Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

アルマーニのインテリアの人気の秘密を探る。アルマーニカーザの洗練されたデザインを堪能する

イタリアのトップブランド「アルマーニ」といえば、男性の洗練されたスーツをはじめ、モードの帝王とも呼ばれるデザイナー「ジョルジオ・アルマーニ」の手掛けるシンプルで機能的かつ、美しいシルエットのアイテムが有名です。

アルマーニブランドは様々なブランドラインを展開しており、セカンドラインのファッションブランド「エンポリオアルマーニ」などのほか、インテリアラインを扱う「アルマーニカーザ」や、チョコレートブランドの「アルマーニドルチ」、ホテル事業を手掛ける「アルマーニホテル」など、その活動は多岐に渡ります。

今回はそんなアルマーニのブランドラインの中から、インテリアアイテムを取り扱うアルマーニカーザを中心に、アルマーニのインテリアの魅力を探っていきたいと思います。アルマーニがお好きな方や、洗練されたイタリアンモダンインテリアがお好きな方など、インテリアコーディネートの参考にしてみてはいかがでしょう。

アルマーニのインテリア が何故支持されるのか?インテリアのプロがその人気の秘密を紐解く

アルマーニのインテリアとは?

アルマーニブランドを率いるのは、ご存知の通りイタリアのファッションデザイナー「ジョルジオ・アルマーニ」氏です。アルマーニ氏は、1934年にイタリアに生まれ、百貨店のディスプレイデザインや紳士服のバイヤーの経歴を経て、1960年代後半、イタリアのメンズウェアブランド「ヒットマン」のデザイナーとして活躍します。1970年代、デザイナーとして独立すると、1975年に建築デザイナーである「セルジオ・ガレオッティ」と共に、自身の名を冠するファッションブランド「ジョルジオ・アルマーニ」を設立します。

アルマーニのコレクションは、瞬く間にその機能的で美しいデザイン性と、素材へのこだわり、着心地の良さなどから、イタリアのモードファッションを牽引するトップブランドとして、登り詰めていくことになります。特に転機となったのは、1980年に公開されたアメリカ映画「アメリカン・ジゴロ」で、主演の「リチャード・ギア」の衣装を担当したことから、アルマーニのファッションと映画業界との関係性が高まりました。多くのハリウッド俳優たちが授賞式などでアルマーニのファッションを身につけるなど、その人気は世界的なものへとなっていきます。

そんなアルマーニが、初めてインテリアアイテムを手掛けたのは、1982年のことでした。ミラノのドゥリーニ通りにあるオフィスのためにアルマーニがデザインしたのは「LOGOランプ」という、アルマーニらしいシンプルでありながらも美しいフォルムを持つ照明器具でした。本格的にアルマーニがインテリアブランドライン「ARMANI/CASA(アルマーニ カーザ)」を設立したのは2000年のこと。家具や照明、インテリアアクセサリーなどのほか、テキスタイルや壁紙など、ファッションを基点として生活空間にまで波及していくアルマーニの世界観を作り出すあらゆるアイテムを取り扱っていくことになります。

2004年には「アルマーニカーザ インテリアスタジオ」が設立され、アイテムのデザインだけではなく、空間そのものにアルマーニの世界観をデザインすることを目指します。2010年に、世界一の高層ビルとしても知られるドバイの「ブルジュ ハリファ」と、その後イタリアミラノにもアルマーニホテルをオープンした際などにも、アイテムからインテリアデザインに至るまで、アルマーニの世界観が表現されています。このアルマーニの世界観を再現する、インテリア空間づくりにも妥協を許さず向き合う姿勢は、完璧主義でも知られるアルマーニ氏の志がファッションのブランドライン以外の各ブランドラインにも根付いてることの証明とも言えるでしょう。

日本においては、「アルマーニ」といえばファッションブランドとしての知名度が高く、特に洗練された大人の男性に支持されるブランドとして知られています。2007年にオープンした東京都銀座の旗艦店「アルマーニ/銀座タワー」には、レストランやファッションなどアルマーニの幅広いブランドのラインをフロア毎に展開しており、地下1〜2階にはアルマーニカーザを展開しています。実際に展示されている家具やインテリアアイテムを見ることができるので、落ち着いた色使いと洗練されたエレガンスを体現するアルマーニの世界観を感じたい方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。

参考:ARMANI VALUES HP「沿革」
https://armanivalues.com/ja/overview/our-history/

参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)「アルマーニ」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%8B

参考:ARMANI/CASA HP「ブランド誕生から20年」
https://www.armani.com/ja-jp/experience/armani-casa/20%E5%91%A8%E5%B9%B4

アルマーニのインテリアのスタイル

アルマーニカーザが取り扱うのは、家具や照明などの大きなインテリアアイテムから、ホームデコレーションやテーブルウェア、ラグやクッションなどのファブリックアイテムまで、様々なカテゴリーのアイテムが充実しています。その他、気軽に取り入れることはできませんが、リフォームなどの機会がある方なら、壁紙やカーテンなども取り扱っているので、お家を一つのブランドで統一したい方にもおすすめです。

アルマーニのインテリアアイテムは、アルマーニのファッションにも通じる、ジョルジオ・アルマーニ氏のデザイン美学が感じられます。機能的でシンプル、しかしエレガントで上質な佇まいとフォルムにより、落ち着いた高級感のある洗練されたイタリアンモダンスタイルを表現しています。黒やグレー、ブラウン、ベージュなど、全体的に落ち着いたカラーは、素材の質感やフォルムによって品の良さが際立ちます。アルマーニホテルのような、上質なホテルライクなインテリアスタイルや、洗練されたイタリアンモダンスタイル、ラグジュアリーなアーバンモダンなどのインテリアスタイルのほか、和のテイストを取り入れたアイテムも多いので、ラグジュアリーな和モダンスタイルとも相性の良いブランドです。

家具などの価格帯は数十万円〜百万円ほどと高価ですが、テーブルウェアやファブリックアイテムなどは数万円台から購入できるので、アルマーニのアイテムを気軽に取り入れてみたい方には、インテリア小物類がおすすめです。カーテンやソファに使われるファブリック、クッションやラグ、テーブルウェアのマットやナプキン、バスローブやタオル類などの布製品のデザインや質が良いので、上質なファブリック系アイテムがお好きな方にも密かにアルマーニのインテリアアイテムは人気となっています。

アルマーニのインテリアの評判

ホテルライクなインテリアスタイルは、シンプルで統一感があり、特別感と落ち着いた雰囲気を併せ持っており、近年人気の高いインテリアスタイルです。アルマーニのアイテムは、そんなホテルライクなインテリアスタイルのコーディネートとの相性がとても良いブランドです。ドバイやイタリアにあるアルマーニホテルのコーディネートも参考になりますね。

ここではそんなアルマーニのアイテムを実際に使用している方の感想を参考に、その魅力を探っていきたいと思います。今回は気軽に取り入れることのできる上に、ホテルライクなインテリアコーディネートに役立つ、アルマーニのタオルについての意見を参考にして、見ていきましょう。

ARMANI CASA にどハマり(笑) タオルが分厚くていい( ˙꒳​˙ ) そこまで高くない!フェイスタオルバスタオルハンドタオルとても使い心地良いです

https://www.instagram.com/p/CEgezLVM9Ig/

 

乾燥機ガシガシかけちゃっても全くよれないから
アルマーニカーザのタオルお気に入り。笑

https://www.instagram.com/p/CMybOHlF8Vz/

アルマーニカーザのタオルは、一見シンプルなデザインながらも、手頃な価格帯と丈夫で使いやすく、さりげなく空間を格上げしてくれるので人気の高いアイテムです。

アルマーニのアイテムは、デザインもさることながら素材へのこだわりも魅力の一つです。特に布素材に関する評価は高く、デザインや素材の質の良さに魅了されるファンも多くいます。タオルをはじめ、クッションなど小さめのアイテムから取り入れてみてはいかがでしょう。

アルマーニのインテリアアイテムが好きな方におすすめブランド

FENDI CASA(フェンディ カーサ)

1925年、イタリアで創立したファッションブランド「FENDI(フェンディ)」のインテリアブランドラインである「FENDI CASA(フェンディカーサ)」は、レザーとファー素材を得意とするフェンディの特徴を生かした家具や、デザイン性の高いモダンスタイルなアイテムなどが特徴的なブランドです。

「ピエロ・リッソーニ」などの巨匠や「アトリエオイ」などの世界で活躍するデザイナーとのコラボレーションも積極的に行っており、アイコニックなアイテムも多いですが、カラーパレットはブラウンやベージュ、アイボリー、グレーなどの落ち着いたカラーをベースにしているため、突飛な印象はなく、洗練された遊び心を感じさせてくれます。アルマーニカーザのアイテムとも色味の相性が良いので、落ち着いたカラーがお好きな方は合わせてご覧になってみてはいかがでしょう。

参考:FENDI  HP「FENDI CASA」
https://www.fendi.com/jp-ja/inside-fendi/fendi-casa

VERSACE  HOME(ヴェルサーチ ホーム)

1978年創業のイタリアの高級ファッションブランド「ヴェルサーチ」のホームコレクションは、ヴェルサーチの豪華さと古典的な要素を組み合わせた特徴的なアイテムが魅力です。ブランドの創設者であるデザイナーの「ジャンニ・ヴェルサーチ」は、「ジョルジオ・アルマーニ」「ジャンフランコ・フェッレ」と合わせて「ミラノの3G」と呼ばれており、イタリアファッション界を牽引してきました。

特にアルマーニとは真逆のデザインスタイルであることから、ライバルのように見られており、アルマーニがシンプルで洗練されたデザインならば、ヴェルサーチは華やかな豪華さと装飾的なデザインが特徴的など、真逆ともとれるスタイルの違いが際立ちます。ホームアイテムでも、絢爛豪華なゴールドカラーとモノトーンの組み合わせ、カラフルな色使いや豪華な柄などシンプルと機能性を追求したアルマーニカーザとはまた違った魅力に溢れています。

アルマーニはトータルコーディネートをしても日本人に好まれやすい落ち着いたインテリアが作りやすいですが、ヴェルサーチのアイテムは一点だけなどアイコニックな存在として取り入れることで、インテリアにラグジュアリー感と遊び心をプラスするような取り入れ方がしやすいように感じます。また、ヴェルサーチもドバイでホテル事業を展開していることもあり、ラグジュアリーなテイストのホテルライクなインテリアスタイルがお好きな方などにもおすすめのブランドです。

参考:VERSACE HP「ホームコレクション」
https://www.versace.jp/ja/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%87%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3/

プロが選ぶ!アルマーニの代表的なインテリアアイテム5選

渋めのカラーが上品なテーブルウェア:OCTOBER(オクトーバー)シリーズ

主に様々なサイズのプレートで構成されたシリーズで、深みのあるスーププレートや小さいサイズのブレッドプレート、大きいサイズのプレゼンテーションプレートなどがあります。青みを感じる淡いグレー、或いはグレーがかったブルーの器で、落ち着いた雰囲気と繊細さを感じさせる色味が特徴的です。

ディナープレートとブレッドプレートには、山水画を思わせる絵柄が入っており、色のわずかな濃淡によって、木々のシルエット、風景の奥行きを感じさせます。この柄は、アルマーニカーザの取り扱うファブリックの「OKINAWA」と共通のモチーフとなっています。オリエンタルな料理や和食などとも相性の良いシリーズで、純和風なスタイルから和モダンスタイルなどにも取り入れやすいデザインです。

リモージュ磁器のエレガントなテーブルウェア:LOUIS(ルイス)シリーズ

フランス製のリモージュ磁器のテーブルウェアシリーズで、上品でラグジュアリーな雰囲気が特徴のルイスシリーズは、各種プレート類やボウル、ティーセットなど、テーブルウェアを一式揃えることのできるラインナップです。ゴールドとプラチナによる太めの縁周りが特徴的で、よく見ると布の表面のようなパターンが施されていることにより、のっぺりとした光沢ではなく、品の良い落ち着いた艶やかさを演出しています。

黄色味の強いゴールドカラーではなく、プラチナカラーが入ることで、シャンパンゴールドのような上品な色味になっており、クラシックモダンテイストやシックなテイストのインテリアなどにおすすめです。

アルマーニのロゴ入りクッション:JANETTE(ジャネット)クッション

アルマーニのロゴが大きく目立つ40cmサイズのクッション「ジャネット」は、5パターンのカラーバリエーションと2種類の詰め物から選択できます。アイボリー・ライトブルー・グリーン・アンスラサイト(無煙炭色)の4種類のベースカラーは、ソファやリビングの色味に合わせて選択しやすく、他のアルマーニのクッションと組み合わせての使用もおすすめです。

ブランドロゴが目立つアイテムはあまりたくさん並べると、くどくなってしまうので、同系色の違うデザインのクッションと組み合わせるのがおすすめです。クッションは、気軽に取り替えのできないソファの印象を手軽に変化させることができるので、リビングの模様替えのタイミングなどに気軽に取り入れてみてはいかがでしょう。

アルマーニカーザのロゴマークにも使われている「LOGOランプ」は、1982年にジョルジオ・アルマーニ氏がデザインした、アルマーニインテリアのはじまりを象徴するアイテムです。潔いほどシンプルなデザインでありながらも絶妙な比率による美しいフォルムが魅力的で、ミニマルモダンスタイルやシンプルモダンスタイル、北欧モダンスタイルなどとも相性の良いアイテムです。

フレームは金属、シェード部分はメタクリル樹脂を使用しており、シェードの下部はほぼクローズされているので、点灯時はシェード全体が中の光源によって柔らかく光るようになっています。色々なところに置ける、充電式のミニタイプもあるので、同じデザインのシンプルな照明をいくつも置きたいと考えている方にもおすすめです。

ふっくらとした豊かなシルエット:BALOON(バルーン)アームチェア

バルーンアートの細長い風船を組み合わせたような、ふっくらとしたフォルムが特徴的な「バルーンチェア」は、アルマーニのアイテムの中では攻めたデザインにも感じられる印象的なアームチェアです。シート部分のふくよかなシルエットに反し、ベース部分は繊細さを感じさせる細い金属フレームとなっており、シートが浮いているような印象を与えることで、シート部分のもっちりとした印象から重さのイメージを軽減し、より柔らかな印象が際立ちます。

包み込むような背もたれとアームが一体となった纏まりのあるフォルムで、フットレストと合わせて、アイコニックなパーソナルチェアとしておすすめです。

まとめ

アルマーニのインテリアは、アルマーニのファッションと同様、シンプルなのに上品で上質、そしてシルエットの美しさや使用感の良さなど、ブランドの得意とするイメージをキチンと表現している部分に高い統一性と好感を覚えます。アルマーニというと、特に男性人気の高いブランドのイメージを持っている方も多いかも知れませんが、アルマーニのインテリアの落ち着いた上品なカラーやスタイルは、男女問わず見惚れる美しさがあるのではないでしょうか。

上品で美しいアルマーニのインテリアアイテムを取り入れて、アルマーニの世界観を体感してみてはいかがでしょう。

参考:ARMANI HP「ARMANI/CASA」
https://www.armani.com/ja-jp/experience/armani-casa

Hello Interior LETTER

"こだわりのある大人" のための
インテリアのヒントをメールでお届け

インテリアのプロが毎月2通配信♪
1,000名以上の方が購読中♪