Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが解説】おしゃれなアイランドキッチンを実現する方法!変形レイアウトや狭い実例もカバー!

海外インテリアの写真でよく見かけるアイランドキッチン、とてもおしゃれで憧れますよね。でも実際に計画しようとすると、どんなレイアウトが使いやすいの?収納はどうしたらいい?…といろいろ悩んでしまうことも多いのではないでしょうか。

アイランドキッチンはその名の通り「アイランド=島」のように壁から独立させたレイアウトのこと。アイランド部分にどんな機能を持たせるかで、イメージや使い勝手が変わります。この記事では、おしゃれで使いやすいアイランドキッチンを実現するためのポイントと、魅力的な実例をご紹介します。

来客が憧れる!おしゃれなアイランドキッチンを実現するポイント

アイランドキッチンのレイアウトパターン

https://www.pinterest.jp/pin/269793833915359503/

アイランドキッチンは、島になっているアイランド部分だけで構成されることは少なく、壁付きのI型やL型のキッチンと組み合わせて使うのが一般的です。アイランド部分にシンクやコンロなどの設備を設けるかで見た目の印象も、料理するときの動 線も変わってきます。代表的なレイアウトパターンの特徴を知っておきましょう。

また、レイアウトを考える時に必ずチェックしておきたいのはワークトライアングル。料理する時に重要になるシンク、コンロ、冷蔵庫を結んだ三角形です。この三角形の辺の長さの合計は、3600~6000mmが使いやすいと言われています。

アイランド部分にシンクとコンロを設ける場合

https://www.pinterest.jp/pin/269793833915353755/

アイランド部分にシンクとコンロを並べる場合は、壁側には、I型もしくはL型に冷蔵庫と収納、サブの作業スペースなどを設けます。料理のときはほとんどダイニング側を向くことになり、家族とコミュニケーションが取りやすいレイアウトです。

シンク、コンロ、レンジフードなどの設備器具が目立つレイアウトなので、おしゃれに見えるかどうかは、そのセレクトがものを言います。どちらかというとモダンでシンプルなテイストにまとめる方が成功しやすいレイアウトです。

アイランドにシンクのみを設ける場合

https://www.pinterest.jp/pin/269793833915364938/

壁側にコンロ、アイランド側にシンクを設けるレイアウトです。レンジフードを壁付けにできるので、アイランド部分がすっきりします。みんなで料理する場合は便利ですが、一人で料理する場合は振り返り作業が多くなります。

アイランドにコンロのみを設ける場合

https://www.pinterest.jp/pin/269793833915364349/

コンロのみアイランド部分、シンクは壁側に設けるレイアウトです。ホームパーティーなどで、コンロでの調理の様子をお客さまにあえて見せたい場合などに向いています。

アイランドを作業スペースにする場合

https://www.pinterest.jp/pin/269793833915364162/

アイランドをメインまたはサブの作業スペースにして、壁側にシンクとコンロを設けます。使い勝手としては壁付きキッチンに近くなりますが、アイランドが手前にあるため、キッチンの内部が丸見えになりにくいというメリットがあります。

またアイランド部分での水はねや油飛びがないため、アイランドとダイニングテーブルを一体にするレイアウトにも向いています 設備を設けない分、アイランド部分のデザインや素材選びの自由度が高くなり、好みのテイストにまとめやすいレイアウトです。

アイランドキッチンに十分な収納を設けるには

https://www.pinterest.jp/pin/269793833915353778/

アイランドキッチンではアイランド側に吊戸棚を設けないことが多く、収納が不足する場合があります。オープンなアイランドキッチンに物が散らかっていると、その魅力は半減。きれいな状態をキープするために、十分な収納量を確保しましょう。

壁付けキッチン側は、吊戸棚、オープン棚、天井までの高さのあるトールキャビネットなどを設けて、収納にフル活用しましょう。スライディングドアのトールキャビネットは開閉スペースを取らないので、コンパクトなアイランドキッチンにおすすめです。

90cmや1mなどの奥行きのあるアイランドの場合、両側もしくは3方向、4方向から使用できる収納をカウンター下に設けるようにしましょう。奥行きのありすぎる収納は奥の方がデッドスペースになり、使いにくいものです。ダイニング側には、カトラリーやテーブルクロスなどを収納すれば便利です。

アイランドキッチンの素材選びやカラーコーディネート

https://www.pinterest.jp/pin/269793833915364318/

アイランドキッチンはカウンターが広く目立ちやすいので、モダンやインダストリアルであればステンレス、カントリーであればタイルや木製など実現したいインテリアスタイルにあった素材を選びましょう。人工大理石、人造石、天然石といった石系のカウンターは比較的いろいろなスタイルに合います。

壁付け部分とアイランド部分の素材や色はそろえた方が無難ではありますが、アイランド部分だけ素材や色を変えると、効果的なアクセントになる場合もあります。その場合でも、カウンターは統一してキャビネット部分を変える、キャビネットのデザインはそろえて色だけ変える、カウンターのみ変えるなど、どこかに統一感を持たせた方がいいでしょう。

こんなケースに気をつけろ!失敗しがちなパターン紹介

スペースが狭すぎる

https://www.pinterest.jp/pin/269793833915353643/

4方向に通路が必要なアイランドキッチンは、I型などの壁付けキッチンに比べると広い設置スペースが必要です。壁付けI型キッチンであれば、4.5畳程度の広さがあれば設置可能ですが、アイランドキッチンでは、少なくても7〜8畳前後のスペースが必要。ダイニングと一体のDK型であれば、10~12畳はほしいところです。

狭すぎるスペースにアイランドキッチンを設けると、通路幅や収納が足りなくなり、使い勝手が悪くなります。 LDKに十分な広さがない場合は、大きなソファを置かずにダイニング中心のレイアウトにする、ダイニングはアイランドと一体型にしてダイニングセットを置かない、などの選択肢もあります。

食事スペースまで油や水がはねる

https://www.pinterest.jp/pin/269793833915359500/

シンクやコンロを設けたアイランド部分がダイニングと隣接している場合は、油はねや水はねに注意します。なるべく距離を離すのが基本ですが、コンロ前はガラスのガードを設けるなどの方法もあります。

テーマ別おしゃれなアイランドキッチンインテリア実例サンプル10選

王道レイアウトのアイランドキッチンインテリア実例 3選

アイランド部分にシンクとコンロを設けたレイアウト

https://www.pinterest.jp/pin/269793833915355621/

シンクとコンロを設けた対面型のアイランド。アイランドで料理をしならがダイニングやリビングの様子が見えるので、小さなお子さんがいるご家庭にも向いています。ステンレスのカウンターやレンジフード、キャビネットは直線的でシャープなデザインで統一されています。

アイランド側にシンク、壁面側にコンロを設けたレイアウト

https://www.pinterest.jp/pin/269793833915359520/

アイランドのセンターにシンク、向かい合わせの壁側にコンロを設けたレイアウト。海外インテリアに多いレイアウトです。デザイン的にはセンターに合わせてシンクとコンロを真正面にレイアウトした方がきれいですが、使い勝手としては、シンクとコンロの位置を少しずらした方が振り返りの作業がしやすくなります。

アイランドを作業スペースにしたレイアウト

https://www.pinterest.jp/pin/269793833915359435/

アイランド部分は作業スペースにして、壁に向けてL型にシンクとコンロを配置したレイアウトです。キャビネットのデザインは揃えていますが、設備を設けないアイランドには木製カウンターをセレクト。カントリーテイストを強調しています。

変わったレイアウトのアイランドキッチンインテリア実例 2選

2つのアイランドがユニークなキッチン

https://www.pinterest.jp/pin/269793833915364322/

デザインを揃えた調理用のアイランドと食事用のハイカウンターを、独立させて配置。2つのアイランドがあるようなユニークなレイアウトになっています。キャビネットのデザイン自体はクラシックですが、白と黒で統一されているのでモダンな印象もあります。

ハイカウンターとダイニングテーブルをアイランドと一体に

https://www.pinterest.jp/pin/269793833915359484/

アイランドと軽食用のハイカウンターを兼用して、さらにL字型のダイニングテーブルを組み合わせたレイアウト。コンパクトなスペースに収まっています。モダンなキッチンにアンティークウッドのダイニングテーブルを組み合わせているのもユニーク。

収納多めのアイランドキッチンインテリア実例 3選

壁面全面収納にしたアイランドキッチン

https://www.pinterest.jp/pin/269793833915359395/

アイランドの背面の壁面を、全面収納にした例です。扉をキッチンと共材にして統一感を出し、ミニマルなキッチンを実現しています。扉を締めれば全てが隠せるので、来客の多いご家庭にも向いています。

壁面を収納に有効活用したコの字型キッチン

https://www.pinterest.jp/pin/425379127304921543/

冷蔵庫まわりはトールキャビネットと上置きキャビネット、コンロ側壁面はロングタイプの吊戸棚で収納量を確保。ロングタイプの吊戸棚は作業のときに圧迫感を感じやすいですが、アイランド部分をメインの作業スペースにすることで解決しています。アイランド部分にはワインセラーを設けています。

さまざまな収納を駆使したヴィンテージキッチン

https://www.pinterest.jp/pin/269793833915359442/

吊戸棚、オープン棚、引き出し、吊るす収納など、さまざまな手法をバランスよく取り入れているヴィンテージキッチンです。シンクやレンジはあえて窓側に配置し、窓のない壁面を全面収納にしています。

狭いリビングのアイランドキッチンインテリア実例 2選

ダイニング兼用のコンパクトアイランド

https://www.pinterest.jp/pin/269793833915359445/

ハイスツールを置いたコンパクトなアイランドと、小さなI型キッチンの組み合わせ。夫婦2人暮らしやシングルであれば、くつろぐのはソファと割り切って、ダイニングキッチンスペースは最小限にしてしまうのも一つの方法です。

アイランドとソファを背合わせにレイアウト

https://www.pinterest.jp/pin/269793833915364544/

アイランドと背合わせに、ベンチタイプのソファをレイアウトしています。ダイニングとリビングを兼用しキッチンと隣接させれば、リビング、ダイニング、キッチンをそれぞれにゾーニングするより大幅に省スペースになります。

まとめ

おしゃれなアイランドキッチン実現のポイントをご紹介しました。素敵な実例をたくさん見て自分の好きなスタイルを明確にすることと、日常の調理や生活動線を具体的にイメージしながら計画することが重要です。おしゃれで使いやすい理想的なアイランドキッチンを実現してくださいね。