Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【押入れをアレンジして書斎に!】物を収納する以上におしゃれに決まるコーディネート事例10選!

河野ゆみこ
著者:河野ゆみこ (二級建築士/インテリアコーディネーター)

住空間設計室CUBE代表。一般社団法人感性ひらく空間代表理事。 住宅設備メーカーや住宅コンサルタント会社での勤務を経て独立。日常の中に非日常を感じさせる住空間づくりをコンセプトとし、住宅やオフィス・医療施設・店舗など約1200件の設計やインテリアコーディネートに携わるほか、セミナー講師、コラム執筆も行っている。

スペースが広い点はいいものの使いにくいイメージが強い押入れ。

しかし最近は、簡単なアレンジをして収納スペースではなく書斎スペースとして使いこなす楽しみ方が人気です。パソコン作業や読書などは半畳程度のスペースでも十分にできますし、何より室内スペースを圧迫しないで書斎ができるのがうれしいですよね。

この記事では、押入れを書斎スペースにする手順やおしゃれな書斎スペースをつくるポイントを解説した上で、仕事をしたくなるコーディネート事例を紹介します。

目次

押入れをデスク・書斎として使えるようにする方法

https://www.pinterest.jp/pin/715439090788427550/

押入れは、もともと布団や座布団を収納するために設けられているため、中段が設けられ奥行を深く取ってあるのが大きな特徴です。このスペースを書斎として使うためには、押入れのこうした特徴を踏まえてアレンジするのがおすすめです。

まず、押入れ用の襖は外します。押入れの中に設置してある中段をデスク代わりにしてその手前に椅子を置いて座りますので、襖をつけていても開閉できないからです。

また、パソコンやプリンターなどを置くのであれば、機器から出た熱がこもりがちになるためオープンスペースにしましょう。

次に、押入れの中をアレンジします。中段はそのまま使ってもいいですし、塗装やシート張りで色や柄を変えてもOKです。押入れ内の壁面も、クロスやカット木材・タイルなどを貼り付けて好みのインテリアに仕上げましょう。

パソコン作業や読書などをするのに手元を明るくしたいなら、照明器具の設置は必須です。中段にテーブルライトを置く方法や、押入れの天井面の角材を活用してクリップライトをつける方法が手軽です。

押入れ内には電源がありませんから、近くのコンセントから延長コードをつなぐ作業が必要です。

押入れをおしゃれな書斎ワークスペースに魅せる3つのポイント

https://www.pinterest.jp/pin/742460688550187685/

押入れを書斎スペースとして活用するなら、少しでも快適に使えるようにしたいもの。

とはいえ、収納スペースとしてシンプルなつくりになっている押入れをそのまま使うのも面白くないですね。

機能性はもちろん、デザイン性にもこだわりたい人のために、押入れをおしゃれな書斎スペースに変えるためのポイントを3つお伝えします。

「魅せる」ことを意識する

https://www.pinterest.jp/pin/646618458977460786/

押入れは襖を閉めて隠すという使い方を想定してつくられているため、内部の仕上げがとても簡素です。基本的に四方はベニヤ板仕上げで、クローゼットのような壁紙仕上げではありません。

そのままでももちろん使えますが、おしゃれな書斎スペースという点をクリアしたいなら内部の仕上げに手を加える必要があります。

おすすめしたいのは、壁面に壁紙を張ること。裏面にのりがついたDIY用の壁紙は色や柄が豊富で、インテリアに合わせて選ぶことが可能です。

押入れがある部屋の壁面と合わせてもいいですし、押入れ部分だけ大胆な色や柄を採用してアクセントにしてもいいでしょう。専用チョークで字やイラストが描ける黒板壁紙を使うと、カフェのような雰囲気が出せます。

内部寸法に合ったアイテムのレイアウトを考える

https://www.pinterest.jp/pin/594545588291579533/

おしゃれな書斎スペースとは、仕上げ材などの見た目だけでなくレイアウトの美しさも影響します。書斎スペースにする押入れの幅によって置けるアイテムの数や配置が変わりますから、押入れ内部の寸法を把握することはとても重要です。

たとえばパソコンとプリンターを置きたいと思っても、幅寸法が狭ければ横並びにはできませんし、パソコンのモニターの大きさによっては壁面に設けた棚と干渉する可能性があります。

押入れ内部の幅・奥行・高さの各寸法をきちんと事前に測った上で、書斎スペースを少し離れた場所から見た時に美しいレイアウトになるよう、内部に置くアイテムを考えましょう。

収納グッズを有効利用する

https://www.pinterest.jp/pin/822258844440959107/

書類や文房具などが散乱していると雑然とした雰囲気になり、おしゃれとはほど遠くなるのは、室内でも押入れの書斎スペースでも変わりません。

仕事などをする場所として使うならどうしてもこまごまとした物が多くなりますので、すっきり整理できるよう収納グッズを活用するのがおすすめです。

デスク用の引き出しラックやファイルスタンドなどを同じ色やサイズでそろえると、見た目がすっきりしますからスマートに見えますし、内部におしゃれな壁紙を張ったり絵や写真を飾ったりした時によく映えます。

椅子も含めてこだわりコーディネートを!

https://www.pinterest.jp/pin/594545588291579562/

押入れをアレンジした書斎スペースは、基本的にオープンな状態で使います。中段をデスクに見立てて椅子を単体で組み合わせるので、おしゃれな書斎スペースにしたいなら椅子の色やデザインにもこだわりたいもの。

書斎スペース全体をシンプルにまとめて鮮やかな色の椅子をアクセントとしてコーディネートする、中段をカウンターに見立ててスタイリッシュなスツールをコーディネートするなど、椅子で遊んでみましょう。

合わせる椅子によって書斎スペースの印象はがらりと変わりますので、複数のデザインの椅子を準備し定期的に変えて楽しむのもおすすめです。

押入れ書斎で仕事をするのも悪くない!おしゃれなコーディネート実例10選

https://www.pinterest.jp/pin/757378862314529292/

押入れを手軽にアレンジするだけで憧れの書斎を手に入れられるとなると、「どんな書斎スペースにしようかな」と考えるだけで楽しくなりますね。

せっかくなら使いやすさとおしゃれさをバランスよく持ち合わせたスペースにしたいもの。

おしゃれな書斎スペースをつくるために、おしゃれなコーディネート事例を10個紹介します。押入れを書斎スペースにアレンジする際のヒントにしてみてください。

【レトロテイスト】中段と床板をモノクロ花柄で統一したかわいい書斎スペース

https://www.pinterest.jp/pin/678284393850789475/

木材部分以外は白と黒のモノトーンでまとめたコーディネートですっきりした印象ですが、レトロな花柄によってかわいらしさを演出しています。押入れの雰囲気を生かして和の雰囲気を残しているあたりがセンスの良さを感じさせますね。

【レトロテイスト】小学校のような懐かしい雰囲気が漂う書斎スペース

https://www.pinterest.jp/pin/603834262510496189/

シャービックな質感に仕上げた中段、黒板に見立てた奥の壁面、無造作なようで色合いをばっちり合わせたパイプ椅子とレトロな雰囲気がたっぷりな事例です。2人がゆったり座れる幅寸法ですから、2人並んで活用できますね。天井部分をあえて手つかずで残しているためナチュラル感がアップ。

【ヴィンテージテイスト】広々とした押入れスペースを生かした秘密基地のような書斎スペース

https://www.pinterest.jp/pin/191825265363940249/

押入れの中段にはしごをつけ、部屋から上がり込み寝転がりながら読書ができる書斎スペースにアレンジした面白い事例。オープンシェルフや手すりでゆるやかに仕切りつつ、遊び心をくすぐる秘密基地を思わせる雰囲気がたまりませんね。

【ブルックリンテイスト】やわらかい光がひろがるアーティスティックな空間に変身した書斎スペース

https://www.pinterest.jp/pin/204913851773549946/

古い建築物の外壁を思わせるようなミックスカラーのレンガ柄で仕上げた壁面が印象深い事例。直接紙を貼り付けているあたりもブルックリンの倉庫街をイメージした雰囲気でおしゃれですね。ダクトレールを使った照明器具を効果的に配置し、趣味に没頭できる特別な空間に仕上がっています。

【ナチュラルテイスト】家族で仲良くシェアできるシンプルな書斎スペース

https://www.pinterest.jp/pin/711991022315007448/

棚を一切つけずブックスタンドだけを置いて、すっきりとまとめた事例です。目の前に何もないため集中できそうなスペースになっています。デスクライトを壁に向けて光を反射させているため、光の広がり方がソフトでナチュラル感がアップ。

【ナチュラルテイスト】枕棚を上手に活用した直線のシャープさが際立つ書斎スペース

https://www.pinterest.jp/pin/742460688550187686/

集中力が高まりパソコン作業がはかどりそうな、シンプルな書斎スペースです。枕棚も収納スペースとして活用できるようアレンジし、床面の色と同じ色で塗装してあるため統一感があります。オブジェが入った小さな額など遊び心たっぷりです。

【クラシックテイスト】深みのある色合いの中段と床板が落ち着いた雰囲気を演出する書斎スペース

https://www.pinterest.jp/pin/505740233127181064/

和室の雰囲気となじむ落ち着いた色の中段や床板にアレンジした事例。パソコンのモニターと干渉しない高い位置に吊戸棚を設置して収納スペースも確保しています。シンプルで明るい白い張地のスツールをコーディネートしているため、重たくなりすぎない雰囲気に。

【フレンチテイスト】白とライトグレーの上品な組み合わせでやさしい印象を与える書斎スペース

https://www.pinterest.jp/pin/204913851773550671/

隠すことも考えてカーテンをつけた書斎スペース。高さを微調整できる棚柱を使った棚によって、ボックスでもぬいぐるみでも好きなサイズのアイテムが収納可能です。書斎スペースなのにドレッサーのようなおしゃれな雰囲気が素敵ですね。

【アメリカンテイスト】お気に入りだけを置いて楽しむスタイリッシュな書斎スペース

https://www.pinterest.jp/pin/445715694359115203/

押入れ内部の高さを生かして、こまごまとしたアイテムを収納できる引き出しラックなどを上手にレイアウトした事例。趣味のアイテムがそのままインテリアの演出アイテムとなり、映画に出てきそうなおしゃれな雰囲気が漂います。

【モダンテイスト】全面を収納スペースにしたSOHO向けの書斎スペース

https://www.pinterest.jp/pin/781937554024023590/

大きめの収納棚を押入れ内部全体にはめ込み、ファイルや文房具など仕事に必要なものはすべてまとめて収納できる事例。両サイドに有孔ボードを立てているので、フックを使えば吊り下げ収納も可能。赤の張地のスツールがアクセントカラーとなって、洗練された雰囲気です。

まとめ

押入れを書斎スペースにアレンジするには、実はそう手間はかかりません。

ただし機能性やデザイン性にこだわり、室内のフォーカルポイントとして目立たせたいなら、内部の仕上げやカラーコーディネートにこだわりたいですね。

もっと押入れを有効活用したいと思っているあなた、この記事を参考に押入れをおしゃれな書斎スペースにしてみませんか。