Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2019/07/20

【こだわりの木製椅子を買うなら】おすすめしたい逸品10選をご案内

読書や食事、くつろぐためには上質で座り心地のいい椅子が書かせません。特に、木製の椅子は素材本来の雰囲気を感じることができ、シンプルでデザイン性の高い製品が多いので非常に人気です。

ですが、たくさんの木製の椅子が世の中に出回っており、何を基準に選んだらいいのかわからないのではないでしょうか。
普段よく使用するものだからこそ、椅子にはこだわりたい。そんなあなたへおすすめする木製の椅子10脚を厳選しました。

木製の椅子を選ぶときの極意とは?

 

高級感のある木製の椅子は、部屋にあるだけで存在感を放ちます。さまざまなブランドから販売されていますが、その中から木製の椅子を選ぶ際の3つの極意をご説明していきましょう。

【極意1】素材の特徴を理解して椅子選びを楽しく

引用:https://www.pinterest.jp/pin/701013498222403607/

まず大事なのは、使用されている木材によって重厚感や重さ、雰囲気が大きく違ってくるので自宅の雰囲気にあった木製の椅子を選ぶのがおすすめです。素材の違いを理解しておけば、椅子選びも楽しくなるでしょう。

たくさんの素材の種類がありますが、代表される6つの素材の特徴をご説明していきます。

【広葉樹】

・オーク材
オーク材は、木の節は大きいですが木目が細かく繊細で非常に美しく感じます。少し温かみのある色味をした素材なので、北欧のカジュアルは雰囲気ともマッチするでしょう。

・ブナ
強度が高い素材ですが、曲げに強いので曲げ加工された家具が多いです。特に、木製の椅子の背もたれなどによく使用されています。白く明るい色味をしているので北欧のカジュアルな雰囲気とも合わせやすく、キメが細かいので柔らかい肌触りも特徴的なのでおすすめです。

・ウォールナット
ウォールナットは世界三大銘木のひとつ。特徴は高級感濃ゆいブラウンの色味や木目と、木材自体の強度が硬いということです。加工後の誤差なども生じにくいので、椅子や椅子にもよく使用されています。

・チーク
チークも世界三大銘木のひとつになります。チーク材は昔からある高級木材ですが現在は多くの地域で伐採が禁止されているので、日本でも入手しにくい素材です。特徴として硬く頑丈な材質と美しい木目、素材の重厚感があって気品漂う高級家具なるのが特徴になります。

【針葉樹】

・パイン
パイン材は、日本でいう「松の木」にあたる木材になります。チークなどと比べると比較的安く販売されることが多いです。日本では、北欧テイストの家具が流行っているので、北欧の明るくカジュアルな雰囲気の部屋に置くインテリアとして非常におすすめの素材になります。

・ヒノキ
ヒノキは伐採してからの200年間は強くなるので、昔から神社などによく使用されています。特徴として、耐久性と保存性は世界最高水準のレベルであり、ヒノキの独特の香りにはアルファピネンとボルネオールなどの成分が入っており、その成分がリラックス効果を与えてくれます。読書やゆっくりしたいときにはヒノキの木製椅子がおすすめです。

それぞれの素材の特徴を生かして、お部屋の雰囲気にあった木製の椅子を選ぶのが1つ目の極意です。

【極意2】移動のしやすさを踏まえて軽いもの選ぶ

 

極意の2つ目は、椅子を移動させることもあると思うので、なるべく軽いものを選ぶようするということです。一般的に広葉樹の木材を使用している木製の椅子は、針葉樹の木製の椅子と比べて重量が重くなりがちでしょう。

それは、木材の加工方法や密度によっても違ってきますが、やはり移動のことを考えると軽い椅子がいいでしょう。読書をずっと同じ場所でするのも飽きるかもしれません。春や秋に日当たりのいいところに椅子を楽に移動させるためにも、椅子の重量は大事なポイントになってくるでしょう。

【極意3】座面に座繰りがあればリラックスして座れる

 

木製の椅子では座面も木になっている場合が多いので、座り心地を気にするかたも少なくありません。そこでおすすめしたいのが、座面に『座繰り』があるタイプの木製の椅子を選ぶと、リラックスして座れる場合が多いです。

座繰り部分にお尻がフィットするようになるので、お尻と太もも全体で均等に体重を支えることができるので座り心地が良くなり、長時間座っていても疲れることが少ないでしょう。

座繰りは木製の椅子ならではの加工で、仕上げ部分を機械で行うのが難しい加工です。仕上げはヤスリやノミを使用して職人が手作業でする場合が多く、独特の雰囲気を味わうことができるのが、木製の椅子選び3つ目の極意となります。

なぜ木製の椅子に注目が集まっているか?

 

なぜ木製の椅子に注目が集まっているかというと、北欧文化と日本文化では意外と共通点が多いのが、北欧をイメージさせるような木製の椅子が注目されている理由です。

・質素でシンプルな生活を好む
・森林が多い
・曲線の造形品を好む傾向にある
・1年の大半を家の中で過ごすことが多い

このように北欧の生活や環境と日本人の生活に共通点が多いことがわかりますね。

北欧のフリッツハンセンやフレデリシアなどの有名メーカーは素材の木目や色味、特性を生かした椅子を多くデザインしています。そのシンプルさを追求しつつ機能性とデザイン性も高い北欧家具をイメージさせるような木製の椅子が、北欧と共通点の多い日本人の感覚にマッチするので注目が集まっています。

木製の椅子でおすすめしたいこだわりの逸品10選

 

では、木製の椅子でおすすめしたいこだわりの逸品を10脚ご紹介していきます。シンプルでスタイリッシュ、なおかつ高級感のある椅子を厳選しました。商品の情報やおすすめする理由を具体的に解説しているので参考にしてみてください。

①GRAND PRIX WOODEN LEGS【フリッツハンセン】

 

フリッツハンセンが1957年に発表したモデルで、製品化されましたが生産中止になったものです。スチール脚バージョンが2008年に復刻、6年後の2014年に再び初期モデルが生産され始めました。

おすすめのポイントは成型合板ウッドレッグがついており、非常に軽く座り心地と脚のデザインを細部までこだわっているのがおすすめのポイント。オーク材の成型合板は木目が細く繊細で美しいので、インテリアとしてもお部屋に存在感を放つでしょう。

デンマークの巨匠アルネ・ヤコブセン が研究し続けてきた成型合板の座面は、9層の積層合板を重ねる高い技術や、人の背中のラインと一体化するような背座一体のデザイン性に強いこだわりが見えますね。

価格:¥70,00~83,000(税抜き)
サイズ:幅500 × 奥行500 × 高さ805 × 座面高465mm
素材:オーク材
色:カラードアッシュ塗装

②CH44 LOUNGE CHAIR【CARL HANSEN&SON】

 

このCH44は、シンプルさを追求したラウンジチェアーです。それを追求したのはデザイナー「ハンス,J,ウェグナー」。ウェグナーは500脚以上のデザインを作成し、その多くが時代の名作として世界で人気の高いものばかりです。

おすすめのポイントは、そのシンプルさと美しさ、。アームを広くして強度を高めたり、背面の角度も緻密な計算から導き出し、使用者がくつろげるようにするなどシンプル美と機能性を追求するウェグナーならではのこだわりが随所に見られるのがおすすめのポイント。

ウェグナーがデザインしたこのラウンジチェアーは、落ち着いた雰囲気の中で読書をするのに最適です。壊れる心配がなく使用者が使いやすいように考え抜かれた逸品になっています。

価格:¥328,320(税抜)
サイズ:H85xW65xD68㎝、SH46㎝
素材:オーク材, ソープ仕上げ, ナチュラルペーパーコード
色:ブラウン

③CRESCENT アームチェア【飛騨産業】

クレセントシリーズのアームチェアになります。肘と肘の間が44cmと広く、ゆったりとした大きめの空間を得ることができ、カラーバリエーションも豊富な木製の椅子です。

おすすめポイントは、ホワイトオークを使用しているので木目も繊細で美しく、滑らかな曲線により座る人を広い心で受け入れてくれるような印象を与えてくれます。地面に向かって広がる脚が椅子の安定感を保っているので、片側のアームに体重をかけても倒れる心配がないのがおすすめポイントです。

価格:73,440円〜89,640円(税抜)
サイズ:幅62×奥行き50.5×高さ71cm
素材:ホワイトオーク
色:C4色

④CHAIR 66【Artek】

 

フィンランドで1935年に設立され、現在までデザイン性の高い数多くの家具やインテリア雑貨などを販売している北欧モダンを代表するブランドがArtekになります。

北欧デザインの巨匠であるアルヴァ・アアルトにより1953年にデザインされたアームレスチェアで、スツールの椅子に背もたれを付け加えたようなデザインが可愛さがあり、長く愛されている魅力の1つでしょう。白いナチュラルな色合いがカジュアルな北欧の雰囲気を感じさせますね。

価格:¥40,000~¥70,000(税抜き)
サイズ:幅390 × 奥行420 × 高さ780 × 座面高440mm
素材:バーチ材,バーチ材(ナチュラル ラッカー仕上)
色:ナチュラルホワイト

⑤HIROSHIMAアームチェア【マルニ木工】

温かみのあるオーク材を使用したアームチェアです。座ったときや触れたときに「木」というものを感じることだでき、オーク材独特の虎斑模様も特徴的な木製の椅子になります。

マルニ木工は、国内外の企業のデザインを多く手がけており、英国王室芸術協会から複数回称号を獲得したことのあるプロダクトデザイナー「深澤直人」氏を招き入れて、設計開発されたのがHIROSHIMAアームチェアになります。

シンプルなデザインながらオーク材の温かみのある素材感が椅子に高級感を与えています。世界の定番となるように目指したメッセージ性の高いところがおすすめするポイントです。

価格:¥124,000円(+税)
サイズ:W560 x D530 x H765 x SH425mm
素材:オーク材
色:ナチュラルホワイト

⑥J39 シェーカーチェア【FREDERICIA】

デンマークの名門家具ブランドがデザインして販売してる木製の椅子J39 チェアになります。座面高さが46cmあり少し高くも思えますが、食事や勉強する際にちょうどいい高さです。

おすすめのポイントは、オーク材を使っシンプルなデザイン。ナチュラルホワイトの色がシンプルなのにどこか気品がある落ち着いた印象を与えてくれます。北欧のカジュアルで明るい雰囲気のお部屋にも合わせやすいのがおすすめのポイント。

価格:¥89,000円(+税)
サイズ:幅480 × 奥行420 × 高さ760 × 座面高465mm
素材:オーク材
色:soap

⑦イームズプライウッドダイニングチェア ウッドレッグ【HermanMiller】

 

1999年にアメリカの『タイム』誌から「優雅で軽やかで快適」で20世紀最高のデザインと評価を受けています。デザイナーであるチャールズ&レイ・イームズによりデザインされたダイニングチェアになります。

おすすめのポイントは、軽量で無駄のないシンプルなデザイン性。さらに、人の体にフィットするように作られているシートと背もたれは、長時間座っていても苦にならない椅子です。木材の可能性を引き出そうとしたチャールズ&レイ・イームズによって作られたこの椅子は、長きにわたり愛されています。

価格:154,440円(税込)
サイズ:幅493×奥行き553×高さ731×座面高さ458mm
素材:プライウッド
色:ホワイトアッシュ

⑧Bo Chair【宮崎椅子製作所】

宮崎椅子製作所は徳島県にある椅子製作所で、完全受注生産で作成される職人の高い技術力と座る人へに配慮を極限まで突き詰めた椅子を多く販売しています。

Bo Chairは小泉誠氏がデザインした椅子です。小泉誠氏は JSDデザインアワードなど数々の賞を獲得している実力豊かなデザイナー。このBo Chairは、もたれ掛かるとしっかり体を7本のスポークで包み込んでくれます。

スポークに加わる力を計算し、背のフレームと座面の締まり具合など細かいところまでも緻密に計算されて作られているので、座り心地がよく読書などをしやすい椅子になっているのがおすすめのポイントです。受注生産なので木材の種類や椅子の高さも指定できます。

価格:154,440円(税込)
サイズ:W420 D485 H850 SH410(mm)
素材:購入時に選べる
色:選んだ木材による

⑨NERD CHAIR【muuto】

2006年にデンマークで設立されたmuutoがデザインしたシンプルだけどデザイン性がある椅子です。座面の木材に背面の木材を差し込んでいるような形のデザインが特徴的ですね。

北欧の家具ブランドらしい明るいオークを使っており、シンプルでミニマムなデザインをしっかりと表しつつ北欧諸国からのデザイナーの新しいアイデアを入れた発想が魅力になります。

価格:68,000(税抜)
サイズ:幅455 × 奥行500 × 高さ805 × 座面高460mm
素材:オーク
色:ー

⑩ BENTWOOD【THONET】

1819年から続く200年近くなるドイツを代表するブランドTHONETがデザインしたこの椅子はTONETが得意としている曲木技術を、120%生かした椅子になります。

おすすめする理由として、背もたれの部分が驚くほど体にフィットしてくれる曲木加工になっている点です。世界で初めて曲木家具の大量生産に成功した家具メーカーならではの高い技術力によるこだわりは使用者を虜にするでしょう。肘掛も緻密に位置を計算されているので、読書や電子書籍を読むのにも最適です。

価格:170,000(税抜)
サイズ:幅560 × 奥行530 × 高さ770 × 座面高460mm
素材:ブナ材
色:ナチュラル

 

木製のシンプルな椅子で暮らしを楽しく

シンプルで高級感のある木製の椅子を紹介しました。
読書や勉強など目的にあったお気に入りの椅子は見つかりましたか?素材本来の体感できるのが木製の椅子のいいところです。素材にこだわり、デザインにこだわったブランドと商品をぜひあなたのご自宅に、いかがですか。