Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2019/11/27

【楕円形のダイニングテーブルを選ぶならこの7選】実践的なコーディネート例とあわせて徹底解剖

浦辺愛美
著者:浦辺愛美 (インテリアコーディネーター)

大手インテリア販売店で10年勤務。顧客へのコーディネート提案と従業員の家具知識教育に携わる。インテリアコーディネーター・色彩検定1級だけでなく、宅地建物取引主任者を独学で取得。趣味は旅行で、旅先でのインテリアチェックは欠かせません。現在、夫と3歳の娘との3人暮らし。子供がいても散らかりにくい、シンプルで機能的なインテリアを実践。見た目だけでなく、住む人の使いやすさを考えたインテリアを提案します。

楕円形ダイニングテーブルは特殊な形だから使いづらいと思っていませんか。実は楕円形は四角形と円の良いとこどりなのでとても使いやすく、ポイントを押さえてお部屋に取り入れれば、グッとおしゃれなコーディネートになります。

今回は、楕円形ダイニングテーブルのコーディネートの仕方と厳選した7つのテーブルを紹介します。一言で楕円形といっても形は様々。陸上のトラックのように直線を含むものもあれば、卵型・オーバル型など曲線だけで構成されたものもあります。数ある中からあなたのお部屋に最適な楕円形ダイニングテーブルを見つけましょう。

楕円形のダイニングテーブルの他にない魅力を解説

https://www.pinterest.jp/pin/413768284515945902/?nic=1

正円ではなく四角形でもない。両方の良さを兼ね備えるのが楕円形ダイニングテーブルの魅力です。長方形テーブルはありきたりで圧迫感がありますし、角があるので小さい子供やお年寄りがいると心配ですよね。円形テーブルだとデッドスペースが大きいし、角が多くカットされているため同サイズの四角形よりも天板が狭いなどのデメリットがあります。

楕円形テーブルなら天板スペースは円形よりも広いですし、直線部分を壁付けして省スペースで置くことも可能です。角が丸くカットされていることで動線を邪魔しません。圧迫感も少なくなり、角がない分だけ椅子を多く置けるので使用する人数が増えても調整しやすいです。

楕円形ダイニングテーブルのコーディネートのポイントは?

壁付け・ソファ裏・窓際に設置して空間を広く使う

https://www.pinterest.jp/pin/617415430145857699/

直線部分のある楕円形テーブルであれば、壁付けして空間を広く使うことができます。キッチンにつけてカウンター風にしたり、ソファ裏につけてみんなで映画鑑賞をしたり、窓辺につけて外の景色を楽しみながら食事をしたり、置く場所によってさまざまな楽しみ方ができます。

大人数でも使いやすいので人が集まる家に最適

https://www.pinterest.jp/pin/556968678916622349/

楕円形ダイニングテーブルは、角がないことで四角形のテーブルよりも多くの椅子が置けるため、大人数でも使いやすいです。また、長方形テーブルのように直線ではなくカーブがあることで真横の人とも目が合わせやすく、話しやすい空間づくりに一役買ってくれます。

素材やフォルムで統一感を出す

https://www.pinterest.jp/pin/806918458215692219/

楕円形テーブルは直線も曲線も含むため、どんなお部屋でも合わせやすいです。よりお部屋の雰囲気にマッチさせるためには素材やフォルムに注目してみましょう。モダンな雰囲気のお部屋にはガラス天板+シャープなスチール脚で都会的に、アジアンテイストなら厚みのある木製天板+籐の脚、北欧風ならシンプルな木製天板+曲げ木の脚が合います。

通も唸る!おしゃれな人気楕円形ダイニングテーブル7選

①無駄のないシンプルデザイン ラウンディッシュテーブル:MARUNI COLLECTION

https://webshop.maruni.com/fs/maruni/c/g1010-34

下向きにそぎ落とされた天板と、幕板がなくすっきりとした脚が特徴的な楕円形テーブル。デザイン家電で有名な±0(プラスマイナスゼロ)やauのINFOBARのデザインでも知られるプロダクトデザイナー深澤直人氏がデザインしました。

創業90年を超える老舗木工家具メーカー マルニ木工とタッグを組んで発表したMARUNI COLLECTIONの一つで、木の良さを引き出したシンプルで美しいデザインです。サイズも素材も各3種類あるので、お部屋にあうものが選べます。

サイズ・価格:
W1600×D950×H700mm ¥178,000~276,000
W2000×D1000×H700mm ¥216,000~342,000
W2400×D1050×H700mm ¥254,000~397,000

参考コーディネート

https://webshop.maruni.com/fs/maruni/c/roundish

洗練されたナチュラルモダンダイニングです。家具の木のテイストはそれぞれ異なりますが、フローリングに多様な樹種・色味を使用することで全体がまとまっています。パーテーションを幾何学模様にしたり、間接照明を多用して陰影をつけることで、ワンランク上のナチュラルモダンな空間に仕上げています。

②卵のような形が特徴的 コティ:日進木工

https://www.marukinkagu.net/item/nissin-coty-diningtable

500年以上受け継がれてきた飛騨の職人たちの技術で作られる日進木工の家具は、あくまでも人を主役としたシンプルモダンなつくりが特徴です。卵のようなコロンとしたフォルムのコティは、角ばっている分が全くなくてやわらかな印象です。木の種類だけでなく、仕上げが選べるのも特徴。メンテナンスが簡単なウレタン塗装だけでなく、しっとりした光沢のオイル仕上げ、自然の風合いを残すソープ仕上げから選べるので、妥協することなく求める質感を手に入れることができます。

サイズ・価格:
W1200×D800×H710mm ¥136,400~148,500(税込)
W1500×D1000×H710mm ¥173,800~185,900(税込)

参考コーディネート

https://www.marukinkagu.net/item/nissin-coty-diningtable

様々なテイストをミックスした遊び心あふれるコーディネートです。テーブルには4種類の椅子を合わせていますが、全てアーチを描く背もたれの形状にしていることで、バラバラなのに統一感を感じられる組み合わせになっています。オブジェやパーテーションにはアフリカンテイストを取り入れて、唯一無二の個性が感じられるダイニングとなっています。

③MULTIPLOオーバルマーブルトップ:Kartell

https://item.rakuten.co.jp/mminterior/10040296/

天板はセラミックに大理石調のデザインを施し、厚みを少なくすることでシャープな印象になっています。シンプルな形状の天板とは対照的に、スポークベースと呼ばれる車輪の軸のような脚のデザインは大きなインパクトがあります。個性的なデザインでありながら、高級感のあるマーブル調の天板によってエレガントで洗練された雰囲気となっています。

デザインはミラノの巨匠アントニオ・チッテリオ。建築家でありデザイナーでもある彼は、ブルガリホテルの内装やヴァレンティノのショップデザインなどファッションブランドとのコラボレーションでも有名です。

サイズ:W1920×D1180×H750mm
価格:¥611,380(税込)

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/411023903489513439/

モノトーンでまとめたモダンなコーディネートです。窓辺に配置することで天板の輝きがより一層映えます。椅子の背もたれやひじ掛けはカーブのあるデザインで天板とマッチさせながら、脚はスマートに細く広がる形のすることで空間に余白が生まれて、黒なのに重さを感じさせません。

④猫脚が優美なヨーロピアンデザイン ヴェルサイユ:Saltarelli Mobili

https://item.rakuten.co.jp/auc-import-shopbebe/svei-706-iv/

イタリアのサルタレッリモビリ社で作られるヴェルサイユコレクションの一つ。ロココ調のレリーフや猫脚が特徴的で高貴な印象のダイニングテーブルです。ハートやワイルドローズをモチーフにしたやわらかな色合いの装飾が美しいです。天板はUV塗装で光にきらめく様子はパールのようにエレガント。硬度が高く傷がつきにくいので、長期間きれいなままで使用することができます。

サイズ:W1800×D1050×H730mm
価格:¥221,100(税込)

参考コーディネート

https://item.rakuten.co.jp/auc-import-shopbebe/svei-706-iv/

中世の貴族を連想させるコーディネートです。椅子やその他の家具も猫脚でそろえていて、ロココ調の世界観がしっかりと統一されています。ホワイトとピンクでまとめてフェミニンにしながら、ライトの深い紫やラグの深紅によって、単調にならずメリハリがついています。

⑤Super Elliptical:フリッツハンセン

https://www.pinterest.jp/pin/818740407229236651/

Super Ellipticalは訳すと「スーパー楕円」。スーパー楕円とは、楕円と長方形を重ねてその中間点を結んで描いた完璧なラインの楕円のことで、ストックホルムのセルゲル広場の渋滞解消のために数学者のピート・ハインが発案しました。ゆるやかなカーブで構成されたハンドリングが楽な形状によって広場の渋滞解消に役立ちました。

スーパー楕円の特徴である丸みがありながら面積を広くとれる形状を活かし、テーブルに応用したのがSuper Ellipticalです。スパンレッグと呼ばれる形状の脚はブルーノ・マットソン、ベースはアルネ・ヤコブセンのデザイン。3人の偉人のアイデアによって作り出されたテーブルは、計算された形状で末席を作り出さないことから「民主主義のテーブル」ともいわれています。ダイニングだけでなく、会議室などのワークスペースでも役立ちます。

サイズ:W1500×D1000×H720mm
価格:¥280,500~396,000(税込)

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/161848180342908285/

天板の縁と脚のシルバーを活かしたコーディネートです。白とシルバーを基調として、シェルチェアにオレンジのパッドを配置することでアクセントにしています。フローリングの木目や外からの光によって、近未来的でありながらもどこか落ち着く、あたたかみのある印象になっています。

⑥円形・楕円形のどちらでも使える伸長式 GIOVE:conubia

https://www.livinghouse-store.jp/search-by-category/table/dining-table/cb4739-2/

GIOVE(ジョーベ)は木星を意味するイタリア語。通常時は円形テーブルとして、伸長時は楕円形になるテーブルで、独特のデザインからお部屋の主役になるような存在感があります。

天板は熱や傷に強いメラミンに木目のプリントをしているのでお手入れが簡単。タイプ違いでガラスやセラミック天板もあります。独特の形状の脚も楕円柱で構成されていて、見る角度によって印象が変わります。通常時と伸長時で脚のデザインの見え方が全く違うのも面白いです。木目であればナチュラルテイストに、ガラスやストーンであればモダンなお部屋に合わせやすいです。

サイズ:W1200~1650×D1200×H750mm
価格:¥162,580~216,810(税込)

参考コーディネート

https://www.livinghouse-store.jp/search-by-category/table/dining-table/cb4739-2/

黒のワントーンでまとめたコーディネートです。光沢のある部分とマットな部分で黒の中にも濃淡があって味わい深いですね。その中に配置したゴールドの花瓶と植物が東洋風のエッセンスを足していて、和洋折衷のラグジュアリー空間を演出しています。

⑦伸長途中すらも美しい ODYSSEY:Calligaris

https://www.livinghouse-store.jp/search-by-category/table/dining-table/cs4043-2/

ODYSSEYを作り出したCalligaris(カリガリス)は1923年に創業されたイタリアのモダン家具メーカーで、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)グループに属しています。原料調達から自社で行い、品質と技術革新に重きを置いていて、他にはない機能やデザインが魅力です。

上の写真は伸長途中の様子で、くるりと回りながら伸長する途中の姿さえもアートのように美しく、カリガリスの伸長テーブルの一つの完成形ともいえます。通常時も伸長後も楕円形というのも珍しいです。伸長すれば10名は余裕をもって座ることができるので、ダイニングはもちろんオフィスなどのワークスペースでも使いやすい、応用の利くテーブルです。

サイズ:W1650~2550×D1050×H750mm
価格:¥496,210(税込)

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/406661041343511036/

落ち着いた色味でまとめたコーディネートです。椅子は直線的なデザインのハイバックにしながらも、カラーをテーブルと合わせることでまとまりが出ています。階段下の広くないスペースに置いても圧迫感が少ないのは楕円形だからこそ。動線をふさがず、使用する人の邪魔をしません。

まとめ

楕円形ダイニングテーブルは、お部屋のテイストに関係なく合わせやすいマルチな形状ですが、ありきたりではない個性豊かな形状でお部屋の主役になるような存在感があります。

お部屋に合った素材やフォルムの楕円形ダイニングテーブルをうまくコーディネートに取り入れて、ワンランク上のダイニングを作りましょう。

▼ダイニングテーブルの選び方大全

部屋をおしゃれにしたいから、ダイニングテーブルも好きなテイストに沿って選ぼうとされている方もいらっしゃるかと思います。もちろん、リビングと一続き...

▼部屋のテイスト別ダイニングテーブル特集

食事や団欒の時間に長く座るダイニングテーブルもおしゃれにしたいと思っている方は多いと思います。でも普段選ぶ際に素材について深く考えたことはありま...
ダイニングテーブルは、家族が集う場所のひとつ。食事を楽しんだり、本を読んだり、勉強をしたり・・・。いくつもの用途がある家具だからこそ、こだわりを...
ビーチリゾートでオシャレな雰囲気を感じるアジアン家具は落ち着きのあるカラーコーディネートと素材感の感じられるディテールが人気が高いです。室内と室...
近年、レトロスタイルのインテリアの人気が広がってきています。どこか懐かしいけれど古くさくない、時間の経過でのみ生まれる素材や色の変化を楽しめると...

▼色別ダイニングテーブル特集

男前インテリアやモノトーンインテリアを目指すなら「黒」という色は欠かせません。でもインテリアに「黒」って難しそう・・・と思っているそこのあなた。...
ダイニングテーブルは、家具の中でもお部屋の雰囲気を左右する主役的な役割を持っています。そして毎日食事をする場所だからこそ、こだわって選びたいもの...
あなたはグレーのダイニングテーブルを見かけたことはありますか?あまり一般的ではないのがもったいないくらい、グレーのダイニングテーブルには他にはな...

▼素材別ダイニングテーブル特集

リビングダイニングの中心にあるみんなが囲うテーブル。とてもインパクトのあるデザインは、ダイニングの顔になりますよね。テーブルの質感や品格は家の格...
大理石のダイニングテーブルは憧れるけれど、コーディネートできる自信がないと感じていませんか。 確かに何百万年もの歴史の中で形作られた大理石...
ダイニングテーブルといえばリビングの中心。お部屋をしめる面積も大きいのでどんなダイニングテーブルを置けばよいのか迷ってはいませんか? 高級...
セラミック天板のダイニングテーブルが注目され、年々商品の数も増えてきています。セラミックは主に傷に強いという特性から、床材のタイルやキッチントッ...
美しい木目に上質な風合い漂う無垢材のローテーブル。木目だけではなく、天然木ならではの色相や木の節などの個体差、そして脚の素材との組み合わせ方で、...
これからダイニングテーブルを購入予定の方の中には、一枚板のダイニングテーブルが気になっている方も多いのではないでしょうか?家族が毎日使う家具とし...
家の中で一番過ごす時間が長いリビング・ダイニングには沢山の家具やデコレーションを飾りやすくお好みのインテリアに仕上げていらっしゃる方も多いと思い...
おしゃれなキッチンや洗面台でよく見かける、モザイクタイルやガラスタイルなどはヨーロッパで発達した仕上げ材とデザイン手法です。見栄えもよく、色が鮮...

▼形状別ダイニングテーブル特集

ダイニングテーブルといえば、お部屋の中心となる家具ですね。大部分の面積を占めるイメージがありますが、実は正方形のダイニングテーブルは種類や使い方...
海外ではカジュアルなキッチンテーブルからフォーマルな高級レストランまで、様々なシーンで見かける円形のダイニングテーブル。日本でも憧れている人が多...
楕円形ダイニングテーブルは特殊な形だから使いづらいと思っていませんか。実は楕円形は四角形と円の良いとこどりなのでとても使いやすく、ポイントを押さ...
ダイニングテーブル=長方形という印象を持っていませんか?確かに長方形のダイニングテーブルは主流ですが、実は半円形のダイニングテーブルも意外と使い...
用途に合わせて幅を変えられる伸長式のダイニングテーブルは、3人以上の家族や来客が多い家族には使い勝手のいい家具です。 最近は都心を中心に狭...
ダイニングテーブルと聞くと、一般的には長方形のイメージが強いです。しかしダイニングによっては、長方形のダイニングテーブルを置くとなんだか納まりが...
ダイニングテーブルは毎日使いますが、長く使いたいものですよね。成長に伴いm子供の動きが変わっても、子供と一緒に楽しい食事ができるよう選ぶことが大...

▼ブランド別ダイニングテーブル特集

北欧モダンやコンテンポラリーデザインといった一昔前に生み出されたデザインスタイルが、現代でも名作と賞される多くの家具を輩出しています。現在の有名...
高級イタリア家具ブランド「Cassina」といえば、誰もが憧れるイタリアンモダン家具のリーディングカンパニーの一つです。カッシーナのアイテムを使...
北欧家具のメーカーと聞いて、皆さんはどこの会社を思い浮かべるでしょうか。デンマークの有名な家具メーカー「Carl Hansen&Søn(カールハ...
HAYというインテリアブランドをご存じでしょうか?2002年に設立された新しいブランドなのですが、将来デンマークを代表するようなブランドになるの...