Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】バルーンカーテンでインテリアをおしゃれにする方法!取り付け方からコーディネート実例まで徹底解説

浦辺愛美
著者:浦辺愛美 (インテリアコーディネーター)

大手インテリア販売店で10年勤務。顧客へのコーディネート提案と従業員の家具知識教育に携わる。インテリアコーディネーター・色彩検定1級だけでなく、宅地建物取引主任者を独学で取得。趣味は旅行で、旅先でのインテリアチェックは欠かせません。現在、夫と3歳の娘との3人暮らし。子供がいても散らかりにくい、シンプルで機能的なインテリアを実践。見た目だけでなく、住む人の使いやすさを考えたインテリアを提案します。

エレガントで高級感のあるバルーンカーテンは、女性を中心に人気のスタイルカーテンです。出窓に使われることが多いですが、掃き出し窓や小窓にも合わせられます。また、バルーンカーテンの豊かなドレープ感は裏表関係なくきれいに見えるのも魅力です。室内だけでなく室外から見ても美しいため、街を歩く人に「見せる装飾」としても適しています。

今回は、バルーンカーテンでインテリアをおしゃれにする方法を解説します。バルーンカーテンの基礎知識や取り付け方・コーディネート実例を参考に、お部屋を印象をワンランク上に見せるバルーンカーテンを取り入れましょう!

バルーンカーテンでおしゃれなインテリアを実現する方法

バルーンカーテンとは?

https://www.pinterest.jp/pin/635570566156534812/

バルーンカーテンとは、縦に入ったコードを引っ張ってギャザーを寄せることで、裾が半円状になるようにしたスタイルカーテンのことです。カーテンレールに設置するカーテンタイプのものだけではなく、丈の調整が容易なシェードタイプのものもあります。

バルーンカーテンは、通常のカーテンよりもヒダ感がアップするためボリュームが出て、華やかで美しい仕上がりになります。無地のドレープ生地やシンプルなレース生地で仕立てることが多いため、クセがなく幅広いテイストのインテリアに合わせることができます。その中でも、エレガントやフェミニンテイストに合わせる鉄板のコーディネートや、バルーンカーテンの重厚感が世界観にマッチするクラシックテイストによく合います。

バランスを合わせてさらに上品に

https://www.pinterest.jp/pin/631278072764739116/

バルーンカーテンは単体やベーシックなドレープカーテンと合わせて設置してもエレガントですが、カーテンバランスを合わせるとさらに上品で高級感のある仕上がりになります。上の写真のようにヒダ感たっぷりで豪華なイメージのスワッグバランスはクラシックやエレガントテイストにぴったりです。

https://www.pinterest.jp/pin/631278072764738921/

ヒダのないプレーンバランスは甘すぎずスマートにまとまるので、重厚感がありすぎるのは苦手という方におすすめです。縁にフリンジやトリムをつけてシンプル&エレガントに見せても美しいです。

フリルの有無やギャザータイプなど細部にも注目

https://item.rakuten.co.jp/i-yamakiya/bstosmb-29/

バルーンカーテンには、フリルやトリムがついた装飾性の高いものや裾に何もついていないプレーンものなどさまざまな種類があります。

一番ベーシックなのはフリル付きのバルーンカーテンで、フェミニンな印象が強くてエレガントやロマンティックなコーディネートによく合います。フリルなしのバルーンカーテンは、甘すぎずいろいろなインテリアに合わせられる汎用性の高さが魅力です。

https://www.dinos.co.jp/p/1365201227/

横にギャザーが入ったギャザータイプは、通常のバルーンカーテンよりも多くの布を使っているため、ヒダ感がたっぷりと感じられてさらに高級感のある雰囲気になります。もっとエレガントに見せたい時や重厚感を出したい時にぴったりです。

バルーンカーテンの付け方もチェック!

https://www.pinterest.jp/pin/162481499035432417/

バルーンカーテンにはいくつかのタイプがありますが、今回はもっともスタンダードなギャザータイプのバルーンカーテンの取り付け方を紹介します。

https://www.styledart.com/style/dolce-b.html

ギャザータイプのバルーンカーテンはまず窓(レール)の幅を計測し、そのサイズに合わせてカーテンにギャザーを寄せていきます。ギャザー部分に入ったひもを引っ張ってレール幅の大きさに調整したら余ったひもは結ぶ、もしくはコードタイでまとめておきます。次にフックをギャザー部分に差し込めば取り付け準備完了です。

https://www.styledart.com/style/dolce-b.html

フックをつけたバルーンカーテンをレールに取り付けたら、次にバルーンを作っていきます。カーテン裏側に縦に通っているひもを引っ張り、お好みの長さに調節していきます。全体のバランスを見て問題なければ余ったひもを結ぶ、もしくはコードタイにまとめて取り付け完了となります。

プロが教える!バルーンカーテンのおしゃれな使い方!コーディネート実例8選

プレーンバランスでスッキリとエレガントに

https://www.pinterest.jp/pin/729653577116007664/

大きな窓一面につけたバルーンカーテンがエレガントな印象です。カーテンバランスは光沢のある共布のフラットバランスで一見シンプルですが、裾のウェーブデザインとトリムがさらに上品さをアップしています。タッセルは同系色のロープタッセルでなじませ、バルーンカーテンやバランスのおしゃれさが際立っています。

小物を飾ってディスプレイスペースに

https://www.pinterest.jp/pin/684547212102830390/

こちらのカーテンはギャザータイプではなく2倍ヒダタイプなのでヒダ感が少なくスッキリとしています。カーテンバランスやカーテンボックスを追加して吊元を隠すと、さらにスマートに見せられます。

バルーンカーテンはお好みの位置で固定できるため、出窓など奥行きのある窓であればカーテンの下に小物を飾ることも可能です。夜間は目隠しが欲しい場合は開閉しやすいシェードタイプのバルーンカーテンを選ぶ、もしくは別でカーテンなどをつけると使い勝手が良くなります。

スカラップスタイルでさらに華やかに

http://interiorkan-m.jugem.jp/?eid=52

壁と同じ落ち着いたピンクのリボンを、ホワイトのバルーンカーテンに合わせてかわいらしくまとめています。きらびやかなシャンデリアやゴージャスなソファにも負けない存在感を放っています。

中央に向けて空間を開けたスカラップスタイルのカーテンはとても華やかで、外から見てもデザイン性の高さがよく分かります。室内が見えてしまうのが難点ですが、庭に面した窓などプライバシーを保ちやすい場所にはとてもおすすめです。

着飾らないバルーンカーテンでリラックス空間に

https://www.pinterest.jp/pin/763360205575045776/

リボンで軽くまとめたカジュアルスタイルのバルーンカーテンです。曲線デザインが美しいインテリアに合わせたカーヴィーデザインのバルーンレースは落ち着いた色合いで、シャビーシックなインテリアによくマッチします。バルーンカーテンの取り付け方もポールにリボンで結びつけたラフな設置方法で、タックやギャザーを寄せていないため甘すぎません。重厚感がなくナチュラルな雰囲気を感じられるバルーンカーテンを活かした、くつろぎのダイニングとなっています。

シンプルモノトーンのアクセントに

amazon

イエローのバルーンカーテンが、モノトーンのシンプルインテリアのアクセントになっています。無地のドレープ生地を通常のカーテンではなくバルーンスタイルにすることで、豊かなヒダ感が生まれて空間に奥行きが感じられます。

窓の形状に合わせてシェードの形状を選ぶ

https://www.pinterest.jp/pin/609041549592898443/

グリーンのバルーンシェードとムースシェードを組み合わせています。バルーンシェードは横長の窓で複数のスワッグを作るのが美しいですが、ムースシェードは裾の中央からつまみ上げるタイプのシェードなので縦長の窓によく合います。共布で一体感を出しつつ各窓に合った形状のシェードを選ぶことで、柔らかくてエレガントな雰囲気を醸しています。落ち着いたグリーンが軽やかなシンプルインテリアに大人っぽさをプラスします。

厚地バルーンシェードでボリュームたっぷりに

Dimanche

玄関ホールにピンクのバルーンシェードとホワイトのセパレートスタイルレースを設置しています。ドレープカーテンをバルーンカーテンをドレープ生地で仕立てると、ハリがあるためヒダ感がさらに印象的に感じられます。たっぷりと寄せたギャザーがさらに豪華さを主張して、ダマスク柄の壁紙・シャンデリアにぴったりのエレガントな仕上がりになっています。レースは上部がつながったセパレートスタイルで、窓辺に軽やかなリズムを感じさせます。

バランス&オーストリアンシェードで豪華絢爛

https://www.pinterest.jp/pin/729653577118936272/

スワッグ&カスケードのカーテンバランスを合わせて、さらなる豪華さを演出しています。スワッグ部分・カーテン部分の生地は2種類になっていて奥行きのある仕上がりです。レースはヒダ感がたっぷりのオーストリアンタイプのバルーンシェード。オーストリアンシェードは、もともと細かくタックをとってヒダがある状態に仕立ててあるため、丈が長い状態でもゴージャスなヒダ感が感じられます。

まとめ

バルーンカーテンは豊かなドレープ感があり、空間に華やかさを足してくれます。それでいて生地自体は無地やシンプルなものが多いため、どのようなインテリアテイストにも合わせやすいのが大きな魅力で、お部屋にエレガントさやフェミニンさをプラスしたい時に最適なアイテムです。

お部屋の雰囲気をワンランク上に引き上げてくれるバルーンカーテンを上手く取り入れて、一歩先行くおしゃれなお部屋を作りましょう!