Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2019/09/25

【シングルのおすすめマットレス10選】極上の寝心地をほこる名品を徹底解説!

「睡眠負債」という言葉も流行する昨今、寝不足で日々疲れを感じている方も多いのではないでしょうか。
そんな毎日の中で、旅館やホテルに泊まるときのベッドは、いつもふっくらとして寝心地が良さそうに感じるものです。
筆者も出張や旅行でホテルに泊まることが多いのですが、特に海外ではベッドのサイズも大きく広々として気持ちが良いです。

しかし、日本の住宅モジュールでは、標準でクイーンサイズのベッドなどを配置するのはなかなか困難ですよね。お使いのシングルサイズのベッドでもマットレスを一枚敷くだけで、物凄く良質な寝心地に変えられるんです。実は知らない人が多い、シングルサイズのベッドでもホテルのような寝心地を手に入れられるマットレス素材をご紹介します。

シングルマットレスのサイズはどのくらい?

引用:https://www.vestocasa.it/reti-a-doghe

ベッドをお使いの方はおおよそサイズについては予測がつくかと思いますが、シングルサイズは一般的にW900〜1000 x L1950-mmが縦横の寸法になります。マットレスの場合は、それに厚みが足されますがシングルマットレスは薄型を覗いて200〜300-mmが主流です。メーカーによって多少違いがありますので、使っているベッドのサイズを事前に確認しておくと良いかと思います。
もちろん、オーダーサイズでできるマットレスもありますのでご安心ください。

マットレスの素材の違いとは?

引用:https://insidebedroom.com/how-to-fix-a-sagging-mattress/

マットレスには一般的に大きく分けて”コイル式”と”ノンコイル式”の2つに大別されます。
コイル式にあるのがスプリングと呼ばれる金属のバネを敷き詰め体を支えるタイプです。これらは素材が金属でできているので、強度も高く耐久性が良い製品です。

一方、ノンコイル式はイメージしやすい表現とするとスポンジです。スポンジのような柔らかい素材(厳密には低反発・高反発)を組み合わせて体を支えます。柔らかいぶん、姿勢にフィットしやすいのでそういったストレスは少ないですが、どうしてもヘタレやすく長持ちしないと思われているタイプです。

女性や子供のように比較的体重が軽い方は、ノンコイル式の柔らかい素材が体を包んで支えるのでオススメです。大柄な男性や体重の思い方は逆にその柔らかさによる沈みが寝心地の悪さに繋がるので、どちらかというと硬めのコイル式をオススメします。

シングルマットレスのを検討する際に注意点すべきポイントとは?

① マットレスの強度を示す「密度D」を確認して耐久性をチェック

引用:http://www.ishisakikagu.co.jp/shopbrand/ct189/

ノンコイル式のマットレスには、密度を表す単位としてD(kg/m3)があります。この場合、密度=強度ではありません。密度は耐久性に関わる数字だと認識することが先ず必要です。

そしてその数値が30D以上であれば、およそ5年以上の使用期間があってもヘタレが出ずらいタイプと認識できます。この数値に対する使用期間の年数は、あくまで製品の経過状態によるもので個別差が出ますが、統計的な数字の意味合いになります。

② 高反発という言葉に惑わされず「厚み」を確認しよう

引用:http://blockcycle.co/mattress-and-box/

コイル式よりもノンコイル式は、薄型もあるほど素材も薄くできるメリットを持っています。ただし高反発の素材を使っていても50mmを下回るほどの薄さでは体は支えられません。薄型の折りたたみ可能なタイプではこう行った落とし穴があるものもございますので、最低でも70mm以上は確保されているか確認して、寝心地や手触りを確認するようにしましょう。

③ コイル式は重たいが通気性は良好、ノンコイル式は軽いが通気性が悪い

引用:https://www.pinterest.jp/pin/118430665201383799/

コイル式は金属製のスプリングが入っていることから、通常に比べて重たさはあります。ですので、天日干ししたいと思ってもコイル式は重たくてできないことが多いかもしれません。ただし、内部構造は金属のバネが敷き詰められているだけなので通気性は抜群に良く放熱は問題ありません。

逆にノンコイル式は高密度のウレタンが敷かれるので通気性は悪くなることが多いです。その分軽量なので定期的に天日干しなどをして除菌をする必要があります。

シングルのマットレスおすすめ商品10選を紹介

① ファインレボR2マットレス【ASLEEP】

引用:https://item.rakuten.co.jp/mikazuki/sffprq/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_109_1_10000237

ASLEEPの内部構造は独自技術で開発された”ファインレボ”を使用しており、制振性の効果がとても高く評判が良い製品です。ポケットコイルのような形状をしたオイルと樹脂の複合体が点で支える仕組みになっています。コイルは高さ方向の衝撃に対し反発する力を持っていますが、ファインレボの場合はゴムのような弾性もあるので縦横斜めに対して反発を起こすので、寝返りの際にも面で支えられているような滑らかな反発がこの製品独自の技術から生まれた心地良さです。

<商品ステータス>

価格:¥85,000-(税込)

寸法:W970 × L1970 × H200-mm

② マットレス L01 シングル【エアウィーブ】

引用:https://sleep.airweave.jp/category/BED_MATTRESS/

エアウィーブの内部構造は独自の技術開発で、”エアファイバー”という極細繊維で形作られています。こちらの製品は内部が3分割になっているので、取り外しも簡単で丸洗いできるのが大きなメリットです。マットレスの芯材であるエアファイバーの上に低反発の素材を敷いていることで、体の姿勢にフィットするようになっていて気持ちの良い寝心地を実現します。

<商品ステータス>

価格:¥237,600-(税込)

寸法:W1000 × L1950 × H280-mm

③ FOUR SEASONS PREMIUM【ブレスエアー】

引用:https://store.shopping.yahoo.co.jp/dinos/search.html?p=%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%BC
高級マットレスのようなラグジュアリーな質感に近い手触りなのに、厚みは100mm程とコンパクトにまとめられた高品質のマットレスです。内部はノンコイル式ですが、ウレタンフォームではなく繊維を固めた独自開発の芯材を使っており、放熱性にも優れていますのでメンテナンスも簡単です。3つ折りにもできるマットレスなので、収納にも困らず使わないときは片付けて部屋を広々と使えるのが良いですよね。

<商品ステータス>

価格:¥44,280-(税込)

寸法:W970 × L1950 × H100-mm

④ 雲の安らぎプレミアム【株式会社イッティ】

引用:https://www.xn--x8jva6d8d0a5muo8bk1jp271k.net/
腰痛持ちの方に評価が特に高い雲の安らぎプレミアムは、中間5層で構成されたノンコイル式なので適度な包み心地に誘われます。重量も8kgほどでメンテナンスも扱いやすいので、常に清潔に保つことができるのは良いですね。

<商品ステータス>

価格:¥39,800-(税込)

寸法:W1000 x L2000 x H170-mm

⑤ シングルマットレス(デュアルP HGシルキー)【ニトリ】

引用:https://www.nitori-net.jp/ec/product/2015963s/
ホームファニシングで認知度の高いニトリからもご自宅用マットレスが販売されています。ホームユーズドの使いやすい低価格商品ラインナップでの認識が高いかと思いますが、マットレスに関しては一般ユーズド品と比べても負けず劣らずの価格・品質です。コイル式のスプリングはシングルサイズでも1355個と通常のコイル式に比べて、倍以上のボリュームが使われています。表層のカバーもシルク配合の繊維で作られているので、手触りも良く夏でも心地よく過ごせます。

<商品ステータス>

価格:¥53,892-(税込)

寸法:W970 × L1960 × H300-mm

⑥ FBM-018【フランスベッド】

引用:https://laig.jp/pc/shop/2/item/3222

マットレスがベッドにもなる脚付タイプです。名前はフランスベッドですが日本製の製品です。マルチスプリングを内部構造で使っており、やや硬めのハードタイプなので男性にオススメです。表層で使われているジャガード生地は厚みがあり、夏は涼しく感じられます。

<商品ステータス>

価格:¥38,880〜42,120(税込)

寸法:W980 × L1960 × H260-mm / 脚140-mm

⑦ portable DUAL MODE【エアウィーブ】

引用:https://flymee.jp/product/29335/?pi_id=196532

スポーツアスリートの方も多くのご愛用者が使われている、持ち運び可能のエアウィーブです。重量も5kgほどとコンパクトな設計。裏表で硬さの違うDUAL MODEを採用しているのでシュチュエーションに合わせて使う分けすることが可能です。こちらもエアウィーブ独自の開発で生まれたエアファイバーが使われているので、丸洗い可能なのが嬉しいですよね。

<商品ステータス>

価格:¥103,680-(税込)

寸法:W900 x L2000 x H30-mm

⑧ メリノウール【Craftia】

引用:https://www.amazon.co.jp/Craftia-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%A3%BD-%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B9-%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%8E%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB90/dp/B00KAY3V0C
細部まで日本製にこだわったCraftiaのマットレスは、表地に使っている生地も羊毛の中でも最高品種のメリノ種の柔らかなウールを使っているほど。寝心地の良さは内部構造のコイルにも秘密があります。通常のコイルが役5インチほどの高さですが、こちらについては7.5インチと高く設定されています。より好感触の繊細な寝心地で贅沢な睡眠を可能にします。

<商品ステータス>

価格:¥79,800-(税込)

寸法:W970 × L1950 × H280-mm

⑨ SL-1000N【スランバーランド】

引用:https://interior.francebed.co.jp/products/model.php?k=2&b=0035&m=023802

1940年代、英国王室御用達のベッドメーカーで知られるスランバーランドは多くの最高級ホテルでも使われている実績がございます。最高級の眠り心地を体現するベッドを一般ユーザー向けにも製作しています。元々がホテル仕様で考えられた構造は通常のコイルスプリングを2段に設け、より高密度高感度の感触が手に入ります。また、ホテルの際までへたらない様に細工されているので、全面を快適に使えるのも高級層向け商品ならではの配慮です。

<商品ステータス>

価格:¥129,600-(税込)

寸法:W970 x L1950 x H280-mm

⑩ メッシュ・ウィング シングル【マニフレックス】

引用:https://www.magniflex.jp/products/0014.html

運べて畳めて収納できるマニフレックスのコンパクトマッドレスは、三つ折りタイプでカラーもミッドブルーとミッドグレーの2種類から選べるファッショナブルな商品です。マットレスでイタリアの有名なマニフレックスが、日本仕様に独自に考案した製品で国内限定モデルです。

マニフレックス社は独自の技術開発で作られたエリセル(次世代高反発フォーム)という一般的なウレタンや合成繊維とは変わった密度の高い内部組織のため、110mmという厚みでも持ち運びタイプでは充分な機能性を持ち合わせています。部屋を広く使いたい方や来客用として置いておくのも良いかもしれません。

<商品ステータス>

価格:¥31,350-(税込)

寸法:W970 × L1980 × H110-mm

最後に

コンパクトなタイプから、本格的なホテル仕様のマットレスまでご紹介しました。
ベッドを変えるよりも使いやすく選びやすいマットレスは使ってみるとその違いに後から気付く方も多く居ます。(筆者自身の体験談から)折りたたみ可能なタイプやメンテナンスもやり易いものもあるので取り敢えず使ってみようと考えられるものもあったのではないでしょうか。より質の高い睡眠を手に入れたい方は、ぜひ一度高品質なマットレスを試されてはいかがでしょうか。