Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】ローマンシェードでインテリアをおしゃれにする方法!カーテン以外の窓周りの選択肢を考える

浦辺愛美
著者:浦辺愛美 (インテリアコーディネーター)

大手インテリア販売店で10年勤務。顧客へのコーディネート提案と従業員の家具知識教育に携わる。インテリアコーディネーター・色彩検定1級だけでなく、宅地建物取引主任者を独学で取得。趣味は旅行で、旅先でのインテリアチェックは欠かせません。現在、夫と3歳の娘との3人暮らし。子供がいても散らかりにくい、シンプルで機能的なインテリアを実践。見た目だけでなく、住む人の使いやすさを考えたインテリアを提案します。

お部屋の顔ともいえる窓周りは、インテリアを考える上でとても重要なポイントになります。カーテンでもこだわって選べば十分おしゃれな窓辺を演出できますが、さらに垢ぬけた印象にしたい方にはローマンシェードがおすすめです。

今回はローマンシェードの基礎知識と取り入れ方のポイント、おしゃれなローマンシェードの活用例をご紹介します。

カーテンよりもスタイルが豊富でさまざまな表情を見せられるローマンシェードは、1台取り入れるだけでお部屋の雰囲気を格段にグレードアップさせてくれます。この記事を参考にして、お部屋を一段とスタイリッシュに彩ってみませんか。

ローマンシェードとは?ローマンシェードの取り付け方は?

ローマンシェードとは?

https://www.pinterest.jp/pin/39547302964093468/

ローマンシェードとは、ロールスクリーンやブラインドのように上下に開閉するタイプのカーテンです。サイドについたコードやチェーンを引くことで生地が上下します。途中で止めて日差しの調節をすることもできるので使い勝手も良好です。

ローマンシェードは布を下ろした状態ではフラットなので、柄がはっきりと見えるのもメリットです。また、窓枠内にスッキリと納まるため小さな窓にも設置しやすいです。カーテンとおそろいの生地で作成して、雰囲気の違いを楽しむのもおすすめです。

メンテナンスのしやすさもローマンシェードの魅力です。シェード生地は本体にマジックテープで止めてあるものが多く、洗濯などのお手入れがしやすくなっています。簡単に取り外せるため生地が汚れたり傷んだりした時だけでなく、季節や気分に合わせて生地を取り換えることもできます。

デメリットは布を上げた時に窓の上部に布が溜まるため、高さのない窓の場合は圧迫感が出てしまうところです。そのため縦長の窓には最適ですが、横長の窓は避けた方が無難かもしれません。

ローマンシェードの楽しみ方!おしゃれを楽しもう

http://www.order-curtain.jp/style/pages/peacockshade.html

ローマンシェードは、選ぶ形状によって雰囲気が全く異なるという点も大きな魅力です。色柄だけではなくシェードのスタイルにもこだわって選ぶことでワンランク上のインテリアが完成します。

上の写真はピーコックシェードという種類のローマンシェードです。クジャクの羽根をモチーフにしたデザインで、布を下ろした状態ではタペストリーのようにフラットですが、布を引き上げると独特のドレープ感のある華やかなスタイルになります。クラシックな雰囲気によく合います。

その他にも、生地に入っているバーによってすっきりと折りたためるシャープシェードや裾のウェーブが豪華な印象のバルーンシェード、うろこのように表面が波立った状態になるオーストリアンシェードなど、さまざまな種類があります。

また、ドレープ生地とレース生地をセットにしたダブルタイプのシェードもあります。シェードとカーテンを併用するよりも見た目がスッキリとしますし、光量調整もしやすいのでとても人気です。どちらもプレーンシェードで柄物同士を組み合わせたり、無地同士でドレープはシャープシェード・レースはプレーンシェードにするなど、色柄やスタイルの組み合わせも楽しんでみましょう。

ローマンシェードの取り付け方法!カーテンレールがあってもなくても取り付け可能!

カーテンレールがある場合

https://www.rakuten.ne.jp/gold/curtain-i/cp-shadeAbout.html

すでにカーテンレールがついている窓にローマンシェードをつける場合は、レールの種類によって取り付け方が変わってきます。

リングランナーがついている装飾レールの場合は、レールにローマンシェードを取り付けることはできません。そのため、レールを取り外したあとで壁や窓枠へ直接設置する必要がありますので、次項を参考にしてください。

滑車がついたランナーが内部に入っている機能レールの場合は、カーテンレールにローマンシェードを取り付けることができます。しかし、レールの耐荷重によっては取り付けができない場合もあります。耐荷重を超えたものを設置すると使用中に落下したり、壁などを傷める可能性がありますので、必ず問題がないかを確認しておきましょう。

レールへの取り付け作業はとても簡単です。必要な道具は、上の写真にあるような専用のプレート・ねじ・ブラケットとプラスドライバーです。ドライバー以外はシェード本体に付属しているケースが多いです。

まずはレールの端についているキャップを外してランナーを全て抜き取ります。次に、ブラケットとプレートをねじで仮留めしたものを必要数作り、レールの中に入れ込みます。最後に、取り付けたい位置にブラケットを固定して、ローマンシェード本体をはめ込めば完成です。

カーテンレールがない場合

https://www.pinterest.jp/pin/320811173456187480/

カーテンレールがない場合は、壁や窓枠に直接ローマンシェードを設置します。必要なのはブラケットとねじ・プラスドライバーです。

まずは、設置箇所にブラケットを等間隔で取り付けます。窓を覆い隠す正面付けの場合は窓枠上の壁または窓枠の正面部分に取り付けます。写真のように窓枠内に納める天井付けの場合は、窓枠の天井部分に取り付けます。万が一下地がない部分に取り付けてしまうと落下の危険性があるので、取り付け前に必ず下地の有無を確認しておきましょう。ブラケットが固定できたら、ローマンシェード本体をブラケットにはめこんで完成です。

ローマンシェードの代表的な種類別インテリアに取り入れる場合のポイント

プレーンシェード

https://www.pinterest.jp/pin/801077852463600050/

ローマンシェードの中でも最もシンプルなのがプレーンシェードです。布を下ろしている時は平面なので生地の柄を存分に楽しめて、布を引き上げると上部にやわらかくたたまれます。クセがなくカーテンやブラインドとも相性が良いのでスタイルを限定することなく、どんなお部屋にも合わせやすいです。

上の写真のようにドレープ生地・レース生地を組み合わせたダブルタイプのプレーンシェードも人気です。小さな窓でも納まりが良く、スッキリとした印象になります。

シャープシェード

https://www.pinterest.jp/pin/129478558024164292/

シャープシェードは生地に等間隔にバーが入っていて、折りたたんだ際に横のラインが強調されてよりシャープな印象になります。

薄手の生地のシャープシェードは、バーが目立つためさらに直線的な印象が強くなります。障子のような和の雰囲気が感じられるため、和室などによく合います。

厚手の生地ではバーの存在感は薄まりますがスッキリとした直線的なデザインは強調されるため、モダンインテリアにぴったりです。

バルーンシェード

https://www.pinterest.jp/pin/729653577116007664/

生地に縦に入ったコードによって、布を上げると裾が風船のように丸く変形しながらたたまれていくのがバルーンシェードです。やわらかな曲線を表現できる薄手の素材やレース生地のものが多く、布が下りている状態ではレースカーテンのような見た目ですが、布を上げると豊かなドレープ感で華やかさがアップします。裾にフリルがついたものはよりエレガントに、シンプルなデザインだとナチュラルな印象になります。

カーテンとの相性が非常によいので、ドレープカーテンと併用するのがおすすめです。上の写真のようにカーテンバランスを組み合わせるとクラシックな印象がさらに強まります。格式高くて上品なお部屋を演出できます。

インテリアスタイル別ローマンシェードを取り入れる場合のポイント

ローマンシェード×北欧編

https://www.pinterest.jp/pin/353814114475981907/

北欧スタイルにローマンシェードを合わせるのであれば、柄のデザインがはっきりと見えるプレーンシェードがおすすめです。フラットな状態で柄が見せられるので、華やかな北欧デザインをより印象的に見せることができます。

大人っぽく仕上げたいのであれば、ドレープ生地は無地・レース生地は柄物のダブルシェードにしても素敵です。ドレープにも鮮やかな色を入れて華やかにしたり、ブラウンなど落ち着いた色のドレープと北欧らしい柄のレースとのギャップを楽しんだりと色々な表情を見せることができます。

ローマンシェード×モダン編

https://www.toms-1.com/shade.html

モダンスタイルにはシャープシェードがよく合います。生地に入っているバーによって直線的なデザインが強調されてるので、クールでスタイリッシュな印象になります。薄手の生地や透過性の高い淡い色の生地だとバーの存在感が強まるので、シンプルに仕上げたい場合はある程度厚みがあり濃い色の生地を選びましょう。

 

インテリアのプロは知っている。ローマンシェードを探すときにまず見るショップ

カーテン専門店feel

feel御徒町店HPより

一度に複数のローマンシェードを見てみたい場合は、ショールームを利用するのがおすすめです。しかし、ほとんどのショールームはメーカーが運営しているため、一度に複数のメーカーを比較するのは難しいのが難点です。そこで利用したいのが、複数のメーカーを取り扱っているカーテン専門店のショールームです。選べる商品・メーカーの幅が広く、好みのものが見つかる可能性が上がります。

カーテン専門店feelでは、首都圏最大級の3,000点以上の大判サンプルを展示しています。サンゲツ・スミノエ・リリカラなどの国内主要メーカーは網羅しており、ウィリアムモリスなどの輸入生地を多く扱うマナ・トレーディングやスイスの高級ブランドFISBA・ドイツの名門JABなど海外メーカー品も多く取り扱っています。これだけあると選ぶのが大変に思うかもしれませんが、窓装飾専門アドバイザーが常駐しているので納得がいくまで相談できます。

価格帯は幅広く、オリジナルカーテンは1窓5,000円からとなっています、メーカー品は最低価格保証がついているので、お値段の面でも安心して選べます。

店舗は御徒町と船橋の2店舗のみですが、ローマンシェードにこだわりたい方は一度足を運ぶ価値があると思います。ぜひ参考にしてみてください。

 

ローマンシェードのおしゃれな使い方!コーディネートサンプル8選

分割設置でデザイン性・操作性を向上:プレーンシェード

https://www.pinterest.jp/pin/293296994454409526/

シンプルなプレーンシェードですが、ふちとボトムに違うトーンのブラウンを入れていて高級感が引き立っています。布を降ろした状態だとさらにデザインが際立ち、タペストリーのようにも見えます。

連窓に1台の設置ではなく分割して複数台をつけることで、一つ当たりの重量が減るため安全に取り付けられます。また、それぞれに開閉操作できるため使いやすさもアップします。特に開閉が多い窓には、分割での取り付けを検討しましょう。

広い開口部から外の景色を存分に楽しむ:ダブルシェード

https://www.pinterest.jp/pin/544091198722265425/

景色の良い大開口の窓にプレーンタイプのダブルシェードをつけています。全開時、カーテンのように左右に生地が残らないのでデッドスペースがなく、お庭の景色がよく見えます。

しかし、サイズが大きい分だけ重量があり、開閉の負担が大きくなりやすいので注意が必要です。大きな窓にはコードを引いた分だけ上昇・下降するコード式ではなく、重量に関わらず楽に操作できるドラム式を選びましょう。ボールチェーンを少し引くだけで自動的に上昇・下降をするので操作の負担が少ないです。

カーテンとそろえてシックに:シャープシェード

https://www.pinterest.jp/pin/462041243010361047/

エレガントなホワイトインテリアに、シェードとカーテンのブラックのラインがアクセントになっています。カーテンと同じデザインですが、小窓はシャープシェードにすることでよりスッキリとした印象になります。

長め丈でふんわり感をアップさせる:ムースシェード

https://www.internet-interior.com/cgi/shade/index.cgi?mode=detail&id=20070513192358&id2=20070514113008

ムースシェードは、生地中央に入っているコードで生地をふんわりとソフトに引き上げるのが特徴です。縦長の窓に適していて、やさしくエレガントな雰囲気になります。ロマンティックやフェミニンなコーディネートと相性が良いです。

布が上がった状態でふんわりときれいなシルエットにするためには、実際の窓の高さよりも大きめに作成するのがポイントです。ゆとりを持たせることでよりやわらかな印象を演出できます。

独特のフォルムで非日常感を演出:ピーコックシェード

http://www.curtain-nakamura.co.jp/page14.htm

個性的な形状のピーコックシェードが非日常感を演出します。布を下ろして彩り豊かな花柄の生地をしっかりと見せたり、布を上げてピーコックならではのフォルムを見せたりと、昇降によって印象をがらりと変えられるのがポイントです。丸みのあるインテリアとのバランスも良く、インパクトのあるフォルムがリゾート気分をさらにアップさせてくれます。

フリル付きでロマンティックに:バルーンシェード

https://www.pinterest.jp/pin/681099143638884795/

淡いイエローで統一したインテリアの中でも、一際エレガントな印象のバルーンシェードに目を奪われます。裾のフリルがかわいらしく、ロマンティックな雰囲気を醸し出しています。ワントーンコーディネートにバルーンシェードの豊かな質感がよく映えます。

細やかなウェーブでエレガントに:オーストリアンシェード

https://www.pinterest.jp/pin/602215781394053195/

オーストリアンシェードはたっぷりとった生地のドレープ感が美しく、空間をラグジュアリーな雰囲気で満たしてくれます。繊細なウェーブが際立つレースなどのやわらかい生地での作成に適していて、フェミニンなインテリアによく合います。布を下ろした状態で飾るのが基本なので、頻繁に開閉する窓への設置は避けた方が無難です。

オーストリアンシェードは、カーテンバランスと合わせることでより豪華な印象になります。クラシックやホテルライクなインテリアにぴったりです。

ファブリックにはないざっくり感がポイントに:バンブーなどの木製シェード

https://www.pinterest.jp/pin/376613587592997038/

布ではない素材のシェードも独特の雰囲気が面白く、コーディネートのポイントになります。バンブーやジュートなどを編んで作った木製シェードは、ざっくりした網目から漏れるやさしい光がお部屋に自然な雰囲気をもたらしてくれます。アジアンやナチュラルスタイルに最適です。

まとめ

窓周りはカーテンにする方がとても多いので、ローマンシェードを取り入れるだけで他の人とは違うこだわりのお部屋・おしゃれなお部屋を演出できます。

また、色柄だけでなくシェードの形によってもお部屋の雰囲気がガラッと変わり、一味違う仕上がりにすることができるのも大きな魅力です。

使い勝手が良くてスタイルも豊富なローマンシェードを、ぜひ窓周りに検討してみて下さい!