Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【黒いカーテンのお部屋集】男女ともに人気なアイテムでおしゃれインテリアに

黒色をアクセントカラーとして家具に使うお部屋は多いのですが、黒のカーテンを取り入れているのは少ないですよね。圧迫感や暗いといったマイナスの印象をお持ちの方もいると思いますが、「ナチュラル」や「男前」なインテリアに、黒のカーテンを効かせ色として使うと素敵ですよ。

そこで今回は、床や家具などのインテリアアイテムに黒色カーテンを調和させるポイントを交えつつ、かっこいいからナチュラルまで黒カーテンのコーディネート例をふんだん紹介していきます。

黒いカーテンをおしゃれに取り入れるポイント

黒いカーテンは遮光性が高い?黒が持つ効果とは?

黒色は、白色やグレーと同じ彩度をもたない無彩色です。全ての光を反射する白色とは逆で、光を吸収します。なので黒色のカーテンは遮光性が高く、朝日を気にすることなく寝ることができます。プライベート空間を演出できるので、寝室はもちろん仕事や趣味の作業をするお部屋にも黒のカーテンはおすすめです。

また、黒が持つ「かっこいい」「おしゃれ」「スタイリッシュ」という洗練された印象を存分に活かし、インテリアを楽しむことができます。しかし、黒は重みのある色なので、黒カーテンの取り入れ方次第では「気分が下がる」「疲れやすい」などとマイナス効果が生まれることもあります。その場合は、単色の黒カーテンより、柄や模様などで黒色の分量のバランスを取るようにしてください。

黒いカーテンの場合、床や壁紙、ラグの色はどうすべき?

カーテンは空間のなかで大きな面積を占めます。黒のカーテンを取り入れる場合は、床や壁紙、ラグで黒の分量を調整し好みのインテリアテイストに仕上げるようにしてください。

黒カーテンのお部屋に、白の壁紙はコントラストがはっきりするので美しく引き立ちます。白の壁紙にすることで暗くなりすぎずに、黒のカーテンがメリハリをつけ空間を引き締めます。逆に、黒のカーテンだけではなく壁紙もダークカラーにすると、少し籠もったような印象が生まれ、非日常的な雰囲気を漂わせることができます。ホテルライクなインテリアに仕上げたい方におすすめです。

また、黒のカーテンを取り入れて空間のカラートーンが暗めになった場合、ナチュラルやホワイト系の床、アイボリーといった淡い色合いのラグを使えば、お部屋をパッと明るくしてくれます。黒のカーテンと同じく床色やラグもダークカラーにすると、統一感が生まれます。ダークカラーでまとめることで、ぼやっとした印象にならないように、ウォールナット材の床に、少し青みがかった黒のラグにするなど表情をつけるようにしてください。重厚感のある男前なインテリアがお好きな方におすすめです。

黒いカーテンの場合、家具の色で気をつける点は?

黒色は、他の色より明度や彩度が低い無彩色です。黒のカーテンをお部屋に取り入れて、シックなダークカラーの家具を置いても黒の色味は十分に引き立ちます。また、明るいカラートーンの家具を置けば、家具の色味がもつポップな雰囲気が強調され、お部屋の雰囲気を明るく彩ってくれます。黒のカーテンをベースカラーとして使うのか、アクセントカラーにするのかで、家具の色を考えるとコーディネートがしやすいですよ。

こちらのお部屋のように、ナチュラルな色合いの木目の床やダイニングセットは、黒カーテンがもたらす色の強さを抑え和らげます。シックな佇まいの黒のカーテンは、北欧スタイルのようなナチュラルな色合いの家具に組み合わせると、インテリアとして引き締める役割を存分に発揮してくれます。また温かみや柔らかさを足します。

人気カラーの黒いカーテンを使ったコーディネートサンプル10選

黒のカーテンが男前でかっこいいお部屋コーディネート 4選

ベッドリネンや観葉植物で黒の分量を抑える

黒のカーテンにグレーの壁紙で男前な雰囲気を漂わせています。窓が2面とあるので、寝室内の黒カーテンの面積は広いですが、白のベッドリネンに観葉植物を置くことで暗くなりすぎずに黒の分量を抑えています。床色や家具をダークカラーにすることで黒と白のコントラストが引き立つ寝室に仕上がっています。

黒を基調としたホテルライクなリビングルーム

黒のカーテンを始め、ベースカラーを黒にしたリビング。青みがかった黒ソファやカーテンを所々に散りばめることで表情をつけています。またブラウンやオレンジといった暖色のアイテムをアクセントとして入れることでメリハリを効かせ、上質なホテルライクスタイルに仕上がっています。ダークカラーも明度や彩度の差で表情をつけるとぼやっとした印象になりません。

黒×赤でつくるグラマラスな寝室

モダンな寝室に黒カーテンをコーディネートしています。黒を基調として、赤色を差し色として効かせメリハリのついた空間に。ベロアや艶のある赤の質感と黒が合わさることでグラマラスな印象が強調されています。色をごちゃごちゃと足さないことで統一感のあるインテリアになります。

ゾーニングしてコントラストをつける

黒のカーテンをダイニングに取り入れています。床やラグは白を基調とし、カーテンや壁紙、家具などは黒を基調にすることでコントラストがはっきりとしてします。洗練されたモダンダイニングルームに。部屋の下方を白にしているので暗くなりすぎず、開放感を与えてくれます。かっこいいダイニングルームがお好きな方におすすめのコーディネート例です。

黒のレースカーテンでかわいいスタイルにも!サンプルコーディネート 6選

黒のレースカーテンは抜け感を作ってくれる

空間全体のダークトーンに合わせ、黒のレースカーテンをコーディネートしています。レース素材にすることで柔らかさを演出。外からの光を取り込むだけではなく、インテリアのなかで抜け感としての役割を果たしてくれます。北欧モダンや大人ナチュラルな雰囲気がお好きな方におすすめです。

黒の柄レースカーテンをアクセントに

青を基調とした空間に黒の柄レースカーテンをコーディネート。黒の単色レースカーテンにしてしまうと寒々しさが強調されてしまいますが、白の線描き柄なら圧迫感を与えずすっきりとした印象に。黒の柄レースカーテンなら北欧モダンの要素を取り入れつつ、女性的な優しさや柔らかさを足すことができます。

黒の分量を調整することで温かな雰囲気を活かす

ナチュラルな風合いが漂うダイニングに黒のレースカーテンをコーディネートしています。温かな雰囲気に黒色を入れて空間全体を引き締めています。黒の分量は照明や椅子の張地と抑えめにすることで、優しく温かな雰囲気を壊していません。黒のレースカーテンから光がたっぷり入るので、カーテンの面積は大きいですが圧迫感を与えることはありません。圧迫感といったマイナスイメージからダイニングに黒カーテンを取り入れるのを迷っている方におすすめのコーディネートです。

黒×白のチェック柄レースカーテンがガーリーな印象に

黒と白のチェック柄レースカーテンを取り入れガーリーで落ち着いた印象の寝室。ミニマムな寝室に黒のレースカーテンだと単調な印象になってしまうので、黒×白のチェック柄レースカーテンにして柄をアクセントで取り入れるとお部屋をワンランクアップさせてくれます。

甘すぎない北欧スタイルの子供部屋

王道の北欧カラーでまとめた子供部屋に、効かせ色として黒のレースカーテンをコーディネート。柔らかな色合いに黒色を入れることで程良い温かみの引き締まった印象に。甘すぎない柔らかな子供部屋をつくりたい方におすすめのコーディネート例です。

余計な色を使わずに魅せるリビングルーム

ライトブラウンをベースとしたリビングに黒のレースカーテンをコーディネート。リビングの一角を占める程のサイズですが、レースカーテンが光を透かすので圧迫感を与えず上品で洗練された印象に。ライトブラウンをベースとした空間が、平坦な印象にならないように黒のレースカーテンやラウンジチェア、小物などのインテリアアイテムでアクセントをつけることがポイントです。

まとめ

黒カーテンというとモダンや男前なインテリアのイメージが強いですが、素材や柄に気をつけることで、グッとコーディネートの幅が広がります。この記事を参考に、洗練されたお部屋づくりのアイテムとして、黒カーテンを取り入れてみてくださいね。