Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【ソファサイドテーブル特集】おしゃれを格上げする厳選コーディネート10選

ソファの横にはサイドテーブルを置くと、ちょっとした物置に使えて便利です。ここでは、そんなソファとサイドテーブルのコーディネートを紹介していきます。サイドテーブルはソファよりも重要度が低く置かれがちで、何気なく選んでしまうケースが多いです。しかし、選び方のポイントを守ることでぐっと部屋がおしゃれに見えます。

ここでは、実際のコーディネート例の写真も紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。シンプル、モダン、ナチュラル、シックなど、あらゆるインテリアのテイストに対応しているので、自分の好みに合ったものがきっと見つかるでしょう。

おしゃれを格上げできるソファサイドテーブルのコーディネート方法

カラーやトーンの異なるサイドテーブルをあえて目立たせる

ソファとサイドテーブルは一緒に使うため、同系色で選んでまとめるのが基本です。たとえば、白いソファには明るめのトーンの木製サイドテーブル、グレーのソファには無彩色のサイドテーブルなど、近い色味を選ぶことが多いですね。

しかし、ワンランクアップしたコーディネートに挑戦するなら、あえてテイストの違うサイドテーブルを選ぶのもおすすめです。サイドテーブルは無難なデザインを選んでしまいがちですが、形やカラーを個性的にすることでぐっとおしゃれな雰囲気になります。

このとき、カラーを変えるのであればトーンは揃える、トーンを変えるのであればカラーは揃える、というように、変更しない要素も加えるとまとまりやすいです。ただ、高い明度の色をたくさん組み合わせるとうるさい印象になってしまうので気をつけましょう。

モダンなインテリアには直線的なスタイルを

 

流行のモダンインテリアに併せてサイドテーブルを置く場合は、直線的なスタイルを選ぶのがおすすめです。

すっきりと都会的な印象で、洗練された雰囲気のモダンインテリアは余計な家具を排除するのが一般的なルールです。しかし、直線的でスマートなシルエットのサイドテーブルなら違和感なく機能美を追加してくれます。

特にコの字型のサイドテーブルだと手元に近くに天板を持ってこれるので、便利に使えます。また、コの字型タイプだと持ち運びも簡単なので、シーンに合わせて移動して使いたい場合にもおすすめです。

目的を持った素材選びを〜迷ったら床を参考に〜

サイドテーブルを選ぶ際には、ソファの素材との相性の良さもチェックしましょう。サイドテーブルには、プラスチック、木、金属、ガラス、大理石など様々な素材がありますが、ソファとの組み合わせによっては良さが生かしきれない場合があります。

高級感のあるテイストにしたいなら、大理石などの重厚な素材がおすすめです。細部までこだわって選ばれたことが分かる家具は上質で豊かな暮らしを演出してくれます。

一方で、他の家具から重厚感が溢れている場合は、サイドテーブルは「外し」の要素にするのもいいでしょう。統一感と適度な遊びが一歩上のおしゃれ空間には重要だったりします。

どの素材を選んだらいいのか迷った場合は、床と似た色の天板を選ぶとまとまりを生みやすいです。この場合も、脚線の細いタイプで床面が見えるようにコーディネートしてあげると、まとまりやすくなります。

ソファサイドテーブルを使った厳選おしゃれコーディネート例10選

安定感のある四角い天板のサードテーブルを使ったコーディネート

シンプルで機能的な王道コーディネート

こちらのコーディネートは、カジュアルなインテリアにシンプルなサイドテーブルを組み合わせています。脚にアイアン素材を使っているので、大人っぽい雰囲気に仕上がっているのが特徴です。

サイドテーブル天板のカラーが落ち着いたトーンなので、どんなインテリアにも合うでしょう。軽いので持ち運びしやすく、ちょっとした小物を置くのにぴったりです。サイドテーブルの装飾性を排除しているので、機能的なインテリアを好む人には特におすすめです。

複数使いで機能的に表情が出せる

こちらのコーディネートは、サイドテーブルを2台使っています。2人以上でソファに掛ける場合、それぞれの人の近くにサイドテーブルが置けるので、1台だけで使うより便利に使えるでしょう。

また、機能面だけでなく、見た目のおしゃれさもポイントが高いです。大きさやカラーの違うサイドテーブルを置くことでも、空間全体に表情が出すことができます。組み合わせ方は自由なので、ぜひ好きな配色にチャレンジしてみてください。

柔らかい印象の円形サイドテーブルを使ったコーディネート

丸いフォルムはアイコニックで可愛らしい印象に

こちらのコーディネートでは、白いシンプルなソファに丸いサイドテーブルを組み合わせています。曲線が使われていることで、柔らかく優しい雰囲気を演出できていますね。

また、このサイドテーブルが2段になっているので、収納力が高いのも特徴です。すぐ手が届く上段に飲み物やリモコン、下段に雑誌を置くなど、幅広い使い方ができるでしょう。

北欧風の大人気ナチュラルコーディネート

こちらのコーディネートは、北欧風のナチュラルなアイテムで統一されています。淡いグレーが基調となっており、落ち着いた雰囲気に仕上がっているのが特徴です。サイドテーブルはすっきりとしたラインで構成されていて、空間のアクセントとなっています。

サイドテーブルは脚が木の素材となっており、フローリングと合っています。全体のまとまりが生まれているので、小物がたくさんあってもごちゃごちゃした印象になっていないのがポイントです。

深い色味ならシックなインテリアにピッタリ

こちらのコーディネートでは、丸いサイドテーブルが使われています。フレームは直線的なラインですが、天板には曲線が使われており、緊張感を感じさせる対比が美しく際立っています。シックでモダンな雰囲気に決まるので、男性の部屋にも好まれています。同じシリーズで展開されているセンターテーブルと一緒に使うこともできるので、トータルコーディネートに向いています。

また、サイドテーブルの高さが通常よりも少し高めに設定されているので、ソファに座った時に手が届きやすく便利です。

高い機能性で重宝するコの字型サイドテーブルを使ったコーディネート

心地よい木の質感が演出するくつろぎ空間

こちらのコーディネートは、シンプルな白いソファに木材のサイドテーブルを合わせています。ソファがシンプルだからこそ、サイドテーブルの素材感が引き立っているのが特徴です。

また、コの字型なので、座っているときに手元の近くにテーブルを持ってこられて便利です。落ち着いた木の雰囲気は様々なシーンに馴染むため、飲み物を置いたり、携帯電話を置いたりするなど、幅広い使い方ができるでしょう。

また、フローリングの落ち着いた木の色味とサイドテーブルの色味が合っているので、まとまりが生まれていますね。同じ木材でも、メープル、ウォールナット、オークなど、素材によって色味が異なります。そのため、取り合わせを考慮して選ぶのがおすすめです。

シンプルモダンなモノトーンコーデ

こちらのコーディネートは、シンプルな四角いサイドテーブルが特徴です。部屋船体がモノトーンで統一されているので、四角い直線的なラインがよく馴染んでいます。

コの字に配置されているソファの場合、サイドテーブルの選び方は意外と難しいです。しかし、四角いサイドテーブルであればどの方向からも同じように使えるので、機能性が高くおすすめです。

計算されたカラフルで元気いっぱいコーディネート

こちらのコーディネートは、ポップなグリーンのサイドテーブルが特徴的です。ソファにもカラフルなクッションを置いてあるので、全体的に元気さを感じるコーディネートとなっています。

テーブルの素材はアイアンとプラスチックで、気軽に購入しやすい価格帯なのもメリットです。コーディネートのポイントを間違えるとチープな雰囲気になってしまう恐れがありますが、使う色味を最低限に抑えているので上手にまとまっています。特に、赤と緑は「補色」の関係にあり、一緒に配置することで賑やかさを演出できる組み合わせです。

また、岩柄の壁面クロスが取り入れられていることでおしゃれさが感じられます。サイドテーブルの素材をプラスチックなどにする場合は、ほかのインテリアとの取り合わせも考慮して組み合わせるのがおすすめです。

印象的で存在感あるサイドテーブルを使ったコーディネート

アーバンスタイルより上品に演出するガラスサイドテーブル

こちらのコーディネートは、上品なガラスのサイドテーブルが特徴です。白いソファとの相性が良く、モダンで都会的な印象になっています。余計な装飾を排除した美しさが感じられるコーディネートで、大人向きです。

透明なガラス製のサイドテーブルは、圧迫感が無く軽やかな印象を与えます。また、丸い形のため女性的で上品なイメージに繋がっています。モデルルームのような清潔感のある雰囲気にしたい場合には、特におすすめのコーディネートです。

インパクトがありながらも極めて機能的で納得のナチュラルスタイル

こちらのコーディネートは、「Z」の形をしたサイドテーブルが特徴的です。シンプルでモダンな印象のデザインですが、木の素材を使っており、ソファの木材との相性も良くまとまっています。

また、デザイン性が高いだけでなく、機能面からもおすすめです。テーブルの天板が手前側に突き出しているので、座っているときに手元に届きやすくなっています。ちょっとした飲み物を置いたり、リモコンを置いたりするのにちょうどよい大きさで便利です。

まとめ

ここまで、ソファと一緒に使うサイドテーブルを紹介してきました。ナチュラル系からシンプルモダンなど、あらゆるインテリアテイストにおすすめのコーディネートがたくさんあるので、ぜひ参考にしてみてください。