Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】憧れのインドアガーデンを実現する方法!部屋全体からテーブルサイズまでお庭をデザインする

橋本朝子
著者:橋本朝子 (一級建築士)

フィンランド在住。法政大学建築学科卒業。建築設計事務所、ガーデニング設計施工会社を経て独立。現在はフィンランドで個人邸宅の庭をはじめ、学校、店舗、公園など幅広い外部空間の設計を手掛ける。設計のテーマは、「毎日の暮らしがより楽しくなるガーデン」。住まいは築50年の住宅。インテリア、ガーデンともにリノベーションを重ねて家族と住む。趣味はアップサイクル。

今、インドアガーデンに人気が集まっています。インテリアに緑をアレンジすると、空間が生き生きして居心地がよくなります。枝ぶりの良い美しい色合いのインドアプランツをいくつか飾るだけでも室内の雰囲気づくりに役立ちますが、今回は一歩踏み込んで室内にいながらガーデンの気分を味わう方法を追求します。

でもどうしたらインドアガーデンと呼べる空間がつくれるでしょうか。そこで植物の選び方やアレンジなどの工夫のしかたを見ていき、単なるインテリアグリーンをインドアガーデンと呼ばせるテクニックを解説。規模の大きなガーデンからミニガーデンまで、様々な実例もご覧くださいね。

来客が驚く!おしゃれなインドアガーデンを実現するポイント

インドアガーデンとは?

https://www.pinterest.jp/pin/859413541373589973/

インドアガーデンとは、室内で緑を育ててまるで庭のような空間を演出することです。基本的には植物が一つ飾ってあり、本人がガーデンと思えばインドアガーデンといえます。しかし複数の植物でボリューム感をだしたりしっかりとしたデザイン意図のもとに配置したりすれば、よりガーデンらしく表現できます。

そもそも「ガーデン」は、人間が鑑賞したり快適に時を過ごせるように植栽やその他のマテリアルを使ってデザイン・アレンジされた野外空間のこと。室内は野外とはデザインの条件が違ってきますので、ガーデンを表現するには少し工夫が必要です。それではインドアガーデンにするには、どのような工夫をしたらよいでしょうか。

単純にインドアプランツを置く、からおしゃれなガーデンに昇華するポイント

https://www.pinterest.jp/pin/425801339773575391/

植物にとって、室内と野外の環境は大分違います。例えば野外では雨が水やりをしてくれますが、室内では自分で水やりします。野外では十分な日照が得られますが、室内は良くて窓越しの日当たりのみ。野外では豊かな土壌から自然と栄養分を吸収することができますが、室内では限られた土壌で育たなくてはなりません。

室内は多くの点で、野外よりも植物の管理が必要です。良い点は、年間を通じて野外に比べ温度変化が少ないことです。そして、室内の環境に順応しやすい熱帯性の植物が、インドアプランツとして豊富に流通しています。植物は鉢植えが基本ですので、室内の置き場所を選べたり移動ができたりして便利です。

https://www.pinterest.jp/pin/8162843065277332/

では鉢植えのインドアプランツを使ってガーデンらしさを表現するにはどうしたらよいでしょうか。まず、ガーデンとは人間にとって快適なようにコントロールされた自然だということを思い出してみましょう。自分にとって気持ち良いと思える自然の景色を表現するのがガーデンづくりの神髄。

そこでインドアガーデンでも、まずは自然の風景らしさをだす工夫をしてみましょう。例えば、見上げるような大型の植物や下草のような植物を床に複数寄せ鉢して、ジャングルの風景のようにしてみる。または棚を岩だなに見立てて、シダのように枝垂れる植物をたらしてみるなど。

https://www.pinterest.jp/pin/120752833748600710/

それほどスペースがないなら、ミニチュアの自然をつくるのも良い方法。浅くて広い鉢やガラス製の金魚鉢にミニ観葉を寄せ植えたり、土の表面に砂利を敷いたり、流木などのオブジェをあしらってみたり。インドアプランツをいくつか並べて、大小の小石などの自然素材をあしらってみてもガーデンらしさがでます。

https://www.pinterest.jp/pin/228276274840480632/

一方、何も自然の風景の再現だけがガーデンではありません。フランスの幾何学式庭園を見ならって植物を規則的に並べて模様にすれば、はっきりとしたデザイン意図のもとにアレンジされた「ガーデン」となります。例えば室内でも同じポットに植物を植えてリズミカルに並べてみましょう。

https://www.pinterest.jp/pin/854769204280303445/

室内空間でガーデンを表現できる場所は様々です。例えばリビングルームのコーナー、棚やファニチャーの上、壁面など。屋内中の場所を利用してインドアプランツを飾り、緑のボリュームを作りましょう。部分的または限定的なスペースでもぎゅっと凝縮された植物コーナーにすることでガーデンらしく見えます。

さらに詳しく!インドアガーデンをつくるポイントをパーツごとに解説

どんな植物を選ぶべき?

https://www.pinterest.jp/pin/412501647123340126/

エクステリアのお庭で植栽計画をするときに、高木や低木、草花類や地被類で構成していくように、インドアガーデンも高さの違う複数のインドアプランツを組み合わせてみましょう。葉の色合いや形が違う植物が隣にくるように置き、お互いを引き立てあうように見せるのがポイントです。

例えば背の高いフィカス・ベンジャミンやカシワバゴムノキをメインにして、下草のようなヒメモンステラや小型のテーブルヤシなどを足元にあしらいましょう。

https://www.pinterest.jp/pin/859413541373522968/

棚やテーブルの上に飾るなら、小さな鉢に入る小型~中型のインドアプランツを寄せておいてみましょう。低木や草を思わせるザミア、サンセベリアなどの植物を奥に、グリーンネックレスやフィカス・プミラのように地被類を思わせる枝垂れる植物を手前においてください。

https://www.pinterest.jp/pin/AalwRORiMRQYI2a93oRqsEOTRPlSHUVJsTkq4SGbg-F5Lwcb8RmmWw4/

ハンギングバスケットを窓辺の天井から下げれば、大きな木立がなかったとしても緑を見上げて楽しむことができます。複数の葉の色や形が違う植物を合わせて変化をだしましょう。例えばハートカズラ、グリーンネックレス、ホヤなどつるを下げる種類のほか、モンステラやボストンシダを合わせると表情豊かになります。

https://www.pinterest.jp/pin/206110120435745593/

小さな多肉植物、ミニ観葉ならスモールスペースでインドアガーデンを表現するのにぴったりです。同じ鉢に植えて棚などに並べる、大きなトレーやガラス容器に寄せ植えするなどさまざまな表現が可能です。キッチンならハーブの鉢を並べてインドアのハーブガーデンにすることもできますね!

どんなマテリアル・雑貨を取り入れるべき?

植物を植える鉢はインテリアのテイストに合わせ、統一感を持たせましょう。インドアガーデンを表現したいときに便利に使えるアイテムには、例えばこんなものがあります。

https://www.pinterest.jp/pin/345932815138161763/

植物の鉢を置けるアイテム: ファニチャー、棚、ガーデンラック、トレー、敷布

https://www.pinterest.jp/pin/345932815135940131/

実際には少ない植物で、緑がたくさんあるように見せてくれるアイテム: 鏡、絵画

https://www.pinterest.jp/pin/AY__5tiUDaCJUkVb3gam-0BycZL-0IscNqd4xT0zSWDj1hMTrevYqiY/

高低差をつけたり高さ調整をしやすいアイテム: 丸太、木の箱、ラダー

https://www.pinterest.jp/pin/790170697111318109/

壁、天井や高い棚から下げて見せるのに便利なアイテム: ハンギングバスケット、鳥かご、ラダー、木の枝

https://www.pinterest.jp/pin/163325923977290022/

置くだけで自然の風景を思い起こさせてくれるアイテム: 流木や小石などの自然素材、砂利やコケ

https://www.pinterest.jp/pin/331718328809771757/

ミニチュアの自然の再現を助けるアイテム: フィギュアなど

こんなケースに気をつけろ!失敗しがちなパターン紹介

https://www.pinterest.jp/pin/140878294576997351/

複数の植物を室内に並べたとしても、風景を思い起こさせない・デザイン意図がはっきりわからないとガーデンには見えてきません。写真のインテリアは素敵ですが、床に大型の植物、窓際に花鉢をそれぞれおいただけなのでインドアガーデンと呼ぶには今一つです。

シンボルツリーの足元に下草をあしらったり窓際にウィンドウボックスを飾ったりするように、背の低いインドアプランツをイメージの似通った鉢カバーにいれて床に並べる、窓台には複数の花鉢とその間をふわっと埋める植物をあしらったりすると、ガーデンらしさがもっとでそうですね!

世界のおしゃれなインドアガーデン実例10選!日本の住まいにも取り入れ可能なセンス抜群な実例を紹介

インパクトたっぷり!部屋中がインドアガーデン 3選

階段室に観葉植物を集めれば、高低差を利用した緑の空間に

https://www.pinterest.jp/pin/226376318756985370/

住宅の中で最も高低差があるのは、階段室。階段室中をインドアガーデンにすれば、普段みることのない位置からグリーンを楽しむことができます。下階からは背の高くなる木立性のインドアプランツをのばし、上階からは枝垂れるタイプのつる性植物をたらしてみましょう。

部屋の四隅に大型インドアプランツを置くと、即ジャングルに

https://www.pinterest.jp/pin/424253227387526609/

部屋の四隅に大型のインドアプランツを置くと、室内が緑いっぱいに見えます。写真の例は、室内でよく使われる陶器製やバスケットの鉢カバーではなくあえて野外で使用されるようなウッドプランターを鉢カバーにしています。壁面いっぱいに描かれた植物画もガーデンの雰囲気を盛り上げています。

室内でも緑をライトアップすれば、空間の主役になる

https://www.pinterest.jp/pin/345932815138155065/

棚いっぱいに並べられた植物は、それだけでインドアガーデンと呼ぶにふさしいボリューム感。さらに植物を引き立てるように、ライティングにも工夫してみましょう。例えば棚の中に照明を組み込む、天井のスポットライトで植物を際立たせるなど。

実現しやすい!部屋の一部がインドアガーデン 4選

日当たりのよいリビングのコーナーに植物をあつめれば緑陰が楽しめる

https://www.pinterest.jp/pin/641833384380680177/

写真の例は部屋中インドアプランツに見えますが、実際は部屋の隅においたデイベッドの周りに大小の観葉植物を集めているだけ。ベッドに横になったときに、緑に包まれているように感じるように、上のほうにふわっと葉が広がっているものを選ぶのがポイント。

本棚一面にテラコッタ×インドアプランツを並べるとガーデナーらしいコーナーに

https://www.pinterest.jp/pin/227361481168214881/

植物が大好きでつい買いすぎてしまうなら、ガーデンラックやラダー型のシェルフをつかって小さなインドアプランツを並べてみましょう。同じテイストの鉢にすると統一感が出ます。植栽されたテラコッタポットや空のテラコッタポット、じょうろ、ガーデン用具なども置くと「ガーデン好き」を演出できますね。

バスルームの天井にしだれる植物を集めれば入浴が楽しみに

https://www.pinterest.jp/pin/531776668506071935/

浴室の緑化にこだわりがあるなら、バスタブの上を緑にしてみませんか!ハンギングバスケットを使って複数の植物をたらしてみましょう。このときラダーや流木の枝から下げるようにすると、よりナチュラルな印象になります。緑を見上げての入浴、毎回楽しみになりますね。

ワイヤーネットを利用すればグリーンウォールに

https://www.pinterest.jp/pin/8092474320940075/

壁の一部に複数の緑を集めて絵画のように飾ってみましょう。壁面緑化用に作られた鉢もあるかもしれませんが、写真のようにワイヤーネットを取り付け、針金等で底面潅水式の鉢をくくりつけても良いのです。これなら様子を見ながら増やしたり減らしたりできます。

心和む!テーブルサイズのインドアガーデン 3選

ミニ観葉の寄せ鉢をトレーに置けば即席のインドアガーデン

https://www.pinterest.jp/pin/676243700302266686/

テーブルの上に、即席のミニガーデンをつくってみませんか。ただ鉢を並べるだけではガーデンらしさが少ないので、トレーの中に鉢と自然のオブジェを一緒に飾るようにしてみましょう。例えば小石や枝、木の実や松ぼっくりなど。写真ではキャンドルホルダーが温かみのある雰囲気を盛り上げています。

ミニ温室にミニ観葉を寄せ植えれば立派なインドアガーデン

https://www.pinterest.jp/pin/1125968648193647/

ミニ温室や大きなガラスの容器にミニ観葉を寄せ植えするのはインドアガーデンの定番。ぎゅうぎゅうに詰め込んで植栽せず、砂利面や流木などをあしらって自然の地面のように表現しましょう。自分ならではのアレンジを楽しんでください。

ボウル鉢にミニ観葉とコケ、砂利を合わせれば景色が見えてくる

https://www.pinterest.jp/pin/494129390363303215/

インドアプランツを植えた鉢ひとつでも、ガーデンらしさを表現できます。ポイントは自然をそっと切り取ってきたように風景を再現すること。例えば鉢の土の上には砂利や小石を敷き、余白をつけましょう。ところどころコケを貼るとまるで地面からすくいとってきたような雰囲気がだせます。

まとめ

インテリアの環境をよりよくするためにインドアプランツを置くのは、もはや定番。でもインドアガーデンにしたい場合は複数の植物を組み合わせ緑のボリューム感をだしたり、デザインすることが重要。

部屋中のおける場所すべてに植物を並べれば立派なガーデン。そこまでしなくても、一部にインドアプランツを凝縮させることでガーデンらしさをだせます。床は地面、棚は岩、階段は山だと思えば、置いてみたい植物がイメージしやすいかも知れません。インテリアならではのスペースを生かして、素敵なインドアガーデンを実現してくださいね。

Hello Interior LETTER

インテリアのヒントがメールで届く!!