Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】丸太を使ったおしゃれな花壇を実現する方法!素朴な魅力を豊富な実例で徹底解説

橋本朝子
著者:橋本朝子 (一級建築士)

フィンランド在住。法政大学建築学科卒業。建築設計事務所、ガーデニング設計施工会社を経て独立。現在はフィンランドで個人邸宅の庭をはじめ、学校、店舗、公園など幅広い外部空間の設計を手掛ける。設計のテーマは、「毎日の暮らしがより楽しくなるガーデン」。住まいは築50年の住宅。インテリア、ガーデンともにリノベーションを重ねて家族と住む。趣味はアップサイクル。

様々な住宅のスタイルに似合うナチュラルガーデンに人気が集まっています。せっかくナチュラルな雰囲気の庭にするなら、花壇の縁に丸太をつかってみませんか。花壇がよりナチュラルかつワイルドな雰囲気に仕上がります。同じナチュラルでも丸太の使い方で花壇の雰囲気が違ってきます。

今回は丸太をつかったおしゃれな花壇の作り方を解説、素敵な花壇の実例も紹介します。花壇をご検討の場合は縁材の候補にしてくださいね。

丸太を取り入れたおしゃれな花壇を実現する方法

https://www.pinterest.jp/pin/606086062355621870/

花壇の縁に丸太を使うメリットは、DIY感覚で施工できること。高低差が少なければ連結型の既製品を利用して低コストで手早く花壇を作ることができます。丸太の形をデザインに生かして一味違う花壇にすることができるのも魅力です。

デメリットは、木材の耐久性はレンガやコンクリートに比べれば劣ること。防腐・防虫加工をしてある製品を利用し耐久性をアップさせる、木材と土や水分がなるべく接触しないよう施工する、または数年おきに取り換えるなどの工夫が必要です。白アリの被害も心配なので、家の土台のすぐ近くにはおすすめしません。

それでは実際に丸太をどのように使ったらおしゃれな花壇ができるか、次のポイントをご覧ください。

丸太縦使いなら自由な形状の花壇に。横使いなら高低差のあるダイナミックな花壇に!

https://www.pinterest.jp/pin/76631631148447468/

丸太を縦使いした花壇なら自由なデザインが可能です。例えば自由なカーブを描く花壇、丸太の上端の高さをそろえてカットし、きちんとした印象に。あえて上端を不揃いにカットして素朴さやワイルドさを表現しても。丸太の太さも、既製品を使わずに様々なサイズのものを取り混ぜ変化を出すこともできます。

https://www.pinterest.jp/pin/732257220660300711/

丸太を横使いする場合は施工によっては土留めとしての強度がより期待できるので、高低差がある花壇や低めの擁壁としても使えます。斜面の花壇なら丸太の大材を大胆に使って迫力ある表現が可能です。

強度がそれほど必要ない高低差の小さな花壇に横使いしてももちろんOKです。丸太を横使いにするなら、直線的なデザインの花壇を検討しましょう。

製材してある丸太はスマートな、皮つきはよりナチュラルな仕上がり

https://www.pinterest.jp/pin/2744449762698508/

通常販売されている丸太は、皮のついていない木材です。丸い形や半割に製材してあり、防虫・防腐材や塗装が施されている場合も。地面に打ち込みやすいように杭状に加工してあれば施工も容易です。土や水分と触れることの多い花壇縁なら、通常は皮なしの加工品が適しています。色付きなら見た目もスマートな印象です。

https://www.pinterest.jp/pin/529243393709114290/

ナチュラルさ、ワイルドさを追求するなら皮つきの丸太をご検討ください。樹種によって樹皮の表情はさまざまなので、選ぶ木でまた違った趣を味わうことができます。例えばシラカバの丸太なら白い幹肌、松の丸太ならごつごつした岩のような幹肌です。せっかくなら樹皮の表情にもこだわっても良いですよね!

丸太と相性の良い植物・マテリアルについて

https://www.pinterest.jp/pin/284500901450015363/

ナチュラルさが魅力の丸太花壇。ナチュラルガーデンになじみやすい植物ならどんなものでも丸太花壇に合わせやすいといえます。例えば株立ちの樹木や、柔らかい表情の落葉性の低木など。

花壇の縁からこぼれるような植物、丸太の上端に覆いかぶさるようなグラウンドカバープランツやオーナメンタルグラス類、匍匐性のコニファーなども丸太の質感に映えます。例えばペチュニア、ニチニチソウ、ホスタ、ヒューケラ、ティアレラ、ヘデラ、フウチソウ、ブルーカーペットなど。

https://www.pinterest.jp/pin/826762444095434583/

丸太を使ってキッチンガーデン、ハーブーガーデンやポタジェガーデンにする方法もあります。バジル、チャイブなどのハーブ類、トマト、パプリカなどの野菜類の他カレンデュラやパンジーなど色合いのきれいな花を一緒に植えて見た目も美しい菜園にしましょう。

https://www.pinterest.jp/pin/212865519872515037/

丸太と相性のよいマテリアルは木材が原料のウッドチップやバーク、自然石、砂利などの自然素材。ウッドチップなら花壇沿いの園路の仕上げ材として。花壇の中にはマルチング材としてバークチップを。また丸太の花壇縁に砂利を合わせれば丸太周辺の水はけがよくなり、丸太の耐久性のアップが期待できます。

 

プロが教える!丸太を取り入れたおしゃれな花壇実例10選

連結型の既製品丸太杭なら、簡単に自由な形の花壇が実現できる

https://www.pinterest.jp/pin/205265695505794838/

ホームセンターで手に入る連結型の丸太杭なら、地面に半分埋め込むだけなので施工が簡単。写真のように奥になるにつれて高さをつけた花壇も可能です。たくさん区切りのある花壇なら区画ごとに別の植物を植えることも可能。おしゃれなうえに管理のしやすい花壇になりますよ。

丸太縦使いならロックガーデンにも似合う

https://www.pinterest.jp/pin/440367669821509218/

高低差のある緑地なら、丸太杭や自然石を組み合わせたワイルドなロックガーデンにしてみませんか!丸太も自然石も、マッシブな材料を使うとダイナミックさが表現できます。自然石の隙間には小型のコニファー類、花壇縁には草類を植栽し、余ったスペースは砂利敷きにしましょう。

井桁のように重ねて積んだ丸太花壇は、菜園として使える

https://www.pinterest.jp/pin/666955026047227928/

丸太をログハウスのように井桁のように重ねて積むと土圧に対して強度の高い花壇ができます。四角い形になりやすいので、花壇のほか菜園の縁としても適しています。レンガの花壇に比べたらモルタル等が不要で気軽に施工ができ、不要になったら撤去も簡単です。

高低差を解消しながら彩り豊かな花壇を実現

https://www.pinterest.jp/pin/700732023267079798/

地面に縦に打ち込んだ丸太杭で横積の丸太を受ける木柵工法は、簡易的な土留めとしての機能があります。住宅から前面道路までの間に高低差があり、自然素材で高低差を解消したい場合はご検討ください。丸太の土留めならコンクリートの代わりに木の質感が楽しめ、縁からこぼれる緑や花と美しく調和します。

丸太を一段のみ横使いすれば、園路と植栽を簡単に分けられる

https://www.pinterest.jp/pin/21532904458650783/

丸太をそのまま横に地面において、植栽エリアと園路をわける縁として利用。丸太を置くだけなので、施工が簡単です。園路にウッドチップを敷き詰めれば、森の散策路のような雰囲気が出せます。

花壇と階段を丸太杭で統一できる

https://www.pinterest.jp/pin/110971578295408776/

丸太杭だけで花壇縁、階段、通路の仕上げ材まで完結することも可能です。モルタルを使わないので、施工が簡単なうえ柔らかい雰囲気です。30センチ程度の高低差に。写真では丸太は緑の芝生との見切りに使われていますが、花壇にすればより華やかな仕上がりになりますよ!

丸太なら飛び石をかねた芝生の園路の見切り材にもなる

https://www.pinterest.jp/pin/298363544042278981/

芝生の庭に通路を設けたい場合、スライスされた丸太が役立ちます。芝生と砂利面の間に大小さまざまな丸太を埋め込めば、見切り材としても飛び石としても機能。円形がリズム感を生み、一味違った園路になりますよ。高低差のない花壇の縁としても同じアイディアが使えます。

連結型丸太杭ならプランターにもなる

https://www.pinterest.jp/pin/30680841194522864/

既製品の丸太杭や、間伐材の丸太を大きなプラ鉢のまわりに並べれば花壇風のプランターが完成。芝生の庭やコンクリートのたたきにおいて季節の花を植えてみましょう。

丸太を薪のように積めば切り口がそろった美しい花壇に

https://www.pinterest.jp/pin/608760074633054055/

30センチ程度の長さにカットされた丸太を切り口を外側にむけて積めば、土留めの機能のある花壇縁が作れます。丸太や薪が豊富に手に入るなら、手軽にできる花壇としておすすめ。内側には防根シートなどを一枚かませて、隙間から土が漏れないようにしましょう。

丸太をくりぬけばプランターと花壇縁の2役に

https://www.pinterest.jp/pin/34691859618577227/

丸太が一本だけあるけれど、ガーデニングに利用できないかな……そんな場合は、丸太をくりぬいてプランターにしてみましょう。中には花類の他、多肉植物も似合います。テラスや玄関アプローチ、ベランダの素敵なディスプレイになります。芝生と花壇の間に置けば花壇の縁材としても機能。

まとめ

ナチュラルガーデンの花壇の縁材として使える丸太。レンガやコンクリートブロックに比べたら耐久性がありませんが、素朴な魅力では負けません。既製品の丸太杭なら気軽に施工ができます。皮つきの自然の丸太で自分だけのオリジナルな花壇にしても素敵です。施工方法によっては土留めとしても使えます。

機能的なだけでなく、使い方によってさまざまな表情を見せてくれる丸太花壇。ひょっとして我が家にぴったりの選択かもしれません。この記事を参考に、ぜひ丸太花壇を取り入れてくださいね!