Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【シンプルな寝室事例10選】おしゃれに見せるたった3つのポイントをプロが解説!

寝室は、暮らしのなかでも一日の疲れを癒し、心地のいい時間を過ごすために重要な場所です。そのために、すっきりとした清潔感のあるす雰囲気づくりが欠かせません。物を減らして、シンプルでミニマルな寝室に憧れている方も多いのではないでしょうか?

実は、照明・ベッド・寝具の3つのコーディネートポイントを整えることで、シンプルでおしゃれな寝室が作れますよ。

そこで今回は、シンプルな寝室をワンランク上のコーディネートにするポイントを交えつつ、様々なスタイルのシンプルかつおしゃれな寝室コーディネート例をふんだんにご紹介します。

シンプルなベッドルームをワンランクおしゃれに格上げするたった3つのポイント

ベッドサイドの照明を使って寝室の雰囲気を演出する

スタンドライトやペンダントライトなどの間接照明で、ベッドサイドを照らすと柔らかな灯りが寝室全体に広がります。さらに、寝室のテイストに合ったデザインや質感のものを取り入れることで、インテリアのフォーカルポイントとしても活かすことができます。無駄のないシンプルかつおしゃれな寝室づくりにおいて、照明は欠かせないアイテムです。

最近は、ベッドサイドに天井からペンダントライトを吊るすのがトレンドです。天井から吊るすことでサイドテーブルや床にコードがないので、よりすっきりとした寝室になります。また、ベッドサイドのペンダントライトは、こちらのお部屋のように壁がバッグになることで、特徴的なデザインやフォルムが一層引き立ちます。インテリアはシンプルに抑えて、デザインの凝った間接照明を寝室のフォーカルポイントにするとおしゃれですよ。

ベッドフレームやヘッドボードは素材や色合いを魅せるデザインのものを

ベッドは、インテリアアイテムのなかでもサイズが大きく、買い替えが安易にはできない分、シンプルかつおしゃれな寝室づくりにおいて選び方がとても重要です。ベッドフレームやヘッドボードは、白やベージュ、グレーといった淡色カラーや、自然素材の木材を使ったものがおすすめです。

写真のベッドのように木材の風合いを活かしたものは、ナチュラルな雰囲気を醸し出し、シンプルな寝室を穏やかな空間に仕立ててくれます。木製ベッドの場合は、多少価格が高くても長い間使い続けることができる作りのしっかりしたものを選ぶようにしてください。木材の経年変化もシンプルな寝室に映えるはずです。

またヘッドボードがあることで、インテリアのアクセントとなるだけではなく、ベッド周りが引き締まり、寝室を落ち着きのある佇まいに見せる効果もあります。ヘッドボードは、フラットタイプのような華美な装飾をしていないもので、素材や色合いを魅せるシンプルなものにすると、ミニマルな雰囲気も演出することができます。

寝具やベッドリネンは色合わせや素材選びにこだわる

シンプルな寝室にする為に、色合わせや素材を活かさずに無難な選び方をすると勿体ないです。寝具やベッドリネンは、コーディネートを楽しめるアイテムだからこそ、シンプルだけどおしゃれにそして自分好みに仕上げましょう。

例えば、白は寝具・ベッドリネンの王道カラーです。白をベースにする場合、素材を一つだけにしてしまうと、ぼやっとした無難な寝室になってしまいます。なので、コットン・リネン・ウールと、違う素材の白を混ぜることで、白の重なりが味わい深いワンランク上のコーディネートに仕上がります。白の清潔感が存分に活かされた、シンプルだけど洗練された寝室になります。

シンプルおしゃれな寝室まとめ!雰囲気抜群なコーディネート実例10選

【北欧スタイル】無駄を削ぎ落として豊かさを演出

飾り気のないニュートラルカラーのベッドをメインに置いています。無骨なスチール素材のグレーの照明がエッジを効かせアクセントに。白のコットン素材のベッドリネンが寝室に明るさをもたらし、ファー素材のベッドクッションとラグがさりげなく温かみを加えてくれます。無駄を削ぎ落とたシンプルな寝室もベッドの色合いや素材次第で豊かさを演出できます。

【北欧スタイル】家具をロータイプにして開放感たっぷりに

ナチュラルな木目の風合いが漂うベッドフレームは、サイドテーブルも同じ風合いのものにすることで統一感があります。さらにロータイプにすることで白い壁が引き立ち開放感たっぷりの寝室に。

また、白のシーツカバーに、淡いグレーの格子柄ブランケットのコーディネートが上品な印象です。グレーの差し色が、ナチュラルかつモダンな印象を加えてくれます。

【モダンスタイル】繊細なペンダントライトで上品さを際立たせて

黒・ホワイト・グレーのモノトーンカラーでまとめ、シンプルながらスタイリッシュな印象の寝室です。ブラックフレームの繊細なペンダントライトはシックで華やかな印象を与え、空間のフォーカルポイントに。

生活感を感じさせないモノトーンインテリアにはアクセントを取り入れることで、一味違ったインテリアに仕上げることができます。

【モダンスタイル】ゴールドでラグジュアリーさを加える

ブラウンを基調した寝室に、ゴールドのウォールアートを加えています。同じカラートーンの色なので、調和がしやすくさりげないラグジュアリーさを生み出しています。全体がぼやっとしないように黒のサイドテーブルとベッドライトでメリハリを効かせ、ゴールドと黒で個性豊かな空間をつくり出しています。

【インダストリアルスタイル】アイアンでメリハリを効かせて

アイアンのベッドフレームは、圧迫感を出さずシャープ印象で、寝室を洗練された空間に仕上げてくれます。ベッドリネンやピローケースのファブリックが柔らかさを感じさせ、アイアンの素材感と組み合わさることでぼやけずメリハリを効かせてくれます。

【西海岸スタイル】寝具を使ってアクセントカラーを取り入れる

ナチュラルな木製ベッドと白のコットンシーツのアイテムを基調にした寝室に、青色がアクセントで映え爽やかな印象に。こちらの寝室のようにベッドリネンやクッションを使って青色をアクセントに取り入れると、空間に変化を付けることができます。

【フレンチスタイル】キルティングの質感がエレガントで温かな風合いに

白のベッドリネンとキルティングのブランケットが合わせてあることで、エレガントで温かな風合いをもたらしてくれます。寝室は白とベージュを基調にしていますが、コットン・キルティングと違う素材を組み合わせ表情をつけています。

また柔らかな曲線を描くフラットタイプのヘッドボードがフレンチスタイルを引き立ててくれます。

【ヴィンテージスタイル】カッパーの照明で空間を引き締めて

アースカラーを基調にした寝室は、彩度が抑えめなのでシンプルながらおしゃれな雰囲気を漂わせます。彩度が低いので暗い印象にならないように、メタリック素材のカッパー色のペンダントライトでさりげなく温かみをプラス、引き締め役に。

また、ペンダントライトと同系色のオリエンタルブランケットの異なる質感が合わさることで、寝室に奥深さを演出しています。

【BOHOスタイル】くすんだピンクが癒しの中に上品さを感じさせて

くすんだピンクのベッドリネンがリラックスインテリアの中に上品さを感じさせます。甘すぎないくすんだピンクの色合いが、寝室を少し引き締めてくれます。

また、ボヘミアンといえば定番のマクラメ素材のストローハットやバッグを壁に掛けています。これによって、シンプルながらBOHOスタイルを引き立て、グッとくつろげる寝室に仕上がっています。

【アジアンスタイル】壁紙とレリーフでシンプルに仕上げる

ヘッドボード側の壁に、朱色の壁紙をアクセントクロスとして張っています。また、そこに重厚感溢れるロータスの花のレリーフを一緒に飾ることでリゾート感漂うアジアンスタイルに仕上がっています。アジアンスタイルにしたいけど、にぎやかさが増すような寝室にはしたくないという方に、おすすめのコーディネート例です。

まとめ

家づくりにおいて寝室は、リビングなどと比べると後回しになりがちです。しかし一日の疲れを癒すプライベートな空間だからこそ、清潔感のある快適な空間づくりが重要です。

照明やベッドリネンなどのアイテムにこだわったり、ベッドフレームやヘッドボードで魅せるインテリアに仕上げてみたり。物を減らしても、シンプルでワンランク上のおしゃれな寝室をつくることができますよ。