Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2019/08/23

【おしゃれなカウンターチェア名作5選】雰囲気を醸すおすすめ商品をご紹介

イタリアのバーに置かれた、主張しすぎないのに存在感のある、クラシックな椅子に憧れたことはありませんか?あるいは、フィリップ・スタルクのようなモダンで未来派なカウンターチェアや、ブルックリンのカフェに置かれたインダストリアルな椅子に憧れたことはありませんか。

そんな敷居の高いイメージの「カウンターチェア」ですが、ご自宅に大人の空間を演出することができます。そんな大人な趣味を持つ方へ、この記事では選び方のコツから名作までお届けいたします。

おしゃれなカウンター椅子を選ぶコツは? 

https://www.pinterest.jp/pin/407435097535740734/

まずは、基本的なことから抑えていきましょう。
おしゃれさの前に、まずはレイアウトのバランスを崩さない椅子を選ぶことが大切です。
カウンターの高さに合うカウンター椅子を探し、クッションタイプか、板座タイプなのか座り心地で判断し、最後に部屋に配置されているインテリアの雰囲気、想像しているデザインに合っているのかで選びましょう。

カウンターの高さに合わせる

カウンター椅子を選ぶのに重要なのが、カウンターとカウンター椅子の高さのバランスです。一般に理想の高さの差は27〜30cmが理想です。カウンターはお酒やコーヒーを呑んでリラックスする場所ですので、高さに違和感を作らないことが大切です。カウンター椅子を購入する前には、必ずカウンターとの高さをチェックし、バランスのいいカウンター椅子を選びましょう。

カウンターチェアの素材にこだわる

カウンター椅子を選ぶ上で、素材は重要です。
西海岸やカフェを想像させる木材ベースの椅子なのか、金属ベースで作られた、アンティークを感じさせる素材とそれぞれに素材の味が表現されています。木材にも、木目がはっきり表現されている椅子やされていない椅子もあります。コンセプトを決めたら、椅子の素材にこだわって選びましょう。

インテリアの雰囲気に合わせる

カウンター椅子はインテリア性が高く、室内の雰囲気を左右するほど影響力があります。
カウンターが木材で作られたカフェ風のデザインならば、カウンター椅子も木材で雰囲気を合わせる必要があります。他のインテリアのテイストと合っているのか、ちゃんと考えましょう。

大人の男がおしゃれなカウンターチェアにこだわるべき理由

https://www.pinterest.jp/pin/387239267940972575/

カウンターチェアといえば、米文学の著名作家であるヘミングウェイのエピソードをご紹介しましょう。
ヘミングウェイがヴェネチェアに滞在していた1940〜50年代に、彼がこよなく愛したバーがありました。それが「ハリーズバー」です。大運河に面した船着場に佇む、大人のバーです。
「老人と海」や「武器よさらば」など、ハードボイルドな雰囲気を出した作品の多いヘミングウェイですが、この古典的でシンプルな椅子と、そこに座って静かにフローズンダイキリ(ヘミングウェイが生前愛したカクテル)を飲む彼の姿が目に浮かぶようです。ヨーロッパのクラシカルなバーに置かれた椅子に刻まれた、数々の物語を想像すると、一度でいいから、自分の自宅にこんな椅子を置いてみたいと思うことでしょう。
https://kartell.co.jp/item/47846.html

そのハリーズ・バーをイメージして作られた椅子もございます。
ヴェニスのカルテル(デザイナーはフィリップスタルク)といったブランドから出ている椅子で、読書をするもよし。カクテルを自宅で作って呑んでもよし。贅沢な大人の時間を過ごせること間違いありません。

カンターチェアーならこれを置いてほしい。究極の5選をご紹介

https://www.pinterest.jp/pin/563935184591105444/

カウンターチェアのデザインで部屋の雰囲気が大きく変わります。デザインを重視するのか、座り心地を重視するのか、考えは人それぞれです。
雰囲気とデザインを重視した、おすすめのカウンターチェア5選を紹介していきます。

ヴィンテージデザインバーチェア ルイス Lewis【エア・リズームインテリア】

引用:https://www.amazon.co.jp/dp/B07BHCRL2B?tag=s02a3-22

座面はパイン材を使用。炭化加工で木材の木目を表現しています。スチール製のアイアンフレームからはアンティークな加工がされており、座面の木材、足からはアンティーク感を感じます。また、2脚でこの価格なのでお得感もあります。

カフェや古いバーにあるようなカウンターチェア、ウッドとアイアンフレームの組み合わせがクールでアンティークな雰囲気を演出しています。
今流行りのインダストリアル、モダン、ナチュラルなど多くのデザインになじみます。さらに展開されているカラーも5色もあるので、雰囲気にあったカラーを選べます。

  • 価格:¥13,990 (税込)
  • サイズ:幅43×奥行き43×高さ76cm
  • 素材:パイン材(炭化加工)、スチール(粉体塗装)
  • 色:スカイブルー、ブラック、ホワイト、メタル、レモン

BAR STOOL 【FLYMEe luxe】


https://flymee.jp/product/1332/?pi_id=182603

木材は、マホガニー材が使用されており足のデザインはイタリアのバーを想像させるクラシカルで贅沢なハイスツールです。クッション部分の生地も自分で選べるので雰囲気に合わせたカウンターチェアを選ぶことができます。

このフライミーリュクスというブランドは、歴史を感じさせるオーセンティックなデザインが特徴で、レトロで落ち着いた雰囲気を演出するのはぴったりです。西海岸やブルックリンのようなカフェ風のデザインにするのか、古いバーのようにするのか、全てはあなたの自由です。

  • 価格:¥48.600 (税込)
  • サイズ:幅41×奥行き41×高さ76cm
  • 素材:マホガニーウッド、ファブリック
  • 色:クリア、ライトブラウン、ダークブラウン、ブラック、グレー

 ダークブラウンPUレザーロココ調カウンターチェア【ROYAL SOFAS】

https://www.royalsofas.jp/chair/counterchair/9009-5P38.html?gclid=CjwKCAjw8qjnBRA-EiwAaNvhwP4najiagN8nBmPH8eNaEhAEK61hZwSLPFwaWG70Y1XeGrgbEh6OpRoCpmsQAvD_BwE

クラシカルなデザイン、ロココ調のカウンターチェア。クッションの皮はPUレザーを使用しており、手入れもスムーズにでき、カラーもアンティーク漂うカラー。クラシカルな塗装、キズはアンティーク感を出すための演出です。

ブルックリンやブリティッシュパブをイメージしたデザインが特徴。古典的で1950年代を漂わせる色合いから古いバーにはピッタりなカウンターチェア。この椅子に座って、カクテルを飲んでる自分を想像してみてはいかがでしょうか。

  • 価格:¥30,024 (税込)
  • サイズ:幅42×奥行47×高さ89cm
  • 素材:ウレタンフォーム、ウェービングテープ、天然木
  • 色:ブラウン

Bombo Stool 【MAGIS】

https://tabroom.jp/chair/counter-chair/itm0007332/

ABS(インジェクション成型)で作られた近未来的なデザインが特徴です。
MAGISはイタリアのブランドで、シンプルで斬新なデザインが西海岸の現代的なカフェの雰囲気に合う。雑誌にも多く掲載されており、そのデザイン性の高さから世界的にも有名です。

アンティークやクラシカルよりかは近未来的なインテリア、雰囲気に合うカウンターチェアです。アンティークな雰囲気にあえて近代的な物を合わせるのも、オツな演出ですよね。

  • 価格:¥87,480 (税込)
  • サイズ:幅44x奥行37x高さ61~850cm
  • 素材:ABS(インジェクション成型)
  • 色:グレアンスラサイト

CHARLES GHOST 【Kartell】

https://flymee.jp/product/27595/?pi_id=191027

ポリカーボネートで作られた近未来的なカウンターチェア。足のラインは穏やかなカーブになっており、1800年代に流行ったクラシックスツールを演出してくれます。

使用されている素材やブランドのコンセプトから、近未来的なデザインが多く、インダストリアルでおしゃれなカウンターチェア。暗いカラーなら、イタリアのバーにも合い、明るいカラーなら西海岸や日本のカフェにはぴったりなデザインです。

  • 価格:¥40,716 (税込)
  • サイズ:幅46×奥行き46×高さ75cm
  • 素材:ポリカーボネート
  • 色:グロッシーブラック、クリスタル、オレンジ、ライトブルー、グリーン、スモークグレイ、グロッシーホワイト

最後に

本日の記事は、おしゃれなカウンターチェアの選び方についてまとめました。
人それぞれ選定基準が違い、アンティークなデザインから、近未来的なデザインまで幅広く紹介しているのでこちらの記事を参考に選んでみてはいかがでしょうか?