Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【ガラス製ローテーブル】おしゃれリビングに欠かせない名作7選!スタイル別おすすめコーディネートも

スペースの限られたリビングに取り入れるのにぴったりなのが、ガラスのローテーブルです。透明なガラスは、空間を広く見せてくれる上、色がないのでコーディネートのしやすさもあります。

しかし、いざ選ぶとなると「無機質なインテリアになりそう…」などと迷ってしまい、どうインテリアに取り入れたら良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ガラス製ローテーブルを活かしたインテリアスタイルの実例を交えつつ、厳選した上質なガラス製ローテーブルをご紹介します。ぜひ、ガラス製ローテーブルのインテリアから、インスピレーションを見つけてくださいね。

今やおしゃれ部屋に欠かせないガラスローテーブルがおすすめのインテリアスタイルは?

モダンスタイル

直線+ガラスのシャープな印象で、モダンスタイルのポイントに

モダンスタイルに合うローテーブルといえば直線+ガラスというイメージが強いです。直線的なフォルムに、ガラスの光沢感・硬質感を利かせることでモダンスタイルのポイントになります。ガラスのツルツルした外観や硬質感を生かしてスタイリッシュな印象にまとめることで、お部屋を一気に仕上げることができます。

脚は金属製か木材かの使い分けがベター

脚はどんなモダンスタイルに仕上げるかで使い分けてください。金属のメタリックな質感だとクールな印象のシンプルモダンに。天然木が持つ高級感ある風合いだと落ち着いた印象のナチュラルモダンに。同じガラス天板でも、組み合わせる脚の素材感でインテリアの印象がガラリと変わります。

北欧スタイル

無機質のガラスと有機質の木材で魅了する、上質な北欧スタイル

北欧スタイルのお部屋に、ガラス製のローテーブルを取り入れることで、大人ナチュラルに仕上げることができます。ガラス天板で生活感をなくしつつ、脚部には木材を見せ、ソファカラーでアクセントを加えることで温かみのある居心地の良い空間になります。

無機質な印象のガラス素材も、有機質の木材との組み合わせで優しい柔らかな雰囲気を実現させてくれます。

冷たい印象にならないように、質感や素材感に配慮する

北欧スタイルにガラス製ローテーブルをコーディネートする場合、デザインがすっきりしていてシンプルなものが多いので、冷たくよそよそしい印象にならないように質感や素材感を大切にしてください。例えば写真のお部屋のように、木目がやさしい印象の丸みを帯びた脚で柔らかさを足すことを忘れずに。

脚部に木材を取り入れない場合は、クリアガラスではなくカラーガラス天板にしてみても。ガラスが持つ上品な雰囲気を保ちつつも、カラーを入れることでポップな印象になりますよ。

インダストリアルスタイル

ガラス+金属素材で重厚感の中に、洗練した雰囲気を演出

無骨でヴィンテージ感(ユーズド感)のあるイメージで作られるインダストリアルスタイルに、「ガラス」「金属」などの無機質な素材は相性抜群です。ガラス製ローテーブルは、シンプルながら存在感があるので、独特の雰囲気づくりに欠かせないアイテムになります。

ガラス天板に金属素材の黒スチールやアイアン脚部の組み合わせは、重厚感の中に洗練された雰囲気も感じさせてくれます。

他のアイテムもアイアン(スチール)+木材の家具でまとめる

無骨なインダストリアルスタイルに仕上げる場合は、ガラス製ローテーブルと周りのアイテムをアイアン(スチール)+木材の家具でまとめると、全体がぐっと落ち着いた雰囲気になります。また、どこか「抜け感」を作りたいならぜひ円形を取り入れて。ガラス天板の曲線が柔らかい印象を与えてくれるはずです。

無機質な中にもどこかほっとする雰囲気が生まれ、オリジナル感を演出できます。

【洗練された雰囲気を演出する名作】ガラス製のおしゃれローテーブル7選

20世期の名作ローテーブル:PK61【Fritz Hansen(フリッツハンセン)】

PK61は、デンマークの鬼才、ポール・ケアホルムが手がけた正方形のガラスローテーブル。こちらはローテーブルの中でも特に傑作と名高く、イサム・ノグチのコーヒーテーブルと並び20世紀を代表するとまで言われています。

あらゆる無駄を省いたミニマルなフォルムで、直線のラインが強調されたステンレススチールレッグが特徴。ガラストップは脚の構造が楽しめます。ケアホルムの美学がシンプルに際立っているガラス製ローテーブルです。

洗練された佇まいのPK61は、丸みを帯びた優しい木工家具とは違い、繊細な線の細さのステンレススチールの脚部が、直線的な印象を強めると同時に上品な印象を与えてくれます。15mm強化ガラスが重厚な空間を作り出し、耐久性の高いステンレススチールの脚部が高品質を物語っています。

直線的なデザインは場所を問わず、現代のリビングでも活躍する事間違いなしです。また光が当たることで生まれるフレームの陰影も幻想的です。

  • 価格:¥427,000 ~ ¥499,000
  • サイズ:幅80cm × 奥行80cm × 高さ32cm

2つのサイズに対応できるユニークなデザイン:784【Cassina(カッシーナ)】

ジャンフランコ・フラッティーニがデザインした、ロングセラーのガラス製ローテーブル。脚をガラス天板の対角線上に置けば100cm四方のテーブル、辺の中央に合わせれば130cm四方のテーブルという2つのサイズに対応できるユニークなデザイン。

美しいクロームメッキ仕上げの脚部が特徴です。クリアガラス天板は閉塞感を与えず、ガラスとクロームメッキの光沢により優美な空間を演出してくれます。ガラス×金属製の脚部ですが、丸みを帯びた曲線のフォルムが無機質な雰囲気の中に柔らかさを出します。

スタイリッシュなモダンスタイルに柔らかさや優しいニュアンスを加えたい方におすすめです。

  • 価格:¥370,000〜¥430,000
  • サイズ:幅100(130)cm × 奥行100cm × 高さ30.5cm

家具というよりアート作品:コーヒーテーブル【Vitra(ヴィトラ)イサム・ノグチ】

コーヒーテーブルは、20世紀を代表する彫刻家イサム・ノグチが最初に作ったインテリア作品です。ガラスの天板と2本の脚のシンプルなデザイン。天板は3辺それぞれ丸や角度が異なり、重厚な佇まいの中にもどこか軽やかな印象を与えてくれます。

19mmとしっかりとした厚みを持ちつつも、透明感があるので、圧迫感はなく空間をすっきりと見せてくれます。そして、彫刻作品のような独特なフォルムをした脚部は、一見すると不安定そうにも見えますが、天板と直角に脚を配置しており、がたつきもなくしっかりと天板を支えています。

脚部の種類は3つ。深く濃いブラウン色の使い込む程に味わい深くなるウォールナット。シックで落ち着いた雰囲気の漂うブラックアッシュ。明るい肌色から深い飴色に変化する美しさが特徴のメープル。使用するシーンに合わせてお好みの脚部の素材を選ぶことができます。

リビングや客間と、どんな場所でも上質な空間づくりに一役買ってくれる頼もしい存在です。

  • 価格:¥217,000〜
  • サイズ:幅128cm x 奥行93cm x 高さ40cm

プライウッドのパターンが美しい:MATRIX TABLE【E&Y(イーアンドワイ)】

ロンドンを拠点に活躍するデザイナーAndrew Tyeが手掛けたガラス製ローテーブルです。複雑に組み合わさったプライウッドがガラスを支える面白い構造になっています。ガラス越しに見えるプライウッド造形が、お部屋に心地よいアクセントを添えてくれます。

ベース部分にインパクトがありますが、このテーブルは高さが26.5cmと一般的なローテーブルよりも低めに設定されているため空間を圧迫しないのも魅力です。意外にどんな部屋でも馴染んでくれるデザイン。靴を脱いで床に近い生活をする日本のライフスタイルにもマッチし、よりカジュアルでリラックスした空間を演出できます。

また、床に敷いたラグなどに座って使うような用途にもおすすめです。奥行きがあるのでL型に配置したソファとコーディネートしても相性抜群です。

  • 価格:¥140,000
  • サイズ:幅110㎝×奥行80㎝×高さ26.5㎝

線だけが存在するようなフォルム:GRADO【arflex(アルフレックス)】

“幾何形体の美”を追求するアーティスト、ロン・ジラッドがデザインしたガラス製ローテーブル。[Grado=イタリア語で角度の「度」]の名のとおり、フレームについた角度が特徴。フレームを45度傾けることで角を消し去り、線だけが存在するような美しく新しい視覚効果を生み出しました。フレームはアルミを突板で巻いて仕上げ、細いラインでありながら堅牢なつくりとなっています。

ガラス天板は、クリア・スモークガラス・カラーガラスから選べます。またフレームはメタルや木質以外にもレッド・イエロー・ブルーから選べ、使用する場所に応じて天板とフレームの組み合わせは自由自在です。存在を主張することなく、空間に生活に、美しく馴染みます。ガラスのショーケースのようなデザインなので、お気に入りの雑貨や雑誌など魅せる収納を楽しむことができます。

  • 価格:¥210,000〜
  • サイズ:幅82.1cm×奥行82.1cm×高さ37cm

古材×ガラス×アイアンの異素材ミックス:GRAHAM COFFEE TABLE【bina(ビーナ)】

電柱や建造物で使用されていた廃材をベースにガラス天板を組み合わせた、天板の厚みとボリューム感のあるガラス製ローテーブルです。北欧ヴィンテージの流れを汲むデザインが特徴的です。

長年使用され、独特の風合いをもつ古材・廃材の上にガラスを組み合わせており、古材の雰囲気がリビング空間をおしゃれに演出します。古材×ガラス×アイアンの異素材の組み合わせが絶妙で、目を奪われてしまうほどのコーヒーテーブルです。

北欧ヴィンテージスタイルだけではなく、インダストリアルスタイルのお部屋にも馴染みます。

  • 価格:¥140,000
  • サイズ:幅150cm×奥行45cm×高さ40cm

⑦ アーティスティックな月のテーブル:My Moon My Mirror Table【DIESEL LIVING(ディーゼルリビング)】

アーティスティックな月のグラフィックが目を引くガラス製ローテーブルです。ガラス天板はシルバーの強化ガラスミラーで、写真プリントが印刷されています。ベースのオーク材表面には、黒またはグレーのグラデーション塗装を施しています。脚部は、光沢仕上げのスチール材です。

月をモチーフにした神秘的なデザインのミラーテーブル。ガラス天板にプリントされた月のグラフィックが、インパクト大。お部屋のコーディネートに加えるだけで、アーティスティックな空間が演出されます。

  • 価格:¥167,500
  • サイズ:幅100cm × 奥行100cm × 高さ29cm

まとめ

圧迫感がなく、どんな素材やスタイルにもマッチする万能なガラス製ローテーブル。北欧やナチュラルでまとめたいなら木材と組み合わせたガラスのローテーブル、黒スチールと合わせてインダストリアルになど、お好みのスタイルや使用する場所に合わせて、お気に入りの一点を見つけてみてください。