Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2019/09/18

【木製無垢材のサイドテーブル】おしゃれを格上げする名作5選をご紹介

「木製無垢材のアイテムが欲しい」「でも、あんまり大きな家具はちょっと・・・」という方におすすめの木製無垢材のサイドテーブル。他にもお部屋をナチュラルテイストにしたい方や、シンプルテイストの同色コーデの部屋に少し変化をつけたい方など、大きなアクセントではなく、わずかな変化をつけて部屋の印象をまとめたい方などにもおすすめのアイテムです。

でも、「なんだか木の種類が多くてわけがわからない」なんていう方も多いのではないでしょうか。今回は、「木製無垢材のサイドテーブル」について、木の種類の特徴に触れつつ、おすすめのアイテムをご紹介していきたいと思います。サイドテーブル選びの参考にお役立てください。

小さくてもおしゃれを格上げする木製無垢材のサイドテーブルの選び方

洗練された軽快な印象には色白系木材

白っぽい色をした無垢の木材のサイドテーブルは、柔らかな印象と軽快でスッキリとした印象を与えてくれます。北欧系スタイルやシンプルスタイル、ナチュラルスタイルのインテリアにマッチし、輪郭が丸みを帯びたものを選択すれば、より一層柔らかい印象になります。

白系木材は、ホワイト系の家具やライトグレーなどの柔らかい色や、ネイビーやブラックなど暗く落ち着いた色の両方の家具と相性が良いです。柔らかい色のソファサイドに置けば一層柔らかな印象になり、暗く落ち着いた色のソファサイドに置けばコントラストのはっきりとしたモダンな印象になります。

木材の種類としては、メープル・ホワイトアッシュ・ブナ(ビーチ)・カバ(バーチ)・ホワイトオーク・桐・檜などがあります。いずれも無垢の木材なので経年変化によって次第に色味に変化が生じますが、特にメープルは徐々に飴色に変化していくので、その様子を楽しみたい方にはおすすめです。

北欧インテリアに多く使用される白系の木材は、ブナ(ビーチ)とカバ(バーチ)、そしてメープルになるので、北欧インテリアに合わせたい方はこの3種類から選ぶと良いでしょう。

無垢材の魅力「経年変化」を楽しむ

木材の経年変化には、代表的なものでいうと「光」によって引き起こされるものがあります。この変化は木材の種類によって、木の色が薄くなったり濃くなったり、赤みが出たり黄みが強くなったりと様々です。「木材に吸収された紫外光が光化学反応を起こし、着色物質を生成することによって引き起こされる」と考えられております。

紫外光によって変化するので、無垢材の仕上げ方によっても影響が違います。例えばオイルフィニッシュなどは、仕上げにオイル塗料を塗布することでまず木材の表面が濡れ色に変化し、その後紫外光の影響による経年変化が発生します。

また、経年変化を防ぐ塗料や加工なども存在するので、経年変化を楽しみたい場合はどのような仕上げや加工がされているかにも注意が必要です。

変化がわかりやすい木材の種類といえば、チェリー(ブラックチェリー)が最もわかりやすい素材で、淡い薄桃色が徐々に赤みが増し、最終的には飴色の濃い赤褐色にまで変化します。ナラやアッシュ・オーク・パイン材などは変化の差はありますが黄み寄りに変化していくことがいです。

逆にウォールナットなどは濃い茶色から明るくまろやかな茶色へと変化しやや淡い印象になり、使い込むほどに味わいが出てきます。

チェリーなどはアンティークな雰囲気にマッチしますし、ウォールナットはヴィンテージ風のインテリアに馴染みます。パインはアメリカンカントリーテイストのインテリアに適しているので、無垢材の変化を楽しみつつお部屋のアクセントとしてサイドテーブルを取り入れると、ワンランク上のお洒落なインテリアとなるでしょう。

また、サイドテーブルほどの大きさのアイテムであれば、色が変わってきた時にも部屋全体の印象に大きな影響を及ぼす心配がなく、程よく「味」のある雰囲気を作り出してくれます。

高級感を出したいのなら濃色・暗色系木材や世界三代銘木がおすすめ

高級感のある木材といえば、「世界三代銘木」と称されるウォールナットやマホガニー、濃い赤褐色に変化していくチェリー材、格調高さのあるケヤキなどが挙げられます。

ウォールナットはダークブラウンに紫色が混じったような独特の色と重厚感が特徴です。シックな大人インテリアやクールなモダンスタイル、経年変化で色がまろやかになるので和モダンスタイルなどにもおすすめの木種になります。シンプルなデザインのウォールナットのサイドテーブルをラウンジチェアの隣に配置し、大人のくつろぎ空間を演出しても良いでしょう。

同じく銘木の一つ、「マホガニー」は古くから宮殿の装飾に使われるなど高級木材として人気があり、黄金色に例えられる艶やかな飴色が美しい木種になります。アンティークスタイルやラグジュアリーな空間、威厳を出したい応接室などに、アンティーク調のデザインのマホガニーのサイドテーブルを配置すると、一層高級感のあるインテリア演出ができるでしょう。

濃い色味や暗い色味の木材には重厚感があるので、高級で格調高い雰囲気になります。デザイン性の高いものだとより高級感が出て効果的ですが、シンプルなデザインのものも落ち着いた大人の雰囲気があり、高級感よりも重厚感やシックな印象にしたい時などにおすすめです。

三代銘木やチェリーやケヤキは木目がはっきりしており、より木の魅力を全面に押し出し、無垢材ならではの複雑な表情も魅力の一つとなっています。

無垢材の名作おしゃれサイドテーブル5選〜コーディネートと併せて紹介〜

①無駄のない優雅な佇まい:1025サイドテーブル:THONET

「James Van Vosse」によってデザインされた1025サイドテーブル。120度の間隔で配置された3本の木製の脚が先端に行くにつれ細くなっていく優雅な佇まいと、木目の美しいテーブルトップに加えられた3つのポイントが特徴的なサイドテーブルです。

無垢のウォールナット・アッシュ・オークの3種類の木材から選択が可能であり、ウォールナット材は高級感と気品がありシックな印象のお部屋におすすめです。

シンプルでミニマルなデザインでありながら、脚の生え方が特徴的な彫刻のようなデザインの1025サイドテーブルは、3種類の趣きの異なる木材が選択可能なこともあり、使用シーンの幅の広いアイテムといえます。シンプルだがお洒落なサイドテーブルをお探しの方などにおすすめしたいアイテムです。

価格:¥110,000〜150,000
サイズ:φ45×H48cm

コーディネート例

ダークカラーでまとめられたシックなインテリアコーディネートで、サイドテーブルのウォールナット材の美しさが無彩色のアイテムとの対比で引き立ちます。大人の落ち着いたシックなカラーコーディネートでありながら、ウッド素材などを使用した温かみのあるアイテムが多く、ウォールナットの高級感のある落ち着いた雰囲気がマッチしています。

②シンプルでいながら目を引くデザイン:Calvoサイドテーブル:SCP

シンプルかつユニークなルックスの「Calvoサイドテーブル」はLee Kirkbride氏によってデザインされました。

3点の支点により支えられる本体はモダンかつコンテンポラリーな印象で、ベッドサイド・ソファサイド・ホールなどのアクセントに最適です。トップに繊細なトレイエッジのディテールを与える凹面が組み込まれているので、コップなどのせるのにも安心です。

無垢のアッシュ材とウォールナットの2種類の木材から選択可能で、アッシュ素材は北欧モダンインテリアスタイルやナチュラルモダンスタイルなど爽やかな印象のお部屋にぴったりです。ウォールナット素材はシックな大人のモダンスタイルやノスタルジックなカフェスタイルのインテリアにおすすめです。

価格:¥110,000
サイズ:φ42×H58cm

コーディネート例

白っぽいアッシュ材のCalvoサイドテーブルは、北欧モダンスタイルのインテリアにピッタリです。特徴的な脚の形状は部屋のアクセントとして利用しても良いですし、ソファの脚の下に潜ることで大きめのソファの真ん中でも使い勝手抜群のアイテムと言えます。

オレンジや白色など明るい色とのコーディネートにはアッシュ材が馴染みやすく、北欧家具によく使われるブナ材などとも相性が良い素材です。

③木の魅力を凝縮:CHESS SIDE TABLE CURVED:IDEE

ホワイトオーク無垢材を高い技術で削りだしたオブジェのようなサイドテーブルです。傍らに置けば木々の呼吸が感じられ、使い込むうちに色が変色し味わいが出てきます。19kgとずっしりとした重厚感のあるテーブルなので、小さなお子様やペットのいるお宅などでも転倒の心配が少ないのでおすすめです。

自然の息吹を感じられる木材を大胆に使ったチェスサイドテーブルは、インテリアのアクセントとなる存在感があります。一方で、フローリングなどの木質素材に馴染むホワイトオークの無垢材は、視覚的に邪魔にならない優れものです。

ナチュラルテイストやアフリカンテイストなど、自然を感じられるインテリアにおすすめです。

価格:¥198,000
サイズ:φ36×H45cm

コーディネート例

ハンモックに観葉植物・ウッド素材のアイテムにフローリングと、自然を連想させるインテリアコーディネートです。高さ45cmのサイドテーブルはしっかりとしているので、スツール代わりとしても使用することができ、足元にウッド素材が集中しているため空間にも安定感が生まれています。

④木のオブジェのような見た目:Insertサイドテーブル:Ferm Living

Mario Tsai氏のデザインによる、無垢のアッシュ素材を使用した現代アート彫刻のようなユニークなデザインが印象的なサイドテーブルです。

オブジェのような佇まいとモダンでナチュラルな雰囲気をハイブリッドしたコンテンポラリーなサイドテーブルは、奥行きが34cmと小さく、その分使用場所を選ばない使い勝手のよい実用性にも優れたアイテムです。

積み木を組み合わせたかのような特徴的なデザインが目を引くアイテムで、丸みのある輪郭とアッシュ材の質感が柔らかい印象になっています。ナチュラルカラーの他、木目を活かしたブラック塗装タイプがあり、そちらはモダンでクールな印象となっています。

シルエットが特徴的なので、モダンスタイルやナチュラルスタイルの他、ミッドセンチュリースタイルなどに柔らかさをプラスする時にもおすすめのサイドテーブルです。

価格:¥130,000

サイズ:W49×D34×H50cm

コーディネート例

モダンで無駄のないインテリアスタイルと見せかけて、こだわりのデザイン性の高いアイテムを配置したコーディネートになります。無機質なグレー系カラーに、アッシュ材の白いベージュが柔らかさをプラスし、ファブリックと木の質感が温かな印象のお部屋に仕上がっています。

⑤異素材とのコントラストを楽しむ:Mezcla JH19サイドテーブル:&Tradition

Mezclaとはスペイン語で「混合物」のことです。複数の素材と色を織り交ぜたカラフルで重厚感のあるサイドテーブルは、ミニマリズムにインスピレーションを得て、スペイン出身の人気デザイナー「ハイメ・アジョン」がデザインしました。

柔らかな印象のホワートオークの無垢材の天板と、無機質な銀色に輝くスチールの支柱とブラウンカラーにパウダーコーティングで仕上げられたスチールのコントラストが美しいです。シンプルでありながら多様性を容認したその姿は、現代社会を反映したコンテンポラリースタイルのインテリアにぴったりのアイテムと言えます。

どんな空間にも合わせやすいだけでなく空間のアクセントテーブルとしても使用できるようになっています。天板には無垢のホワイトオークやウォールナット、大理石などが選択可能です。

価格:¥150,000
サイズ:φ42×H45cm

コーディネート例

「混合物」の名を持つ「Mezcla JH19サイドテーブル」は異なる素材のアイテムを配置した部屋に置いて、全体のバランスを調整する役割を果たしてくれます。無機質で冷たい印象のガラスや真鍮・スチールなどの素材を使用したアイテムと、柔らかく温かな印象のファブリックや木材を使用したアイテムの温度差や質感の違いが調和され、絶妙なミキシング効果が得られています。

「Mezcla JH19サイドテーブル」自体、明るいベージュ・シルバー・ブラウンとニュートラルなカラーコーディネーションであるため、異素材の組み合わせのテーブルでありながらバランスが良い印象を与えてくれるのです。

 

まとめ

一言に木製無垢材のサイドテーブルと言っても、様々な種類の木を使用したアイテムがあります。爽やかな印象のものから、重厚で高級感のあるものまで、ありのままの姿でありながらその表情は様々です。

また、同じ種類の木を使っていても、木の切り出し方や木目の現れ方などにも違いがあります。それはまるで人間の一人一人の個性のように違う表情を持っているのが無垢材家具の魅力です。

大きな家具であれば、その分個性が強くなり扱いが難しくなりますが、サイドテーブルのような大きさの家具であれば、その個性はインテリアの中でキラリと光るアクセントとなります。インテリアをよりおしゃれに演出してくれることでしょう。

皆さんも是非、皆さん一人一人の個性と好みにマッチする、唯一の木製無垢材のサイドテーブルを見つけてみてください。