Hello Interior 思い描いた部屋に住もう

   

【プロが教える】ソテツを使ったおしゃれなガーデンを実現する方法!ガーデン実例を使って徹底解説!

橋本朝子
著者:橋本朝子 (一級建築士)

フィンランド在住。法政大学建築学科卒業。建築設計事務所、ガーデニング設計施工会社を経て独立。現在はフィンランドで個人邸宅の庭をはじめ、学校、店舗、公園など幅広い外部空間の設計を手掛ける。設計のテーマは、「毎日の暮らしがより楽しくなるガーデン」。住まいは築50年の住宅。インテリア、ガーデンともにリノベーションを重ねて家族と住む。趣味はアップサイクル。

水やり、落ち葉の清掃が最小限ですむローメンナンスな庭木をご希望の方!常緑でいつも整って見えて、モダン・スタイリッシュなイメージの植物をお探しの方!お庭にソテツを使ってみませんか。南国風のイメージのあるソテツですが、都市型住宅にもマンションのバルコニーにもよく似合います。

ソテツを上手に取り入れて、お庭をスタイリッシュにバージョンアップする方法を様々な角度からお伝えします。実例もたくさんご紹介しますので、最後までじっくりご覧くださいね!

ソテツを取り入れたおしゃれなガーデンを実現する方法

ローメンテナンスなお庭に取り入れる植物を選ぶなら、管理の手間が少なくいつも緑が楽しめるソテツをご検討ください。

ソテツの特徴とガーデニングのポイント

https://www.pinterest.jp/pin/138345019791450293/

日本南部の海岸沿いなどに自生しているソテツ。太い幹の上に羽を広げたような葉がつき、強健で成長が遅いのが特徴です。常緑で、一年中濃い緑が楽しめます。最高樹高は8メートルほどですが、一年に数センチしか成長しません。しだいに長い葉が横に広がりますので、ゆとりをもった植栽スペースが必要です。

暖かい気候を好むので、関東以南の植栽が適しています。日当たり、風通し、水はけのよい場所に植栽しましょう。

地植えでも鉢植えでも!ソテツでおしゃれなガーデンを実現する方法

ソテツは地植えにも鉢植えにもよく似合います。

ソテツ×地植えの場合

ソテツを地植えするなら、南国風の形を生かしてエキゾチックにまとまる方法、構築的な形を生かしてモダンにまとめる方法があります。

南国調のイメージを生かす

https://www.pinterest.jp/pin/99219998030834995/

ソテツの南国調のイメージを生かしたコーナーづくりをしましょう。例えばソテツは乾いた雰囲気のドライガーデンやリゾート風のトロピカルガーデンの主役にもぴったり。日当たりが良すぎて乾燥しがちな駐車場の脇や、水はけのよすぎる高い立ち上がりのある花壇を引き立ててくれますよ。

構築的な形を生かす

https://www.pinterest.jp/pin/68820700528507313/

ソテツのはっきりした樹木の輪郭を強調するとスタイリッシュです。他の植栽は極力減らしてソテツ自体を引き立たせるような使い方もおすすめ。例えばコンクリートウォールの前や坪庭に地植えや鉢植えのソテツのみを植栽する、といった使い方をするとモダンな雰囲気になります。

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137073890/

逆にたくさんの種類の植物が雑然と植えられてどこかボケた印象の植栽の一角にソテツを植えると、空間を引き締める効果が。はっきりした形のソテツには目が行きやすいのです。

羽のように広がった葉を生かす

https://www.pinterest.jp/pin/414049759498610028/

ソテツの葉は、ヤシのようにふわっと広がった葉が特徴的。まだ小さい若い苗は幹があまり目立たず、ふわりとした葉の特徴を生かした植栽も可能です。例えば下草的にシダやオーナメンタルグラスのように使うこともできます。ただし、ふわりと見えても葉はかなり固く先端はとがっているので、足があたるような幅のせまい小道沿いなどには向きません。

ソテツ×鉢植えの場合

https://www.pinterest.jp/pin/364439794854850405/

ソテツはより少ない培養土や栄養分の乏しい場所でも育つので、鉢植えにもぴったり。逆に水が多すぎると根腐れしますので、水やりはちょっと忘れているくらいがちょうど良いです。日当たりのよいテラスやマンションのベランダ、または室内で楽しむことができます。小さい苗は窓台やテーブルの上にも飾れる可愛さ。

https://www.pinterest.jp/pin/327566572903819423/

一方、人の背以上の大型の苗を鉢植えにすれば、かなりの迫力が楽しめます。室内なら日当たりのよい吹き抜けにぴったり。乾燥しがちなルーフバルコニーガーデンのシンボルツリーとしても活躍します。

ソテツと合わせて使いたい!相性が良い植物・マテリアル

ソテツと合わせて植えたい相性が良い植物

https://www.pinterest.jp/pin/217791331968165065/

ソテツと同様、日当たりと乾燥ぎみの環境を好む植物と組み合わせましょう。ドライガーデンにするならアロエ、セダムなどの多肉植物、アガヴェ、サボテン類などがおすすめです。

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137075490/

ソテツの足元には高さのでない地被植物を植栽すると、ソテツそのものの形をより楽しむことができます。背が低く乾燥に強い地被植物にはメキシコマンネングサ、タマリュウ、ビンカ・ミノール、フェスツカなどがあります。

https://www.pinterest.jp/pin/1266706129788136/

ソテツを中心として足元は原色系の花類を植えこんだ花壇にすると、トロピカルなイメージをより強調することができます。ベゴニア、ポーチュラカ、インパチェンスなどがおすすめ。紫葉のムラサキゴテン、ライム色のリキマシア・ヌンムラリア・オーレアなど葉の色を楽しむカラーリーフプランツと合わせても素敵です。

ソテツと相性が良い鉢

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137073911/

ソテツに似合わない鉢を挙げるほうが難しいほど、ソテツはどんな鉢とも相性が良いです。テラコッタポットに植えれば地中海リゾート風、カップ型の石鉢に植えればヨーロピアン・エレガントな雰囲気、艶のある釉薬のある鉢ならアジアンリゾート風、白や黒、金属の色のシンプルな形のポットでモダンに見せても映えます。

ソテツは水がたまっている状態を好まないので、鉢底穴のない鉢は避けましょう。

ソテツは育てやすい?

https://www.pinterest.jp/pin/621567186062583783/

関東以南なら、ソテツは非常に丈夫で育てやすい植物です。植え付け時期は真冬を除いた季節です。地植えの際は、日当たり、通風、水はけのよい場所に植えましょう。水はけのよい場所とは、例えば立ち上がりのついた花壇、水のたまらない砂地、傾斜がある場所などです。

根付くまでは、土が極度に乾燥しない程度に水やりをしますが、根付いた後は雨水だけで十分育ちます。肥料も必要ありません。下の方の古い葉が変色してきたらハサミで切り除きましょう。鉢植えのソテツは、数年に一回植え替えを行いましょう。

 

プロが教える!ソテツを取り入れたおしゃれなガーデン実例12選

ソテツ×お庭・花壇編 6選

和風住宅にソテツを植えて、異国情緒を与えてみよう

https://www.pinterest.jp/pin/345932815137073850/

純和風やモダン和風につかっても映えるソテツ。写真のように大・中・小の株を組み合わせて植栽すると、ボリューム感と奥行き感のある植栽コーナーになります。たくさん他の植物を植栽せず、余白を生かしてソテツをシンプルに引き立てましょう。

球根植物や一年草の花壇の中のアクセントにしてみよう

https://www.pinterest.jp/pin/44895327508496079/

洋風に使っても映えるソテツ。華やかな花壇の中で、高さのあるアクセントに。常緑なので、花が少ない季節でも花壇が寂しくなりません。春ならパンジーや球根植物、夏から秋はインパチェンスなど鮮やかで色とりどりの花を咲かせる一年草と合わせましょう。

若いソテツはシダのように下草的に使ってみよう

https://www.pinterest.jp/pin/10344274137653966/

幹がまだ見えない若いソテツは、一見シダのような雰囲気です。乾燥しがちな住宅の外壁の脇、軒下などの細長い緑地があったら、小さなソテツの苗を列植してみましょう。写真のようにソテツと共に放射状に細い葉を広げるヤブランを植栽すると幹が見えず、ふわりとした葉の形のみが見えます。

スモールガーデン、つぼ庭には鉢植えのソテツでボリューム感を与えよう

https://www.pinterest.jp/pin/417357090474643891/

あまり立ち入ることのないライトコートや坪庭で、鉢植えのソテツをつかってスタイリッシュかつローメンテナンスに緑を楽しむことができます。床は全面砂利敷きでもOK。大きな鉢にソテツを植えこむだけで、簡単に緑のボリュームを楽しめます。

ファウンテンにふわっとかぶるように植栽してリゾート風にしてみよう

https://www.pinterest.jp/pin/473018767106816303/

南国風の雰囲気のソテツは、ファウンテンの周りに植えればアジアンリゾートの雰囲気に。写真のようにシャープな雰囲気の池の縁や水の流れのそばに植えると似合います。一見シダのような外観の若い苗のソテツは、ファウンテンのイメージアップに一役買ってくれます。

高低差のある庭は、ソテツがアクセントのロックガーデンにしてみよう

https://www.pinterest.jp/pin/15129348733240696/

乾燥に強いソテツは、高低差が激しくて水がすぐ流れてしまうような場所にも適しています。あえて敷地の高低差を強調するようなロックガーデン仕立てにすると、まるでソテツの自生地のようなワイルドな雰囲気が出せます。

ソテツ×テラス編 2選

日当たりのよいウッドテラスはソテツにぴったり

https://www.pinterest.jp/pin/273875221070158544/

日が一日中あたるウッドデッキや、タイルテラス、またはルーフガーデンの植栽にソテツがお似合いです。例えばウッドデッキと芝生の庭の境目を、砂利を地面にしいたドライガーデンにして、サボテンやアガヴェと共に植栽しましょう。

モダンなコンクリートポットに植えたドライ好きな植物を集めてみよう

https://www.pinterest.jp/pin/435864070168651900/

抽象的な球型、半球型のコンクリートポットにソテツがよく似合います。ソテツと同じ、明るくドライな場所が好きな植物をそれぞれ高さに違いのあるコンクリートポットに寄せて植えると、モダン・スタイリッシュなコーナーが簡単に作れます。オリーブやセダム、サボテン、アガヴェの寄せ鉢はテラスやベランダの雰囲気を格段に良くしてくれますよ。

ソテツ×アプローチ編 4選

ツゲ生垣で囲った花壇の中央に植えて模様にしてみよう

https://www.pinterest.jp/pin/84724036713935248/

はっきりした樹形のソテツは、例えば低いツゲの生垣で囲った模様のような整形の花壇の中央にアクセントとして使うのにぴったりです。洋風住宅の玄関前をいつもきれいに整えておくことができますよ。刈り込みとソテツの間の地面には写真のようにバークチップや砂利をまいても良いし、ベゴニアのような鮮やかな花を一面に植えても。

テラコッタポットに植えたソテツを左右対称に置いてみよう

https://www.pinterest.jp/pin/23010648085541073/

ソテツをテラコッタポットに植えれば、地中海風やヨーロッパ風に演出できます。玄関ドアや玄関アプローチのまわりに左右対称において、カフェの入り口のような雰囲気にしてみませんか。

ソテツで地中海のエキゾチックな庭を表現してみよう

https://www.pinterest.jp/pin/45810121180837910/

玄関アプローチの階段脇に立ち上がりのある花壇を設け、ポイントにソテツを植えましょう。ソテツの周りを色鮮やかな一年草やカラーリーフプランツで彩れば明るい南国のイメージに。写真はスペイン風の外観の住宅エクステリアに上手に異国情緒を取り入れています。

一年草と共にボウル型の鉢に植えて、玄関先を飾ろう

https://www.pinterest.jp/pin/83035186856000090/

玄関先を飾る花鉢の中にソテツを合わせれば、より豪華な一鉢になります。大きな羽のような葉が色とりどりの花の素敵な背景になってくれますよ。

まとめ

構築的で重厚な、常緑のソテツ。一見あくが強くて取りつきにくく思うかもしれませんが、こうやって見ていくとヨーロピアンにも、和風にも、モダンにも似合う優秀な植物。いろいろなスタイルに合うだけでなく、病害虫が少なく強健、乾燥にも強いんです。おすすめしたくなるのも無理ありませんね!

多忙で留守にしがちな住宅の植栽にも、照り返しが強くする乾燥してしまうマンションのバルコニーにも使えますよ。ぜひソテツを取り入れて、素敵な植栽スペースを実現してくださいね!

Hello Interior LETTER

インテリアのヒントがメールで届く!!