Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【低めのソファおすすめ5選】購入に役立つコーデ実例をあわせて解説

ソファを置くと圧迫感が出て困るという人におすすめなのが、背の低いソファです。
視界を遮らないコンパクトなソファは、狭い部屋に置いても窮屈な印象を与えない、便利なアイテムです。「低めソファ」を買って、お部屋をスッキリ洒脱にしませんか。

低いソファを購入する場合の注意事項とは?

せっかくソファを買うなら、デザインだけでなく座り心地も追及したいところですよね。サイズ感やクッションの硬さなど、全体的なバランスをチェックして、理想のソファを見つけましょう。

①座面と背もたれの高さに注意

座面の高さは座る体勢に影響を与えるため、座り心地のよいソファを探すときには、ぜひ確かめてほしいポイントです。高さの低いソファでも、全体の高さと共に座面の高さも抑えられていたり、座面の高さは通常のものと変わらず背もたれが低かったりと、さまざまなタイプがあります。

もちろん、実際に座ってみれば直感的に座り心地が分かるのですが、ネットで調べていたりするとなかなか分かりませんよね。そういうときには、家にある椅子にはさみ物をして、椅子を気になるソファの高さに調節してみてください。家にある椅子が高すぎる場合は、足元に台を置いてみてもいいでしょう。

②座り心地を左右する、クッションの硬さは要チェック

ソファを選ぶときには、クッションの硬さも重要です。特に低いソファを選ぶときには、もともと座面の低いソファも多いと思います。クッションが柔らかい場合は、座ったときにクッションが沈み込むので、思っていたよりも低くなってしまうことがあるため、注意が必要です。

また、適切なソファの硬さは、使用シーンによっても変わります。リラックスしたシーンのために低いソファを探している場合は、柔らかいものがよいでしょう。その場合は、足を伸ばして座ることができるカウチソファや、クッションの上に体ごと乗せてしまえるような座面の広いソファがおすすめです。

逆に、低いソファでもしっかり座りたいという場合には、クッションが硬めのものを選びましょう。合わせて、背もたれもしっかりとしたものを選ぶと、体をしっかり支えてくれて、よい姿勢で座りやすいですよ。

③脚の長さで雰囲気が変わる

脚の長さはソファの印象を変える、大きな要素です。圧迫感の小さい、低いソファをさらにリラックスした印象にしたいときには、脚の短いデザインがおすすめです。脚が無く、座面が床にくっつくタイプのものもいいかもしれませんね。

低いソファでも、整ったすっきりとした印象を与えたいときには、脚が長めのものを選ぶとよいでしょう。さらに、脚が金属製のアイテムなら、モダンでスタイリッシュなイメージを演出することができます。

おすすめしたい低めソファ5選!購入の参考になるコーデもご紹介

高さを抑えた低いソファで、特におすすめの5つのアイテムをご紹介します。どれも、モダンで無駄がなく、洗練されたデザインのものばかりです。理想のソファ探しの参考にしてみてください。

①ボットーニ トリプルシーター(Bottoni Triple Seater):mooi

ボットーニ トリプルシーターは、moooiの創設者のひとりであるデザイナー、マルセル・ワンダースによってデザインされました。シンプルなデザインですが、張地のバリエーションが豊富で、自分好みの色を選ぶことができます。

また、直線的なデザインはローソファでありながら、かっちりとした印象を与えてくれます。シンプルな長方形に細くてすっきりとした脚で、モダンなコーディネートにはぴったりのアイテムです。

価格:\1,158,840(税込み)
サイズ:幅2350×奥行1045×高さ620×座面高380mm
カラーバリエーション:ブラック、グリーン等

コーデ実例

全体的にブラウンと白で統一された、シンプルでナチュラルな部屋に、ネイビーのソファが置かれたコーディネートです。明るい色で構成された部屋を、ネイビーのソファがアクセントとなって引き締めていますね。

ソファの高さが低いため、部屋全体に視線が通って広々とした印象を受けます。

②マレンコ(MARENCO)両アームソファ:arflex

マレンコは、イタリア人デザイナーのマリオ・マレンコによってデザインされました。個性的なフォルムが人気で、alflexの代表的デザインとして1971年の発売以来、多くの人に愛されています。

マレンコソファは、両アームソファ・左アームソファ・右アームソファ・アームレスソファがあり、それらを組み合わせることができます。クッションは丸みがあり、立体的なデザインが他のローソファにはない魅力になっていますね。

価格:\247,000~(税抜き)
サイズ:幅1100×奥行970×高さ660×座面高390mm
カラーバリエーション:ホワイト、ブラウン等

コーデ実例

部屋全体が白で統一された、柔らかい雰囲気のコーディネートです。もこもことした白のソファは包み込むような優しさがあり、ベッドの上にいるようにリラックスした時間が過ごせそうです。

座面の低いソファはリラックスしたイメージがあるので、家族で過ごすリビングなどにぴったりです。

③プルム(PLOUM 2P):ligne roset

プルムは、フランス生まれのデザイナー、ロナン & エルワン・ブルレックによってデザインされました。2人は兄弟で活動するデザイナーで、パリのデザインスタジオを拠点にしています。

ソファを覆う生地は縫い目のない仕上げになっていて、なめらかなラインが特徴的です。ひじ掛けや背面、脚といったパーツごとの分かれ目が無いので、くぼみの中に収まるような、リラックスした感覚でくつろぐことができます。

価格:\486,000(税込み)
サイズ:幅2020×奥行1160×高さ780×座面高380mm
カラーバリエーション:ブラック、レッド、グレー等

コーデ実例

 

ピンクのソファを中心に、大人かわいい部屋になっていますね。ソファのほかは、白やブラウンなどのナチュラルな色合いで統一し、小物にもピンクを使っています。ピンクのソファは、家に置くにはコーディネートが難しそうですが、周りのアイテムでうまくまとまりを出すことができています。

高さを抑えたコンパクトなサイズ感も、ピンクのかわいらしい雰囲気とよくあっていますね。

④キルトw1400(Quilt w1400):Established & Sons

Quilt

https://www.pinterest.jp/pin/773985885941810839/ 

キルトは、先程ご紹介したプルムと同じく、ロナン & エルワン・ブルレックによってデザインされました。丸みを帯びたフォルムと、ハチの巣状につなげられた生地が独創的です。パッと目を引く明るい色使いも、特徴的ですね。

コンパクトなサイズ感ですが、特徴的なデザインなので、ひとつあるだけで部屋に個性的な印象をもたらしてくれそうです。座るだけでなく、見ていても楽しめそうなソファですね。

価格:\1,028,160(税込み)
サイズ:幅1400×奥行1200×高さ750×座面高300mm
カラーバリエーション:ネイビー、ブラック、レッド等

コーデ実例

緑のソファが個性的なコーディネートです。広々とした部屋に置かれた背の低いコンパクトなソファには、オブジェのような雰囲気も感じられますね。レンガの壁やはめごろし窓にはレトロな印象があり、現代的なソファとのギャップが魅力的です。

鮮やかな緑のソファにはやはり存在感があり、部屋の主役として映えていますね。

⑤アルファベットソファ(ALPHABET SOFA(PL210-3, 2-seat sofa)):Fritz Hansen

アルファベッドソファは、イタリア人デザイナーのピエロ・リッソーニによってデザインされました。このソファの特徴は、自分の部屋に合わせてクッションを組み合わせ、かたちをカスタマイズできる点です。

クッションのカラーバリエーションも豊富で、自分好みにアレンジできます。また、クッションは奥行きがあるので、ゆっくりとリラックスするのに最適です。

価格:\636,000~\710,000(税抜き)
サイズ:幅2100×奥行1200×高さ700×座面高400mm
カラーバリエーション:ブルー、ブラウン等

コーデ実例

モノトーンのインテリアに対して、カラフルな小物が鮮やかに映えているコーディネートです。座面の低いソファに合わせて、シャンデリアも低い位置にありますね。部屋全体の重心が低く、落ち着いた雰囲気でリラックスできそうです。

グレーのソファは、シックで大人な印象を与えてくれていますね。

最後に

背の低いソファは視線を遮ることがなく、部屋を広々と見せてくれます。コンパクトなサイズ感はソファの存在を主張しすぎないため、少し鮮やかな色合いに挑戦してみてもよいかもしれません。

自分好みの、お気に入りのソファを見つけて、コーディネートを楽しんでみてください。