Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2019/08/15

【黒いベッドを選ぶならこの10選を】おすすめコーディネート実例あわせて徹底解説!

佐伯美知枝
著者:佐伯美知枝 (二級建築士/インテリアコーディネーター)

宿泊施設専門のコンサルティング会社にて、旅館やホテルのオープン・リニューアル案件を担当。その後インテリアショップ「カギロイ」勤務を経てフリーのコーディネーターに転身。小型犬+家族3人暮らし、自宅は古材家具に囲まれた和モダン風です。心身共にリラックスできる居心地良いお部屋づくりをモットーに、様々なインテリアをご提案できるよう心掛けています。

スタイリッシュでクールな印象を与える黒いベッド。多くの家具メーカーやインテリアショップなどで、おしゃれな黒いベッドを目にされる機会は多いと思います。

でも、自分のお部屋のイメージに合う黒いベッドはどんなデザインか?あるいは、欲しい黒いベッドが見つかったけれど、どのようにお部屋をコーディネートすればよいのかわからない…など、黒いベッドを主役にしたインテリアでお悩みの方に、ベッドを選ぶ際のポイントと、おすすめのベッド10選をご紹介いたします。

 

黒いベッドを選ぶさいの注意点は?

①ベッドサイズと脚の仕様をチェック&レイアウトを考える

https://www.pinterest.jp/pin/440086194837800146/

黒色のベッドは他の色に比べて見ための印象が強いので、お部屋の間取りや広さに最適なサイズを選ぶのが重要です。体格が良い男性なら、一般的にW1250×D2050サイズのセミダブルベッドを選びたいところですが、できればお部屋の広さは8畳以上あるのが理想。その場合、お部屋の長辺とベッドの長辺を合わせるレイアウトが可能なら、生活動線(最低60センチ)もゆったりととることができます。

また、ヘッドボードの向きにも注意が必要。エアコンの風があたりやすい真下の位置や、窓からの冷気や直射日光の影響を受けないように設置場所を工夫しましょう。ベッドの近くに衣類を収納するチェストがあるときは、しゃがんで衣類を取り出すときに最低70センチの寸法は必要になります。しっかりスペースを確保しておきましょう。

また、和室にベッドを設置する際は、ベッド脚の形状について確認を。4本足仕様のベッドは重みにより畳がへこむことがあるので、台座のようにもともとフラットなベースのものか、脚部の取り外しができるものがおすすめです。ラグを敷く方法もありますが、季節によってはダニやカビが発生しやすくなるので極力避けたほうがよいでしょう。

②黒を基調とする内装+黒いベッドは、圧迫感や狭さを感じることも…

https://www.pinterest.jp/pin/440086194837800163/

黒色は収縮色といって、周囲の色を引き締める効果がありますが、配色バランスには注意が必要です。お部屋全体の配色を考える際、理想の比率はベースカラー70%、メインカラー25%、アクセントカラー5%。しかしベースカラーをブラックにしてしまうと、お部屋に入ったときに圧迫感が出て、狭く見えてしまうことがあります。

お部屋をなるべく広く見せたい場合は、黒色をメインまたはアクセントカラーに持ってきて、配分を少なめにしましょう。ベースカラーにはホワイトやグレー、グレージュなどの無彩色を選ぶと、落ち着いた雰囲気になります。

③黒色のベッドと相性が良い、3つのコーディネートスタイルとは?

https://www.pinterest.jp/pin/851884085744706995/

高級感や重厚な雰囲気を醸し出す黒色を主役にしたインテリアスタイルを考える場合、特におすすめなのが、インダストリアルやモダン、和風モダンのコーディネートです。

例えば、ブラックレザー張りのヘッドボードにスチール脚仕様のベッドであれば、コンクリートやアイアン、メタル、レザー素材のアイテムとあわせて、インダストリアル(工業的)風に。むき出しの裸電球のペンダントライトやスタンドライト、木の風合いが感じられる内装や家具との相性も抜群です。

和風モダンの空間には、無垢材の家具や和紙、漆、鋳物、竹などの日本古来の伝統素材を使ったインテリアを合わせてみるのもよいでしょう。表情感あるそれぞれのマテリアルがほどよくミックスされ、黒いベッドの存在感がより際立ち、組み合わせの妙を楽しむことができます。

 

おしゃれな黒いベッドを買うならこの定番10選

①NEW YORK550(ニューヨーク550):Serta(サータ)

New York(ニューヨーク)550

1931年にアメリカで創業したサータは、全米での売上No.1の実績を誇る会社です。日本においてはドリームベッドがライセンス契約を結んでおり、日本人の体格や住環境に合わせたマットレスを日本国内にて生産しています。

このNEW YORK550は、ヘッドボードを2段階の高さに変えることができるのが特徴。ヘッドボードは本革製で長時間身体が触れていてもべたつきにくく、さらりとした滑らかな質感を味わえます。リラックスした姿勢がとりやすいので、ベッド+ソファの2つの機能を求める方にうってつけのシリーズです。

 

スペック

フレーム単品価格(税別):パーソナルシングル\270,000/セミダブル\295,000/ダブル\325,000/クィーン1\360,000/クイーン2\400,000/セミキング\495,000

サイズ:シングルW1050㎜×D2360㎜×H990・890㎜×BH210㎜/セミダブルW1300㎜/ダブルW1470㎜/クィーン1W1580㎜/クイーン2W1700㎜/セミキングW1880㎜

素材:牛本革(ヘッド表・側面)、塩ビ(サイド・フット)、ステンレス

 

コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/440086194837789847/

厚みがあるブラックレザー張りのベッドは、周囲の色まで黒で統一してしまうとやや重たい印象に。ホワイトやアイボリー系のシーツやピロー、ラグなど、なるべく明るい色調(トーン)のものを合わせましょう。クリアーな吹きガラス風の裸電球や、白を背景にしたボタニカルアートもお部屋の印象を軽やかにしていますね。

②DC BED(ディーシーベッド):Casshina ixc.(カッシーナ・イクスシー)

https://www.cassina-ixc.jp/shop/g/gdc-bed/

世界で唯一、イタリア本国のカッシーナからライセンス生産を認められているのがイクスシーです。生産工場は群馬県にあり、本国から輸入するよりも納期を大幅短縮できるという点が大きな強み。卓越した技術を持つ職人によるオリジナルプロダクトも生産されています。

DCベッドは、フレームのところどころに入るメタルプレートの輝きが風格を感じさせるシリーズです。ヘッドボードの柔らかな膨らみはまるで彫刻かオブジェのようにもみえ、イクスシーの世界観が凝縮。低い目線でゆったりと寛げる、ロータイプのベッドをお探しの方におすすめです。

 

スペック

フレーム単品価格(税別):\2,210,000~

サイズ:キングサイズW2040㎜×D2580㎜×H630㎜(ワンサイズ)

素材:本体 木製内部構造、ポリウレタンフォーム、金具 真鍮

コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/440086194837789661/

ロータイプのベッドはヘッドボード後ろの壁面のスペースを使って、見栄えのするアートやオブジェなどを飾ることも可能です。ベッドと同系色にしたアートが際立っていますね。モノトーンカラーで揃えたインテリア家電にも注目。ベッドより高くならないよう低めに設置し、シンメトリーなディスプレイでまとめています。

 

③Nyx(ニュクスベッドフレーム):Zanotta(ザノッタ)

https://musetokyo.com/shopdetail/040002000010/040/002/X/page1/price_desc/

ザノッタはモダン&コンテンポラリー家具を中心に展開する、イタリアのブランドです。もともとはソファを生産する会社として1954年に創業しましたが、現在は世界的な一流デザイナーとのコラボも多く、名作や人気シリーズを続々発表しています。

ニュクスシリーズは、これ以上省きようがないほど必要最低限な直線のフレームで構成されたベッドです。一見華奢な印象も受けますが、そのシンプルな形状からかえって力強さも感じられ、逆に存在感を強めているほど。ミニマルなインテリアテイストがお好みの方に、ぜひ揃えて頂きたいシリーズです。

 

スペック

フレーム単品価格(税込):\766,800

サイズ:W2060㎜×D1660㎜×H350㎜

素材:スチール、ブナ

コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/453878468680769511/

ミニマルなブラックスチール脚仕様のベッドに、アジアン家具をミックスさせたコーディネートです。李朝風箪笥とベッドを同系色にしているので、違和感なくまとまっていますね。大きな球形の和紙製ペンダントライトや木製サイドテーブルも、空間に温かみを添えている重要なアイテムです。

④ONDA BED(オンダベッド):Poliform(ポリフォーム)

https://www.poliform.it/en-us/products/beds/onda

ポリフォームは1942年にイタリア・ミラノ郊外にて創業されました。椅子やテーブル、ソファなどオールジャンルを扱いますが、最も強みとしているのが壁面収納。置き家具はもちろん、壁面を魅せる規格化されたシステム収納家具にも注目したいブランドです。

ONDAベッドは、スタイリッシュなプロポーションが特徴。まるでモジュールのように連続したレザー製のヘッドボードは、ポリフォームならではの規格化されたデザインといえるでしょう。

スペック

フレーム単品価格(税込):\1,094,040

サイズ:W2222㎜×D2419㎜×H935㎜

素材:レザー、スチール

コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/385550418076708753/

茶系のベースカラー×黒ベッドの組み合わせは、ナチュラルで優しい印象を与えます。壁の一部にアクセントウォールをとりいれるのなら、ベッドのヘッドボード背面側の壁に。ベッドの存在感がより際立ちます。家具と壁面のテクスチャーを揃えると、お部屋がよりすっきりと広く見える効果があります。

 

⑤COSMA(コズマソファベッドダブリュー91):COR(コア)

https://www.pinterest.jp/pin/343892121539374056/

1954年にドイツで創業されたコアは、品質と機能性に優れた家具を多く手掛けるブランドです。「家具を永く使い続けることによって環境が守られる」という考え方から、品質と耐久性を併せ持つ家具を続々展開中。

コズマは、座る機能と寝る機能の2役を1台で実現してくれるソファベッドです。クッション内部にウッドスプリングを採用しているので、快適な寝心地を体感することができます。お部屋に置く家具のアイテム数を、あまり増やしたくないという方にもおすすめ。アームクッションが1つ付いてきます。

 

スペック

フレーム単品価格(税別):\556,000~840,000

サイズ:W910㎜×D1650~2030㎜×H710㎜×SH390㎜

素材:本革/ファブリック

コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/440086194837790399/

お部屋に置く家具のアイテムを増やしたくない方には、1台でソファとベッドの両方の機能を持つソファベッドはいかがでしょうか。ヘッドボードがないので、ロフトによく見られる勾配天井にもぴったりとつけてレイアウトできます。普段はソファとして使い、お客様用のベッドとして使うのもよいですね。

 

⑥ZERO-G CURVE(ゼロジーカーヴ):TEMPUR(テンピュール)

https://jp.tempur.com/bed/zerog/curve-TJP4179M.html

ゼロジー®カーヴ™[Zero-G®Curve™]

テンピュールの歴史は、1970年にNASA(米国航空宇宙局)がロケット発射時に伴う宇宙飛行士への衝撃を緩和し、サポートする素材を研究するところからはじまりました。今や米国宇宙財団からの認定を受ける、世界的にも唯一無二なマットレス・ピローブランドです。

ゼロジーカーヴは、ミッドナイトブラックカラーのフレームで構成された電動リクライニングベッド。柔軟で適度な硬さを持つベースや、3つのポジションを記憶するポジションメモリーなどの機能がついています。デザイン性はもちろん、快眠のためのサポート機能を求める方にお試し頂きたいシリーズです。

 

スペック

価格(税別):ヘッドボードシングル\45,000~/同セミダブル\50,000~/同ダブル\55,000~、電動ベッドフレームシングル\300,000~/同セミダブル\320,000~/同ダブル\340,000~ ※マットレス別売り

サイズ:シングルW970㎜×D1950㎜×H290~360㎜/セミダブルW1200㎜/ダブルW1400㎜

素材:フレーム 炭素鋼・アルミニウム合金・ポリウレタンフォーム、フレームカバー ポリエステル、レッグ スチール・プラスチック、ヘッドボトム ポリエステル・繊維強化熱可塑性プラスチック、モーター

 

コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/440086194837789644/

2色の濃淡グレーの壁紙クロスをベースに、黒いフレームの家具を合わせた北欧風のベッドルームです。壁紙が暗い色調だと冷たい印象になってしまいがちですが、アートフレームやスタンドライトの陶器、北欧風のテキスタイルの白色によって、シックながらもソフトな雰囲気に仕上げています。

 

⑦TREND LINE 001(トレンドライン001):RUF(ルフ)

https://dreambed.jp/blog/2014/05/post-125.html

ルフは1926年に創業後、マットレスと寝具の生産を中心としてきたブランドです。ヨーロッパで人気が高いアップホルスターベッド(ファブリックを張った仕様)を中心に、世界51か国もの国で展開中。日本ではドリームベッドを通じて購入することができます。

トレンドラインは、イタリアの高級ヨットブランド「RIVA」の製品にインスパイアされてつくられたシリーズ。ゆるやかに張り出したカーヴのヘッドボードはまるで海に浮かんでいるボードのようですね。見ためのインパクトや、個性的なフォルムのデザインをお探しの方におすすめしたいベッドです。

 

スペック

フレーム単品価格(税別):Q1\290,000~/SK\340,000~

サイズ:Q1 W2390㎜×L2380㎜×H950㎜×BH210㎜/SK W2690㎜

素材:レザー、ファブリックほか

コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/385550418094708367/

お部屋のほとんどを黒と白の2色で占めていますが、ダマスクス風のファブリックが繋ぎ役となり、落ち着いたモノトーンインテリアでまとめています。ラグやペンダントライトの素材にも黒が含まれているほか、ガラスやシルバーの素材など、主張しすぎない素材を合わせているのもポイントです。

 

⑧GENT(ゲント):BoConcept(ボーコンセプト)

https://www.boconcept.com/ja-jp/gent/3905000CVW85112.html#srule=price-descending

ボーコンセプトは1952年に設立された、デンマーク発祥のインテリアショップです。「Bo」はデンマークで「生活」を意味し、北欧の暮らしに根付いたライフスタイルを提案しています。

ふかふかした大きなヘッドボードが特長的なベッドです。ボトムは広々とした収納スペースとなっているので、冬用の布団や衣類などをしまっておくことも可能。お部屋にチェストなどの収納家具を置かなくてすむので、家具のアイテムをあまり増やしたくない方にもおすすめです。

スペック

フレーム単品価格(税別):\631,000

サイズ:W2200㎜×L2245㎜×H1200㎜×BH380㎜

素材:アニリンレザー、スチール、無垢バーチ、アルミ

コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/440086194837789567/

黒色や白色のモノトーンインテリアに、アジアンエスニック調をミックしたインテリアスタイルです。クッション類を多く配したり、籐製のフロアスタンドを床に配したりと、さまざまな素材を組み合わせていますが、黒、白、ベージュの3色のみで展開しているのがポイント。温かみが感じられるインテリアです。

 

⑨オスカーベッド:松永工房(マツナガコウボウ)

https://www.m-kobo.jp/blog/continue/?catid=215&blogid=4

1973年に創業した松永工房は、製造から販売までのすべてを自社で行うスタイルをとりいれています。欧風の高級家具を中心に、和を感じさせる家具やインテリア雑貨までトータルな商品展開が魅力。技術力と高いデザイン性を併せ持つ、手作りにこだわるジャパンブランドです。

オスカーベッドは、日本古来の配色を連想させるブラック&レッドバージョンのシリーズ。ヘッドボードの溝のラインは、日本の工芸や建築にみられるアシンメトリー(非対称)で和の美意識を表現しています。和洋ミックスやZENスタイルなど、和のテイストをとりいれたインテリアにおすすめです。

 

スペック

フレーム単品価格:シングル\200,000/セミダブル\210,000/ダブル\220,000

サイズ:シングルW1030㎜×D2038㎜×H980㎜

素材:天然突板オーク、MDF、合板

コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/383439355748648518/

シャープな形状の家具とやわらかい曲線を持つ家具を取り合わせると、お部屋に抜け感が生まれるので印象がガラリと変わります。毛足が長いファーやラグなど、素材感で柔らかさを出すのもいいですね。赤色もビビットなものから暗みがかったダークレッドまで、さまざまな色を重ねることにより、ラグジュアリーな雰囲気が感じられます。

 

⑩MORNING FLOWER7(モーニングフラワー7):WATER WORLD(ウォーターワールド)

https://www.water-world.jp/product/frame/morningflower7.html

1986年に創業したウォーターワールドは、ドリームベッド社が展開するウォーターベッド専門ブランドです。一般的なマットレス(スプリングによる反発力)とは異なり、水の浮力を利用することによって身体を支えているのが特徴です。水の温度を調整できるので、四季を通じて快適な寝心地をお楽しみ頂けます。

モーニングフラワー7は、Rに湾曲したヘッドボードが目をひくデザインのベッドです。サイドレールが28.5センチあるので、ベンチ代わりとしてもお使い頂けます。トレンドを意識したコンテンポラリーや、モダンスタイルなどのインテリアをお好みの方におすすめしたいシリーズです。

 

スペック

フレーム単品価格(税別):SDセミダブル\419,000~/Q1クイーン1\449,000~他

サイズ:SDセミダブルW1780㎜×D2770㎜×H580㎜×SH280㎜/Q1クイーン1W2080㎜

素材:塩化ビニルレザー/本革コンビ・塩化ビニル・人工スエード

コーディネート例

https://www.pinterest.jp/pin/440086194837790786/

黒色に光沢感があるメタリックカラーを合わせた、シックな印象のベッドルームですね。寝室はシーリングライトなどの全般照明は必ずしも必要ではありませんが、壁紙がダークカラーの場合はやや注意が必要。ブラケットやスタンドライト、間接照明などをとりいれ、最低限必要な照度を確保しましょう。

 

最後に

スタンダードなタイプから機能性ベッドまで、さまざまな黒いベッドをご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。形状や素材によって、お部屋の雰囲気ががらりと変わることがおわかり頂けたかと思います。ベッドは人生の1/3の時間を過ごすプライベートなスペース。ゆったり寛げるお気に入りのベッドをぜひ探してみてくださいね。