Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【オフィスの待合室に置きたいおすすめの椅子5選】コーデ実例交えて徹底解説!

おしゃれなオフィスと聞いて、待合室が印象に残っている企業がいくつかあるのではないでしょうか。
待合室は、まず最初にお客様を迎え入れる場所であり、企業に対して良いイメージを持ってもらうために重要な場所です。
オフィスの待合室にぜひ置いて頂きたい、おすすめのおしゃれな椅子を厳選して紹介していきます。

オフィスの待合室に椅子を置く場合の注意点は?

①一貫したテーマや統一性をもたせる

待合室は、お客様が待機する場所であり企業イメージを印象付けること重要な場所です。
椅子はおしゃれなインテリアを演出する上で欠かせないアイテムです。例えば法律事務所なら重厚な雰囲気、IT企業なら企業ロゴやコーポレートカラーを前面に押し出したり…
「他の企業とは違う、おしゃれなオフィス」と強い印象を与えるには、インテリアに合わせて椅子にも一貫したテーマや統一性をもたせることがオフィスを演出するうえでも欠かせないポイントです。

②素材やカラーに配慮する

従来のオフィス待合室のインテリアといえばモノトーン系の無機質なものが多かったと思いませんか?おしゃれなオフィスとは程遠いものが大半でした。待合室には来客者がリラックスして待てる雰囲気を演出したり、モノトーン系の椅子ならファブリックで暖かみを積極的に取り入れたりすることもできます。
「おしゃれな待合室」を演出するうえで欠かせない要素となりますよ。

③デザイン性の高い椅子は一点に絞る

デザイン性の高い家具は、それだけで大きな存在感を放ち主張が強いです。その存在感は空間の雰囲気を上げますが、存在感のある椅子ばかり揃えてしまうと、待合室に求める落ち着いた雰囲気がなくなってしまったり、オフィスデザインがぶれてしまう可能性も。
おしゃれな椅子がもつ雰囲気を存分に活かす為にも集めすぎないように気をつけてくださいね。

オフィスの待合室に置く椅子のコーデNG実例3選

①オフィスのインテリアとの統一性がない

こちらのオフィスは、壁や床がホワイトトーンのナチュラルテイストで統一されています。カリモクKチェアモケットグリーンの色が空間に浮いてしまい、主役が分かりづらいインテリアになっています。

②無機質さが前面に出てしまう

ブラックの革張りの椅子は空間を無機質に演出します。床や壁もモノトーン系の色で揃えているので重厚感やクールな印象を与えますが、少し寂しい雰囲気になってしまいますね。

③無難になりがち

落ち着いた雰囲気のホワイトやブラックの色合いは、空間演出としては定番色です。しかし、おしゃれな待合室にするなら遊び心やフレキシブルさを足したいところです。例えば椅子のカラーを赤にしてみて華やかさを演出してもいいですね。

コーデ実例つき!オフィスの待合室に置く椅子おすすめ5選

①Saarinen Collection Womb Chair Medium【Knoll(ノル)】

エーロ・サーリネンがデザインした、ミッドセンチュリー家具の代表作。
ウームチェアミディアムは、ゆったりと自由に体勢を変えることができ、まさに包み込まれているような快適さを感じることができます。また、待合室のパーソナルソファとして、レイアウトしやすいサイズとなっています。張地は56種類から選択することができるので、オフィスデザインと統一性をもたせるコーディネートが可能です。

  • 価格:¥810,000〜(税抜)
  • サイズ:幅89cm×奥行79cm×高さ79cm、座面高38cm
  • 素材:[張地]選択可[フレーム]スチールパイプ

コーディネート例

サンフランシスコにある、医療研究機関の待合室にウームチェアミディアムを置いています。上品で洗練されたモダンな椅子を配置し、高級感あふれる待合室を演出したい方におすすめのコーディネート例です。
デザイン性はもちろん、抜群の座り心地が来客者をゆったりとした時間に引き込むことができますよ。

②BKF BUTTERFLY CHAIR MARIPOSA BROWN【CUERO(クエロ)】

1938年にアルゼンチンで誕生した「BKFチェア」は、バタフライチェアの愛称でもよく知られています。1950年代から60年代にかけて特に若者たちに支持され、その人気はイームズ夫妻に勝るとも劣らないものでした。大きくゆったりと腰掛けることのできるバタフライチェアは、北欧のライフスタイルそのものです。クッションやラグなどのファブリック製品とも相性は抜群です。

  • 価格:¥148,000(税抜)
  • サイズ :幅85㎝×奥行85㎝×高さ90㎝
  • 素材:ソリッドスチール、ベジタブルタンニンレザー

コーディネート例

スマートフォンアプリ事業を展開するユナイテッド株式会社。オフィス全体に木材が多用され、温もりを感じるナチュラルな空間になっています。待合スペースには、BKFバタフライチェアブラウンが1脚置かれています。上質さが際立つラグジュアリーな佇まいが贅沢な空間を演出し、ゆりかごの様な座り心地が間違いなく疲れを癒してくれます。
大人モダンな待合室だけではなく、無骨なかっこよさが漂うインダストリアルテイストに合わせてもいいですね。

③NUB Lounge chair【Andreu World(アンドリュー・ワールド)】

ヌーブラウンジチェアは、“NUB=こぶ”という名前の通り背面のこぶが特徴的なラウンジチェア。パトリシア・ウルキオラのデザインです。ビーチ材とシェルのコンビネーションにより、家具、インテリア、オブジェとしても楽しめるデザインです。

  • 価格:\184,400~(税抜)
  • サイズ:幅78.5㎝ x 奥行59.5㎝ x 高さ89㎝ 、座面高43㎝
  • 素材 : [張地]クッション付き布張り、レザー張り[フレーム]ビーチ 染色

コーディネート例

イギリス・ケンブリッジにあるマイクロソフト社の待合室です。コーポレートカラーである、グレーで全体をコーディネートしグリーンを差し色として使っています。
IT企業のコーポレートカラーとして使われることも多い暖色系もヌーブラウンジチェアのファブリックで取り入れると、統一性をもたすことができますね。椅子のフレームがビーチ材なので柔らかさも演出できています。

④BRANDY【Andreu World(アンドリュー・ワールド)】

アンドリューワールドは、スペインの家具メーカーです。コレクションの一つであるブランデーは、身体を抱きしめような快適性に、広めの肘掛けが特徴的な椅子です。柔らかなフォルムと木材フレームで構成されています。企業や公共スペースに多く使用されています。

  • 価格:\139,200~(税抜)
  • サイズ:幅67.5㎝ x 奥行62㎝ x 高さ77.5㎝、座面高46㎝
  • 素材:[ シェル]クッション付き布張り、レザー張り[フレーム]ビーチ 染色

コーディネート例

アメリカにある高速道路管理会社の待合室です。オフィス全体はコーポレートカラーのグリーンでまとめていますが、ブランデーが空間をカジュアルダウンしないように演出してくれています。柔らかさの中に上質さがある椅子なのでモノトーン系で統一する場合でも、ブランデーのフォルムが温かみを演出し、無機質になりすぎない落ち着いた空間に仕上げてくれますよ。

⑤Catifa 46 Armless Chair【arper(アルペール)】

arperを代表するプロダクトの一つ「Catifa 46」。待合スペースやオフィス、食堂といった公共空間でのコントラクトユースを想定し設計されました。融合性の高いモデルとして、チェア本来のスタイルを変えることなく仕上げからベース形状、カラーバリエーションまで様々な種類があり、インテリア に合わせて選ぶことができます。

  • 価格:\31,320~
  • サイズ:幅56cm×奥行50cm×高さ80cm、座面高45㎝
  • 素材:[本体]ポリプロピレン[脚]スチールパイプ

コーディネート例

ニュージーランドにある宅配フードサービス会社の待合室です。食品が持つ暖かくそして家庭的な雰囲気を取り入れています。鮮やかなイエローのカティファアームレスチェアも、シックな石材系の床を組み合わせることによって空間を引き締め、洗練された雰囲気になっています。

最後に

オフィスの待合室は、お客様が来訪した際に待機する場所であり、その企業を印象付ける重要な場所です。「おしゃれな待合室がある企業」と思わせる空間に欠かせないおしゃれな椅子を、企業イメージやコーポレートカラーに応じてぜひ見つけてくださいね。