Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【ふかふかのソファおすすめ5選】買い物に失敗しないためのコーデ実例集もご紹介

リビングで過ごすリラックスタイムに欠かせないのが、ふかふかのソファですよね。体を預けてゆったりとした時間を過ごすことができる、座り心地もデザインも追及されたソファを、コーディネート実例付きでご紹介していきます。ソファ選びの参考に、活用してみてください。

ふかふかのソファを購入する場合の注意点とは?

ソファ選びをするときはソファのことだけでなく、部屋との相性なども考慮しなくてはならず、難しいですよね。ここでは特にふかふかのソファを選ぶときに、注意が必要なポイントをまとめています。

①ソファの色で部屋の雰囲気が変わる

ふかふかのソファを置きたいのはどんな部屋でしょうか。または、どんなシーンで使いたいのでしょうか。家族でリラックスして過ごすリビングルームや、来客を招くような少しオフィシャルな部屋。ふかふかのソファは、自然とリラックスした印象を与えるので、オフィシャルな部屋に置くときには少し注意が必要です。

ふかふかのソファでも、しっかりとしたイメージを持たせるためには、ネイビーやグレーなど、落ち着いた色合いのソファがおすすめです。それに加えて部屋全体も統一感のあるコーディネートにするとよいでしょう。

逆にふかふかのソファで、思いっきりリラックスして過ごしたい場合は、ホワイトやベージュなど、明るくてナチュラルな色合いがおすすめです。ホワイトは部屋を広々と見せてくれる効果もあるので、狭いリビングでも圧迫感を与えずに済むというメリットもあります。

②圧迫感が気になるならサイズに注意

ふかふかのソファは、ボリュームが大きく見えることが多いので、部屋に圧迫感を与えないか、心配な方も多いのではないでしょうか。部屋に圧迫感を与えないためには、ソファが視線を遮らないように注意することが大切です。

背の低いソファであれば、ソファがあっても部屋に視線が通るため、圧迫感が軽減できます。そのため、圧迫感が気になるという方はローソファなどから探してみるとよいかもしれません。座面の低いソファは安定感があり、ふかふかのクッションと相まって、リラックスした時間を過ごすのにぴったりです。

③フレームのデザインですっきり見せる

ふかふかのソファは、もこもことしたフォルムになりがちですが、すっきりと見せたい場合もありますよね。そういうときにはクッションがふかふかでも、すっきりとしたフレームが見えるソファを、選ぶとよいでしょう。

細く、すっきりとしたフレームのラインが見えていると、ソファ全体もすっきりとした印象になります。また、フレームが見えない場合は、華奢な脚のソファなども同じくすっきりとした印象を与えてくれます。

おすすめのふかふかソファ5選!失敗しないコーデ実例交えてご紹介

ふかふかなソファを、コーディネート実例と共にご紹介していきます。どれも本当におすすめで、人気の高いアイテムばかりです。自分の部屋に置いたらどんなコーディネートができるか、想像しながら眺めてみてください。

マレンコ(MARENCO 両アームソファ):arflex

マレンコは、イタリア人デザイナーのマリオ・マレンコによってデザインされました。発売されたのは1971年ですが、alflexの代表的なモデルとして、今もなお人気の高いアイテムです。

もこもことした立体的なクッションが魅力的で、思わず体を預けてリラックスしたくなります。また、マレンコの魅力は見た目だけではなく、座り心地や耐久性など、機能的な面でも安心できる高品質な製品です。

価格:\247,000~(税抜き)
サイズ:幅1100×奥行970×高さ660×座面高390mm
カラーバリエーション:ホワイト、ブラウン等

コーデ実例

Marenco コーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/773985885941884319/鮮やかな黄色のMARENCOが、堂々と迎えてくれるコーディネートです。殺風景な部屋ですが、はっきりとした黄色をところどころに取り入れ、明るい印象の空間になっています。

カラーソファは、コーディネートが難しそうですが、この部屋のように周りをシンプルにして、小物などで色を合わせると、まとまりのある部屋になりますね。

②ヌーボラ 10(NUVOLA 10):GERVASONI

ヌーボラ 10は、イタリア人デザイナーのパオラ・ナヴォーネによって、デザインされました。彼女は、GERVASONIのアートディレクターを務め、コレクションの大部分をデザインした人物でもあります。

NUVOLAとはイタリア語で「雲」の意味があり、名前の通りふかふかしたフォルムが特徴的なソファです。厚みのあるクッションは安定感があり、リラックスして座ることができそうです。

価格:\506,000~\1,050,000(税抜き)
サイズ:幅2200×奥行1100×高さ850×座面高480mm
カラーバリエーション:ブルー、グレー等

コーデ実例

黒や白を基調とした、大人のモダンなモノトーンスタイルです。壁や床は白色で開放的な印象ですが、重量感のあるヌーボラ 10が部屋に落ち着きのある印象を与えてくれています。

窓の大きな明るい部屋にふかふかのソファを置けば、最高のプライベートタイムが過ごせそうですね。

③ペリカンチェア(The Pelican Chair):one collection

ペリカンチェアは、デンマークの建築家・デザイナーのフィン・ユールによってデザインされました。発表から半世紀以上も経っているとは思えないほど、斬新で美しく、ユニークなデザインに感じられます。

特徴的なのはやはり、翼のようにも見えるアームの部分のデザインです。1人掛けなので、横幅は小さいですが、体を包むように両側からの支えがあり、大きなソファにはない安心感があります。

価格:\763,000~(税抜き)
サイズ:幅850×奥行760×高さ680×座面高370mm
カラーバリエーション:ホワイト、イエロー、レッド等

コーデ実例

暖かみのある木の床に、もこもことしたペリカンチェアが置かれたコーディネートです。ペリカンチェアの翼に体を預ければ、広い部屋の中でも自分だけのリラックスタイムを楽しむことができそうですね。

柔らかな白いペリカンチェアに対して、ダークグレーのラグが部屋を大人っぽく見せてくれています。

④エローロソファ(285 ELORO 2Pソファ):Cassina

エローロソファは、イタリアのデザイナーであるロドルフォ・ドルドーニによってデザインされました。木製のフレームには抜け感があり、スマートで軽い印象のあるソファになっています。

クッションは柔らかく、奥行は920mmもあるので、ソファの上でゆっくりとくつろぐことができます。

価格:\1,188,000~\1,933,200(税込み)
サイズ:幅1720×奥行920×高さ840×座面高435mm
カラーバリエーション:ブラック、グレー等

コーデ実例

全体的に落ち着いた、シックな色合いのコーディネートになっています。エローロソファは存在感がありますが、フレームのラインがすっきりとした印象を与えてくれていますね。

照明などを含めて、低い位置にインテリアがまとまっているので、安定感のあるコーディネートになっています。

⑤ブリガンタン(BRIGANTIN 2P):ligne roset

ブリガンタンは、フランス出身のデザイナーであるミッシェル・デュカロワによってデザインされました。彼の生まれたのは、リヨンでは装飾家として名高い家系であり、幼いころから現場でデザインを学びます。

ブリガンタンには7種類のウレタンフォームが使用され、ふかふかの優しい座り心地が体験できます。まさにリラックスシーンには最適なソファですね。

価格:\173,250~\283,500
サイズ:幅1560×奥行980×高さ750mm
カラーバリエーション:ホワイト、グレー等

コーデ実例

全体的に優しいホワイトのアイテムだけで構成されたコーディネートです。ブリガンタンの柔らかそうな素材感とクリーム色に近いホワイトが、部屋の優しい雰囲気にぴったりですね。

ラグもナチュラルなブラウンで、ソファとの相性が抜群です。

最後に

ふかふかのクッションをもつソファは、リラックスシーンにぴったりです。見た目から、もこもこなリラックスシーン用のソファもあれば、フレームのデザインによってすっきりした印象のソファもあります。

使用シーンに合わせて、お気に入りの一脚を見つけてください。