Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2020/01/15

【出窓をシンプルに飾り付けるインテリア】おしゃれアイテムとコーディネート事例10選をご紹介!

河野ゆみこ
著者:河野ゆみこ (二級建築士/インテリアコーディネーター)

住空間設計室CUBE代表。一般社団法人感性ひらく空間代表理事。 住宅設備メーカーや住宅コンサルタント会社での勤務を経て独立。日常の中に非日常を感じさせる住空間づくりをコンセプトとし、住宅やオフィス・医療施設・店舗など約1200件の設計やインテリアコーディネートに携わるほか、セミナー講師、コラム執筆も行っている。

室内が広く開放的に見える出窓は、お気に入りの物を置いたり飾ったりする場所として人気です。視線を集めやすい場所でもあるため、その部屋のインテリアにアクセントを加える効果も持っています。

せっかくある出窓をよりおしゃれに演出することは、部屋全体をセンス良く見せることにもつながりますからこだわりたいですよね。

この記事では、出窓をシンプルに、けれどスタイリッシュに演出するためのアイテムと、素敵な演出がされた事例を紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

シンプルにおしゃれな出窓を演出したいときにおすすめのインテリア

https://www.pinterest.jp/pin/581386633128725591/

出窓は壁よりも外に出っ張った状態で設置されているため、外からの光が入りやすい分目立つ場所です。室内に入ってきた時に自然と視線が行くポイントをフォーカルポイントと言いますが、出窓はまさに存在するだけでフォーカルポイントになり得る場所なのです。

家族だけでなく来客の視線も集めやすいということは、出窓をどう演出するかでその部屋の印象を決めるということ。何をどのように使うかをじっくり考えながら組み合わせていくのがおすすめです。

ガラス製品を置いて光を拡散する

https://www.pinterest.jp/pin/686939749385919406/

出窓は、形によっては正面だけでなく両サイドや上部からも光が入ってくるため、室内の中でも特に明るい場所です。一般的な窓よりも光が多方向に広がるので、出窓部分に同じように光を拡散するガラス製品を置くと見映えがするだけでなく、拡散した光によって明るい印象を与えてくれます。

ガラス製の花瓶を並べる、ハ―バリウムを飾る、カーテンレールを使ってサンキャッチャーを吊り下げるといった工夫をすると、おしゃれに加えて明るさも手に入ります。

観葉植物を飾れば癒しのスペースに

https://www.pinterest.jp/pin/572168327661417623/

壁から出っ張った状態の出窓には、必ずカウンター部分があります。出窓の奥行や横幅によってその広さは異なりますが、ディスプレイスペースとしては手頃な広さです。

このカウンターに観葉植物を飾ると、室内がナチュラルな雰囲気になってリラックスできる空間を演出できます。光が必要なハーブを並べるのもいいですね。

カウンターにただ横並びにするだけでなく、ワイヤースタンドや木製ボックスなどを使って高低差をつけると、さらにセンスのいい印象になりますよ。

写真や絵を置いてディスプレイコーナーに

https://www.pinterest.jp/pin/713609503438191370/

出窓部分をギャラリーのような雰囲気にしたいなら、写真や絵を置くのもひとつの方法です。出窓部分に集約して飾ることでフォーカルポイントになりますし、アーティスティックなコーナーになってとてもおしゃれ。

大きな写真や絵だと存在感が出せますが、外からの光を妨げたくないなら窓の高さの半分以下におさまるサイズを選ぶといいでしょう。額の素材を統一すると、数点飾ってもごちゃごちゃした印象になりません。

ガーランドで立体感を出す

https://www.pinterest.jp/pin/594756694517341307/

ガーランドとは、花や葉を使って作られたリング状の装飾アイテムを指します。最近はリング状にはせず、布を使ってフラッグ状にしたガーランドも人気ですね。

出窓は見方によっては劇場のステージのような雰囲気を持っていますから、まさにステージの幕のように装飾する意味合いを込めてガーランドを飾るとおしゃれです。出窓の高さを生かして窓丈夫にアーチ状につけると、個性的な演出ができます。

照明器具でよりドラマティックに

https://www.pinterest.jp/pin/349803096044462245/

日中だけでなく夜も出窓の演出を楽しみたいなら、スタンドライトを置いてライトアップしてみましょう。スタンドライトはふんわりとやわらかい明かりが広がる照明器具で、小さめタイプを置くだけで間接照明の役割を果たしてくれます。

最近人気のワイヤーライトを使うのもおすすめ。LEDタイプなら器具本体が熱くなりませんから、オブジェや観葉植物の間を縫うように配置したり、出窓の枠に沿ってイルミネーションのように見せたりすると、夜のくつろぎタイムがさらに楽しみに。

シンプルながらおしゃれに演出された出窓コーディネート事例10選

https://www.pinterest.jp/pin/349803096039886647/

さまざまな方法で演出することで、インテリアをもっと楽しめる出窓はとても魅力的なアイテムです。ここからは、シンプルながらおしゃれに演出されている出窓コーディネートの事例を10例紹介していきます。

モダンでクールな雰囲気の出窓コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/508977195370000943/

白と黒、そしてその中間色であるグレーだけでまとめた大人っぽいコーディネート。花瓶やキャンドル、オブジェなどを無地で統一することですっきりとまとまっています。出窓のガラス枠と額縁とが長方形でそろっているため、アイテム数は多くてもスタイリッシュな雰囲気たっぷり。

ミニガーテンのようなナチュラルな印象の出窓コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/839006605554139086/

ミニサイズの観葉植物を飾ることで、小ぶりな出窓が癒しにあふれたディスプレイコーナーに変わったコーディネートです。ワイヤースタンドで圧迫感を抑えながら高さを出しているため、それぞれの観葉植物の間に余白が生まれて絶妙なバランスが楽しめる場所になっていますね。観葉植物を育てる楽しさも毎日味わえそうです。

懐かしさを感じさせる自然素材を使った出窓コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/485051822349060032/

木の窓枠に合わせて流木を無造作に渡し、レトロテイストのラジオやブックスタンド、ブリキの箱などを置いたコーディネート。古き良き時代を感じさせる懐かしさにあふれています。シンプルですがお気に入りの物だけを集めたという印象が強く、すっきりまとまっています。流木の大胆な形がおしゃれなイメージを高めていると言えるでしょう。

美しいライティングが映えるラグジュアリーな出窓コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/667447607248940075/

出窓といえば明るいというイメージですが、夜ならではの楽しみ方を実感するのがこちらの事例。観葉植物やオブジェなどをワイヤーライトでライトアップすることで、美しいディスプレイコーナーが出来上がります。ややクラシカルなテイストでラグジュアリーな雰囲気が堪能できるコーディネートですね。

色の数を抑えたシンプルモダンな出窓コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/349803096042691213/

額やプランター、オブジェなどをモノトーンでまとめた中に観葉植物の緑が映えるさわやかなコーディネートです。飾っているアイテムの高さをすべて変えるだけでなく、上から木製オーナメントを吊り下げることで動きを出し、視線をあちこちに流す効果が利いていて見飽きないですね。

アンティーク雑貨の世界にひたれる出窓コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/593701163346958581/

古びた質感の木に合わせてラックやミニチュアかごをディスプレイしたかわいいコーディネートです。アンティークな雰囲気たっぷりで、雑貨店のようなセンスの良さが光ります。カーテンボックスに木材を張ったり、出窓サイドの壁にレンガ調のウォールステッカーを貼るなど細部までこだわっていますね。

来客を迎えるガーランドで楽しい気分が高まる出窓コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/362187995013439856/

出窓の高さを生かしたディスプレイが効果的なコーディネートです。木製ラックを使って並べられた数々の観葉植物の上に、ガーランドがアーチ状に飾られてまるでウェルカムボードのような楽しさ。室内に庭ができたようなリラックス感があり、観葉植物を育てる楽しみがいっそう高まりそうです。

優しい雰囲気が広がる上品な出窓コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/349803096039784391/

清潔感のあるホワイトカラーでまとめられた上品なコーディネートは、優しい印象を与えます。奥のレースカーテンと、手前に飾ったキャンドルや額・ガラスの小瓶のテイストが揃っているため、スペースの空きがなくても雑然さがありません。中央から吊り下げたブリキバケツがほどよいアクセントに。

レトロテイストの落ち着いた出窓コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/349803096039785205/

すりガラスやステンレスカウンターといった古民家のような味わいの出窓に合わせて、装飾を抑えたオブジェや小さめの観葉植物で落ち着いた雰囲気を演出したコーディネート。ガラスの棚や花瓶で圧迫感を抑え、日常生活に溶け込んだ親しみやすい印象を感じさせますね。どこか懐かしさがあってほっとするテイストにまとまっています。

シンプルさが際立つ出窓コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/349803096039768986/

出窓のサッシやカウンターに合わせてホワイト一色にまとめたシンプルなコーディネート。高さが異なる観葉植物を、出窓カウンターの奥行を生かして前後にずらしながら並べることで、単調さがなくなります。窓の外の自然と調和してリラックス感が高まるだけでなく、品の良い雰囲気が広がっています。

まとめ

出窓がある家はそれだけでおしゃれな雰囲気を感じさせますが、さらにこだわった演出を加えることでセンスアップできるのはうれしいですね。

小物や観葉植物を並べるだけの簡単なコーディネートでも、室内のインテリアに素敵なアクセントになる出窓。この記事を参考に、ぜひお気に入りのコーディネートを楽しんでみてください。