Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2021/03/08

【プロが教える】パインの床のお部屋をおしゃれにする方法!インテリアスタイルから家具の選び方まで徹底解説

佐伯美知枝
著者:佐伯美知枝 (二級建築士/インテリアコーディネーター)

宿泊施設専門のコンサルティング会社にて、旅館やホテルのオープン・リニューアル案件を担当。その後インテリアショップ「カギロイ」勤務を経てフリーのコーディネーターに転身。小型犬+家族3人暮らし、自宅は古材家具に囲まれた和モダン風です。心身共にリラックスできる居心地良いお部屋づくりをモットーに、様々なインテリアをご提案できるよう心掛けています。

フローリング材などの建材によく使われるパインは、マツ科マツ属の針葉樹。海岸沿いの砂防林として植林されていることでも有名な、生命力が強い樹種です。

パインは柔らかく、傷が付きやすいイメージがありますが、同じ針葉樹である杉やヒノキに比べると比重が重く硬さもあるため、適度な強度と柔らかさを併せ持ちます。

今回は、ご自宅の床材を針葉樹の樹種にするかどうかで迷っている方や、パインの床材にご興味がある方などに向けて、パイン材の特性や種類、おすすめのコーディネート実例などをご紹介します。

プロが教える!パインの床のお部屋をおしゃれにする方法

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369359755/

パイン材の種類は数多く、産地によって見た目の印象や特性が少々異なります。まずは、パイン材の種類とお部屋への取り入れ方のポイントを抑えていきましょう。

パインの床のお部屋をおしゃれにするポイント

【レッドパイン(ヨーロッパアカマツ)】主な産地:欧米

https://www.kozankobo.com/hpgen/HPB/entries/13.html

代表的なパイン材として、特に有名なのが「レッドパイン」です。ナチュラルなテイストで、国産のマツに比べると年輪や心材などの色むらがはっきりしているのが特徴。

ヨーロッパから日本に輸入されているレッドパインは、別名「ボルドーパイン」「ノルウェーパイン」「スコッチパイン」とも呼ばれています。他に、美しい白さが際立つ「ホワイトパイン」(産地:アメリカ)なども有名どころ。

【アカマツ(赤松)】主な産地:日本・ロシア

https://www.kozankobo.com/hpgen/HPB/entries/13.html

マツは国産材も多く、地方ごとにさまざまな種類があります。なかでも「アカマツ」は白っぽい艶があり、強度に優れているのが特徴。輸入材に比べて、やわらかい印象です。

他にも同じ国産材として、重厚で水や湿気に強い「クロマツ」や、赤みがかった「カラマツ」、白っぽい「トドマツ」などもあります。

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369359676/

写真は、床、壁面、建具などにレッドパインを取り入れた例です。老若男女問わず受け入れやすい、明るい色合いなので、床材のみならず内装材としても取り入れることも可能。木質感をふんだんに楽しめるほか、空間全体の統一感が得られやすくなります。

また、パインならではの「節」の表情が、お部屋にリズムを生み出すのも魅力のひとつ。周囲の内装カラーは白色系を基調にすると、程よいカジュアルさのなかに上質さを加味することができます。

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369359777/

アイランド側&壁面側のキッチンカウンター天板に、無垢のパイン材を取り入れた例です。このように、キッチンカウンターや建具類は濃色系、床材は明るめの色など、同じ樹種でも色味に変化をつけるのもおすすめ。見た目の印象が単一的でなくなり、空間にメリハリが生まれます。

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369358202/

また、フローリングを貼る方向にもこだわりましょう。例えば、写真のような「斜め張り」は、一般的な「乱貼り」や「りゃんこ貼り」などに比べて動きが出るほか、モダンな印象に仕上がります。

リビングやダイニングなどの広さのあるお部屋はもちろん、廊下やトイレなどの幅が狭いスペースにもおすすめ。

パインの床の経年変化とお手入れについて

【before】

【after】

https://www.muku-flooring.jp/blog/2018/01/19/402/

どの樹種にもいえることですが、無垢材のフローリングは経年変化による色変わりが起きます。パイン材の場合、当初は明るめの色ですが、5年ほど使用すると徐々に写真のような黄色っぽい色味に。

初期の色合いを極力残したいのなら、ホワイトオイル塗装仕上げを検討するのもよいでしょう。逆に、黄色味や黒光りしたような艶感がお好みなら、木目や節が映えるクリアオイル塗装がベター。いずれも定期的なメンテナンスが必要なので、取扱いメーカーに確認するのが安心です。

また、パイン材はときに松ヤニが発生することも。人体に害はありませんが、ほおってくと徐々にべたべたしてくるので、薬局などで入手できる消毒用エタノールを塗布し、乾いた布などで拭き取りましょう。

【クッションフロア(塩化ビニル床材)】

https://www.sangetsu.co.jp/product/detail/WD918/

定期的なお手入れが難しい方や機能性床材を求める方は、複層ビニル床シートがおすすめ。上の写真は、ソープフィニッシュ仕上げのパイン調フロアタイル(塩化ビニル床材)。遮音性や衝撃吸収性、耐水性、抗菌性、消臭機能などの機能性や、デザイン性に優れる商品が多く揃います。

https://www.pinterest.jp/pin/859835753845055697/

一方、合板(複合)フローリングは、合板や集成材など基材と呼ばれる下地材の表面に、薄く削った天然木の単板を貼ってつくられたもの。品質や仕上がりが比較的均一で、施工性に優れる商品が多くラインナップしています。

さらに詳しく!パイン床との相性をインテリアスタイル・建具・壁紙・家具ごとに見ていこう

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369359535/

パイン材と相性が良いインテリアスタイルとは?おすすめの家具や建具類など、項目別に詳しくみていきましょう。

どんなインテリアスタイルと相性が良い?

【ナチュラル】

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369359792/

まずはパイン床といえばコレ、の定番スタイルから。「ナチュラル」スタイルは、ポピュラーなレッドパインをはじめ、さまざまなパイン材にしっくり馴染みます。家具もパイン材で揃えると、よりほっこりとした雰囲気に。アイボリーなどの白色系やベージュ系をベースに展開するのがおすすめ。

【アンティーク】

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369359647/

赤茶系や濃色系のパイン床は、重厚感ある「アンティーク」なスタイルに。特に、フランスから輸入されるボルドーパイン(マリティムパイン)は、節が大きく力強い印象なので、年季を経たアンティーク家具との相性もぴったり。

【北欧】

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369359590/

北欧から輸入されるレッドパインやシリヤンパインは、「北欧」スタイルに。寒い地域で年月をかけて生育された樹種なので、細かい木目と明るい色調が特徴です。

強すぎないアースカラーのほかホワイトやベージュ、グレー、ブルー系色がしっくり馴染みます。

ここでは全てをご紹介しきれませんが、他にも「モダン」や「和風」「カントリー」なども、パイン材に馴染みやすいインテリアスタイルといえます。

どんな色の建具・壁紙と相性が良い?

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369358038/

和風、欧風どちらのテイストにも合わせやすいパインは、建具や壁紙の選び方でも自由度が高いのがメリット。

ホワイト系の建具や壁紙を組み合わせると、節のあるパイン床に視線が集まりやすく、清潔的ですっきりとした印象を与えながらも、木本来の温かみを引き出すことができます。

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369358009/

また、経年変化によるパイン床の色を考慮して、濃茶色系の建具を合わせてみるのもグッド。徐々に黄色や茶系色に変色していくパイン床と馴染み、シックで落ち着いた雰囲気にまとまります。

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369359930/

こちらは、パイン床にタイル調壁紙を合わせた例です。パインの木質感とは対照的な素材をプラスすると、よりスタイリッシュな印象に。

上のキッチンカウンターはヘリンボーン柄ウッド調壁紙ですが、キッチン奥のタイル調壁紙と同じ壁紙を、キッチンカウンターの腰壁に貼るのもおすすめです。

どんな家具を選ぶべき?

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369359876/

明るい色調のパイン床は、家具の色や素材を選ばないのが嬉しいところ。家具とパイン床を「一体化するように馴染ませる」のか、或いは「異なる意匠や色の家具を配して床と対比させる」かにより、選び方が変わってきます。

ソファやテーブル等大物の家具を選ぶときのポイント

https://roomclip.jp/photo/egem

ファブリックソファやダイニングテーブルを、パイン床と揃えてアースカラー系でまとめると、お部屋に統一感が生まれやすくなります。シンプルにまとまりますが、単調な雰囲気になる場合があるので、ラグや椅子の張地などにお部屋のテーマカラーを取り入れるのがおすすめ。

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369358566/

また、柱や梁などの構造材や建具類とパイン床を揃えた空間においても、ソファやテーブルに有彩色を取り入れると、お部屋の良いアクセントになります。

写真のようなテラコッタオレンジカラーは、ナチュラルや北欧インテリアなどに。くすみ感のある暖色系が、お部屋に温かみと柔らかな雰囲気を添えてくれます。

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369359818/

濃茶色のパイン床なら、明度(色の明るさ)や彩度(色の鮮やかさ)高めの家具を合わせてみましょう。写真のように、白みがかったターコイズカラーの内装材やソファを組み合わせると、お部屋が爽やかな印象になります。

カーテンを選ぶときのポイント

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369359667/

カーテンは床材と同様に、お部屋の広い面積を占めるアイテム。そのため、木の色味に近いブラウン系色で揃えすぎてしまうと平坦な印象になる場合が。

壁紙の色がホワイト系なら、白やライトグレーといったソフトな無彩色カラーを組み合わせることで軽さが生まれ、よりスタイリッシュな印象になります。

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369358630/

ファブリック製カーテン以外で検討するなら、ブラインドもおすすめ。ウッド、アルミ、プラスチック仕様などさまざまな素材が揃い、布製カーテンとは一味違った装飾性を楽しむことができます。

例えば、アルミ製ブラインドは、クール&モダンな印象に。対してウッドブラインドは、ナチュラルで温かみのある印象になります。

ちなみに、横型(ベネシャン)ブラインドは上下方向の光を、縦型(バーチカル)ブラインドは、左右方向の光の調整に向いています。特に、縦型ブラインドを掃き出し窓に設置すると、実際よりも天井高が高く感じられるといわれています。

ラグを選ぶときのポイント

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369358640/

パイン床にラグを合わせる際は、色の濃淡やトーン(色調)に変化をつけるのがおすすめです。写真は、自然塗料を着色したレッドパインに、ベージュを基調としたラグを敷いた例。

中彩度、中明度のソフトな色味のラグは「ナチュラル」「カジュアル」「北欧」スタイルにおすすめ。穏やかで優しい印象にまとまります。

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369359910/

反対に、鮮やかなビビッドカラーのラグは、視線を集めるよいフォーカルポイントとなります。お部屋が活き活きと見えるカラーなので「ポップ」や「モダン」系インテリアと相性抜群。

ラグの色選びで迷ったら、「お部屋全体の色数は3~4色が目安」をひとつの参考に。例えば、派手な色を2色使う場合、もう1つの色は白や黒、グレーなどの無彩色がおすすめです。

後悔したくない!失敗しがちなパターン紹介

https://www.pinterest.jp/pin/18084835991278204/

無垢材のパイン床を広い面積に敷く場合、節の出方がランダムになる点を十分考慮しておく必要があります。

節のある表情はパインならではの持ち味ですが、節の出る場所が偏ったり、節が多く出すぎることで、どこか田舎っぽさが強まったりするケースも。

「木の質感や風合いは欲しいけれど、なるべく木目や色柄を均一にしたい」という方は、無垢材にこだわらず、さきほどご紹介した合板(複合)フローリングも検討してみてください。

 

スタイル別パインの床のコーディネート実例10選を解説!

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369358724/

ここからは、パイン床のコーディネートをスタイル別にご紹介します。床材だけに限らず、梁や柱などの構造材や建具、家具にもパイン材を取り入れている例もあるので、参考にしてみてくださいね。

パインの床×ナチュラルスタイル4選

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369358354/

木の質感や風合いを生かしたナチュラルインテリア。ホワイトを基調に、ベージュやブラウンなどの温かみが感じられるアースカラーでまとめるのがポイントです。白っぽく節が多めのパイン床は、カジュアルな印象に。対して、濃茶色で節が控えめなら、落ち着いた印象になります。

色の濃淡や木目が異なる樹種を組み合わせてアクセントに

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369358863/

パインの無垢フローリングを敷き、TV背面側の壁にレッドシダーを貼ったコーディネートです。木をふんだんに取り入れた空間ですが、色の濃淡が映えるレッドシダーを組み合わせることで、お部屋の表情がより豊かに。寒色のソファが、お部屋の良いアクセントになっています。

白一色でまとめた内装に濃茶色のパイン床が映える

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369358919/

パイン無垢フローリングを敷いたリビングダイニングの例。足元は濃茶色、天井や壁は白色と、2色でまとめたシンプルなカラーリングです。家具も白色系やグレー系で揃えて色数を少なめに。

木の温もりを存分に楽しめる開放的なLDK

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369358092/

もともと分かれていたリビング、キッチン、和室を繋げて、1階全体を広々としたLDKにリノベーションしたお部屋です。床は明るい色合いのパインの無垢材、天井はシナ材をセレクト。

キッチンカウンターの腰壁や柱、階段の手摺にも木をとりいれ、木質感を存分に楽しめる空間です。

無彩色のアクセントクロスや畳を敷いたシックなカラーリング

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369357806/

パイン床の明るさを適度に抑えるのなら、グレーや黒色を一部取り入れてみるのもおすすめ。写真はアクセントクロス、和室の畳、キッチンカウンター腰壁、ソファの張地などに無彩色を取り入れ、シックで落ち着いた印象にまとめています。

TVボードやリビングテーブルは、パイン床と異なる節なしの木製家具を選んでいる点にも注目。柾目柄なので、お部屋をすっきりと見せることができます。

パインの床×モダンスタイル3選

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369359823/

金属やガラスなどの硬質な素材にパイン床を組み合わせると、お部屋の硬さが程よく和らぎ、一味違ったモダンスタイルになります。

クールモダンなテイストなら、ダークブラウンのパイン床に直線的な形状の家具を。逆に、ソフトな印象にするなら、ライトブラウンの床色に曲線のフォルムの家具を組み合わせるのがおすすめ。

白で統一されたインテリアにミルキーなパイン床をプラス

https://www.reposhouse.com/post_gallery/%e3%83%aa%e3%83%93%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%8f%e8%8d%89%e6%b4%a5%e5%b8%82-y%e6%a7%98%e9%82%b8/

内装材や建具、家具など白一色でインテリアを統一し、ミルキーカラーの無垢のパイン床を合わせたお部屋です。ソファ奥のキッチンカウンターやダイニングチェアもホワイトでまとめて、お部屋に取り込んだ光をやわらかく拡散。広々とした開放的な雰囲気が感じられます。

爽やかなパイン無垢材の床と白の内装が映える吹き抜けのあるリビング

https://www.reposhouse.com/post_gallery/%e3%83%aa%e3%83%93%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%8f%e6%b9%96%e5%8d%97%e5%b8%82-s%e6%a7%98%e9%82%b8/

大きな吹き抜けのあるリビングに、パイン無垢材の床を敷いた例です。吹き抜け上部の窓から差し込む柔らかな光や空気が、抜群に心地よさそうなお部屋ですね。

レザーソファやガラステーブルの廻りに多色使いのラグを敷き、シンプルさの中に遊び心を効かせたコーディネートです。

キッチン廻りの床に無塗装フローリングを敷いてナチュラル感UP

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369358578/

キッチンからリビングの床一面に、無塗装のレッドパイン材を敷いた例です。ステンレスフードやモルタル調キッチンカウンターの無機質感と、パイン床のナチュラルな風合い感の対比が斬新ですね。

パイン材などの針葉樹には、フィトンチッドという精油成分が含まれており、消臭・抗菌作用のほか、お家にいながら森林浴をしているかのような癒し効果が得られるのが嬉しいところ。

パインの床×アンティークスタイル3選

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369358256/

ダークカラーのパイン床は、カフェ系やレトロ&アンティークなど、やや古さを帯びたスタイルに最適。欧風、和調さまざまなアンティーク家具と相性抜群です。

針葉樹であるパインは、引っかきや物の落下などによる傷がつきやすいのですが、無垢材であれば、簡単な傷の場合、水を少し染み込ませることによって傷を目立たなく補修することも可能。定期的なメンテナンスを施すことにより、パイン床への愛着が一層湧いてくることでしょう。

味のある古道具を配したアイディア満載のワークスペース

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369358535/

落ち着いた濃色系パイン床に、味のある古道具や作業道具を並べたワークスペースです。壁面は漆喰仕上げ、天井や桟はホワイトで塗装し、ダークな床とのカラーコントラストが美しいですね。

壁面に取り付けたオープンシェルフ収納やデスク右手のガラスの引き戸など、そこかしこにDIYのアイディアが詰まった空間です。

ヴィンテージテイストを加味したブルックリンスタイルコーデ

https://www.pinterest.jp/pin/660269995369358473/

荒々しい木目柄のフランス・ボルドーのパイン材は、ヴィンテージ&アンティーク感を底上げしてくれる一品。階段奥のブリックタイルや足場板の造作棚なども、”らしさ”を演出してくれます。

階段の蹴込には黒板塗料を用いているほか、階段下に小さめのドアを設置。お子さん達のプレイスペースとしても活躍してくれそうですね。

北欧調とレトロな和風をミックスした土間のある家

https://www.replan.ne.jp/showcase/10074/

アイランドキッチンやダイニングテーブルを配した土間スペースと、パイン材を敷いたフローリングスペースで構成した空間です。インテリアテーマは「北欧」と「昭和レトロ」。アンティーク塗装仕上げのパイン床が、長い時間を経たような風合い感を演出しています。

まとめ

今回は、パイン材の特性や種類、選び方のポイント、コーディネート実例などをご紹介しました。

針葉樹であるマツ科の植物に共通する2つの特徴は「明るい色調」と「節の多さ」。パイン材の種類によって色味や節の出方は異なりますが、いずれも経年変化による美しい色の移り変わりを楽しむことができます。

白っぽくて明るい色合いのパイン材は、老若男女問わず好まれ、さまざまなインテリアスタイルと合わせやすい樹種のひとつ。お好みのお部屋像が決まったら、ぜひ、パイン床材も候補のひとつに加えてみてくださいね。