モダンラグジュアリーなインテリアに最適なソファです。bランクモケット生地でも14色から選ぶことができ、どの色も高級感のある落ち着いたカラーになっています。グレーのモケット生地は光の当たり方や光の色にも影響を受けて見え方の変わってくる素材なので、ライティングコーディネートもより楽しめます。

最後に

モケットソファは見た目・丈夫さ・コスト面でバランスの良くとれた優秀なアイテムといえます。モケット生地の特性を生かす光の当て方やデザインを選ぶことで、よりモケットソファを楽しむことができますので、ぜひお気に入りのモケットソファを探してみてください。