Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【おしゃれなティッシュケース10選】インテリアのプロが選ぶインテリアに映える逸品をご紹介

ジツカタナミ
著者:ジツカタナミ (インテリアコーディネーター)

武蔵野美術大学空間演出デザイン学科卒。インテリアコーディネーター資格取得後、インテリアショップにてお客様へコーディネート提案と社内接客サービス向上業務に携わりました。現在は子育てをしながら、ライターとしてインテリアと暮らしについて発信しています。「楽しく・らしく・暮らす」をモットーに、お家がますます好きになるようなインテリアアイデアをご提案していきます。

「素敵なインテリアコーディネート」の数あるポイントのひとつが「生活感を出さないこと」です。

ここで言う生活感とは、日常で使用する生活用品のパッケージやラベリングなどがあり、極力隠すだけでもコーディネートがグッとおしゃれに見えます。
中でも使用頻度が高くあらゆる部屋にあり、生活感が出てしまうものがティッシュです。ぜひポイントをおさえたケースを選び、ひと手間加えて洗練したインテリアに仕上げましょう!

今回はさまざまなデザインやテイスト、素材のティッシュケースをコーディネート事例と合わせてご紹介いたします。

 

目次

インテリアを格上げするおしゃれなティッシュケースを選ぶポイント

周りのアイテムと形状・素材を揃える

https://www.pinterest.jp/pin/51650726968139353/

インテリア事例として、ティッシュケースは後から買い足すことがほとんどです。デザインも似たもので揃えることが理想ではありますが、近年の豊富なデザインの中から全く同じものを探すのは困難な場合もあります。
そんなときはすでにレイアウトしてあるインテリアアイテムと「素材」を合わせることがティッシュケース選びのポイントです。素材が揃っていれば、デザインやテイストの系統に多少の違いがあってもちぐはぐな印象にはなりません。

例として上の写真を見てみましょう。すべてステンレスを使用したモダンな洗面アイテムを並べた様子です。
ティッシュケースだけ四角形ですが、各アイテムの素材の質感が統一されていると、コーディネートが整って見えることがわかります。
木材やレザーなどの天然素材の場合は木材・革の種類や色合いを、ステンレスなどの無機質なものは光沢仕上げかマット仕上げかなどがポイントです。

 

レイアウトする場所とのサイズ感をチェック

https://www.pinterest.jp/pin/590253094891103975/

ティッシュはテーブルや洗面台で必要なものの、場所を取ってしまって定位置が定まらない…。そんな経験があるのではないでしょうか?ティッシュをただおしゃれにレイアウトするには、見た目だけでなく、レイアウトする場所とのサイズバランスを検討する必要があります。

多くのティッシュケースは、商品である箱のまま入れられるようなものが一般的です。
ただ、ベッドサイドテーブルや洗面所などスペースが限られているところではサイズが大きすぎて使いづらく、アンバランスな印象になってしまうことも。

箱から出して詰め替えの手間はかかりますがコンパクトサイズのものを選び、そのスペースとのバランスの取れているレイアウトを心がけましょう。

レイアウトにも工夫する

https://www.pinterest.jp/pin/833447474803695588/

ティッシュケースのレイアウトもスペースに合わせて工夫すれば、見え方が変わり新鮮なコーディネートになります。写真のように吊るすタイプは限られたスペースでもスマートにレイアウトすることが可能です。手の高さに合わせれば使い勝手もよくなります。

ボックス型でも「縦置き・横置き」のどちらでも使用することができるものがあります。料理が並ぶ食事の時は縦置きにして場所を取らないようにし、小さな子どもが使うときは安定感のある横置きにする、など便利です。

インテリアに映えるおしゃれなティッシュケース 10選

日常に馴染むモダンな伝統工芸:SWING:BUNACO

https://www.pinterest.jp/pin/1090997078454824629/

青森県弘前市はブナの蓄積量が日本一です。BUNACOはブランドの名の通り、ブナの木を使用したものづくりで数々の賞を受賞しています。
独自の製法でありブランドが得意とする、「包み込む」という発想から生まれたのがSWING。
親しみやすい曲線と木肌の美しさを活かしたこれまでになかったデザインのケースです。既成のティッシュボックスをそのまま出し入れできるので補充も簡単に行うことができます。明るいナチュラルカラーから、シックなダークブラウンカラー、ブラックカラーと5色展開で幅広いテイストにマッチするのも魅力的なポイントです。

商品データ

価格:¥9,900~¥19,800
素材:天然ブナ材、突板貼MDF
サイズ:W28.5×D16.5×H11cm

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/180918110019304027/

アルネ・ヤコブセンのアントチェアや、ストッケの子ども用チェアなど、デザイン性が高い家具で全体をコーディネートしています。このような空間にもswingのティッシュケースであればコーディネートを損なわずに食卓に置いておくことができます。丸みのある親しみやすいフォルムとデザインをそぎ落としたミニマルさで、写真のようなナチュラルモダンや、ウッドベースの家具を揃えたインテリアにおすすめです。

 

地球環境に優しいインテリアアイテム:TISSUE COVER:MOHEIM

https://store-jp.moheim.com/?pid=166668000

ケース自体の裁断に無駄がなく、ステッチも最小限で仕上げられたミニマルデザインです。ごくシンプルであるからこそ、どんな場所にもマッチします。素材には天然皮革の端材をアップサイクルし、地球環境に考慮したリサイクルレザーを使用。レザー本来の風合いと経年変化を楽しめるので長く愛用でき、環境に優しいインテリアコーディネートが実現します。

商品データ

価格:\10,450
素材:リサイクルレザー
サイズ:W23.5×D13.5×H6cm

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/1090997078454874474/

通常のレザーとは異なった、ラフな手触りと風合いがリサイクルレザーの魅力です。
ナチュラルテイストやヴィンテージテイストとも相性がよく、写真のような木製家具とシャビーな雑貨と合わせたコーディネートもマッチします。ナチュラル寄りにしたいときはベージュカラーを、ヴィンテージ寄りにしたいときはブラックカラーを選ぶといいでしょう。

 

レイアウトに困らないコンパクトサイズ:PICCOLA:DUENDE

https://www.pinterest.jp/pin/1090997078454874355/

暮らしのシーンにスッと馴染む、ちょこんとしたサイズ感のケースです。丸みのある可愛らしいデザインとカラーはインテリアのちょっとしたポイントにもなります。つるんとした清潔感のあるガラスのように見えますが、本体は樹脂なので割れてしまう心配もありません。小さなお子様がいるご家庭でも安心で、あらゆる部屋に気軽にレイアウトすることができます。

商品データ

価格:\2,200
素材:ABS樹脂
サイズ:W13×D6×H13cm

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/1090997078454874485/

スペースが限られているベッドサイドテーブルでも、コンパクトサイズなのでレイアウト可能です。
各色がパステル調の優しい色合いなのでベッドルームのリラックスした雰囲気にも馴染みます。写真は壁紙が濃いのでケースのホワイトがパキッと映えますが、イエローやグリーンを選んで北欧テイストにするのもおすすめです。

 

その場にラグジュアリー感をプラス:ジオメトリックブラック ティッシュボックス:RAFFINATO

https://raffinato-online.jp/items/61a1026ac7258637f5d3533e

ホテルライクなアイテムをお探しの方におすすめなインテリアサイト、RAFFINATO。家具をはじめ雑貨類など、スタイリッシュなデザインのものが多く揃っています。
中でもおすすめしたいのが、こちらのモダンなブラックカラーが映えるシンプルなデザインのケースです。小物収納付きタイプもあり、メイクルームやリビングのちょっとした小物の整理にも役立ちます。
シンプルモダンやラグジュアリーモダンなど、洗練されたポイントアイテムとしてぴったりです。

商品データ

価格:\7,880
サイズ:W20×D10×H14.5cm(ティッシュ収納のみ)、W19.5×D14.5×H14.5cm(ティッシュ収納+小物収納)

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/1090997078454874492/

ホテルの一室のような高級感のあるコーディネートです。クリアガラス、鏡面のメタル、ブラックカラーといったシャープなアイテムがコーディネートのポイントとなります。RAFFINATOのティッシュボックスであれば、直線的なデザインと光沢感があるブラックカラー、アクセントのゴールドのつまみが上質な雰囲気にぴったりです。

 

職人技と計算されたデザインが引き立つケース:ティッシュケース:リーフスタイル

https://www.pinterest.jp/pin/804596289668734373/

ナチュラルとスタイリッシュな雰囲気が両立しているケースです。スッキリとしたフォルムに黄金比からなる十字のラインがあることで、ごくシンプルなのに安定感を感じるように設計されています。また、本体の仕上げをオイルフィニッシュにすることにより手触りはぬくもりのある質感です。ひとつひとつ木目が異なる、天然木ならではのオリジナリティのあるインテリアアイテムとして空間を引き立てます。

商品データ

価格:\23,100
素材:ナラまたはウォールナット
サイズ:W27×D14.5×H8cm

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/4925880833402475/

重厚感のある大人らしいヴィンテージテイストのインテリア事例です。レザーソファとテーブルのデザインにこだわりがあるのを感じます。リーフスタイルのティッシュケースも、天然木ならではの経年変化による味わいが増していくので、同じように経年変化を楽しめるレザーと合わせるのがおすすめです。ウォールナットは写真のようなヴィンテージテイストやレトロなインテリアに、ナラはナチュラルテイストや北欧テイストにマッチします。

 

まるで動物!可愛らしいアクセント:ティッシュボックスカバー:Evelyne Prelonge

https://www.cassina-ixc.jp/shop/g/g2210027003200110/

思わず撫でてみたくなるようなふわふわとしたこちらのカバーは、パリのホームファッションブランドであるエベリン・プロロンジェによるデザインです。ひとつひとつがフランスのアトリエで作られており、見た目にも手触りもエレガントさを感じます。動物保全のことも考えエコファーを使用することにより、本物に近い手触りとドライクリーニング可能でいつも清潔に。人間も動物も嬉しいファッショナブルなインテリアを楽しめます。

商品データ

価格:\14,300
素材:エコファー(アクリル85%、ポリエステル15%)
サイズ:W25×D12×H6cm

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/210050770110355813/

ホワイトトーンでまとめた、ふわふわと居心地のよさそうなコーディネートです。エベリン・プロロンジェのティッシュカバーをレイアウトすれば、まるでネコやウサギがその場で寛いでいるかのような雰囲気に。ソファアームのような手の届く場所やキャビネット上など、どんなところにレイアウトしてもちょこんと可愛らしく馴染みます。

 

ミニマルに秘められた緻密な技術:Idiom Tissue case:AIR FRAME

https://www.pinterest.jp/pin/368450813271501958/

デザインを究極まで削ぎ落とし、凛とした品格をも感じるティッシュケースです。ブランドであるAIR FRAMEは静岡県浜松市にアトリエがあり、メイドインジャパンの高い品質のプロダクトを生み出しています。
こちらのケースも一見するとどうやってティッシュを入れるのかわからないミステリアスさ。職人による緻密な設計での仕上がりです。ブラック、ホワイトの2色展開で男女問わずコーディネートすることができます。

商品データ

価格:\7,700
素材:アクリル
サイズ:W27×D13×H6.5cm

参考コーディネート

モノトーンでがベースとなった空間に、ポスターに本、オブジェがカラーコーディネートのアクセントとなってバランスが取れています。
写真のようにカラフルなインテリアアイテムが多くレイアウトされている場合、パッと目を引くポイント部分以外のアイテムは主張しすぎないデザインのものを選びましょう。AIR FRAMEのミニマルなケースであれば、ティッシュも空間にスッと溶け込み、洗練されたコーディネートをそのまま保つことができます。

 

「磁器×天然木」のナチュラルモダン:kime ティッシュケース:DREAMY PERSON

https://www.pinterest.jp/pin/497718196323819330/

洗練されたシンプルなデザインでありながら、丸みを帯びていることで親しみやすさを感じるケースです。
スタイリッシュとナチュラルが共存する、マットな質感の磁器と天然木の組み合わせはナチュラルモダンや和モダンにもマッチします。
木工が盛んな旭川で作られ、小さいながらも家具に引けを取らない品質の高い仕上がりに。銘木の持つ品格と味わいを堪能することができます。

商品データ

価格:\22,000
素材:ビーチまたはチェリーまたはウォールナット、磁器
サイズ:W26.6×D13.9×H5.6cm

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/1090997078454959671/

ケース本体の天然木はウレタン塗装仕上げなので水や汚れにも強く、使用頻度が高い場所でも安心してレイアウトすることができます。清潔感もあるので写真のようなキッチンダイニングにぴったりです。
ケースは周りの家具や床の色、壁面のトーンに合わせるとスッキリと統一感のあるコーディネートになります。

ティッシュを美しく見せるデザイン:ティッシュボックス:YAMASAKI DESIGN WORKS

https://www.pinterest.jp/pin/1090997078455034461/

YAMASAKI DESIGN WORKSは日用品を新たな視点で見つめ、さらに突き詰めた新しい日用品として数々のプロダクトを生み出しています。このケースもデザイナーのティッシュに対する「ヒラヒラがなんだか気になる」という体験談をもとにデザインされました。
ティッシュがヒラヒラしないような設計で、ステンレスに沿うようにスッと取り出す行為も、ティッシュをレイアウトすることも上品な印象に。縦置きを含め3パターンでレイアウト可能で、リビングや洗面所などあらゆる空間にマッチします。

商品データ

価格:¥6,930~\11,000
素材:メイプルまたはチェリーまたはウォールナット、ステンレス
サイズ:W28.4×D8.2×H12.5cm

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/3237030974298547/

ケースの木材部分はメイプル・チェリー・ウォールナットのほかに、拭き漆で仕上げたものもあります。
ステンレスのモダンさと漆のツヤは、写真のような洗練された和モダンテイストにもふさわしい雰囲気と質感です。ごくシンプルなデザインなのでステンレスや木材、漆の質感が際立ちます。

 

大人のインテリアにふさわしいアイテム:tissue box:Cassina ixc.

https://www.cassina-ixc.jp/shop/g/g4900003132608/

モダンなデザインと品質の高さで世界中で支持されている、イタリアの老舗ブランドオリジナルのティッシュボックスです。上質な牛革ならではの手触りと、経年変化で長く愛用することができます。センスの高い編み込みのデザインもアクセントに。まさに本物で揃えたい、こだわりのあるインテリアのための1品です。家族や来客と過ごすリビング、プライベートな書斎やガレージなど、あらゆる空間にラグジュアリーさをプラスします。

商品データ

価格:\9,900
素材:牛革 (内装は合皮)
サイズ:W27×D14.5×H7cm

参考コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/1069745717726511129/

レザーは高級なイメージがありますが、メッシュ状の編み込みのあるデザインにより写真のようなラフさのあるヴィンテージテイストにもよく合います。ブラックは重厚でよりシックな雰囲気に、ブラウンはやわらかく軽さのある雰囲気をプラス。シャープなモダンテイストやダークトーンのナチュラルテイストにもぴったりです。

 

こんなコーディネートにも挑戦したい!おしゃれなティッシュケースのコーディネート事例

シーズンイベントに合わせてコーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/1090997078454844371/

クリスマスや新年などインテリアコーディネートが特別仕様になる季節は、ぜひティッシュケースも雰囲気に合うように準備しましょう。日用品もシーズンディスプレイとしてレイアウトすることができる、おすすめの方法です。

車内こそ細部にまでこだわりを

https://www.pinterest.jp/pin/745838388301868839/

ティッシュを使うのは家だけではありません。車のダッシュボードの収納スペースやアームレストにティッシュを置いている方も多いのではないでしょうか?
家のインテリアコーディネートと同様、せっかくの愛車であれば車内インテリアの細部にもこだわりたいところです。
内装のレザーを活かしたモダンテイストや、座席に好きな布を敷けばナチュラルテイスト・サーフテイストなどアレンジも自在に。それに合わせてティッシュケースも選んでレイアウトしましょう。

 

ダストボックスも合わせておしゃれにレイアウト

https://www.pinterest.jp/pin/1090997078455034500/

ティッシュケースとセットでレイアウトしたいのが、ダストボックスです。
「使う→捨てる」といった動作がスムーズなのは、住み心地のいいインテリアの大切なポイントであると言えます。その際、やはり自然と視界に入るものなのでケースと同様におしゃれなもので揃えましょう。

 

まとめ

インテリアコーディネートに統一感を出したり、空間のアクセントとなるようなユニークなデザインのティッシュケースをご紹介しました。

ティッシュは毎日のように使い、その都度視界に入るものです。だからこそ、きちんとコーディネートに合うケースに収納しておくことで、細部にまでこだわりのある素敵な空間になります。
ぜひ今回の記事を参考にケースを選んでいただき、リビングやベッドルーム、洗面所などのコーディネートを仕上げてくださいね。

Hello Interior LETTER

"こだわりのある大人" のための
インテリアのヒントをメールでお届け

インテリアのプロが毎月2通配信♪