Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2019/07/20

【ベージュのソファを選ぶならこの5選】外さないコーディネート実例集もご紹介

上品で大人な印象のあるベージュのソファは、部屋に置きたい定番アイテムですよね。目立たない色合いのベージュのソファを部屋の主役として引き立てるには、実はテクニックが必要です。ソファの素材やデザインに注意して、自分にぴったりのアイテムを選びましょう。

ベージュのソファを選ぶさいの注意点は?

優しくエレガントな印象をもつベージュは、ソファの中でも人気のカラーです。使用シーンやお部屋の環境に合わせて、自分にぴったりのアイテムを探してみましょう。

①床色や照明によってソファの印象が変わる

無難でどんなアイテムとも合わせやすそうなベージュのソファですが、選ぶときの注意点があります。それが、床色や照明によって印象が変わってしまうということです。

お店で見たときと家に持ち帰ってからでは、ソファを置く環境が変わり、異なる印象を受けることがあります。自分のイメージ通りのソファを手に入れるために、床色や場合によってはラグなどとの組み合わせを考えるとよいでしょう。

また、ベージュのソファは床と同系色だと、部屋に馴染みやすいと言われています。例えば、ナチュラルの床の部屋なら、ソファと部屋との一体感が強く、広々とした空間を演出できます。ミディアムやブラウンの床なら、より暖かみのあるコーディネートになるでしょう。

②張地の素材で差をつける

ベージュのような中間色で部屋全体をコーディネートすると、エレガントで優しい雰囲気の空間をつくることができます。しかし、落ち着きのある部屋づくりができる一方で、刺激がなく単調な部屋になってしまうこともあり、注意が必要です。

全体的に単調なコーディネートになってしまうときは、部屋の主役となるソファの質感で、部屋にアクセントを取り入れてみましょう。例えば、革張りのエレガントなソファにふわふわと毛足の長めなラグを組み合わせると、メリハリがついたコーディネートになります。

ソファは家具の中でも存在感が大きく、部屋の印象に大きな影響を与えます。「デザインが奇抜なものを選ぶのはちょっと…」という方は、素材で遊んでみてはいかがでしょうか。

③フレームでメリハリを強調する

ベージュのソファは柔らかな色合いが魅力です。でも逆に言えば、赤や黒などのパキッとした色に比べて、注目を集めるような効果はありません。そんなベージュのソファを引き立たせてくれるのが、フレームのデザインです。

木製や金属の少し色味の深いフレームには、ソファのシルエットをはっきりとさせる効果があります。そのため、明るい色合いでぼんやりしがちなベージュのソファが、エレガントな部屋の主役として引き立ってくるのです。

逆に、クッションで包まれたローソファなどを部屋に置くと、ソファと部屋が一体的になった空間をつくることができます。ソファで思いっきりくつろぎたいという方には、こちらのデザインの方がおすすめです。

自分の使用シーンに合わせて、フレームのデザインを検討してみてください。

ベージュ色のおしゃれなソファを買うならこの定番5選

人気のソファを中心に、5つのソファをご紹介します。素材もフォルムもさまざまなので、自分好みのソファを探してみてください。

①CH163Carl Hansen & Son

CH163は20世紀を代表するデンマークの家具デザイナー、ハンス・J・ウェグナーによってデザインされました。デニッシュモダンを牽引したウェグナーの、無駄のないシンプルで機能的なデザインが、CH163の魅力です。

木のフレームが北欧インテリアらしく、シンプルでナチュラルな印象を与えてくれます。脚は細く、全体的にすっきりと軽い印象なのも特徴的です。上品なたたずまいがベージュのイメージとぴったりですね。

価格:\699,840~(税込み)
サイズ:幅1950×奥行800×高さ760×座面高410mm
素材(張地):布、本革
素材(本体):オーク材、ウォルナット材

コーデ写真例

テーブルを囲むように、ソファが並べられたコーディネートです。フローリングの床に木製のテーブルなど、全体的に木が使われたナチュラルで落ち着きのある部屋になっています。また、ベージュの落ち着いた雰囲気が木の質感と相まって、大人っぽい空間に仕上がっていますね。

ユニークなフローリングですが、ベージュのソファはブラウン系の床と相性がよく、しっかりと馴染んでいるのがわかります。ベージュと木の組合せが素敵なひと部屋です。

②MOGENSEN 2213 SOFAFREDERICIA

2213 SOFAはデンマークの家具デザイナー、ボーエ・モーエンセンによってデザインされました。皮張りのシンプルなソファは、まさにエレガントで部屋の主役となること間違いなしです。飽きのこない美しいデザインで、何十年も使い続けたくなるような一品ですね。

デザイナーのモーエンセンは先ほど紹介した、ハンス・J・ウェグナーと親交が深いことでも有名です。彼らはときに協力し、ときに競い合いながらもデンマークのインテリア業界で活躍しました。

価格:\2,104,000~\2,320,000(税抜き)
サイズ:幅2210×奥行810×高さ800×座面高430mm
素材(張地):本革
素材(本体):オーク、ウォルナット

コーデ写真例

全体的に白とベージュで構成された、ナチュラルで上品なコーディネートです。白い床や壁に対して、濃いベージュ色のソファが引き立っていますね。白とベージュのコントラストがはっきりとしているので、優しい雰囲気の中にもすっきりとした印象を受けます。

③STREAMLINE SOFAeilersen

STREAMLINE SOFAは馬車の生産から始まったデンマークの歴史あるブランド、eilersenのソファです。スチールの脚がスタイリッシュで、モダンな印象を受けます。

金属の脚は冷たい印象を与えがちですが、座面がベージュだと柔らかな印象に仕上がっていますね。座面の奥行も深いので、ゆったりと座ることができるのも特徴のひとつです。

価格:\334,000~\695,000
サイズ:幅2200×奥行910×高さ830×座面高420mm
素材(張地):布、本革
素材(脚):スチール

コーデ写真例

全体的にモノトーンのアイテムで構成された、シンプルで大人っぽいコーディネートです。

ツルツルとした床や真っ白な壁、ソファの金属の脚に、シンプルでスタイリッシュな印象を受けます。一方で、ソファのベージュや布張りの座面、フカフカとしたラグによって、空間に柔らかさが加わり、バランスの良いコーディネートになっていますね。

④ALPHABET SOFAPL300-1, 3-seat sofa)【Fritz Hansen

ALPHABET SOFAはイタリアのデザイナー、ピエロ・リッソーニによってデザインされました。全体的に角が丸く、リラックスした印象のローソファです。

クッションの張地はバリエーション豊富で、さまざまな組み合わせを楽しむことができます。また、形がしっかりとしているので、リラックスした印象でも決してだらしなくなることがありません。大人のリラックスシーンにはぴったりのアイテムです。

価格:\1,004,000~\1,116,000(税抜き)
サイズ:幅3000×奥行1200×高さ700×座面高400mm
素材(張地):布
素材(脚):合成素材

コーデ写真例

ダークな色合いの背景に、ALPHABET SOFAを配置したコーディネートです。無機質な床と、ファブリックの優しい色合いのソファが対照的で、お互いが引き立っています。

ソファのクッションは、ベージュとブラウンの組み合わせになっています。濃い目のブラウンを取り入れることによって、ソファが背景に馴染んだコーディネートになっていますね。このように、クッションの組合せを楽しむことができるのも、ALPHABET SOFAの魅力です。

⑤FAVN(Designer Selections)【Fritz Hansen

FAVNはスペイン人のデザイナー、ハイメ・アジョンによってデザインされました。ファウンはデンマーク語で「抱擁」という意味があり、抱きしめるようなかたちや座り心地を目指したデザインになっています。

バックレストからアームにかけてのなめらかなラインが美しく、有機的なフォルムが特徴的ですね。美しい曲線に対して、座面部分などの水平の直線も強調された、ユニークなデザインです。

価格:1,122,000(税抜き)
サイズ:幅2210×奥行930×高さ880×座面高420mm
素材(張地):布
素材(本体):スチール
素材(脚):アルミ製シリンダー(サテン仕上げ)

コーデ写真例

全体的に色味が薄く、シンプルなコーディネートです。統一されたカラートーンに対して、それぞれの素材は異なり、シンプルながらセンスを感じさせられます。中でもベージュのソファは、なめらかな布張りで柔らかい雰囲気を醸し出していますね。

最後に

エレガントで大人な印象をもつベージュのソファですが、その印象は素材やかたちによって変わってきます。また、部屋の主役でありながら、他のアイテムの影響を受けやすいのもベージュのソファの特徴です。使用シーンを想像しながら、お気に入りの一品を探してみてください。