Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【高級ブランドマットレス特集】プロが選ぶおすすめのマットレス10選

国内外の一流ホテルや高級旅館に宿泊された際、朝までぐっすり熟睡できたという経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。一流と呼ばれる宿泊施設は寝具類、とりわけマットレスを重視します。質の良い睡眠は、マットレスによって決まるといってよいでしょう。

寝具専門店に足を運んで頂ければ、多種多様の高級マットレスがずらっと陳列されていますよね。試し寝をして頂くと、リーズナブルなマットレスと高級マットレスの寝心地の差が、格段に違うことに驚かれる方もいるかもしれません。

「高級マットレスが気になるけれど、ブランドや種類ごとの違いがわからない」「最も損をしない高級マットレスの選び方を知りたい」など、高級マットレスについての疑問をお持ちの方に、高級マットレスと廉価なマットレスの違いや選ぶ際のポイント、おすすめの高級マットレスをご紹介いたします。

高級なマットレスと廉価なマットレスの違い

①コイルや詰め物などの品質や仕様が大きく異なる

https://www.pinterest.jp/pin/329959110190956366/

高級マットレスは寝心地の良さを追求するために、コイルや詰め物類の素材に徹底的にこだわります。

ウレタンマットレスを例に挙げると、廉価な製品は建築資材用の硬質ウレタンを用いることが多く、ウレタン密度も20前後と低いために使用後2~3年程度でへたってしまうことが多いです。さらに厚み3~5センチの薄いものであれば、床への底付き感もあり、寝心地の悪さは否めません。

対して高級なウレタンマットレスでは、高弾性ウレタンという高品質な素材が使用されることが多く、ウレタン密度も40ほど(耐久年数目安8年以上)。耐久性や弾力性に富み、寝心地の良さが飛躍的に上がります。高級マットレスの価格が高いのは、こういった理由からなのです。

②職人によるハンドタフト(手仕上げ)など、製造方法の過程が違う

https://www.pinterest.jp/pin/209910032620049745/

一般的なマットレスは品質の規格化と大量生産に対応するため、そのほとんどが工場の製造ラインに乗せられ、効率良く製造されています。

しかし、高級マットレスでは、ハンドタフト(手仕上げ)にこだわったり、工場の製造ラインの過程を増やしたり(コイルを焼き入れして寿命を延ばすなど)するなど、多くの時間と手間をかけることが多いのです。

人件費や製造コストがある程度かかっても、丁寧な製法をめざすのが、高級マットレスの特徴といえますね。

③高級マットレスに関わる開発・研究は日進月歩で進んでいる

https://www.pinterest.jp/pin/440086194837961045/

マットレスの命はクッション層にあり、コイルや詰め物の品質、仕様によって寝心地や寿命が大きく変わります。しかし、廉価なマットレスは、その部分に多額のコストをかけることができません。

対して、高級マットレスに使われる素材は年々進化しています。例えば、最近注目されているのはセルプールウレタンという新しいウレタン素材。バネのような弾力性と通気性、耐久性があり、ウレタン素材の欠点をカバーした新素材 として話題になっています。

マットレスメーカーは高品質なマットレスを開発するため日々しのぎをけずっており、その進化は大変めざましいものがあります。廉価なマットレスではとうてい追いつけない技術力が備わっているのです。

高級なマットレスを選ぶ際のポイント・注意点

①メーカーごとに異なる高級マットレスへの考え方。品質や仕様の違いを知る

https://www.pinterest.jp/pin/440086194837961135/

マットレスメーカーごとに、マットレスの製造方法に対する考え方が異なるため、仕様や寝心地には大きな違いがあります。ラインナップが多岐にわたるため、メーカーごとの強みやこだわりをおさえましょう。

国内メーカーでしたら、コイル系マットレスのなかで最も耐久性が高いといわれる、高密度連続スプリングマットレスを扱えるのはフランスベッドだけです。国内で唯一製造販売権を有しているため、他のメーカーでは製造することができません。

他にも、日本人の体格や嗜好に合わせたポケットコイルマットレスで人気なのは、日本ベッドというメーカーです。超高密度のポケットコイル製造を得意とし、通常量の3倍(シングルサイズのマットレスで1200ヶほど)ものコイルを敷きつめ、極上の寝心地感にこだわっています。

②試し寝はマスト。自分の好みの寝心地をつきつめる

https://www.pinterest.jp/pin/440086194837959164/

購入前の試し寝は必ず必要です。例え予算にあっていなくても、高~低スペックまで、少しでも多くのマットレスを試してみてください。まずは比較的ラインナップが多い、ポケットコイルマットレスから試してみましょう。

ポケットコイルマットレスはコイルが独立しており、荷重に応じてコイルの高さが変化するため、体圧分散性(身体にかかる圧力を分散させ、局部にかかる負担を和らげる性質)や反発弾性(力を押し返す性質)に優れているのが特徴です。

ほかにも、2人寝利用を想定するなら、高密度連続スプリングマットレス(フランスベッド)を一度はお試し頂くことをおすすめします。寝心地はやや硬めですが身体にフィットしやすく、振動が最も伝わりにくいのがこのマットレス。重量はコイル系マットレスのなかでは最も重い部類に入ります。

③自分仕様にこだわるなら、フルオーダーメイドorセミオーダーマットレスを

https://www.pinterest.jp/pin/440086194837959615/

高級マットレスのなかには、サイズや厚み、側生地(カバー)、クッション層内部のコイルや詰め物などフルオーダーで製作できるものがあります。

マットレスの長辺は195センチがスタンダードなので、身長180センチ以上の方は、205~207センチのロングサイズ仕様を検討するのもよいでしょう(部屋への搬入方法や設置場所の確認は忘れずに)。

他にも寝姿勢(仰向け寝、横向き寝)や硬さの好みによって、コイルの線径や太さ、コイル配列を変えたり、ウレタンなどの詰め物の量を調節してくれたりと、きめ細やかに対応してくれます。

高級マットレスはアフターサービスがしっかりしていることがほとんどですが、購入後のフォローについても確認しておきましょう。

 

おさえておきたい!代表的な高級マットレスブランド

①KLUFT(クラフト):アメリカ

https://www.pinterest.jp/pin/787567053564183488/

2017年に日本に初上陸したクラフトは、アメリカのE.S.KLUFT&COMPANY社が開発した世界最高峰のマットレスブランドのひとつ。2つの特許技術をもとに、3世代にわたるマットレス専門の職人がハンドメイドで仕上げている製品が多いです。

②Serta(サータ):アメリカ

https://www.pinterest.jp/pin/135671007515535533/

サータは全米ランキングNo.1の売上を誇るマットレスブランドです。マットレスに求められる2つの相反する要素「硬さ」と「ソフトな触り心地」を兼ね備えた、ポケットコイルマットレス製造のノウハウに定評があります。

腰やマットレスの縁に硬めのコイルを配列するなど、コイルのゾーニングにもこだわりがあるので、特に寝姿勢や身体の症状でお悩みの方におすすめです。

③Stearns&Foster(スターンズ&フォスター):アメリカ

https://www.pinterest.jp/pin/212021095028240693/

スターンズ&フォスターは、もともと最高級の馬車のシートの製造会社で、165年以上もの歴史を持つアメリカのマットレスブランドです。

高い技術を持つ選りすぐりの職人によるハンドタフト(手仕上げ)マットレスは、優雅さと豪華さを兼ね備えており、世界でもトップクラスの品質を誇ります。

④Simmons(シモンズ):アメリカ

https://www.pinterest.jp/pin/496733033899970282/

1870年にアメリカで創業したシモンズは、世界で初めてマットレスを世に送り出したといわれているブランドです。

業界内でも早くからスプリング素材に注目し、強度と通気性に優れるポケットコイルを生み出しました。高価格帯のマットレスは、超硬鋼線のコイルonコイルという独特の技術によりソフトな寝心地を実現。柔らかい寝心地を好む欧米人の方を中心に支持されています。

⑤フランスベッド:日本

https://www.pinterest.jp/pin/671951206876103965/

一本の鋼線をマットレスの端から端まで繋げた、高密度連続スプリング構造マットレスを日本で唯一つくることができる会社です。

高密度連続スプリングはボンネルコイルとポケットコイルの長所を兼ね備えたマットレスで、コイル系マットレスのなかではもっとも耐久性に優れ、振動に強いといわれています。

 

【種類別】おすすめの高級マットレス10選

①Palais Royale Vie De Luxe(パレ ロワイヤル ヴィエ ドゥ リュクス):KLUFT(クラフト)

https://tabroom.jp/bed/mattress/itm0020745/

「豪華な宮殿での生活」という名を冠した、クラフトのなかでも最高傑作といわれるシリーズ。天然カシミアやホーステールヘア(馬の尾)、体圧を軽減するプレミアムコイル、Talalayラテックスなど、厳選された高品質な素材のみでクラフトの匠が作り上げた、究極の眠りを約束するマットレスです。

スペック

価格(税別):クイーンセット\4,000,000/クイーンセット(CP付)\4,500,000/キングセット\5,000,000/キングセット(CP付)\5,600,000 ※CP…コンフォートパッド

サイズ:クイーンセットW1530㎜×D2030㎜×H608㎜/クイーンセット(CP付)W1530㎜×D2030㎜×H678㎜/キングセットW1930㎜×D2030㎜×H608㎜/キングセット(CP付)W1930㎜×D2030㎜×H678㎜ ※CP…コンフォートパッド

仕様・特徴:高級カシミア、Jomaウール、アルパカ、Talalayラテックス、プレミアムコイル

 

②プラチナシリーズ「THE REGALIA(ザ・レガリア)」:KINGSDOWN(キングスダウン)

https://www.idc-otsuka.jp/item/item2.php?id=mattress8885

キングスダウンは、1904年にアメリカで創業したマットレスブランドです。レガリアは、キングスダウンと大塚家具の共同開発により2012年に発表されたシリーズで、体型やこだわりに合わせて8種類の仕様を展開しています。

「ザ・レガリア」は8種類あるラインナップのなかでも最もラグジュアリーな寝心地を実現するといわれるマットレス。ハニカム構造の中心に高反発ウレタンを組み込み、コイルレスマットレスのなかで唯一のセンターハード仕様となっています。

包み込まれるような柔らかな寝心地と、沈み込みすぎないしっかりした安定感をお求めの方に、ぜひお試し頂きたいマットレスです。

スペック

価格(税込):シングル\980,000/セミダブル\1,180,000/ダブル\1,380,000/ワイドダブルロング\1,580,000/クイーンロング\1,900,000

サイズ:シングルW970㎜×D1950㎜×H420/セミダブルW1220㎜/ダブルW1400㎜/ワイルドダブルロングW1530㎜/クイーンロングW1700㎜

仕様・特徴:コイルレスマットレス、ダブルクッション、フルボディサラウンド構造

 

③サータスーペリアデイプレミアム:Serta(サータ)

https://www.serta-japan.jp/mattress/superiorday_list/superiorday_premium/

世界中の五つ星クラスの高級ホテルがこぞって導入する「プレミアム」は、ポケットコイルやジェルメモリーフォーム、高反発ウレタンを組み合わせたハイエンドなモデルです。

体圧分散性、通気性、耐久性など、快適な睡眠に必要な要素を全て兼ね備えているので、高級ホテルのベッドのような高品質・高機能マットレスをお探しの方に。

スペック

価格(税別):パーソナルシングル\320,000/セミダブル\370,000/ダブル\420,000/クィーン1\440,000/クイーン2\460,000/セミキング\490,000

サイズ:シングルW970㎜×D1960㎜×H430/セミダブルW1220㎜/ダブルW1390㎜/クィーン1W1500㎜/クイーン2W1630㎜/セミキングW1800㎜

仕様・特徴:円筒形ポケットコイル(7.7インチ)、5ゾーン超高集積・並行配列、ジャンプキルト、立体ピローソフト

 

④クラウンジュエル ガーナイトⅢ:Sealy(シーリー)

https://sealy-jp.com/mattress/crown-jewel/gahnite-3-SJP1046M.html

アメリカのテキサス州で創業したシーリーは、130年近い歴史があります。科学的な視点から理想の寝姿勢を研究し、どんな体型や体重にも対応できる「ポスチャーテックコイル」を開発、特許を取得しました。

シーリーが手がけるマットレスは、ハイランクなボンネルベッドが中心ですが、ボンネルベッドの硬さを解消するために詰め物を多く充填し、柔らかい寝心地を実現しています。

ガーナイトⅢは、クラウンジュエルシリーズの最上級モデルマットレス。面で支えるポスチャーテックコイルと点で支えるポケットコイルを組み合わせ、身体をつつみこむような寝心地が得られます。柔らかめのマットレスがお好みで、ウォーターベッドのような高い体圧分散性を求める方に最適です。

スペック

価格(税別):シングル\280,000/セミダブル\300,000/ダブル\330,000/ダブルワイド\365,000

サイズ:シングルW970㎜×D1950㎜×H440/セミダブルW1210㎜/ダブルW1410㎜/ダブルワイドW1530㎜

仕様・特徴:Sealy ReSTコイル、5ゾーンプレッシャーリリーフインレー、センターサポート、ポリジン加工

 

⑤(Luxe ULTIMATE PILLOW TOP)リュクスアルティメイトピロートップ:Simmons(シモンズ)

https://www.guska.jp/brand/simmons/product/400m001_aalu1_ultimate

リュクスアルティメイトピロートップは、体圧分散性と通気性に優れるコイルonコイル構造(5.5インチポケットコイル+4インチスムースフィットコイル)を採用しています。

硬すぎず柔らかすぎない、ソフトタッチなマットレスをお好みの方に最適なシリーズです。

スペック

価格(税別):セミダブル\610,000/クイーン\750,000

サイズ:セミダブルW1200㎜×D1950㎜×H410/クイーンW1520㎜

仕様・特徴:コイルonコイル(4インチ+5.5インチ)、タックアンドジャンプキルト、ボックスピロートップ、抗菌バックシート

 

⑥Luxe Estate Plush(リュクス エステイトプラッシュ):Stearns&Foster(スターンズ&フォスター)

https://www.bed.ne.jp/stearnsfoster/luxestateplush.html

リュクスエステイトプラッシュは、チタンを含有するポケットコイルと高品質コットン、ウールパッドを組み合わせたマットレスです。

ハンドタフト(手仕上げ)でマットレスの各層を丁寧に糸でつなぐ製造工程は、とても複雑できめ細やか。世界でも最高水準に入る至高のマットレスといえます。

スペック

価格(税込):ラージダブル\702,000

サイズ:ラージダブルW1600㎜×D2000㎜×H450㎜

仕様・特徴:ハンドタフティング、インテリコイルチタンコイル、プリマクールキルト・アウトラスト・シルク・ウール、プリマクールジェルメモリーフォームなど

 

⑦TD-SLK:フランスベッド

https://tabroom.jp/bed/mattress/itm0024292/

TD-SLKは、高密度連続スプリングの良さを最大限に生かしたラグジュアリーな部類に入るマットレスです。ボンネルコイル特有の揺れや、ポケットコイルの部分的な沈み込みやすさを解消し、かつ通気性と放湿性も備えているのが特徴。

肌に優しい天然繊維であるシルク混ジャガード生地をあしらっているので、やわらかめのマットレスをお好みの方におすすめです。

スペック

価格(税込):セミシングル\540,000/シングル\540,000/セミダブル\648,000/ダブル\756,000/ワイドダブル\864,000/クイーン\1,080,000

サイズ:セミシングルW850㎜×D1950㎜×H400/シングルW970㎜/セミダブルW1220㎜/ダブルW1400㎜/ワイドダブルW1540㎜/クィーンW1700㎜

仕様・特徴:高密度連続スプリング・マイクロトリプルデッキ、ジャンプキルトパターン、プロウォール仕様、防ダニ・抗菌防臭加工、ベンチレーター加工

 

⑧フィリアラグジュアリートップ:匠大塚(たくみおおつか)

https://www.takumi-otsuka.jp/products/detail.html?id=3155

匠大塚は「匠品質」をコンセプトに、オリジナルブランドを含む国内外メーカー170社ものプロダクトを扱っています。なかでもマットレスは、マットレス開発の先進国であるアメリカの技術をとりいれながら製作されており、ラインナップは多岐にわたります。

フィリアラグジュアリートップは、身体をしっかりホールドする波型ウレタンフォームや身体にかかる負担を取り除くラテックス、体圧分散性に優れるスプリングコイルなど、究極の眠りを実現させるための贅沢なつくりが特徴。

日本ならではの風土や気候、日本人の体格をもとに開発されており、品質、機能あらゆる面でトップクラスの品質を誇ります。

スペック

価格(税込):シングル\448,200

サイズ:シングルW970㎜×D1950㎜×H280㎜

仕様・特徴:コンフォートマイクロコイル(0.75インチ)・コイル(8インチポケットスプリングユニット)、フォームエンケースメント、ストレッチニットUSFR・ケブラー、ハンドタフトロゼット、プラッシュスーパー波型フォーム、プレッシャーラテックス、クーリングジェルフォーム

 

⑨モデルディアマンテ50:magniflex(マニフレックス)

https://www.magniflex.jp/products/0001.html

マニフレックスは50年以上の歴史を持つ、イタリアを代表するマットレスメーカーです。国立フィレンツェ大学と人間工学に関する共同研究をすすめ、次世代高反発フォーム「エリオセル」を開発、世界特許を取得しました。

モデルディアマンテ50は、マニフレックスの技術を駆使して開発された初の3層構造のマットレスです。エリオセルをさらに高密度に仕上げた新素材により、寝姿勢を優しく受け止めながら適度な反発力で支えてくれるのが最大の魅力。

裏表で寝心地を変えることができるので、体調や気分に合わせながら、お好みのスタイルを選びたい方におすすめです。光沢感あるヴィスコース生地は100%天然素材なので、肌触りにこだわる方にも。

スペック

価格(税別):セミダブル\440,000/ダブル\550,000/クイーン\660,000

サイズ:セミダブルW1200㎜×D1950㎜×H270㎜/ダブルW1400㎜/クイーンW1600㎜

仕様・特徴:マルバフォーム・エリオセルMF(マインドフォーム・高反発フォーム・エリオセルMF

 

⑩シルキークチュール:日本ベッド

https://www.bed.ne.jp/nihonbedmat/silky_couture.html

1926年創業の日本ベッドは国内で一番の歴史を誇るベッドメーカーです。マットレスの種類は大きくシルキーとビーズの2種類があり、柔らかめの質感がお好みの方には、シルキーシリーズがおすすめ。

シルキークチュールは、ひとつひとつハンドタフト(手仕上げ)で製作されているハイランク仕様のシリーズ。ポケットコイルや綿、高密度ウレタンをしっかりと糸で結ぶハンドタフティング技法は、かなりの時間と手間がかかるため、世界的にも稀な手法といえるでしょう。

表面層には国産シルクとウールを重ねて敷き詰めているので、弾力性と優しい肌触りも魅力。末永く愛用できる一生もののマットレスをお探しの方におすすめしたい、贅沢な寝心地を体感して頂けるマットレスです。

スペック

価格(税別):シングル\400,000/セミダブル\450,000/ダブル\500,000/クイーン\550,000

サイズ:シングルW980㎜×D1950㎜×H260㎜/セミダブルW1200㎜/ダブルW1400㎜/クイーンW1600㎜

仕様・特徴:ハンドタフト構造、ハンドタフティング

 

最後に

今回は、高級マットレスの特徴や選ぶ際の注意点、おすすめの高級マットレスをご紹介させて頂きました。

価格が高めだから、と高級マットレスを選択肢に含めていない方は、ぜひ一度お試し頂ければと思います。今まで体験したことがないほどの快適な寝心地に感動し、マットレスに対しての価値観や考え方が変わるかもしれません。