Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

KARE の人気の秘密を探る!アニマルモチーフのアバンギャルドな世界観を堪能せよ!

ちょっと個性的で遊び心のあるインテリアに憧れているけれど、「下手すると子どもっぽい印象の部屋になってしまうかもしれない」「ごちゃごちゃして安っぽい雰囲気になってしまうかも」と、憧れつつも躊躇している方も多い、そんな「大人の遊び心のあるインテリアスタイル」。

「大人のインテリア」に「遊び心」を加えたユニークなアイテムを多く取り揃えているKAREは、アニマルモチーフやアバンギャルドなクラシック家具、アーティスティックなアイテムなど、ドイツのブランドらしい高いクオリティとその独特の世界観が魅力のブランドです。

今回はそんなKAREの魅力と、大人が取り入れやすい「遊び心」のあるアイテムをご紹介していきたいと思います。いつものインテリアスタイルを「遊び心」を加えてアップデートしてみたい方はぜひ参考にしてみてください。

KARE が何故支持されるのか?インテリアのプロがその人気の秘密を紐解く

KAREのプロフィール

KAREは、1981年にドイツのミュンヘン郊外に創業したドイツの家具ブランドです。
ドイツの家具ブランドといえば、「THONET」や「ROLF BENZ」のようなドイツモダニズムの要素を持った堅実でクールな印象が強いですが、KAREはクラシックな家具にユニークで自由な、独特のスタイルを取り入れた異色のブランドといえます。

毎年2000以上もの新デザインを発表し、5000以上のアイテムを展開するKAREは、世界の最新のトレンドを取り入れながら常に独創的なアイテムを世に送り出しています。
そのユニークなアイテムは、独特の魅力的な空間を作り出し、ドイツのミュンヘンにある5つ星ホテルの「バイエリッシャーホフホテル」や「P1ナイトクラブ」、イタリアやハンガリーなど世界のホテルの部屋にも取り入れられています。

現在世界60カ国の国々で250店舗以上の店を構えており、2015年にはドイツ小売協会(HDE)によって、元は発電所だった建物を改装して利用しているミュンヘンのKAREの店舗が「ストアザオブザイヤー」にも選ばれており、日本でも東京・大阪・福岡の三都市にショップを構え、特に東京青山にあるKAREのショップは1階〜5階まで、KAREの世界観を存分に堪能できる、アミューズメントパークのような魅力に溢れています。

KAREの魅力

KAREの魅力の一つは、その色遣いです。
子どもっぽすぎたり、派手すぎたりしない絶妙なピンクや、豊富なグリーンのバリエーション、豊潤なブラウンやエレガントなゴールドの使い方など、色彩豊かなアイテムでありながら安っぽさや幼稚さのない、洗練された色遣いが目を惹きます。

また、アニマルモチーフのアイテムを多く扱っているKAREですが、そのアニマルの種類もどこか独創的です。
ゴリラにチンパンジー、キツネザルにオランウータンなどのサル科の動物から、フラミンゴやペンギンにハチドリにオウムなどの鳥類、ゾウやコアラやミーアキャットまでコアな動物好きにはたまらないマニアックな動物まで幅広く家具に取り入れているのも特徴的です。
多種様々なアニマルを、ユニークに、そしてサラリと洗練されたテイストで家具に組み込んでしまうセンスの良さは、KAREならではの魅力です。

KARE好きにおすすめブランド

moooi(モーイ)

オランダの家具ブランド「moooi」は、2001年にオランダのデザイナーである「マルセル・ワンダース」と、「キャスパー・フィッサス」の二人のによって創られたブランドで、高級感がありながらユニークで大胆なデザインが特徴的なアイテムを多く扱っています。

動物をモチーフにした家具や、鮮やかな花模様、クラシックなデザインにアバンギャルドな要素が加えられた家具など、KARE同様大人の遊び心を満足させてくれるアイテムが多く、KAREのアイテムと組み合わせてコーディネートなどもおすすめです。

KAREよりも価格帯が高めなので、予算に合わせて上手に取り入れていきたいブランドです。

▼moooiについて詳しく知りたい方はこちらも

インテリア関連のブランドは国内にも海外にも多く存在しますが、世界的に有名なブランドとなるとグッと数が少なくなります。 そんな中、2001年設立...

HALO(ハロ)

1976年イギリスに生まれた「HALO」は、元々はアンティーク家具の販売とリノベーションを行なうお店から、アンティーク家具に独特の現代的な要素を加えたリデザインが魅力のブランドです。

アンティークな旅行カバンをモチーフにした収納やテーブル、ベルベットのパッチワークの張地を使ったチェスターフィールドソファ、ヴィンテージ加工のレザーソファなど、伝統的なアイテムに遊び心が加えられたアイテムが魅力的です。

前述のmoooiがユニーク寄り、こちらのHALOはアンティーク家具の新解釈といった部分が、KAREに似通った部分と言えるでしょう。
両ブランドともKAREのアイテムと組み合わせて楽しみたい魅力的なブランドです。

▼HALOについて詳しく知りたい方はこちら

イギリスの家具ブランド「HALO」の、特徴的なパッチワークのチェスターフィールドのソファを見かけたことがある人は多いのではないでしょうか。 有...

プロが選ぶ!KARE の代表的なおすすめアイテムを5選

KARE のおすすめソファ

上品なベルベットのチェスターフィールドソファ:デザイアー カーキ 3シーター ソファ

KAREのソファの張地に多く使用されているベルベット生地は、上品な光沢と柔らかい起毛の触り心地が最高に気持ち良い素材です。
チェスターフィールドソファは、鋲やボタン留めされたイギリスの伝統的なソファで、その独特のスタイルが今もなお世界中で愛されている人気のソファですね。

多くのチェスターフィールドソファは、総革張りや合皮を使用したものが多く、重厚で威圧感のある印象が強いですが、ベルベット生地を使用したデザイアーのようなソファは、上品で優しげな印象となり、エレガントなスタイルやシックなスタイルにもなじみます。

カーキカラーのベルベットのデザイアーならば、男性女性を問わず取り入れやすく、カーキと相性の良いゴールドやブラックやブラウン、赤系の色やピンクなどの華やかなカラーとの組み合わせも楽しめます。

KARE のおすすめ雑貨

存在感を放つおしゃれな鏡:ホログラムゴールド117x68cm ミラー(画像右)&ホログラムゴールド119x76cm ミラー(画像左)

部屋に大きな鏡があると、室内が広く感じられ、光を反射することでより明るく感じる効果があります。
海外のおしゃれなリビングや玄関には、装飾的な大きな鏡が飾られている素敵なコーデをよく見かけますが、日本のショップではなかなか装飾の凝ったフレームの大きな鏡は見かけない印象があります。

KAREには、インテリアを華やかに、部屋を明るく演出してくれるアイコニックな鏡が数多く取り扱っており、海外のインテリアを見て、大きな装飾的な鏡を探していた方ならきっと気になることでしょう。
一つ取り入れるだけでも壁面がぱっと華やぎ、海外インテリアのような洗練した印象になりますが、複数個をウォールデコレーションのように並べて楽しむこともできます。

ホログラムゴールドミラーは、四角でも丸でもない歪な形のフレームが特徴的な縦向き横向きの両方で使用できるミラーです。
艶消しのゴールドカラーが上品な印象となっているので、有機的な曲線が好まれるアールヌーボー調のインテリアにはもちろん、インテリアのシルエットに変化をつけたい時などにもおすすめです。

目を惹く存在感のアニマルオブジェ:モンキーゴリラサイド ゴールド XL フィギュア

KAREのアイコニック的な存在のアニマルモチーフのオブジェは、リアルさを保ちながらもどこかコミカルな印象を与えてくれます。
毛の流れを感じるリアルな造形でありながら、人間のような豊かな表情を浮かべたアニマル。
キャラクターもののフィギュアと違い、インテリアに取り入れやすいリアルさと、垣間見える遊び心が魅力です。

幅広い種類のアニマルを扱うKAREらしく、マニアックな推しアニマルが見つかることがあります。
大きさもテーブルの上におけるサイズのものから、圧倒的な存在感を放つ大きなものまで様々であり、インテリアに取り入れれば必ず目を惹くアイコニックなアイテムとなるでしょう。
目を惹くアイテムを部屋に置いておくと、来客などの印象に強くそのアイテムが残るので、お部屋の細かな見られたくない部分が見られない効果も少し期待できます。

高さ76cmのゴールドカラーの大きなゴリラはインパクト抜群です。
標準的なダイニングテーブルが70cmほどなので、それよりも少し大きいサイズのゴリラは、玄関やリビング、寝室などにおすすめです。
同じゴールドのゴリラで40cmのサイズのものもあり、同じ76cmサイズのリアルゴリラカラーのブラックもあるので、お好みのゴリラを選ぶことができます。

ゴールドカラーでどこか気品すら感じるこのアイテムなら、ラグジュアリースタイルや男前インテリア、エキゾチックなインテリアなど、色々なテイストに取り入れて楽しめますね。
一人暮らしの方も、玄関で帰りを待っていてくれるゴリラの存在に、一日の疲れが吹き飛んでしまうことでしょう。

KARE のおすすめアート

壁際を華やかにする自然モチーフのアート:Oil Painting Roses 100x100cm

海外のおしゃれなインテリアを見ていると、壁面いっぱいに大きく描かれた動植物が目を惹く、素敵なインテリアをよく目にしますね。
油絵のようなタッチやリアルな絵のものは、ウォールステッカーや海外輸入の壁紙などで取り入れることもできますが、壁に貼るのには一定のスキルや、業者に頼むとお値段も嵩みます。
壁に簡単に貼れるものならともかく、一度貼り付けてしまえば簡単に外せないデメリットも。

KAREは、動物や植物・花をモチーフにしたアートを多く取り扱っており、比較的手軽に壁面を華やかにしてくれる上に、場所の変更も簡単です。
ご紹介した薔薇の油絵は、一点一点がハンドメイドで仕上げられており、1メートル角の正方形はちょうど良い大きさで、リビングや寝室、玄関や廊下などにも飾りやすい大きさです。

ご紹介したもの以外にも、トロピカルな印象のオウムのアートピクチャーや花と女性を描いたものなど、殺風景になりがちな壁際を華やかに演出してくれる自然モチーフのアートを数多く扱っているので、興味のある方はぜひ探してみてください。

一点で格上げ効果抜群のゴールド系ウォールデコレーション:ゴールドフラワー デコフレーム 60×60cm

立体的なゴールドフラワーをアクリルのフレームに閉じ込めたウォールデコレーションは、インテリアに高級感を演出するのに最適なアイテムです。
KAREにはゴールドの装飾アイテムが数多くありますが、このゴールドフラワーデコフレームは、欧風のインテリアにはもちろん、和風や南国テイストのインテリアにも馴染みます。

大きさは60cm角で、リビングや玄関などにおすすめのサイズです。
広いお部屋なら3つ横に並べてみたり、吹き抜けの壁に縦に3つ並べて飾ってみても良いでしょう。
同じシリーズとして、ゴールドフラワーを閉じ込めたローテーブルも販売されているので、合わせてコーディネートもおすすめです。

ゴールドのアイテムは、多くインテリアに取り入れると派手すぎる印象になってしまいますが、モノトーンのインテリアや単色コーデなどにアクセントとして取り入れると、上品でおしゃれなワンランク上のインテリアに格上げしてくれるので、今のインテリアを格上げしたいと考えている方などにおすすめです。

まとめ

KAREは、年間2000以上のアイテムを毎年発表している創造性溢れるブランドです。
トレンドを取り入れたアイテムをKAREらしく作り出し、いつも新しい驚きを与えてくれます。
しかし、そういった背景から、多くのアイテムが短い期間で廃盤になったり、次シーズンで消えてしまう可能性があるという、独特の特徴があるのも事実です。

だからこそ、人と被りにくい、オリジナリティのある遊び心のあるインテリアを作るのに、KAREのアイテムはおすすめと言えます。
KAREのアイテムで気に入ったものがあった時は、その出会いを大切してください。
ユニークでアイコニックな上に、もしかしたらちょっとレアなアイテムなることが多いKAREのアイテムは、大人の遊び心を十分に満たしてくれることでしょう。

「今のインテリアをもっとアップデートしてみたい!」そんな時、KAREの遊び心のあるアイテムで、インテリアをもっと楽しく、オリジナリティのある空間へとレベルアップしてみましょう。