Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2020/12/02

【HALOの逸品ソファ7選】有名人がハマるブランドと商品の魅力を徹底解説!参考コーディネートも

イギリスの家具ブランド「HALO」の、特徴的なパッチワークのチェスターフィールドのソファを見かけたことがある人は多いのではないでしょうか。
有名YouTuberの方や、人気バンドの方などがそのソファを愛用している姿を見て、そのアイコニックな存在感に心を奪われた人も多いことでしょう。

「この特徴的なソファを作っているのはどんなブランドなの?」「このブランドの他のソファも見てみたい!」と思って検索された方や、アンティークやヴィンテージスタイルに使えるかっこいいソファを探していた方に、今回はHALOのソファの魅力と、おすすめのソファをお伝えしていきたいと思います。

HALOのソファ、その歴史を紐解く

HALOの歴史は、1976年「メジャー・フィリップ・オールトン」により、イギリスのマンチェスター近郊のヘイルにて、アンティーク家具の販売とリノベーションを行うお店を構えたところから始まりました。

「HALO」の名前は、店を構えた地域の名前「Hale」から「HALE Antiques」と名付けるつもりが、看板のスペルミスで HALOとなったことから、「HALO Antiques」という名前になったそうです。
「E」が「O」に変わるように、現在のHALOのアイテムも、伝統的なアンティークデザインにちょっとした変化が加わったデザインが魅力となっているので、「HALE」よりも「HALO」の名前の方が、今となっては必然のようなしっくり感がありますね。

1990年に経営が創業者の息子たちである「ティモシー」と「チャールズ」に引き継がれると、アンティーク家具のリプロダクトに着手し、アンティークとヴィンテージの伝統的なデザインや製法にインスピレーションを得て、ユニークな発想から現代的で斬新なヴィンテージスタイルの家具を次々と発表するようになります。

こだわりのヴィンテージ仕上げのレザー、鋲やステッチなど、熟練の職人がハンドメイドでディテールまでこだわり抜いて生み出される商品は、家具の枠を超えるほどの類まれなるファッション性と、ヴィンテージならではの高貴な存在感で、有名ファッションブランドでもオフィシャル家具に選定されており、グローバルな視野でラグジュアリー家具業界の先頭を走り、技術革新の最前線を担うリーダーブランドとなっています。

日本では、ジャーナル・スタンダードとのコラボレーションしており、「journal standard Furniture」からHALOの別注モデルが販売されています。
人気YouTuberの「ヒカキン」の部屋や、人気バンド「セカイノオワリ」が暮らすセカオワハウスには、「BENSINGTONパッチワークソファ」(写真ソファ参照)が置かれており、特徴的なこのソファはHALOのアイコニック的存在として有名ですね。
その他にも、日本の映画やドラマのインテリアにも度々HALOのアイテムが採用されているので、ドラマの再放送なども意識して観てみると、意外なところでHALOのアイテムが使用されているので、ぜひ探してみてください。

HALOのソファの魅力

伝統的なのに新しい。ネオクラシックなデザイン

1850年代に流行したチェスターフィールドをはじめ、アンティークやヴィンテージのデザインからインスピレーションを得たソファが印象的なHALOのアイテム。
しかし、ただのアンティーク家具とは一味違った要素が加えられることで、独特の魅力を発しています。

例えば、張地にモダンな柄や大胆なファブリックを採用してみたり。
曲線的な表現の多いアンティークソファにはない、直線的なデザインや、脚のデザインなど、HALOのソファならではの要素がプラスされているため、インテリアとの組み合わせの幅がより自由になっているのです。

そして、その特徴的なデザインは、リビングのアイコニック的存在として、空間を演出する主役として、その存在感を示してくれます。

こだわりの革の張地

HALOのソファに使用される皮革は、世界で最も贅沢なトップグレインレザーを使用しています。
美しい仕上がりを実現するために、天然オイルを使用した特別な5週間のなめし工程を経ており、ヴィンテージレザーを製造するために、職人はさまざまな熟成プロセスで各ピースを慎重に手作業で仕上げ、それぞれにかなりの時間と細かい作業を行っています。
トップグレインレザーの特徴は、表面の美しさや通気性、何年も長持ちする高い耐久性を持っており、使い込むことによって、持ち主独自の特徴を表現するようになります。

HALOは、各部分の微調整に何時間も費やしており、革には熟練した職人による7段階の手仕上げを必要とする、複雑なヴィンテージ処理が施されています。
HALOのアイテムは、ヴィンテージやアンティーク風ではありますが、そこには熟練の職人による特殊な加工を得た全く新しい新品の家具であるため、used品に抵抗が強い日本人の方でも安心して取り入れることがでるのも魅力の一つといえます。

熟練の職人の技

かつてアンティーク家具やヴィンテージ家具の修理を行っていた店であり、その家具修理のノウハウや、革素材への造詣の深さ、そして卓越した技術は、HALOのソファを高いクオリティで世に送り出しています。
ソファに施された美しい鋲は、すべて職人による手作業で打ち込まれており、曲線の多いデザインに纏わす革の折り目や皺までもが計算され尽くしたように美しいのが一目でわかることでしょう。

熟練の職人によるオールハンドメイドのソファは、見た目・座り心地・そして触り心地と三拍子揃っており、その高いクオリティはリビングの主役の顔としてHALOのソファを置くだけで、インテリアの雰囲気が2倍3倍にもグッと引き上がること間違いなしです。

HALOの代表的なソファ7選

HALOの一番有名なソファが欲しい方におすすめ:BENSINGTON

ベンジントンは色、柄、形の異なる布を自由につなぎ合わせたパッチワーク柄が、まるでモダンアートのような特徴的なソファです。
素材となる布は全て異なり、組み合わせが全て違う為、全てのソファがこの世に1点しかない唯一の表情を持ったソファになっています。
生地は柔らかい質感のベルベットとなっており、心地よい肌触りと独特の光沢感が美しいです。

パッチワークといえば、布を節約するための端切れをつなぎ合わせたエコな布と言ったイメージが強い印象でしたが、このベンジントンソファの登場によってその認識は、ゴージャスでアーティスティックと言ったものにガラリと変化しました。
クラシカルなフォルムに大胆な張地のスタイルは、クリエイティブな作業を行う人に刺激を与え、空間に強い個性を生み出します。

クラシックスタイルやヴィンテージスタイルはもちろん、カラフルなポップスタイルや、カジュアルなインテリア、お部屋に個性を持たせたい方におすすめのソファです。

価格:¥539,000(2P)
サイズ:W1800×D960×H790mm SH420mm(2P)

質の良いチェスターフィールドソファをお探しの方必見:KENSINGTON

伝統的なチェスターフィールドソファのデザインを持ったケンジントンソファは、その重厚感とラグジュアリーな印象が大変魅力的なソファです。
数多くのチェスターフィールドソファが存在しますが、このケンジントンソファは、優雅な曲線の表現や、綺麗に打ち込まれた鋲やボタン、足元のキャスターなど、ディテールの完成度の高さが大変美しい存在感を放っています。

ヴィンテージスタイルやクラシックスタイルなど、伝統的で上品なインテリアスタイルや、やや無骨なインダストリアルスタイルに上質な高級感をプラスする時などにおすすめのアイテムです。
このソファが部屋にあるだけで、部屋の印象はグッと大人のラグジュアリー空間へと引き上がることでしょう。

価格:¥418,000(2P)
サイズ:W1800×D960×H790mm SH480mm(2P)

クールな中にも温かみを感じたい人におすすめ:FLEAMARKET

ダメージ感のある革の風合いは野性的な印象を持ちながらも、丸みを帯びた柔らかい印象のデザインが美しく華麗に空間を演出する、可愛らしさも併せ持ったフリーマーケットソファ。
すっきりとした中にも上品で落ち着いた雰囲気を醸し出すフォルムはダイニングやリビングのみならず、寝室や書斎など、様々なお部屋で活用できます。
厚みのあるクッションを使用した座面にゆったりと沈み込むような座り心地をしており、そのフォルムやコンパクトな大きさから、安らぎの空間におすすめのアイテムです。

HALOの職人の高い技術が感じられる美しい張地のレザーと、その表情をより美しく見せる丸みを帯びたフォルムは、気高い美しさを感じます。
柔らかい印象を持っているので、インテリアの組み合わせによってより親しみやすさを演出することも、逆に少し澄ました印象に持っていくこともできます。
ホワイト系のインテリアと組み合わせたり、カントリースタイルに取り入れてみたりと、ソファ自体に荒々しさがないので、色々なテイストのインテリアに取り入れやすいアイテムとなっています。

価格:¥253,000(2P)
サイズ:W1500×D860×H800mm SH450mm(2P)

一人暮らしのお部屋にもおすすめ:PROFESSOR

日本の「journal standard Furniture」がHALO社に別注をかけたモデルです。
クッションがリバーシブルになっており、ひっくり返してキリム柄のコットン生地の面でも使える、
異なる2パターンのデザインを楽しめるデザインが面白いソファとなっています。

スリムな印象でありながら、HALOのソファらしい、革の表情の美しさや、鋲、座り心地の良いクッションなど、サイズが小さくても妥協など一切ない、丁寧な仕上がりとなっています。
コンパクトなサイズ感のソファなので、一人暮らしの方や、ちょっとした寛ぎの空間、読書スペースなどにおすすめのソファです。

価格:¥242,000(2P)
サイズ:W1200×D710×H730mm SH480mm(2P)

欧風リゾートスタイル好きさんにおすすめ:LUSCIOUS

これまで紹介してきたHALOのソファとは一味違う、リネンならではのリラックス感が楽しめるシェーズロングソファ。
たくさんのクッションに包まれるふかふかとした座り心地で、独特のくたりとした柔らかな質感がカウチソファの持つラグジュアリーさをカジュアルダウンしつつも、モダンなインテリアにも馴染む安心感のあるスタイルとなっています。
極上の掛け心地を実現したルシアスソファは、まるで雲に包まれたかのような座り心地で、リラックスした時間が過ごせます。

取り外し可能な張地は、さらっとした手触りの品質の良いリネン素材を使用しているので、ヨーロッパのリゾートホテルに置いてありそうなラグジュアリー感のある、落ち着いた上品さがあります。
フェザーとダウンを混合したクッションは体を優しく受け止めてくれる贅沢な仕様となっており、異なる大きさのクッションを組み合わせる事でソファのどこに座っても快適な座り心地が得られます。
地中海スタイルや、爽やかなナチュラルスタイルなど、心地よい空間づくりにおすすめのソファです。

価格:¥319,000(3P)
サイズ:W2130×D1000×H800mm SH470mm(3P)

クールでスタイリッシュなスタイルにおすすめ:NEW COUNT HENRY

曲線的なフォルムが多いHALOのソファの中ではめずらしい、直線的なフォルムのソファで、アームの前面部に施された鋲や、ヴィンテージ加工されたレザーなどが、よりヴィンテージ感を引き立てています。
厚みのある背クッションが身体を支えるため、沈み込まず快適な座り心地となっています。

程よく重厚感がありなが、直線的でシャープな印象を持ったこのソファは、モダンよりのヴィンテージ感の強いものソファで、インダストリアルインテリアからブルックリンスタイルなど、クールでカッコいいインテリアスタイルとの相性が抜群です。
ガラスのテーブルや、金属製のアイテムなど、やや無骨で無機質なアイテムと合わせることで、より空間に深みを演出してくれるでしょう。

ヴィンテージ加工されたレザーが野性味ある印象となっているので、アニマル柄のアイテムや民族柄のファブリックと合わせたエスニックスタイルや、モダンなアイテムと合わせてクールシックなモダンインテリアなどにも合わせやすいソファとなっています。

価格:¥368,500(2P)
サイズ:W1800×D940×H890mm SH450mm(2P)

上品なアンティークスタイルにおすすめ:BALMORAL

HALOを代表する一台であり、様々なメディアでも取り上げられることのあるこのソファは、ボリューム感のある座面が、体が包み込まれて深く沈み込むような座り心地となっています。
クラシックな雰囲気とモダンな空気を併せ持ち、一度見たら忘れられない存在感があるバルモラルソファは、その掛け心地の良さと肌触りの良いレザーの質感も魅力。

やや大きめのソファで、バックレストが高めのため、少し広めの空間に置くのがおすすめです。
優雅で大胆なアーム部分と、綺麗に打たれた鋲、ラグジュアリーで特別感のあるアンティークテイストのデザインですが、バックレストの直線的な表現は仰々しくなりすぎず、程よくモダンな空気を醸しています。
座面高もやや高めなので、背の高い方や、靴を履いたまま使用するような空間におすすめです。

価格:¥385,000(2P)
サイズ:W1750×D1000×H920mm SH560mm(2P)

HALOのソファがある生活!おしゃれコーディネート3選

ヨーロッパのホテルのようなシックスタイルコーデ

ベンジントンソファを取り入れた、イギリスのシックなホテルの一室のような落ち着いたインテリアスタイルのコーディネートです。
ピンクや色とりどりの布を使い、パッチワークで組み合わせたベンジントンソファは、一見ポップなアイテムとして扱いにくい印象で身構えてしまう人もいるかもしれませんが、実際は色味はやや落ち着いたカラートーンとなっており、上質なベルベット生地の優しい光沢感と相まって、浮ついた印象のないエレガントな印象のソファとなっています。

クラシックな落ち着いた印象のアイテムと組み合わせることで、空間に程よい刺激を添えるアクセントアイテムとして効果的な存在を示すことに成功しています。
ラグやカーテンの色味が、落ち着きのあるカラーで、ソファに使用されている色の一つに近いのも◎。
木製のシックなアイテムや他のHALOのアイテムを組み合わせることで統一感もあり、空間全体が何を表現したいのか、きちんとアイテムの方向性があっている上手なコーディネートです。

程よい甘辛MIXの効いたカフェ風インテリアコーデ

ナチュラルなカフェ風スタイルのインテリアに、フリーマーケットソファの温かみのあるフォルムがよく馴染んでいる、寛ぎの空間が演出されたコーディネートです。
アイアン系のアイテムなどを取り入れインダストリアル要素を持ちつつも、観葉植物や白い壁、ソファの丸みが優しい空間づくりに役立っています。

フリーマーケットソファは、合わせるアイテムによって雰囲気が柔らかくなりすぎてしまったりしますが、程よく辛味のあるアイテムを使用することで、ちょうど良い締まりのある空間となっています。

プロフェッサーソファのキリム柄を生かしたエスニック風コーデ

コンパクトなプロフェッサーソファで空間を上手に使用した、エスニック感のあるインテリアコーディネートです。
明るい色の壁紙や大きめの方のソファとの対比で暗い色をしたアイテムがメリハリでよくできており、空間の統一感があるのでまとまりのある大人の落ち着いたカジュアル空間が作られています。
写真の手前に見える、モロッコの伝統的なクッションスツール「プフ」と、プロフェッサーソファにのっているクッション、キリム柄のラグなどがいい味となっています。

まとめ

HALOのソファのその魅力は、クラシックなデザインに斬新なモダン要素の加わった部分ももちろんですが、そのこだわり抜かれた上質な張地や、職人の手によって丁寧に作れたディテール部分もぜひ感じて欲しい魅力の一つと言えます。
伝統的でありながら新しいものを組み合わせ、全く新しい伝統を世界に向けて発信してるHALOのアイテムは、クリエイティブ分野で活躍する人たちにとっても刺激を与えてくれる存在だと思います。

自宅のリビングのインテリアに、物足りなさやマンネリを感じてしまっている人は、ぜひHALOのソファを取り入れて、自分自身とインテリアスタイルに、クリエイティブな刺激をもたらしてみてはいかがでしょう。

Hello Interior LETTER

インテリアのヒントがメールで届く!!