Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2021/04/12

【ロルフベンツのおすすめソファ厳選10選】ブランドの歴史と商品の特徴を徹底解説!コーディネート例も

ドイツの高級ソファブランドといえば、「ROLF BENZ」の名前を聞いたことがない人はいないでしょう。大手の家具屋さんでも扱いのある有名なブランドである「ROLF BENZ」ですが、どのようなソファやどんな機能を持ったソファを扱っているのか、意外と知らない方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな「ROLF BENZのソファ」について、おすすめとその魅力についてご紹介させていただきたいと思いますので、ぜひソファ選びの参考にしてみてください。

ロルフ・ベンツとは?企業の歴史と商品の特徴をご紹介

ドイツの高級家具メーカー「ROLF BENZ」

1959年、ドイツで家具作りを始めた「ロルフ・ベンツ」は、1964年に従業員数35名の会社として創業しました。同年、「Addiform(アディフォルム)」というコーナーソファを発表したことにより、リビングという空間と、ソファという家具に新たなスタイルを生み出すことに成功します。

当時のリビングルームの役割は「応接」。いわゆる、「客人を招いて接待をする場」としてリビングは存在していました。しかしベンツ氏は、当時普及し始めたテレビに目をつけ、リビングを人々が集う場所、つまり団欒の部屋という、新たな空間になるのではないかと考えたのです。

そのような考えの元開発されたのが、アディフォルムという、人と人との会話やテレビが見やすい形をした世界初のコーナーソファでした。ベンツ氏の予測は見事的中し、このソファの登場により新たなライフスタイルとして世に広まることとなったのです。以降、ロルフ・ベンツ社はソファやリビング家具を中心に扱うブランドとして、世界中で愛用されていくことになったのです。

参考:ROLF BENZ社HP「ヒストリ」
https://www.rolf-benz.com/ja_JP/e6a682e8a681/e38392e382b9e38388e383aa

こだわり溢れるロルフベンツのソファ3つの特徴

①ロルフベンツオリジナルの「多重クッション構造」

ロルフベンツのソファの最大の魅力は、「ロルフベンツ・シッティングテイスト」と言われる抜群の座り心地にあります。

快適な座り心地の秘密は、ロルフベンツが独自で開発した、固さの異なるウレタンフォームを何層にも重ねたクッション材「多重クッション構造」にあります。この特殊なクッションの構造によって、長時間の座位姿勢においても疲れにくく、安定した快適な座り心地が提供されているのです。

②丈夫で高品質なドイツ製

ロルフベンツのソファは、ドイツの工業規格にのっとりながら、さらに自社でも厳格な製品基準を設定することで、高いクオリティを維持し続けています。

また、上で紹介した「多重クッション構造」のクッション材においても、ひとつつひとつ丁寧な手作業でドイツの本社工場で製造しています。そういった企業努力が長年ヨーロッパを始め世界の国々でロルフベンツが愛され続けている理由といえます。

③時代のライフスタイルに合わせて進化するデザイン

かつて時勢を読み、コーナーソファを世に生み出して成功したように、今日においてもロルフベンツ社は流行研究所と協力し、文化や風俗・習慣などの変化を予測し検討しながらデザインを続けています。

そのためロルフベンツのソファは、時代のライフスタイルにあった機能性と、ドイツの会社らしいモダンで洗練されたデザイン、ロルフベンツが受け継いできた伝統や技術が詰まったハイクオリティーなソファとなっているのです。

これなら外さない!ロルフベンツのおすすめソファ厳選10選

①ROLF BENZ 6500 【ROLF BENZ】

「6500」は発売から30年以上の時が過ぎてもなお、世界中で支持されているロングセラーのソファです。背もたれが上下に可動することで頭の位置までサポートできるハイバック機能を持っており、また座り心地の良い座席のクッション構造と、腰への負担を軽減させるサポートクッションが付属しており、シチュエーションに合わせた最適な姿勢を提供してくれるソファになります。家族でくつろぐリビング空間はもちろん、お客さんを招いた応接間にもおすすめしたいクールなソファです。

価格:¥1,630,000(税込)
サイズ:W182/226×D92×H75〜87cm
素材:クローム/レザー/コイルスプリング/ウレタンフォーム

コーディネート例

重厚感と高級感のある6500ソファは、同じロルフベンツの「1150」シリーズのテーブルのようなモダンなアイテムと合わせて、ラグジュアリーな大人のリビングにおすすめです。

②ROLF BENZ VIDA 【ROLF BENZ】

「VIDA」シリーズのソファは、5通りの座面幅、14種類のモジュールエレメント、7種類のサイドパーツ、10種類のレッグバリエーションから選択できるカスタムソファとなっています。非常に選択肢の幅が広く、張地などの選択も含めた工夫で、ナチュラルテイストからモダンテイストまで、お好みのスタイルを容易に表現することができるソファです。ソファの座り心地から見掛け、形まで全てに完璧にこだわりたい人にぜひおすすめなのがこの「VIDA」です。

価格:¥1,220,000(税込)
サイズ:W184/228×D88×H85cm
素材:スチール/ウッド/S字スプリング/ウレタンフォーム/レザー/ファブリック

コーディネート例

シンプルなデザインのVIDAソファこそ、素材の良さやクオリティの高さがより顕著に表れます。アートなどと組み合わせることで、空間に上品な個性を表現することができます。

③ROLF BENZ PLURA  【ROLF BENZ】

「PLURA」は状況に応じて形を変える変形ロボのようなユニークなソファです。肘掛と背もたれ上部がくるんと巻き込んだ形をしており、この巻き込んだ部分を自由に可動させることで、通常のソファからハイバックソファやカウチタイプにまで可変することができます。来客時の応接間としての役割や、ソファを簡易的なベッドとして利用することで客間として使うなど、リビング空間をフレキシブルに使用したい方におすすめのソファになります。

価格:¥3,020,925〜(税込)(コーナータイプ)
サイズ:W263×D152×H80cm(コーナータイプ)
素材:スチール/S字スプリング/ウレタンフォーム/レザー/ファブリック

コーディネート例

このPLURAソファは可動域が広いので、ソファの周辺の空間を広く取ることをおすすめします。壁際にぴったりとソファを付けずに、余裕を持った配置をすることで、このソファの最大の魅力を有効的に使用することができます。

④ROLF BENZ LINEA  【ROLF BENZ】

「LINEA」は様々な空間スタイルに合わせやすいクリアでミニマムなデザインを持ち備えており、シンプルでありながらロルフベンツらしい快適な座り心地を持ち合わせたソファになります。シンプルでスタイリッシュなLINEAソファは、無駄な要素がなく、しかし座り心地が抜群というミニマリズム的な嗜好を刺激するソファで、コンテンポラリーなインテリアスタイルにもマッチする現代的な印象のアイテムです。都会的でありながら気取った様子のないヴィジュアルと、嫌味のない好印象な高級感は、来客を招くような空間にもおすすめです。

価格:¥613,585〜(税込)(ソファタイプ)
サイズ:W173×D84×H84cm(ソファタイプ)
素材:スチール/S字スプリング/ウレタンフォーム/レザー/ファブリック

コーディネート例

LINEAソファは、シンプルですがストレートのラインが美しいシルエットをしているので、部屋の中央や壁際のどちらでも活躍する、使い勝手の良いアイテムと言えます。

⑤ROLF BENZ ALMA 【ROLF BENZ】

「ALMA」ソファの特徴は、巻き込んだ肘掛・背もたれの部分と、繊細なレッグパーツがまるでソファが浮いているようなデザイン、そしてラウンジ・デラックスの柔らかいクッション構造による軽やかな座り心地です。また新たに開発された画期的な構造の背もたれは、枕のような特殊な柔らかさをもたらします。肘掛と背もたれを固定するレザーバンドは木ボタンがアクセント。「PULURA」ソファのように可動するわけではない巻き込んだデザインが斬新でユニークなヴィジュアルのソファですが、くるんとした形がなんとも可愛らしく柔らかい印象を与える、くつろぎのリビング空間におすすめのソファです。

価格:¥1,699,755〜(税込)(カウチタイプ)
サイズ:W289×D166×H75cm(カウチタイプ)
素材:S字スプリング/ポリエステル樹脂綿/ウレタンフォーム/レザー/ウッド/ファブリック

コーディネート例

ソファ自体が各モジュールごとに独立できるよう、それぞれに4本のレッグが付いているALMAソファ。自分の好きなように自在にソファを配置できる自由さがALMAソファにはあります。

⑥ROLF BENZ DONO 【ROLF BENZ】

「DONO」ソファの一番の特徴は、ソファの後ろにあるバックレールの存在かと思います。ちょっとしたものが置けるバックレールが付いたソファは、テーブルを置かずにお部屋をすっきりと見せたい人や、自宅でホームパーティーを開く人にはとても使い勝手の良いアイテムです。DONOソファは座面を引き出す仕様を持っており、座面を引き出すことでソファをゲスト用のソファベッドとして使用することも可能です。座面を引き出すことで、座るポジションを変更したり、のんびりとくつろいだりと、使い方にも幅があるも魅力です。

価格:2,068,940〜(税込)(コーナータイプ)
サイズ:W253×D241×H88cm(コーナータイプ)
素材:ステンレス/コイルスプリング/ウレタンフォーム/オーク/ウォールナット/レザー

コーディネート例

DONOソファはモダンな印象なので、合わせるアイテムもステンレスやガラスなどの素材を使ったアイテムが良いでしょう。コンクリートの壁や大理石の床などとの相性が良いので、洗練されたモダン空間におすすめです。

⑦ROLF BENZ 50 【ROLF BENZ】

ロルフベンツ創業50周年記念モデルとして発表された「50」は、「最高級の座り心地」「革新的なリラックス機能」「豊富なレイアウトオプション」が魅力の、ロルフベンツ社が半世紀に渡り作り上げてきたソファ製作技術のノウハウを注ぎ込んだ逸品となっています。張り地の特殊な折りたたみ裁縫の技術、刺し子縫いやダブルステッチなど、手のかかる繊細な仕上げが数多く施されており、高級感溢れる優雅なデザインがロルフベンツノ歴史とメイドインドイツの高い技術と品質を感じられるソファです。最高の座り心地のソファを求めている方は、ぜひこの「50」シリーズのソファを体感してみてください。

価格:1,124,475〜(税込)(ソファタイプ)
サイズ:W212×D93×H81cm(ソファタイプ)
素材:スチール/コイルスプリング/ウレタンフォーム/レザー/ファブリック

コーディネート例

「50」ソファのように座り心地の最高なソファは、いくつでも欲しくなってしまいますよね。そういう時は張地の素材や色味を違うカスタマイズにすることで、空間にリズムと軽快感が生まれます。

⑧ROLF BENZ ADDIT 【ROLF BENZ】

「ADDIT」の最大の特徴は、レザー張の上品なフレームと、フレームに取り付けられたトレイの存在です。落ち着いたカラーでありながら、流行のカラーパレットのような上品な組み合わせも魅力的です。ややカジュアル感を持ちながらもエレガントでシックな印象があり、大人の上品さをもったコンテンポラリーやモダンなリビングルームにおすすめのソファです。

価格:¥2,792,270〜(税込)(コーナータイプ)
サイズ:W295×D208×H75cm(コーナータイプ)
素材:アルミニウム/コイルスプリング/コールドフォーム/ウレタンフォーム/レザー/ファブリック/オーク材

コーディネート例

ADDITソファ自体が4色ほどの色を使ったデザインなので、ソファに使われているカラーをインテリア全体のカラーコーディネートの主軸とすることで、バランスの良い空間作りができます。

⑨ROLF BENZ TONDO 540 【ROLF BENZ】

有機的な形状とエレガントなデザイン、思わず触れたくなる柔らかなクッションの「TONDO」ソファ。丸みのあるヴィジュアルは、エレガントで柔らかな品の良い印象を持っており、クラシックモダンインテリアなどにおすすめのソファです。コンフォート仕様のLounge Deluxe (ラウンジ・デラックス)とLounge Plus(ラウンジ・プラス)の2種類の座り心地から選ぶことができます。

価格:オープン価格
サイズ:W223×D102×H85cm(ソファタイプハイバック)
素材:グラファイトメタリックレッグ/コイルスプリング/コールドフォーム/ウレタンフォーム/ファブリック/レザー

コーディネート例

丸んとした形のTONDOソファは、モダンでありながら丸みを帯びたシルエットがくつろぎの空間として柔らかな演出をしてくれます。

⑩ROLF BENZ NUVOLA 【ROLF BENZ】

「NUVOLA」ソファの贅沢なコンフォートシステムプログラムは、数多くのシングルモジュールを品揃えしており、フレキシブルに多彩なレイアウトを楽しめるソファです。同じロルフベンツの「987」シリーズのテーブルとの組み合わせられるように設計されており、広いソファの中間に便利なテーブルを挟み込むことも考えられて作られています。幅広で快適なシートと、柔らかなクッションにテーブルまで搭載されたNUVOLAソファは、もはや寝転がったまま1日を過ごせてしまうほどの快適なアイテムです。

価格:¥1,537,370〜(税込)(コーナータイプ)
サイズ:W292×D204×H85cm(コーナータイプ)
素材:スチールスプリング/コールドフォーム/ウレタンフォーム/アルミ/ファブリック/レザー

コーディネート例

NULOLAソファのカウチシート部分を独立させて配置したスタイルで、模様替えやライフスタイルの変化に合わせたコーディネートに対応できるのが、現代的なライフスタイルに対応したロルフベンツのソファらしい機能性と言えます。

最後に

ロルフベンツは高級ソファブランドとして高い地位を確立しながらも、その立場にあぐらをかくことなく現代のライフスタイルや流行を研究し、現代のスタイルにあったソファを発表し続けています。その背景には長年に渡りソファを扱ってきた確かな技術ノウハウと伝統が息づいており、新しいデザインと信頼出来る実績を伴った技術を合わせた、不易流行的な理念を感じられます。

ドイツの会社らしい堅実なスタイルのロルフベンツのソファは、見た目の奇抜さや派手さはないものの、一目で一級品とわかる品格と風格を持った佇まいをしています。最高の座り心地を求めるなら、ロルフベンツのソファを選んでみてはいかがでしょう。

参考:ROLF BENZ TOKYO
https://www.rolf-benz-tokyo.jp/

参考:ROLF BENZ
https://www.rolf-benz.com/ja_JP/

Hello Interior LETTER

インテリアのヒントがメールで届く!!