Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【おすすめの二人用ソファ5選】リビングに置きたい逸品をご紹介

リビングに置くソファは、デザイン性のほか居心地の良さなどの要素も重要です。
決して安い買い物ではないため、納得のいく一品を選びたいものです。居心地の良いソファに出会えれば、毎日の生活もワンランクアップすることでしょう。

ここでは、失敗しないソファ選びに欠かせないポイントをまとめています。選ぶ際には、デザインだけでなく座り心地やサイズ感にも気を付けましょう。おすすめのソファも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

二人用ソファを購入する際の注意点とは?

①過ごし方に合ったデザインを選ぶ

ソファを選ぶといっても、単純に見た目の好みで選んでしまうと後々困ることがあります。たとえば、ごろりと横になってテレビを見る、大勢のお客さんを呼んでホームパーティーをする、家族と一緒にゆったりと過ごすなど、使う人によってさまざまなシーンが想定されます。ソファを購入する前に、自分がどのような使い方をしたいのか具体的なイメージを決めておきましょう。

また、ソファを置いたときの部屋の生活導線も重要です。座っているときには快適でも、部屋間の行き来をするのに邪魔になってしまう配置であれば、ストレスの原因にもなってしまいます。気に入ったソファが見つかったら、部屋に置いたときに生活導線が確保できるかどうかも確認しておきましょう。

②2人での座り心地をチェックする

二人掛けのソファを選ぶ際には、座り心地も重要なポイントです。2人一緒に使うのであれば、隣の人に肘が当たらないか、ソファの柔らかさは合っているかといった点を確認しておくのがおすすめです。

ソファの寸法は、外側の寸法である「総幅」しか見ずに購入する人も多いですが、座った時に重要となるのは「内幅」です。1つの座面の内幅が60~70㎝程度あれば、2人で一緒に座ってもゆったりと過ごすことができます。ソファを購入する際にはショールームやインテリアショップに行って、実際に座ってみるのがおすすめです。

③「二人用」にこだわらない

通常、2人用ソファを選ぶときには「二人用」と表記してあるものの中から選びます。しかし、座る人や使い方によっては、それよりも幅の広いタイプがぴったいのケースもあるため、表記にこだわらずに選ぶのがおすすめです。

ソファの座面サイズは、二人用が140~160㎝、三人用が170~200㎝となっています。普通に座って使うのであれば二人用で十分です。しかし、寝転がって本を読んだり仮眠を取ったりする使い方を想定しているのであれば、三人用の大きさがあった方が便利です。ぜひ、自分のライフスタイルに合ったソファを選んでみてください。

【本当におすすめしたい二人用ソファ5選】コーデ実例交えてご紹介

①BOOMERANG sofa(カッシーナ)

価格:264,000円~
サイズ(幅/奥行/高さ):W1610 × D800 × H810 ×SH400
カラーバリエーション等:天然皮革、ファブリックなどカスタマイズ可

こちらのソファは、両サイドが跳ね上がった個性的なデザインとなっています。すっきりとしたフォルムなので、どんなインテリアにもよく合います。モールドウレタンの柔らかい素材が使われており、座り心地の良さもポイントが高いです。

コーデ実例

 

 

こちらのコーデは、モダンな雰囲気が印象的です。すっきりとしたシャープなソファですが、座り心地が抜群でリビング向きです。同じシリーズの一人掛けやベンチタイプなど、いろいろと揃えるのも楽しいです。

②PLOUM(リーン・ロゼ)

価格:594,000円

サイズ(幅/奥行/高さ):202×116×787㎝

カラーバリエーション等:天然皮革、ファブリックなどから選択可能

このソファは、「熟した果実」を意味する名前を持ちます。角のないころんとしたフォルムは、リラックス感に溢れています。座面には高密度のウレタンフォームが使われており、柔らかく包み込まれるような座り心地を楽しめます。

一見奇抜なデザインに見えますが、使っているうちに愛着が湧いてくる可愛らしさが人気です。

コーデ実例

こちらのコーデは、色違いのPLOUMを2台並べています。ソファ自体のボリューム感はありますが、丸みのあるフォルムのため圧迫感なくインテリアにマッチしています。

③ロオソファ(フリッツ・ハンセン)

価格:871,560円
サイズ(幅/奥行/高さ):150×93×115.5㎝
カラーバリエーション等:全5色

こちらのソファは、北欧デンマーク生まれのブランド・フリッツハンセンの定番商品です。特徴的な曲線が使われており、シンプルモダンな中にも上品さが感じられます。

コーデ実例

こちらのコーデでは、シンプルな内装の中にソファを置くことで上品さを引き立てています。ソファのシートカラーは5種類から選べるため、部屋のインテリアに合わせて選んでみましょう。

④Kチェア2シーター(カリモク)

価格:71500円
サイズ(幅/奥行/高さ):W1330×D700×H700×SH370
カラーバリエーション:全11色(スタンダードブラック、モケットグリーン、タープグリーン、タープブルー、スタンダードアイボリー、ミストグレー、ブラックブラック、サントリー樽ものがたりモデル、YURI HIMURO SHIBAモデル、ヴォルテライトブラウン、フラノベージュ)

カリモクは、愛知県の刈谷木工工業㈱を前身とする日本の老舗家具メーカーです。丁寧に作られたソファは長年使えると評判で、特有の深緑色が魅力的です。フレームは木材で出来ているため、木を基調としたインテリアに合わせやすいのがメリットです。

このソファは、1962年に初めての自社製品として開発されたカリモクの椅子の第1号です。50年以上も変わらないデザインで愛され続けています。大人2人がゆったりと座れるサイズですが、幅は1330mmとコンパクトに収まります。

コーデ実例

こちらのコーデは、カリモクソファの特徴である深緑色を活かした例となっています。ソファフレームが木目なので、ナチュラル感がありつつ上品さも感じられます。

⑤K02 GRANDANGOLO(カッシーナ)

価格:400,000円~
サイズ(幅/奥行/高さ):W1420 × D750 × H680×SH410
カラーバリエーション等:天然皮革、ファブリックなどカスタマイズ可

こちらのソファは、イタリアの高級家具ブランド・カッシーナ製です。洗練された都会的なデザインが魅力的で、部屋をスタイリッシュな印象に仕上げてくれます。また、ソファ以外にも幅広く製品展開をしており、インテリアのトータルコーディネートがしやすいのもメリットです。

ソファの張地は、天然皮革やファブリックなど好きなものから選ぶことができます。素材によって価格が異なるため、予算に応じて選びましょう。

コーデ実例

こちらのコーデは、シンプルなソファを部屋のコーナーに配置することですっきりとまとめています。白と黒を基調としたモダンな雰囲気なので、非日常的な空間を演出するのにぴったりです。

この例のように、2人掛けやオットマンなどのシリーズ製品を組み合わせることが可能です。自宅の大きさに合った組み合わせを試してみるのも面白いです。

最後に

ここまで、おすすめの二人掛けソファを紹介してきました。リビングの顔となるソファは気に入ったデザインの物を選ぶのが一番です。また、自分のライフスタイルや部屋の生活導線など、購入した後の生活のことも考えて選ぶのがおすすめです。

ここで紹介したソファは、デザイン性や品質が一流の物ばかりです。ぜひ、自分の生活に合った一台を選んでみてはいかがでしょうか?