Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【おしゃれなラジオ10選】インテリアのプロが選ぶ名脇役。ラジオはデザインで選ぶ

松田ともみ
著者:松田ともみ (インテリアスタイリスト)

大学で空間デザインを学んだのち、大手ハウスメーカーで10年以上インテリアコーディネーターとして勤務。高級家具メーカーでのスタイリストを経て、現在はライターとして ”年齢を重ねても健やかで美しい暮らし” のご提案をしています。インテリアコーディネーター有資格者。季節に寄り添うワークショップやお茶会を開催しています。森の近くのマンションで、夫とのんびりふたり暮らし。

https://twitter.com/haru_tea_1003

おしゃれなラジオで、おうち時間を楽しくしませんか?

音楽のサブスクやインターネットサービスも増え、ラジオは懐かしい世代のものと思っている方もいらっしゃるかもしれせん。でも実は今も変わらず人気があるコンテンツです。

Bluetooth(ブルートゥース)接続で音楽再生ができるものも多く、インドア・アウトドアで活躍するラジオ。今回は配信コンテンツとしてだけではなく、インテリア映えするおしゃれなラジオをたっぷりご紹介します。

インテリアを格上げするおしゃれなラジオを選ぶポイント

https://unsplash.com/photos/UwooAVFu6SI

ラジオはソファやテーブルと異なり、インテリアの「脇役」としてスパイス加えられるアイテムです。レトロなデザインから、スタイリッシュなものまでデザインも豊富。

まずは、部屋の雰囲気に合うラジオの選ぶ際の押さえておきたい2つのポイントをお伝えします。

ポイント1. サイズと機能を知る

https://unsplash.com/photos/sN4u56baSB0

まずは、使用する場所によってサイズを検討しましょう。

自宅で仕事をする方も増え、デスクまわりでの需要も多いかと思います。専用の部屋や大きな机を持たず、ダイニングスペースや寝室の一角を使っている場合は、持ち歩きに便利なコンパクトサイズがおすすめ。

現在発売されているラジオは、ケーブル利用あるいはBluetooth対応でスピーカーとして使えるラジオがほとんどです。オーディオ機器やスマートフォンと接続して、音楽や動画の音声を楽しめます。オーディオ機器と有線接続する場合は、その分のスペースが必要になるため電源(コンセント)との距離も含めて、設置場所を考える必要があります。

余談ですが、AM放送エリアでFM放送用として使用できる周波数を加えた「ワイドFM(FM補完放送)」対応のラジオもあります。ノイズの入りにくいFM放送でAMもクリアな音でラジオを聞けますよ。(周波数90.0~94.9MHz)

※詳しくは総務省サイトをご参照ください。https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/housou_suishin/fm-seibi.html

 

ポイント2.インテリアスタイルに合うデザインを定める

https://unsplash.com/photos/S_3uPi5IWIE

部屋全体をどんなインテリアスタイルにするかを定め、それに合うラジオを選びましょう。

インテリアスタイルの多様化に伴い、家電デザインもの幅も広がりました。いかにも電化製品と言うメカニカルなものから、一目見ただけではそれと分からないものもあります。ナチュラルな空間に合わせる電化製品は難しいと思われがちですが、木製フレームやホワイトカラーの物はコーディネートしやすいですよ。

続いてインテリアスタイル別のおすすめラジオをご紹介します。ぜひお好みのラジオを見つけてくださいね。

 

インテリアに映えるおしゃれなラジオ 10選

レトロインテリアに映えるラジオ 2選

1.ポケットにおさまる60’s-70’s アメリカンモダン/Beetles/Divoom

https://www.pinterest.jp/pin/294634000631822463

手のひらサイズのラジオも聴けるBluetoothスピーカー『Beetles(ビートルズ)』。アメリカンレトロなデザインがキュートなこのラジオは、デスクやダイニングテーブルの上に置いても邪魔にならないサイズ。家事をしながら、在宅ワークのお供に、ご自宅で好きな場所に持ち運べてとっても便利です。

価格・スペック

¥6,399(税込)
幅4.8 ×さ高6.5×奥行3.5 (cm)

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/456974693442493366/

レトロなデザインは、少し無骨なインテリアにぴったり。渋い雰囲気の書斎やホームオフィスのデスクに置いてみてください。濃い色の木製家具に、深い緑やえんじ色を組み合わせるとスタイリングしやすいでしょう。

 

2.まるで上品なハンドバッグのよう!エレガントな/Roberts Radio R300/Robert社

https://www.pinterest.jp/pin/231161393343141112/

英国王室御用達のRoberts Radio(ロバーツラジオ)は、1950年代に「揺れるラジオ」という名前で大ヒットしました。現在販売されているのは復刻版。日本仕様モデルの「R300」は、赤・青・緑の3色展開で、FM・AMともに受信可能です。

価格・スペック

¥40,150(税込)
幅25.5×高さ15.5×奥行12.5(cm)

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/294634000631822715/

レディライクな印象のシルエットのラジオなので、エレガントな部屋に置くと甘すぎてしまいます。シンプルで明るい空間にビンテージ家具をプラスしてバランスを整え、ソファ横のサイドテーブルに置くなど、アクセントとして生かしてみてください。

 

モダンインテリアに映えるラジオ 2選

1.     ロケットみたいな形のクールな本格ラジオ/ BLE Radio HRS-DT01/Hint

https://www.pinterest.jp/pin/467318898825263249/

ラジオ局と共同で制作した「ラジオのためのラジオ」。360度、どの方向に対しても音を拡散する「無指向性スピーカー」を内蔵し、声に特化した音を提供します。スタイリッシュな円筒状のデザインがモダンなインテリアになじみます。

価格・スペック

¥24,200(税込)
径8×高さ29.7(cm)
ワイドFM(AM非受信)

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/253538654010763364/

ミニマムなモダンインテリアに溶け込むスタイリッシュなラジオ。モノトーンの空間は、シルバー・ブラックいずれも相性がよいでしょう。円筒状のすっきりしたデザインは空間を邪魔しません。写真の様にパーソナルチェア横にフラワーベースと並べて、家電ではなく1つのアクセントになる小物として生かすのがポイント。

 

2.名作ラジオがインターネット対応型に進化/Radiocubo.it/Brionvega

https://www.pinterest.jp/pin/568931365408986466/

1945年イタリアに設立された「BRIONVEGA’(ブリオンベガ)社」の名作ラジオ。イタリアンモダンを体現したデザインは、今なおスタイリッシュなインテリアにマッチします。FMラジオ(76MHz~90MHz)としてはもちろん、Wi-FiやiPhone・iPodの接続にも対応しています。

価格・スペック

¥66,000(税込)
Open時 幅26.5×高さ13×奥行11.5(cm)
Close時 幅23 ×高さ13×奥行13(cm) 

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/174796029261464133/

鏡面仕上げのホワイトキャビネットなどの上に置いてみましょう。艶感のある家具を使ったモノトーンインテリアにぴったり。木製フローリングではなくタイルや大理石といった、クールな印象の床材ですっきりとした雰囲気に。

 

北欧・ナチュラルインテリアに映えるラジオ 2選

1.上品な北欧インテリアにマッチ/MODEL ONE DIGITAL/Tivoli Audio

https://www.pinterest.jp/pin/54324739237614117/

2000年に設立された「Tivoli Audio」社のラジオ「MODEL ONE DEGITAL」は、これまでのモデルをハイブリットHi-Fiオーディオとしてよみがえらせました。手作りの木製フレームが金属の冷たさをやわらかく包み、ナチュラルなテイストにもあわせやすいデザインになっています。

価格・スペック

¥50,600(税込)
幅22.2×高さ11.5×奥行14(cm)

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/334744184795193612/

シンプルで洗練された北欧インテリア空間。金属部の鈍い輝きと華奢なラインのフレームが、センスよくアクセントになります。ホワイトや薄いグレーと明るい木の組み合わせで、空間を構成してみましょう。

 

2. ウッディで丸みのあるかわいいフォルム/イコノ ツープラス/IKoNO

https://www.pinterest.jp/pin/751467887793504548/

ローズウッドとパインの2種の木材を使い、やわらかい形と風合いがナチュラルなインテリアに映えます。金属やプラスチック製品が多い中、ひとつひとつ手作りで仕上げられた珍しい木製のラジオです。AM・FMラジオ+外部スピーカー(有線)として使用できます。

価格・スペック

¥26,180(税込)
幅19×高さ13.5×奥行12(cm)
FM=76.0〜108.0MHz
AM=525〜1605KHz

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/296463587975721696/

ナチュラルなインテリア空間に、メカニカルなアイテムは似合いません。電化製品とは思えないやさしい雰囲気の木製ラジオなら、写真のような木製の棚やキャビネットの上にそっと置いてみましょう。部屋の印象を変えることなくラジオ放送や音楽を楽しめます。

 

西海岸インテリアに映えるラジオ 2選

1. 渋みのあるかっこよさに惚れる/ Radio UVZZ-10065/Amadana Music

https://www.pinterest.jp/pin/32369691055162632/

スタイリッシュな家電を生み出し続けている「amadana(アマダナ)」と「ユニバーサルミュージック合同会社」との共同企画でできた「Amadana Music」。新しいブランドから発表された、あめ色の渋みがある木部とブラックのコントラストがかっこいいラジオです。

価格・スペック

¥19,580(税込)
幅24×高さ10×奥行5(cm)
FM=76-108mhz

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/294634000631829985/

肩の力を抜いたラフさと使い込まれた家具、暮らしになじんだ風合いが素敵な西海岸インテリア。写真のように使い込まれたブラウンカラーがベースの部屋には、機械っぽさが少なく赤みのある木質カラーのラジオは好相性です。

 

2. 世界各国のラジオを受信できる優れモノ/ R1 Mk4 Deluxe Bluetooth Radio/ ruarkaudio

https://www.pinterest.jp/pin/23573598040792687/

世界中で高評価を得た高品質のサウンドがさらに磨かれ、さらにはアメリカ・韓国など日本以外のFMも受信できるようにモデルチェンジされました。コンパクトなボディから聞こえる、高音質のサウンドを部屋中に響かせられます。

価格・スペック

¥49,500(税込)
幅17.5×高さ13×奥行13.5(cm)

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/77405687332456229/

メカニカルな部分と表面の木部がバランスよいデザインのラジオです。観葉植物などグリーンをほどよくプラスしましょう。自然素材を生かした西海岸スタイルでも、機械っぽさがほどよいアクセントになります。あえてラフな仕上げのボードに置いてみましょう。

 

インダストリアル&塩系インテリアに映えるラジオ 2選

1.重厚感のあるダークなインテリアに加えて/ラジオ TY-AR55/東芝

Amazon

骨太なデザインの東芝製ラジオ。ダイヤルでチューニングする使い慣れたスタイルで、扱いがシンプルなのも嬉しいポイント。ワイドFMにも対応しており、高音質でラジオを楽しめます。

価格・スペック

¥4,675(税込)
幅29.4×高さ16.8×奥行10.8(cm)
‎AM=522~1,620kHz
FM=76~08MHz

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/294634000631835568/

メンズライクな書斎やホームオフィスを、よりかっこよく見せるデザインです。ぜひ写真のようなクールなデスクまわりでコーディネートしてみて。部屋全体をダークトーンでまとめるのがポイント。壁や床を濃い色にして、デスクなどもブラックウォールナットなどのダークブラウンで重めのスタイリングに。

 

2. モダンデザインの革命児による美しいラジオ/ラジオクロック BNC010BK-SRC/BRAUN

Amazon

家電のデザインに革命を起こしたBRAUN(ブラウン)。1920年代にラジオ受信機を完成させた、ラジオ部品の製造会社からスタートしました。現代にいたるまで、ミニマルで美しい電化製品を作り続けるBRAUNのラジオ付きデジタルクロックです。

価格・スペック

¥11,550(税込)
幅18×高さ9×奥行4.6(cm)

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/294634000631835879/

塩系インテリアとも呼ばれるようになった、グレーをベースとしたクールですっきりした内装。細部の印象にもこだわったBRAUNのラジオは、シンプルで繊細な空間の中で確かな存在感を発揮させます。写真のような異素材であるコンクリートや石のカウンターに無造作に置いてみると、印象的なアイキャッチになります。

 

こんなコーディネートにも挑戦したい!おしゃれなラジオのコーディネート事例

シックエレガント×ビンテージラジオ はずしテクニックで印象的に

https://unsplash.com/photos/5LklMPchulQ

使いこんだ味わいのあるラジオを、あえてエレガントな空間に置いて違和感を生かしたスタイリングです。木製品ではなく、大理石などの艶感がある素材と組み合わせるのがポイント。

 

グランピングやキャンプに アウトドアラジオを楽しもう!

https://www.pinterest.jp/pin/643311128004064373/

人気のグランピングやキャンプなど、アウトドアで過ごす時間のお供にラジオやオーディオを持ち込む方も増えてきました。充電式・防水仕様のラジオを持って、外での寛ぎのひとときを楽しんでみては?

 

まとめ

ラジオは、生活に潤いのある時間をもたらしてくれるアイテムです。

新しい生活様式によって、おうちで過ごす時間も増えています。音楽だけでは少し物足りないけれど、テレビや動画をじっくり見ることはできない時など、ラジオはとても楽しいコンテンツとなります。

電化製品はインテリアの中で浮いてしまうこともありますが、デザインバリエーションの多いラジオは逆に空間のよいアクセントになります。ぜひ素敵なラジオで、日々の暮らしを彩ってくださいね。

Hello Interior LETTER

インテリアのヒントがメールで届く!!