Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2020/09/07

【オレンジ色カーテンのお部屋特集】定番のブラウンとも相性がいいカラーでおしゃれインテリアに仕上げる

浦辺愛美
著者:浦辺愛美 (インテリアコーディネーター)

大手インテリア販売店で10年勤務。顧客へのコーディネート提案と従業員の家具知識教育に携わる。インテリアコーディネーター・色彩検定1級だけでなく、宅地建物取引主任者を独学で取得。趣味は旅行で、旅先でのインテリアチェックは欠かせません。現在、夫と3歳の娘との3人暮らし。子供がいても散らかりにくい、シンプルで機能的なインテリアを実践。見た目だけでなく、住む人の使いやすさを考えたインテリアを提案します。

オレンジ色のカーテンに興味があっても、コーディネートに悩んで取り入れるのに躊躇していませんか?難しそうに思えますが、実はオレンジ色はインテリアでもよく使われるブラウンと同系色で相性が良い色も多く、比較的取り入れやすい色なのです。

今回は、オレンジ色のカーテンの遮光性や視覚効果、建具や他のインテリアとのコーディネートのコツ、色の濃さ別にコーディネートの実例を10パターン紹介します。オレンジ色のカーテンの特徴を知って、素敵なお部屋づくりに役立ててください。

オレンジ色のカーテンをおしゃれに取り入れるポイント

オレンジ色のカーテンの気になる遮光性は?

https://www.pinterest.jp/pin/540502392772355757/

特に寝室に使用するカーテンを選ぶ場合は、遮光機能の有無やどのくらい遮光できるのかが気になりますよね。一般的には暖色よりも寒色・白っぽい色よりも黒に近い色の方が遮光性が高いといわれていますので、明るいオレンジ色のカーテンでは不安に思われるかもしれませんが、ちゃんと選べば問題ありません。

オレンジ色など明るい色のカーテンでも、遮光機能のある裏地をつけたり、遮光できるコーティングをしたりすることで、遮光率を高くしたものが数多く販売されています。商品によっては遮光率99.99%(遮光1級)など寝室でも問題なく使えるものもあります。

しかし、いかに遮光機能の優れているものを使用しても、サイズが小さすぎると光漏れが発生してしまいます。また、継ぎ目から光が漏れることもありますので、購入時には注意しましょう。

オレンジ色のカーテンが持つ、視覚効果とは?

https://www.pinterest.jp/pin/732186851903666464/

オレンジは赤と黄色からできていて「明るい」「元気」なカラーイメージがあり、コミュニケーションを円滑にする効果があります。男女問わず苦手な人が少ない、万人受けする色ともいわれています。オレンジの中でも薄め・くすみのある色ならベージュやブラウンに近い色になるため、カラフルなものが苦手でも取り入れやすいです。

デメリットとしては膨張色・進出色なので、使い方によっては部屋を狭く見せてしまう危険性があります。黒やダークブラウン、または補色である青を組み合わせることで空間を引き締めてあげると良いでしょう。

オレンジ色カーテンの場合、床や壁紙、ラグの色はどうすべき?

https://www.pinterest.jp/pin/381609768428326374/

陽だまりのような明るさを感じるオレンジ色のカーテンには、ダークカラーが良く似合います。中でも距離の近い壁紙に黒やダークグレーなどを選ぶと、美しいコントラストで上品に仕上がるため、シックやモダンなインテリアと相性が良いです。床にはミドルブラウンなど暗すぎない色を選んで、重くならないようにしましょう。床が暗い色の場合は、ラグにアイボリーなど明るい色を入れて重さを軽減しましょう。

壁紙を明るくしたい場合は、ベースは白にしてオレンジ色の反対色である青色のアクセントクロスを部分的に取り入れると、おしゃれで爽やかな雰囲気を出せます。ライトブラウンのフローリングやアイボリーなど明るい色のラグと合わせればナチュラルやフェミニンなスタイルに、ミドルブラウン~ダークブラウンの床や落ち着いた色のラグを合わせればヴィンテージやアーバンインテリアによく合います。

オレンジ色カーテンの場合、家具の色で気をつける点は?

https://www.pinterest.jp/pin/632685447635916804/

明るい雰囲気を出したいなら、白~ライトブラウンやオレンジ色の補色となる水色を家具に採用するのがおすすめです。色味が近い黄色や黄緑のアイテムも合います。基本的には、カーテンと明度をそろえてあげれば浮きにくく統一感も出ます。落ち着いた雰囲気を出したい方は、ミドルブラウン~ダークブラウンや暗めのグレーを合わせると良いです。特にブラウン系は色の系統が同じなので、とてもよくなじんでくれます。

反対に合わせるのが難しいのは補色となる青色です。補色はお互いの色を鮮やかにみせる効果があるため、うまく組み合わせないと目がチカチカしてしまいます。青色とコーディネートしたい場合は、どちらかの彩度を下げる、アクセントとして小さい面積で取り入れる、白やグレーなどの無彩色の分量を増やしてマイルドにする、など工夫するとおしゃれに合わせられます。

オレンジの濃度別にコーディネートのポイントを徹底解説!

濃いオレンジ色のカーテンコーディネートのポイントと注意点

https://www.pinterest.jp/pin/202521314464772411/

濃いオレンジ色は視線を集めやすいので、お部屋の主役にしたいところ。柄の入ったものを選ぶ場合は、インテリアにもカーテンに含まれる色を取り入れたり、クッションなどに同じ柄のアイテムを足して、空間のつながりを生み出してあげましょう。濃いオレンジ色のカーテンはインパクトがあるので、どのようなサイズにするのかも大事です。腰高窓でも長めのカーテンを使用して縦のラインを強調して天井を高く見せるなど、空間の見せ方にも配慮するとワンランク上の仕上がりになります。

薄いオレンジ色のカーテンコーディネートのポイントと注意点

https://www.pinterest.jp/pin/306878162110333482/

薄いオレンジ色のカーテンは空間になじませやすく、他の色ともケンカしにくいです。ベージュと同じような感覚でコーディネートを作れるので、比較的インテリア選びが自由になります。しかし、合わせるインテリアも全て薄い色にしてしまうと印象がぼやけてしまうので、アクセントに濃い色を入れてバランスを取りましょう。

日本のお部屋にも取り入れ可能!オレンジ色カーテンのコーディネートサンプル10選

濃いオレンジ色カーテンコーディネート 5選

ブラウンと合わせて高級ホテル風に

https://www.pinterest.jp/pin/566749934357348351/

オレンジ色のカーテンを、同系色であるブラウンのインテリアと合わせた王道のコーディネートです。あたたかみのあるブラウンが落ち着きと高級感を出してくれています。全体を無地のアイテムで構成しながら、床と壁にだけ柄を入れているのがおしゃれです。レースカーテンではなく、透け感のあるスクリーンを合わせることで窓辺のライトの陰影がより際立って、ワンランク上の高級ホテル風インテリアになっています。

長いカーテンで天井を高く見せる

https://www.pinterest.jp/pin/389913280237773502/

あえて窓よりも丈の長いカーテンを使用しています。通常、腰高窓には窓枠下15~20cmのカーテンをつけることが多いですが、このコーディネートでは床につくほど長いカーテンを使用し、さらにレールの取り付け位置を天井近くまで上げています。そのため、縦のラインが強調されて天井が高く感じられ、ラグジュアリーな雰囲気が出ています。床に引きずる長さだとほこりや湿気がたまりやすくなってしまうので、気になる方は床に引きずらない程度の長さにするのがおすすめです。

カーテン自体は無地にして壁紙に柄を入れることで、よりおしゃれで高級感のある雰囲気になっています。そこにあえて素朴な印象のあるダイニングセットを配置して、リラックスできるミックススタイルにしています。

シェードとの合わせ技で個性的に

https://www.pinterest.jp/pin/501940320970110373/

オレンジ色をベースにしてグレーと黒のラインが入ったカーテンに、幾何学柄のシェードを合わせた個性の光るモダンスタイルです。シェードはひと癖あるデザインですが、カーテンの柄と色をそろえることで統一感を出しています。デザイン性はありつつ色のトーンは落ち着いているので、インテリアに白を多く入れて明るさをキープしています。

スワッグテールで豪華に仕上げる

https://www.pinterest.jp/pin/724024077576780247/

濃いオレンジのボイルカーテンをスワッグテールにしています。スワッグテールとは、カーテン上部に半円形に垂らした部分(スワッグ)とサイドに垂らした部分(テール)から構成されるデザインカーテンの一種です。布のふんだんに使っていて豪華な雰囲気になります。ポイントにリボンを取り入れて堅苦しくないかわいらしさを足しています。

ワンランク上のストライプカーテンで変化を楽しむ

https://www.pinterest.jp/pin/88172105181385723/

ストライプカーテンにシルバーとクリアカラーを合わせて爽やかに仕上げています。カーテンはストライプの柄とタックの取り方をそろえているので、閉じているときはオレンジ・開けているときはオレンジと紫のストライプと見え方が大きくかわります。生地の柄とヒダの幅をきちんとそろえないとできない難しいデザインのため、既製品ではあまり見かけないワンランク上のデザインです。

補色に近くインパクトが大きいオレンジ×紫のカーテンを主役にするために、他のインテリアの色を抑えることでバランスを取っています。シルバーとクリアカラーをメインにして、光が感じられる明るいダイニングとなっています。

薄いオレンジカーテンコーディネート 5選

リバティ柄で北欧風に

https://www.pinterest.jp/pin/387591111671594238/

オレンジ色をベースにした花柄で北欧風にまとめたコーディネートです。反対色となる青のソファは、白の入ったクッションを取り入れることで、ぶつかりあうことなくなじんでいます。ローテーブルは、角の取れたナチュラルな風合いの木製で、ぬくもりが感じられます。お部屋で過ごすのが楽しくなるような、誰もがリラックスできるリビングです。

トリムでおしゃれ度を倍増させる

https://www.pinterest.jp/pin/182044009912897142/

明るい花柄にグレーのトリムをつけたカーテンが高級感を感じさせるリビングです。トリムはカーテンの縁に取り付けてドレスアップさせる飾りのことで、カーテンのアクセントになります。インテリアは全体を淡い色合いでまとめながらも、質感の違いや柄を取り入れて平坦な印象を感じさせません。グレーを基調にシンプルでありながら、カーテンのトリムとクッションのデザインを合わせているのがさりげなくおしゃれですね。

ざっくりした風合いのカーテンで異国情緒を

https://www.pinterest.jp/pin/648518415077058930/

ざっくりした風合いのカーテンに麻のシェードを合わせた異国情緒が漂うコーディネートです。壁の色が暗いことで空間を引き締め、白いベースのチューリップテーブルが抜けを作って重さを感じません。ラグはモロッコ風のデザインを採用したミックススタイルとなっています。

レースの複数使いで遊び心を

https://www.pinterest.jp/pin/678776975072000390/

オレンジと白のボイルカーテンを複数組み合わせた技ありなコーディネートです。全て無地のシンプルなカーテンですが、色を組み合わせることで個性を出しています。カーテンを結んだり、タッセルなどでまとめたりするとまた雰囲気が変わって面白いです。

インテリアにはボーダーやベリーピンクを入れてカジュアルにまとめています。カーテン自体はシンプルなのでこういったカジュアルインテリアにも違和感なく合わせられます。

天蓋ベッドでプライベート空間を

https://www.pinterest.jp/pin/715439090777650896/

ドレープカーテンと色を合わせたレースカーテンで天蓋ベッド風の寝室コーディネートです。光と視線を遮りすぎない薄い生地のカーテンで、プライベートスペースをゆるやかに区切っています。見た目の良さだけでなく、冷暖房などが直接当たるのを防いだり、虫やハウスダストからも守ってくれる機能面のメリットもあります。ピンクではなくオレンジ色にすることで、甘すぎないフェミニンなお部屋が完成します。

まとめ

オレンジ色は、万人に好まれてコミュニケーションを円滑にしてくれる効果があり、人が集まる場所にはぜひ取り入れたい色です。色の濃さや明るさによって、あらゆるテイストに合わせられる汎用の高さも魅力。コーディネートのコツをおさえた上で、お部屋のイメージに合うオレンジ色のカーテンを取り入れて、おだやかで活力が生まれるお部屋を作りましょう。