Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

      2021/07/17

IDÉE / イデー の人気の秘密を探る!日本のデザイナーが好きな方は要チェック!

大型の無印良品のお店や、無印のオンラインショップを覗いてると、ふと「IDÉE」というブランドアイテムが置かれていることに気づいている方も多いかもしれません。無印良品のアイテムとはまた一味違った、シンプルだけど個性のあるデザインの家具や、雑貨類、アート、ファブリックを取り揃えているイデーは、無印良品を経営する会社「良品計画」と合併したことで良品計画の事業の一つとなった、元々は別の会社の名前でした。

イデーは、大きな家具から小さなカトラリーまで、生活に関わるアイテムを取り扱うライフスタイルショップです。おしゃれで個性的、一点もののアーティスト作品や、海外のデザイナーや日本人デザイナーによるデザイナーズ家具の扱い、日本のライフスタイルにあったコンパクトで使い心地の良いデザインのアイテムが豊富に揃っています。

今回はそんなイデーの魅力を、家具を中心に探っていきたいと思います。シンプルでデザイン性の高いアイテムをお探しの方や、インテリアをトータルでコーディネートできるショップを探している方など、インテリア作りの参考にしてみてください。

イデー が何故支持されるのか?インテリアのプロがその人気の秘密を紐解く

イデーとは?

1975年、イギリス・ロンドンより西洋アンティークの輸入販売を目的に設立された「黒崎貿易株式会社」がイデーの始まりでした。1985年に南青山の骨董通りに「IDÉE SHOP」をオープンして以来、イデーの名前は今日まで残り続けましたが、その運営は現在は無印良品を経営する株式会社良品計画へと引き継がれています。

イデーショップをオープンしてから7年後の1992年に、黒崎貿易から会社名をイデーへと変更したイデーが、良品計画のグループ傘下へと入ったのは2006年のことでした。2017年に、吸収合併され良品計画の一事業の一つとなりましたが、「イデー」の名前は残り続けており、引き続き日本全国に11店舗あるイデーショップも存続されつつも、無印良品のオンラインショップや一部店舗でもイデーのアイテムは購入できるようになっています。

イデーではオリジナルアイテムをはじめ、国内外の作家やアーティストのオリジナル作品の取り扱いほか、かつての日本のモダンデザインの傑作を復刻させるプロジェクト「JAPANESE MODERN MASTER」や、端切れや端材を商品に生まれ変わらせる「POOL」プロジェクトなど、様々なプロジェクトを行っています。また、インテリアコーディネートサービスやアフターケアサービスの他、変わったものでは指輪のオーダーなど、家具や雑貨、ファッション、アートなど幅広いカテゴリーのアイテムを扱う「ライフスタイルショップ」イデーならではのラインナップが特徴的です。

参考:IDÉE HP「BRAND HISTORY」
https://www.idee.co.jp/about/history/

イデーのスタイル

イデーでは国内外のデザイナーやアーティストのデザインしたアイテムと、イデーのインハウスデザイナーによるデザインのオリジナルアイテム、そしてプロジェクト「JAPANESE MODERN MASTER」による日本を代表するモダンデザインのアイテムなどの家具を扱っています。

取り扱いのあるデザイナーの中でも特に有名なのは、カッペリーニやフロスなど有名ブランドのデザインを手掛ける売れっ子デザイナー、オーストラリアのプロダクトデザイナーの「マーク・ニューソン」です。彼がまだデビューしたての1987年からの長い付き合いであり、代表作である「エンブリオチェア」や「ウィッカーチェア」はイデーショップで今も購入することができます。そして日本人では太陽の塔などで知られる「岡本太郎」の家具も扱っており、その独創的でアーティスティックな貴重な作品の持つ存在感は、多くの人目を惹きつけます。

プロジェクト「JAPANESE MODERN MASTER」では、日本近代建築の巨匠「村野藤吾」をはじめとした、日本のモダンデザインの復刻アイテムにも注目したいところです。特に村野氏の作品であるラウンジチェアは、このプロジェクトのきっかけとなった存在であり、時の流れの中に埋もれてしまった日本のモダンデザインのルーツと魅力を再確認することができます。

イデーの全体的な家具のテイストは、シンプルなナチュラルモダンデザインのものが多く、無印良品の家具との相性も良い印象。無印のアイテムに対し、シンプルながらデザイン性が高く、北欧モダンスタイルやシンプルスタイルのインテリアにマッチします。また、インテリア雑貨やファブリック類が充実しているのもイデーの魅力の一つで、インテリア小物までトータルでのコーディネートも楽しめます。キリムやアート作品などのセレクトアイテムも豊富なので、一点もののオリジナルアイテムが好きな方はぜひお気に入りを探してみてください。

参考:IDÉE HP「Marc Newson」
https://www.idee-online.com/shop/features/054_marc_newson.aspx

参考:IDÉE HP「岡本太郎」
https://www.idee-online.com/shop/features/056_taro_okamoto.aspx

参考:IDÉE HP「JAPANESE MODERN MASTER」
https://www.idee.co.jp/jmm/

イデーの評判

幅広いカテゴリーのアイテムを扱うイデーですが、やはり気になるのは大型の家具の使い心地や使用感などではないでしょうか。そこで2020年に大幅に値段改定を行って手に入れやすくなったロングセラーアイテムの「AOソファ」を例に、実際に使用している方の口コミを見ていきましょう。

座面はほど良い固さで、座り心地がとっても良いです。

柔らかいソファって疲れちゃうんですよね。

 

横になってゴローンとしても気持ちいいです(笑)

https://plaza.rakuten.co.jp/pipichanpipi/diary/201104080000/?scid=wi_blg_amp_diary_next

 

ちょっと座って、iPhoneを見る。
ちょっと寝転んでうたたね。
そんなぐらいの使い方にちょうどいい。

なので、座面も固めです。
10年たっても、ヘタリはほとんどなし。
さすがに生地は汚れてきたので、別の色に張替え、なんてことも考えています。

http://hokuohzakka.com/?p=2173

座面は固めで、安定した座り心地のアーオソファは、ちょっと座ったり、寝転んだりするのに最適なソファです。コンパクトなサイズ感と低めの背もたれは、部屋を広く見せたい時などにおすすめです。10年以上の使用でも座面にヘタリの出ない丈夫さも魅力で、イデーのアフターサービスで生地の張り替えを依頼することもできるので、長く使用することができるのも魅力的です。

イデー が好きな方におすすめブランド

unico(ウニコ)

1998年に代官山にオープンして以来全国に店舗を展開しているライフスタイルショップ「ウニコ」は、家具から雑貨、ファッションアイテムや家電まで幅広いカテゴリーのアイテムを扱うショップブランドです。ウニコオリジナルデザインのアイテムをメインに扱っており、シンプルでデザイン性の高いアイテムが特徴的。イデーのようにトータルでインテリアコーディネートするのにおすすめのブランドです。価格帯も比較的イデーと同レベルであり、自然素材を使ったナチュラルなテイストでありながらおしゃれな雰囲気は、イデーが好きな方なら共に覗いておきたいブランドです。

参考:unico HP
https://www.unico-fan.co.jp/shop/default.aspx

ACTUS(アクタス)

1969年、ヨーロッパを中心とした家具の輸入会社として設立された「アクタス」は、現在でもアイラーセンやポラダといった多くの海外ブランドの総代理店として海外ブランドアイテムを扱うほか、アクタスオリジナルデザインのアイテムも数多く扱っており、家具やファッションアイテム、システムキッチンやリノベーション事業なども手がける、暮らしを総合的に形づくるライフスタイルカンパニーとして活躍しています。

価格帯はイデーよりやや高価ですが、高い品質と海外の上質なブランドも総合的に扱っており、シンプルでありながらモダンで洗練されたアイテムを数多く取り揃えています。アクタスのオリジナルシリーズでは、自然素材を使ったナチュラルモダンなアイテムを多く取り扱っているので、イデーの雰囲気が好きな方も合わせてコーディネートできます。また、キッズ家具の取り扱いも充実しているので、お子様のいるご家庭に特におすすめのブランドとなっています。

参考:ACTUS HP
https://www.actus-interior.com/

▼ACTUSについて詳しくはこちらもご覧ください!

モダンインテリアを中心とした家具や雑貨を販売するアクタスは、全国に30店舗以上の直営ショップをもちます。大型商業施設にお店があることも多く、雑貨...

 

プロが選ぶ!イデー の代表的なおすすめアイテムを5選

イデー のおすすめソファ

コンパクトなのにゆったり座れる:KAI SOFA

デザイナー「岡嶌要」によってデザインされたカイソファは、アームと繋がった背もたれが弧を描くように座面を包み込むデザインとなっており、ゆったりとしたくつろぎの時間におすすめのソファとなっています。座面の真ん中は奥行きが深くなっており、コンパクトなサイズでありながらもゆったりと腰掛けることができ、またアーム部分にもたれ掛かれば、足を伸ばしてのんびりと過ごすことができます。

背もたれはやや高めですが、ナラ材の細い脚がスッキリとした印象になっており、存在感はあるが圧迫感のない印象的なソファとなっています。脚の先端にいくにつれた窄まった形状や背もたれの形など、独特のシルエットが個性的で、リビング空間に変化をもたらしてくれます。

参考:IDÉE HP「KAI SOFA Charcoal Gray」
https://www.idee-online.com/shop/g/g200612/

クールでモダンな印象:DIVANCO SOFA

建築家「植木莞爾」によってデザインされた、イデーの人気アイテムの一つである「ディヴァンコ ソファ」は、大きめのサイズ感でありながらシャープなスチール脚と、アームのないシートデザインが軽やかな印象のソファです。しっかりとした背もたれと、固め座面は座り心地が良く、座面のサイドが角度のついた座面は寝転がるのに快適な形状となっています。

バイカラーの組み合わせと開放的なデザインが、モダンでスマートな印象で、リビングだけではなくオフィスなどの空間にもおすすめのソファです。2020年の価格改定アイテムの一つで、大幅に価格が下がっているので、スマートな大きめのソファをお探しの方は検討してみてはいかがでしょう。

参考:IDÉE HP「DIVANCO SOFA Round Navy × Dark gray」
https://www.idee-online.com/shop/g/g44592533/

日本を代表する建築家のデザインしたソファ:TMD-CHIYODA SO1

日本近代建築を代表する建築家の一人「村野 藤吾」が、1966年に設計した千代田生命本社ビル(現在の目黒区役所)の役員室に置くためにデザインしたソファであることから「チヨダソファ」とも呼ばれるソファで、2007年にイデーによって復刻されました。村野氏らしい優雅な曲線表現やディテールの美しさなどがソファのアームの曲線や、ステンレスの脚元の意匠などにも表現されており、レッグフレームよりも大きなシートフレームはシート部分を際立たせ軽快な印象となっています。

オリジナルはレザーの張地であり、モダンかつ上品な佇まいが印象的ですが、イデーの豊富なファブリックの張地かも選択することができ、張地のセレクトによってノスタルジーな印象やカジュアルな印象など、お好みのスタイルへとカスタムすることもできます。日本の名建築家による傑作ソファをインテリアに取り入れてみたい方や、オーセンティックな上質なデザインのソファをお探しの方などにおすすめのソファです。

参考:IDÉE HP「TMD-CHIYODA SO1 (3)」
https://www.idee-online.com/shop/g/g200263/

イデー のおすすめテーブル

ラタンとスチールの異素材を組み合わせたテーブル:WALLABY LOW TABLE

無機質なスチール素材と、素朴な自然素材のラタンの異なる素材を組み合わせた「ワラビー」シリーズのローテーブルで、オーバルタイプとラウンドタイプの2つの形と、ブラック・ホワイトの2色のラインナップとなっています。ワラビーの名前は、カゴ付きのテーブルが有袋類のワラビーをイメージさせるところか付けられており、ユニークな視点が可愛らしいネーミングセンスのシリーズです。

シンプルスタイルやナチュラルスタイルなどにはもちろん、西海岸スタイルなど爽やかなマリンスタイルなどにもおすすめのテーブルとなっており、ラタンのカゴ部分は収納として使用したり、お気に入りのアートやグリーン飾ったりなどの使い方もおすすめです。

参考:IDÉE HP「WALLABY LOW TABLEOVAL Black」
https://www.idee-online.com/shop/g/g230660/

使い勝手の良い正方形のローテーブル:De-foe SQUARE LOW TABLE

2つの引き出しを備えた正方形のローテーブル「デフォー スクエア ローテーブル」は、ナラ材とウォールナット材の2種類のタイプから選ぶことができます。シンプルなデザインは、空間作りに取り入れやすく、どの方向からも同じ広さ形の正方形のテーブルは使い勝手抜群です。広々としたテーブルなので、中央にディスプレイスペースを設けても邪魔にならず、空間演出をサポートしてくれます。

ナラ材タイプは爽やかな印象で、シンプルなインテリアスタイルやミニマルスタイルなどに。ウォールナット材タイプは落ち着いたモダンな佇まいなので、和モダンスタイルや和室など落ち着いたインテリアにマッチします。大きく低めなデフォースクエアローテーブルは存在感と安定感があるので、空間に重厚感や安定感を出したい時などにもおすすめです。床に座ってのライフスタイルや、ロータイプのソファとの相性が良いです。

参考:IDÉE HP「De-foe SQUARE LOW TABLE Natural」
https://www.idee-online.com/shop/g/g100618/

まとめ

イデーのアイテムは、シンプルでモダンなデザインでありながら、日本人好みの木の質感を生かしたナチュラルでホッとするようなものが多く、その品質や材質が良いのも特徴的です。デザイナーによる個性的なアイテムも多々あり、インテリアのアクセントとして取り入れたくなるものもあります。

また、一点もののアートやキリムなど、インテリアコーディネートの最後の仕上げにちょっと取り入れたくなるようなアイテムも多く扱っており、大型家具から小物に至るまで、全てを見てまわりたくなるような豊富なラインナップが魅力的です。

インテリアコーディネートを一から考えている方や、大きな家具の買い替えを考えている方、日本のデザイナーが好きな方、そして今のインテリアに何か小物を加えてより楽しみたいと考えている方など、イデーを覗いてお気に入りのアイテムを探してみてはいかがでしょう。

参考:IDÉE HP
https://www.idee.co.jp/