Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【緑色カーテンのお部屋集】プロがおしゃれでリラックスできるインテリアに仕上げる方法を伝授

浦辺愛美
著者:浦辺愛美 (インテリアコーディネーター)

大手インテリア販売店で10年勤務。顧客へのコーディネート提案と従業員の家具知識教育に携わる。インテリアコーディネーター・色彩検定1級だけでなく、宅地建物取引主任者を独学で取得。趣味は旅行で、旅先でのインテリアチェックは欠かせません。現在、夫と3歳の娘との3人暮らし。子供がいても散らかりにくい、シンプルで機能的なインテリアを実践。見た目だけでなく、住む人の使いやすさを考えたインテリアを提案します。

家にいる時間が増えてきた今こそリラックス効果のある緑色のカーテンをお部屋に取り入れてみませんか。

今回は緑色のカーテンに関する疑問にお答えするとともに、コーディネート実例を解説していきます。一口に緑色といっても、色の濃さ・柄の有無・ドレープかレースかによって印象は大きく変わります。遮光性能や合わせやすいインテリアの色も変わってくるので、ベースとなる知識を持っておくと安心です。

お部屋の中でも大きな面積を占めるカーテン選びは重要です。理想のお部屋づくりにお役立てください!

緑色カーテンをおしゃれに取り入れるポイント

緑色カーテンは遮光性が高い?

https://www.pinterest.jp/pin/118501033933809319/

中間色である緑色のカーテンは、そのままの状態だと黒や寒色のカーテンよりも遮光性が下がります。しかし、遮光機能が追加されたものを選ぶことで十分な遮光が可能です。

遮光性能には遮光率99.9%以上の1級から3級まであり、数字が小さいほど遮光性能が高くなります。寝室やシアタールームなどを真っ暗にしたいという方には遮光1級がおすすめです。朝日や西日の緩和には遮光2級・3級で十分役割を果たしてくれます。

さらに遮光効果が高いものを求める方は、緑色の中でも暗めの色を選ぶと良いでしょう。数値上は同じ遮光率のカーテンでも、生地の色味によって目で感じる明るさに違いがあります。

明るい緑色で遮光性能が高いものを求める場合は、アクリル樹脂コーティングのものを選びましょう。遮光カーテンには黒糸を織り込むことで遮光性を出したものが多いですが、アクリルコーティング加工生地に黒色樹脂を挟み込みことで繊維の隙間を埋めているため、ほぼ100%遮光できます。

緑色が持つ視覚効果とは?

https://www.pinterest.jp/pin/118501033933809319/

緑色は一般的に「自然」「安心」「癒し」など心が安らぐ・リラックスできるイメージがもたれています。中間色なので幅広い色と組み合わせやすく、合わせる色によって印象が変わるのも面白いところです。落ち着きたい寝室やゆったりと過ごすリビングなどには特におすすめです。

明るい緑色は緊張をやわらげる効果が高いです。フレッシュ・明るい・カジュアルなイメージが強く、寒色・暖色どちらとも相性が良いためコーディネートの幅が広がります。反対に暗い緑色は落ち着く・大人っぽい印象が強くなります。高級感があるイメージでもあり、モダンコーディネートとの相性がよいです。

また、緑色のカーテンはボタニカル柄など柄物も多いです。緑色が持つナチュラルなイメージと合わさって、さらにくつろげる空間づくりに役立ちます。

緑色カーテンの場合、床や壁紙、ラグの色はどうすべき?

https://www.pinterest.jp/pin/356699232991463355/

明るい緑色のカーテンは、ナチュラル・ホワイトなどの床やラグと好相性です。床がダークカラーの場合はラグに明るめの色を取り入れて、抜けを作ると良いでしょう。
壁紙にはレンガやウッドなど自然を感じるものを取り入れたり、トーンの違う緑色にするのもおしゃれに決まります。アクセントにしたい場合は、緑色の補色となる紫色を取り入れると引き締まります。その場合は床はナチュラル、その他の家具はホワイトなどでシンプルにまとめるのがおすすめです。

暗めの緑色のカーテンには白い壁を合わせると、コントラストがはっきりしてきれいです。床はダークカラーだとシックに、明るい色だと落ち着いたナチュラルインテリアに合います。
反対に、ダークトーンの壁と合わせると高級感や非日常感が出ます。ホテルライクやモダンなコーディネートにおすすめです。空間が暗さが気になる場合は、ラグに白やアイボリーなどを取り入れるとバランスがとれます。

緑色カーテンの場合、家具の色で気をつける点は?

https://www.pinterest.jp/pin/AepkcqAwWTwO5GRM6jjUuyZXKNGUbtNdGMFDlHfLgEWFSsxkoT-EMOSJpa6_8GPk5xNe1u-vJIW1OSPHt0bzHhA/

緑色のカーテンは木との相性が良いため、木目の家具がよく合います。ですが、木目だけでまとめるとほっこりとした印象になりやすいです。モダンなインテリアが好みの方はアイアンやシルバーなどを取り入れると空間が締まります。

人気カラーの緑色カーテンを使ったコーディネートサンプル10選

エメラルドグリーンカーテンのお部屋コーディネート 2選

カラーリングが印象的なアパートメント風コーディネート

https://hellointerior.jp/plan/151

大胆な配色が光る海外のアパートメント風コーディネートです。単体でもインパクトのある黄色の壁紙にトーンの明るいエメラルドグリーンを合わせることで、お互いが引き立てあってより印象的になっています。

この配色が活きるようにテレビボードやテーブル・小物にはダークカラー、ソファやラグは白系でシンプルにまとめています。その代わりに壁にはカラフルな映画のパンフレットを飾って、視線を集めるポイントにしています。このメリハリがお部屋のおしゃれ度をアップしています。

高級ホテルの非日常感を味わえるダイニング

https://www.pinterest.jp/pin/779122804279281277/

光沢が美しいエメラルドグリーンのカーテンを間仕切りにしたコーディネートです。高級感のあるベルベットのツヤがお部屋の雰囲気をグレードアップしてくれます。

インテリアは黒やダークブラウンでシックにまとめることで、ラグジュアリーな印象になっています。小物や座面の張地の白が清潔感・明るさを感じさせて、空間の重さを軽減してくれます。

青緑色のカーテンのお部屋コーディネート 2選

せまいお部屋でもできるモロッカンコーディネート

https://hellointerior.jp/plan/494

ウィリアムモリスの壁紙を活かしたモロッカンテイストのコーディネートです。壁紙のもつあたたかくて格調高い雰囲気を活かすため、インテリアには壁紙の色をうまく取り入れて一体感を出しています。

パーテーションは世界観に合った曲線のデザインを採用し、白のアイアンで大人っぽさ・かわいらしさを表現しています。L字に配置したソファの間にサイドテーブルを置くことで、使いやすさとソファ前の広いスペースを確保した、せまいお部屋でも再現しやすいコーディネートです。

青緑×ゴールドで叶える大人のラグジュアリー空間

https://www.pinterest.jp/pin/779122804279281303/

深い緑にゴールドを掛け合わせたエレガントなコーディネートです。カーテンは単体でも高級感のある青緑の生地に「トリム」と呼ばれる縁飾りをつけて、さらにドレスアップしています。クッションをカーテンと同じ生地+トリムとすることで、簡単にインテリアの雰囲気を揃えることができます。

家具は華奢なゴールドのフレームでまとめて、高級感と女性らしい雰囲気を両立しています。色を緑・白・ゴールドに絞ることで、甘すぎずラグジュアリーな空間が実現します。

緑色柄カーテンのお部屋コーディネート 3選

柄を活かした北欧風ナチュラルリビング

https://hellointerior.jp/plan/364

ナチュラルな中に北欧の風を感じるコーディネートです。緑色と相性の良い黄色のソファが明るい印象で、カーテンと同じ柄のクッションを合わせることで世界観がぶれません。

大型のテレビボードは、壁と同じ白色で背の低いものにすることで圧迫感が減ってスッキリとまとまります。壁には北欧風の落ち着いた色味のファブリックパネルを並べて、空間におしゃれさを足しています。

カーテン・シェードのW使いで柄の変化を楽しむ

https://hellointerior.jp/plan/404

光沢のあるウェーブ柄のカーテン・シェードを使った高級感のあるモダンリビングです。小窓には一般的にブラインド・ロールスクリーン・シェードという選択肢があります。このお部屋では、カーテンと同じ生地のシェードにすることで空間の一体感を出しながら、平面で柄をしっかりと見せることで変化を出しています。

カーテンとテレビボードは光沢があるものを、テーブルはマットなものを採用していて、落ち着いているのに重くない絶妙なバランスが心地よいです。また、間接照明に採用した大理石ベースのアルコランプがワンランク上のラグジュアリー感を出してくれています。

ゴールドとの組み合わせが新鮮なリゾートホテル風リビング

https://www.pinterest.jp/pin/796152040368196154/

ボタニカル柄のカーテンが主役のリゾート感あふれるコーディネートです。

大ぶりな葉が印象的なカーテンは単体で見るとカジュアルな雰囲気ですが、ゴールドのインテリアと合わせることで非日常感を演出しています。観葉植物と相まって、高級リゾートホテルのような雰囲気でリフレッシュできるリビングになっています。

緑色のレースカーテンでかわいいスタイルにも!サンプルコーディネート 3選

スマートで洗練されたナチュラルモダンスタイル

https://www.pinterest.jp/pin/353814114475616769/

スマートにまとめた北欧モダンなコーディネートです。黄緑色のレースカーテンは、透け感がありクリーンな印象です。こういったシンプルなレールカーテンには、ドレープの美しさが際立つ2倍ヒダ+裾ウエイトでの仕立てがおすすめです。

清潔感がある白とナチュラルな木目が美しいチェアに、黒のアートフレームやディフューザーを合わせてモダンな雰囲気を醸しています。インテリアのカラーを絞ることで、きれいなレースカーテンの色を際立たせた都会のナチュラルモダンスタイルです。

ツタのデザインを活かした清潔感あるスペース

https://www.pinterest.jp/pin/181340322485872606/

ホワイトベースで清潔感のあるシンプルコーディネートです。シアーカーテンはツタのようなデザインが美しく、閉めておきたくなるデザインです。単独でも十分に美しいですが、ドレープカーテンの手前に設置して透け感を楽しむのも面白いかもしれません。

白のみでお部屋をまとめると冷たさを感じることもありますが、モカのラグを置くことで空間に温かみが足されています。

スモーキーカラーで実現する大人ガーリー

https://www.pinterest.jp/pin/680888037406276878/

スモーキーカラーでまとめた大人ガーリーなコーディネートです。緑色のシアーカーテンは花のようなトリムがかわいらしく、空間のアクセントになっています。ざっくりした風合いで光の透け方にも味があります。

インテリアはくすんだ色味に統一することで甘さをおさえています。照明にトリムと同じような丸みのあるデザインを採用して一体感を出しています。

まとめ

緑色のカーテンは、トーンによってカジュアルにもゴージャスにもなります。幅広いコーディネートに合わせることができるので、この記事を参考にご自身のイメージに合う緑色のカーテンを見つけてください。