Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2019/11/21

レセップとは?シンプルなフォルムでおしゃれな電球を楽しむ!レセップについて徹底解説

おしゃれなインテリアとして人気が高まっているのが「レセップ」です。 インテリア初心者の場合、何を指すのかいまいちイメージがつかないという人も多いですが、取り入れるだけで手軽に部屋がおしゃれになります。素朴でありながら温かみも感じられるデザインなので、ぜひ住宅に取り入れてみましょう。

レセップとは?レセップについて徹底解説!

ここでは、レセップとは何かといった基本的な知識から、具体的な取り付け方法まで詳しく紹介していきます。照明は配線や施工が難しそうでよく分からないという人には必見の内容です。

レセップとは?

レセップとは、裸電球のような見た目が特徴の照明器具です。電球がそのまま壁に付いているような見た目なので、レトロな和風建築にもよく合います。また、レセップは元々は住宅用としてではなく、工業用の照明として開発されたという経緯があります。そのため、武骨でシンプルなインダストリアル系のインテリアとの相性も抜群です。

シンプルな器具ですが、陶器製やプラスチックなどの素材がさまざまで、デザインの種類も豊富です。部屋のインテリアを選ぶ際には、ぜひ検討したい器具となっています。

レセップとは、裸電球のような見た目が特徴の照明器具です。電球がそのまま壁に付いているような見た目なので、レトロな和風建築にもよく合います。また、レセップは元々は住宅用としてではなく、工業用の照明として開発されたという経緯があります。そのため、武骨でシンプルなインダストリアル系のインテリアとの相性も抜群です。

シンプルな器具ですが、陶器製やプラスチックなどの素材がさまざまで、デザインの種類も豊富です。部屋のインテリアを選ぶ際には、ぜひ検討したい器具となっています。

レセップをおしゃれに楽しむ方法

レセップは、壁や天井に直接電球が付いているように見せられる器具です。そのため、煌々と照らす必要のないスペースに付けると、おしゃれと実用性の両方が叶えられます。具体的には、1~2畳の階段、トイレ、屋根裏部屋といったスペースにちょうど良いでしょう。

リビングやダイニングといった居室に設置する場合、壁面の演出照明やソファ手元の灯りといったような部分的な照明として使うのがおすすめです。電球があることで、部屋のアクセントとなります。

レセップの取付方法!工事は必要?賃貸でも取り付け可能?

ここでは、レセップの具体的な設置方法を紹介していきます。新築住宅を初めて建てる人は、ぜひここで配線方法の違いについても理解しておきましょう。

賃貸OK!配線不要の引っ掛けレセップ

まず、最も手軽に設置が可能なのが、「引っ掛けシーリング」を使うタイプのレセップです。賃貸住宅では自分の好みで配線工事を行うことはできませんが、天井の引っ掛けシーリングに接続できる照明を選ぶことは可能なので、好みのレセップを設置してみましょう。

引っ掛けシーリングとは、よく家庭のリビングに設置されている大きくて丸い照明器具(シーリングライト)で採用されている配線接続方式を指します。天井裏の電気配線は引っ掛けシーリングに接続されているので、直接電線に触れる危険が無く安全なのが特徴です。引っ掛けシーリング対応の照明器具であればどれでも設置可能なので、一般的に広まっている方式です。

取り付け方法はとても簡単で、照明器具の突起を天井の引っ掛けシーリングに差し込んでカチッと音がするまで回すだけです。初心者の女性でも、簡単に設置できます。

壁や天井に埋め込むレセップ

新築住宅であれば好きな位置に配線することが可能なので、壁や天井に埋め込むタイプのレセップもおすすめです。こちらは、天井裏の電気配線とレセップを直接つなぐため、電気工事士による工事が必要な点に注意しましょう。

壁に設置する位置については、床から2m以内の範囲だと手が届きやすくおすすめです。天井に設置する場合、小屋裏収納やトイレなどの小さめのスペースに向いています。

コンセント付きレセップでこんな取付け方も可能

コンセント付きレセップは、その名の通りコンセントに接続可能なタイプとなっています。電気配線工事が終わってしまった後からでも取り付けが可能なので、気軽に取り入れられます。デメリットとしては、電気コードがそのまま露出してしまうので見た目が不格好な点です。可能であれば、ソファの後ろやカーペットの下にコードを隠しておくとすっきりまとまります。

また、コンセント付のレセップは手軽なスタンドライトとしても利用可能です。ベッドサイドに置けば、おしゃれな電球スタンドとして使えます。意外と明るさも確保できるため、読書やマッサージなど寝る前の時間を過ごすのにぴったりです。

おしゃれレセップでインテリアを素敵にする方法

ここでは、レセップを使っておしゃれにインテリアを彩る方法を紹介していきます。シンプルですっきりとしているぶん、色々な活用法ができるでしょう。自分だけのオリジナルコーディネートを、ぜひ楽しんでみてください。

侮るなかれ。おしゃれなレセップにこだわる

レセップは裸電球のようで殺風景というイメージを持つ人も多いですが、じつはさまざまなタイプの製品が販売されています。シンプルな白いプラスチックのソケットタイプから、素焼きの上質なタイプまで揃っています。予算やインテリアの好みなどに応じて、ぜひ好きなものを選び分けてみてください。

素朴な質感がおしゃれ:素焼きレセップ

こちらのレセップは、素焼きの陶器でできています。信楽焼の優しい風合いは、ナチュラルなインテリアにぴったりです。自然のままのざらりとした質感が残っていて、高級感が感じられます。

壁や天井にしっくりとなじむので、複数を並べて付けてもよいでしょう。

レトロな風合いが魅力:真鍮製レセップ

こちらは、真鍮素材がレトロなレセップです。ペンダントライトのように吊り下げるタイプで、天井に既設の引っ掛けシーリングに取り付ければすぐに使えます。電気の設置に慣れていない人でも簡単に扱えるので、初心者向けです。

レセップに合わせたいおしゃれな電球にこだわる

好みのレセップが決まったら、電球にもこだわってみましょう。電球にも色々なタイプがあり、白い光、オレンジの光など用途に応じて光色も選び分けるのがポイントです。

また、最近ではLED電球が普及しており、白熱電球のように触っても熱くない製品が人気です。特に、小さい子供やペットと一緒に暮らす場合、電球による火事も多いため、安全面にも気を配りましょう。気分に合わせて電球を付け替えられるのもレセップのメリットなので、ぜひいろいろなタイプを試してみてください。

レトロで温かみのある雰囲気:エジソンランプ

こちらの電球は、フィラメントのオレンジの光が温かみを感じさせる一品です。レトロ系のレセップと相性が良く、おしゃれにまとまります。

見た目が華やかなので、ダイニングテーブルの上にペンダントライトのように吊るすのにもおすすめです。

華やかなドレス電球:フレア型マルチフェイス

こちらは、電球の中に花が咲いているような華やかさが魅力です。部屋にあるだけでパッと目を引くので、リビングやダイニングなどの居室にぴったりです。

また、明るすぎないので寝室の灯としてもおすすめです。落ち着いた明かりでリラックスできる空間になるでしょう。

レセップを使ったおしゃれインテリア実例をご紹介

ここでは、実際にレセップを使ったおしゃれなインテリアを紹介していきます。電球の温かみのある表情は、ナチュラルなインテリアにもぴったりです。新築や模様替えの際に、参考にしてみてください。

ホテルのような上質な明かり

こちらのコーディネートは、寝室にレセップを取り入れてホテルのような上質な空間に仕上げています。少し高めの位置に設置することで、まぶしさが軽減されているのがポイントです。あまり煌々と照らしすぎず、落ち着いた雰囲気にしたい場合におすすめです。

ペンダントライトでカフェ風のインテリアに

ペンダントライトのレセップを並べると、おしゃれなカフェ風のインテリアになります。天井高さがそれほど取れない場合は、天井直付けタイプでも良いでしょう。

このように並べてコーディネートすると、リズム感が出ておしゃれに決まります。

まとめ

ここまで、レセップを取り入れたおしゃれなインテリアについて紹介してきました。レセップの施工方法や取り付け方など、普段はあまり意識しないポイントも知るきっかけとなったのではないでしょうか?新築でレセップを取り入れる際には、配線位置の計画を早めに立てておくとスムーズです。

レセップはシンプルで無駄のないデザインが魅力的で、施工も比較的簡単な照明器具です。ナチュラルなインテリアからインダストリアルなカッコいい部屋まで、どんなインテリアにも合わせやすいので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

▼部屋別の照明特集

もしあなたが新しい部屋に引っ越すなら、この機会に照明器具も買いかえてみませんか。 照明ひとつでお部屋の雰囲気はだいぶ違ってみえるので、そこが証...
近年はリビング・ダイニング・キッチンが一室で設計されることが多く、ダイニングテーブルの上におしゃれな照明器具を選ばれる方が増えました。 毎日利...
マットレスと枕さえよければ、日々の疲れが取れると考えていませんか? 実は寝具だけでなく照明のプランニングが、寝る前のリラックス&寝付きのよい寝...
寝転んでくつろいだり、子どもと一緒に遊んだり、来客をもてなしたり、用途に合わせてフレキシブルな使い方ができる和室。しかし洋室と比べると、インテリ...
近年は、リビングやダイニングから続くおしゃれなオープンキッチンを選ぶ人が増えています。 オープンキッチンは広さが感じられるほか、家族と会話をし...
玄関は住人をあたたかく迎えてくれる場所であり、お客様が来たときには初めて目にふれる家の顔になる場所ですからおしゃれにこだわりたいですね。 ...
リビングやキッチンのインテリアにこだわる方は多いですが、インテリア好きならトイレにもぜひこだわっていただきたいです。 なぜならトイレは1日に何...
せっかく新築で家を建てるなら、照明にもこだわりたいものですよね。リビングや寝室だけでなく、階段や廊下のちょっとした空間もおしゃれに演出することで...
リビングやダイニングキッチンのインテリアをおしゃれにしたいと考えるのは一般的ですが、廊下のインテリアはどうでしょうか。 廊下のインテリアはつい...
屋外を雰囲気良く演出した海外の大きなお庭に、憧れが強い方も多いかと思います。実際に見栄え良く作ろうにも、何から手を始めれば良いのか難しく考えてし...
暗くなってから外を歩いていると、ステキな外灯の家をみつけることがありませんか? 外灯は、暗くなってからの家の表情。遠くから家を見ながら歩く帰路...
書斎があると、書き物をしたりゆっくり本を読んだりできるほか、集中して仕事をしたりもできますね。そんな書斎には、リビングやダイニング、キッチン、寝...

▼インテリアテイスト別の照明特集

北欧系で揃えた家具にぴったりの照明を見つけたい、とお考えでしょうか。 北欧インテリアに照明を合わせるなら、どんな用途のお部屋にどんな照明を入れ...
かつてアメリカで大量生産がはじまったころ工場や学校・事務所などで使われてきたレトロな雰囲気の家具を使って、落ち着いた空間をつくるインダストリアル...
生活の中で自分のプライベートな空間に癒しを求める方も多いでのではないでしょうか。日々の仕事や都会の喧騒で生活していると、非日常を感じることができ...
アンティークの照明は、「時間の流れ」をインテリアに演出できるおしゃれなアイテムです。 実際にアンティーク照明を欲しいと思ってもどこで購入す...
ミッドセンチュリーインテリアは、レトロな雰囲気のシンプルなデザインの家具でそろえる人気のスタイルです。 シンプルな家具で構成するからこそ、選ぶ...

▼照明の種類別の照明特集

シーリングライトは、天井に取り付けてお部屋全体を明るくするメインの照明器具をさします。 一昔前は、天井の中央に取り付ける1室1灯の蛍光灯の...
ペンダントライトはデザイン性の高い器具が多く選ぶ楽しみがあります。実際にペンダントライトを選ぶ際には、デザインだけでなく器具の特徴を理解すること...
こだわりの家具でそろえたお気に入りのインテリアに、なにかもう一つスパイスが欲しいということはありませんか。 そんなときに取り入れていただきたい...
リズムよく照明を配置すると、光や影ができて、ホテルのようなリラックス空間がつくれます。 くつろぎの時間を目指して新たに照明をプラスするなら、フ...
テーブルライトは、サイドテーブルや出窓、シェルフ、コンソールテーブルなどに置くスタンド型のライトです。お部屋全体を明るく照らすよりも、明かりのス...
新しい部屋に引っ越すタイミングなら、家具も入れ替えておしゃれな部屋にしたい!でも、どうすればオシャレになるのかわからない…。 家具を総入れ替え...
みなさんは壁付けの「ブラケット照明」を自宅で使用していますか? 新築でも、天井に取り付けるシーリングライトやダイニングテーブルの上のペンダント...